未提訴放置を隠蔽→判決偽造 元弁護士に懲役3年判決 大阪地裁、2800万円着服も認定(産経WEST 2016年6月29日)

先ほど、また、画面が真っ黒になってしまった、、、
何十分も復活せず、ビビった
これも、Windows10 になったせいだろうか・・・?

もう夜なので、とにかく、これをUPしておきます orz




前々から、このニュース聞いてたけど…

一般人からすると、弁護士なんていう人とお知り合いになることは、そう多いことでなく…

私も安愚楽牧場に引っ掛からなければ、死ぬまで縁はなかったような気がする

弁護士さんに頼んだら、全面的に信用してしまいそうに思う

でも、弁護士によっては色々だということを、知りました

みんな、人、だから…

よい弁護士さんに出逢えたら、しあわせ・・・


みんなで大家さんに裁判起こした友人は、この人ほどではないが
デキナイ弁護士に委任してしまったため、辛い思いをしたように思う

強く、生きてほしい・・・



■産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160629/wst1606290076-n1.html

2016.6.29 16:56更新

未提訴放置を隠蔽→判決偽造 元弁護士に懲役3年判決 大阪地裁、2800万円着服も認定

 民事訴訟の判決文を偽造したり、預かり金約2800万円を着服したりしたとして、有印公文書偽造・同行使と業務上横領の罪に問われた元弁護士、白井裕之被告(59)に、大阪地裁は29日、懲役3年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 西野吾一裁判長は判決理由で「弁護士への信頼を裏切る悪質な犯行だ。知識を悪用し、司法への信頼も損ねた」と批判。今年4月、所属していた大阪弁護士会から除名の懲戒処分を受け、弁護士資格を失ったことを踏まえても実刑が相当と判断した。

 判決によると、白井被告は平成25年10月~昨年5月の間に、民事訴訟2件を提訴せず放置していたことを依頼人に隠すため、事務所のパソコンで大阪地裁や大阪高裁の判決文など計5通を偽造。また、別の依頼人から相続財産として預かった不動産の売却代金を銀行口座から引き出し、計約2800万円を着服した。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク