雷と「墓から見る現代社会」(2017年8月)

怖い話が2日続きます^^

不安定な天候ですね

今朝の突然の雷には驚きました
子供の頃から、ゴロゴロさんはワクワクするような気持ちになってしまうrokoです
家に居る限り、自分のところには落ちないというヘンな確信があるからです
しかも、ヘソなんて取られるわけがない…

でも、今朝は違いました
寝ているのですが、凄い音と雨が長く続きました
はじめは、北朝鮮かどこかから爆弾でも飛ばされでもしたかと疑うほどでした
瞑った瞼の先…
ピカッっと光ってから音がするまで…
時間がありましたので遠いとは思いましたが
それでも怖かったです
一人でいることの不安からでしょうか…

今までは家族がいることで守られてきた





少し前、NHK「時論公論」の「墓から見る現代社会」を見ました
と言っても、見ようと思って見たのではなく、かかっていたから何気なくです
PCに向かいながらですので、ほぼ見ていないに等しいか…^^;;

「無縁墓」「送骨」「向き合う」が論点だったそうです

記憶に残っているのは…
承継者のいなくなった墓は撤去時(または前)に官報に記載され、2013年の統計では9千の「無縁墓」があったらしいこと

墓地についてはお盆が近かったせいか、最近よくテレビ番組で見ましたね
色んな墓地が出来ていること
墓地を買ったつもりがその会社が倒産して、手元にある遺骨を入れる場所もお金も無くなったという気の毒な話
事前に墓を買っていてもそのことを誰かに伝えてないと自分の想いも叶えられないこともあるという話

人の縁とは不思議なもので繋がっていそうでそうでないこともある
血縁関係、親族にかかわらず、誰かと繋がっていないと死んだことさえ知らずにいることもあるわけで…
やはり、連絡を取り合える関係でないと繋がっていかないんだと思います


「あぐら物語日記」の最近ではココにお骨のことを書いています
 ↓↓↓
お盆の季節に「お骨の話」
 2017-08-11(00:30)


お墓について、ウチの場合は…
昔は土葬だったのですが、同じ場所に墓石を建てたのだと思います
土葬の頃は、死ぬと組内と言って近所の班の人が穴を掘りに行ったそうです
期間が開かずに親族が死ぬと、掘った時に遺骨が…なんてこともw
火葬のように寝た状態で入れるわけではないので、わりと深い穴を掘らなくてはならないのが大変だったそう…
って、rokoはどんだけ年寄りやねん!! って言われそう(笑)

といっても、昔からの地域の墓地です
私の手元に墓の権利とかの書類があるわけでもなく
今後墓守りする人が居なくなったらどうなるのか、全くわかりません^^;;
ウチのところはまだ空いている区画もある?ので新しく作りたい人は大丈夫でしょう
住民も減って空き家も沢山あるようですから…

姉たちは県内に住んでいますし、何かあれば行き来できる距離
仲良くやっていますが、母が居なくなれば余計会う機会も少なくなるでしょう
二人とも配偶者の姓を名乗っています
姓は違えど、私が母たちと暮らしていたので「頼むわな」てな感じ
末っ子なのに関係ない(笑)
ま、これまで通り、花見と盆と正月は三姉妹が生きているうちは会うと思います(*^_^*)
それが繋がりの一つです

前にも書きましたが、私自身お墓やお骨に対して何のこだわりも持っていません
とにかく人間死んだらお終い、と思っているので…
残された者がどう思うか…だけなんですよね
今、母たちが入っているお墓は、○○家 先祖代々の墓って書かれているので、厳密にはもう後に入る人は誰もいないわけです
私は結婚で姓を変えたままですから…
このまま私が死んだら、どうにでもいいようにしておくれ
もし、お骨を持ち帰ったなら…
苗字違っても、このお墓に入れてくれりゃいいんでないって思ってます(笑)
残された者のいいように^^

今は誰もいないから、私がいるうちは守っていくだろうけど…
元々、♪お墓に眠ってなんかいません♪というタイプでした
仏教のことも勉強してないし、母が生きている間は任せてきました
大人になってからも母が思うように…と手伝ってきました
今後、子供たちに強制するつもりもありません
すべて、残った者がどれだけ思い出すか
その人をどう思うか、にかかってくるのでしょう
残された者の心にのみ死者はすむ…
キミたちの思うようにしたらいいんだよ^^


これもNHKテレビで見たのですが
「今年のお盆 お墓参りに行きたい?」とアンケートを取ると「行きたい」と回答した人が67%
7割近くの人が行きたいと答えたそう
年代別の結果を見てみると、「行きたい」が最も多かったのは老人を抑えてなんと10代で75%
10代の若者がお墓参りに行きたい理由第1位は何なのか?
1位は「義務を果たしたい」23%ということです
ま、気持ちや理由は人それぞれですからね~
時代もあるけど、環境によって変わっていくものでしょう

私は悪いけどすぐ近くだし、行きたいなんて思わないわ(笑)
今やっとお盆だから行く程度で、私しかいないから仕方ないわよね~程度です
今日もお花の水替えだけに行きました
夏のお花は1日だけで枯れることもありますから…

今後はどうなるかって?
わかりません…
ウチの子たちは親の背中を見ていませんから(笑)


ただ、一つ言えるのは…
今私という人間があるのは、御先祖さまがいてくれたから…
唯一の人でいられるのは、生んでもらって育ててもらったから…

かけがえのない人たちに出逢えたしあわせを思えば
感謝以外のなにものでもない

人は一人では生まれてこない
人は一人では生きていられない
みんな、生きてていいんだよ(*^_^*)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク