FC2ブログ

『和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~』 購入いたしました(^_^)v

『和牛詐欺』 購入いたしました

最近の本屋さんって、スゴイですね
メモっておいた紙を渡したら、調べることもせず(バイトの若い子?)
「入りましたらお電話します」って・・・
そしたら、翌々日には電話がありました^^
今日の夕方、お店に行きました

もっぱら本は図書館で借りる、という私ですが、安愚楽関係のこととなると
それを書いて下さった方にお礼の意味をこめて、購入しています
取り上げて下さっただけでも、ありがたい、有難い、という気持ちです
正直言って、この金額はイタいです
牛肉は買わず、安い鶏肉と豚肉ばかり買う生活をしています
あと、魚と野菜と豆製品と・・・

この本が、少しでもたくさん人々に届くよう祈っております
ありがとうございます m(__)m


和牛詐欺


和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~

斎藤友彦 著 (共同通信社会部記者)
講談社 ¥1,365- 2012年9月13日発売

負債総額4300億円 被害者総数7万人。
戦後最大の消費者被害事件となった「安愚楽牧場事件」の真相とは?

“詐欺専門”の異名をとる記者が調べ尽くした詐欺犯罪のすべて

第一部 安愚楽牧場事件
1・戦後最大の詐欺事件? 
2・暴かれた疑惑 
3・放漫経営の末に

第二部 ふるさと牧場事件
4・騙したのは誰だ 
5・そして巨悪は逃げおおせる

第三部 詐欺犯罪はなぜなくならないのか
6・詐欺師たちを追いかけて 
7・それでも被害者は悪くない

和牛詐欺

★本書カバー裏 から
被害者のあなたは悪くない!
詐欺の被害者に対して「自業自得」という批判も的外れだろう。株式など、詐欺ではない投資も一定のリスクを伴う。年金制度の存続に対する不振も強い。老後の自分の身を守るため、生活費を少しでも増やそうとしたところへつけ込まれた。責めを負うべきは被害者ではなく、弱みにつけ込んだ詐欺師にあるのは当然だ。(本文より)


★本文 から
詐欺の被害に遭い、財産を奪われただけでなく人生を狂わされ、精神的に大きなダメージを受ける。加害者に対する刑罰は軽い上、それ以前に捜査機関はなかなか重い腰を上げようとせず、罪に問われることすらまれだ。

最後にもう一度強調しておこう。
現代の詐欺は生命犯罪に限りなく近いのである。


★おわりに から
安愚楽牧場については、執筆している2012年8月現在、捜査機関は強制捜査などに乗り出していない。動くことを期待しているが、たとえ動かないとしても、このままうやむやになることだけは避けなければならない。


★-----

斎藤友彦さま、ありがとうございました

ここまで書くだけでも、こみ上げてくるものがあり、いけません・・・

私も安愚楽の詐欺は生命犯罪に限りなく近い、と思います
体も心も傷つきました
なんでも、当事者になってみないことにはわからないものかもしれません


まだ、全く読めておりませんが、一人でもたくさんの方に読んでいただきたいと
とにかく、日記にしたしだいです

この本に関係して下さった皆様、ありがとうございます m(__)m
---
■ペンギンまま日記 には、内容についてのブログのことも書かれています
2012年9月14日 (金)
「和牛詐欺〜人を騙す犯罪はなぜなくならないのか」まだ届かないよ〜(:_;)

(参考)
■ホンネの資産運用セミナー
安愚楽牧場・和牛委託オーナー制度詐欺事件の真相 (09/13)
http://genuinvest.net/?eid=1785

---
追記(2012.09.21)

この本について書かれているブログを追記しておきます

■A BUG's Pensieve 2
安愚楽牧場被害者はこの本を読もう
2012-09-18(12:17)
和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~ (講談社20120913)
2012-09-20(12:01)
民事再生が粛々と進行していたら
2012-09-20(15:28)

被害者は団結してこの著者を守ってやってくれ
著者独自の長年の地道な調査に基づく渾身の書
安愚楽牧場詐欺事件の被害者の人、必読
被害者弁護団もまだ新規加入を認めていますし、これからが大切


■弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版
2012.09.21
必読!!『和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか』という本が出版されました。 #安愚楽牧場

この問題に取り組む関係者にとっては必読文献ですので、推奨します。

★斉藤/友彦
1972年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業後、1996年に共同通信社入社。津、千葉、大分の各支局を経て2003年から社会部所属。社会部では裁判取材が長く、東京地裁、高裁、最高裁のほか厚生労働省を担当した。その一方、担当とは別に千葉支局時代から詐欺や悪質商法の独自取材を開始。和牛商法のほか、さまざまな投資詐欺会社、インターネット詐欺などを報じてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

情報ありがとうございます。

いつも、いろいろと教えていただき感謝しています。m(__)m
私のようなオーナーにはそのようなことは知る由も無く、けれどあの安愚楽なら さもありなんと思わせてくれるお話でありました。(笑)
きっと、弁護団も掴んでいる情報ではないでしょうか。

あなたにいただいた情報もうまく使いこなす頭が無くて往生してますが・・・(笑)
これに懲りず、今後とも情報提供していただけますよう よろしくお願いいたします。^^

追記しました

この本について書かれているブログを追記しました。
moveさんと紀藤弁護士のブログです。

それにともない少し修正等 加えました。

「和牛詐欺」の出てるブログ見つけました

元独身貴族のグルメ日記
http://plaza.rakuten.co.jp/ranmono/diary/201210030000/
---
和牛詐欺 (2)
「最近、読んだ本を教えて!(87780)」

[ おすすめの本 ]
有名な安愚楽牧場事件他、おもに和牛商法の詐欺事件に関する本です。

【送料無料選択可!】和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか (単行本・ムック) / 斉藤友彦/著

時間が発覚するまでは、割ときちんとやっていると言われていた安愚楽牧場。
私も投資してみようかと少し調べたことはあるのですが、何となく危ないと思って止めました。
解明された後であれば間違いなく詐欺ですが、当時は普通にマスコミでも真面目にやっている投資先として取り上げられており、詐欺だと判断するのは難しかったかも知れないと思います。

実態を調べてみると、逮捕された被疑者達もさることながら、本当に悪いことをしたのは別にいて、逮捕された被疑者達はその後始末をしようとして最後まで残っていたので時効を逃れられなかった部分もあるとか。
何とも複雑です。

Last updated 2012/10/03 04:13:30 PM
-----

★roko
え~!アグ関係者、逮捕されたの~!?と思っちゃうyow
早く逮捕してほしいね^^

2012/10/16付 西日本新聞夕刊

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/item/329524
---
『和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか』  斉藤友彦 著  (講談社・1365円)
2012年10月17日 19:16カテゴリー:BOOK> 書籍情報> 新刊

 “詐欺専門”の異名を持つ共同通信社社会部記者が、安愚楽牧場事件やふるさと牧場事件を取り上げる。著者が取材したさまざまな詐欺事件の真相のほか、社会問題にも触れ、「詐欺事件はなぜなくならないのか」という疑問に答える。

=2012/10/16付 西日本新聞夕刊=
---
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク