弁護士局部切断事件 第5回公判のニュース(2016年4月14日)

ああ、熊本県で震度7の地震があったようで・・・

午後9時26分頃という話
夜ですからね…
私はお風呂に入っていたので10時頃に知りました
心配です
大丈夫でしょうか?

今も余震が・・・・・

倒壊した家屋があるそうで人が下敷きになっているよう…
火災も発生しているようです…



すみません
今日の日記です





今日は夜までテレビをじっくり見ている時間なく

「和田正弁護士・局部切断(通称「チン切り弁護士」)事件」第5回公判は4月14日(木)です
こちらにコメントいただいてたのですが…m(__)m


おはようございます。
今日は裁判の日ですね。フジテレビのニュース番組で取り上げるみたいですよ。
夕方と夜のニュース番組チェックしてください。

2016-04-14(07:37) : 別の名無し URL : 編集




でも、ネットの中に記事や映像がありましたので、裁判長のお顔も拝見することができました

今回は大きく報道されているように思います

以下、見つけた記事を記録します

コメントで教えていただいたフジテレビ系が一番今日の裁判のことがよくわかると思いますので、それを先に…


■フジテレビ系(FNN)

弁護士局部切断事件 「無意識に切断した」などと犯行の状況語る

フジテレビ系(FNN) 4月14日(木)20時29分配信

妻がセクハラを受けたと信じ込み、男性弁護士の局部を切断した元ボクサーの男。14日の被告人質問で、「無意識に切断した」などと犯行の状況を語った。
頭は丸刈り、黒のスーツ姿で入廷した男。
2015年8月、男性弁護士の局部を切断し、傷害などの罪に問われている元プロボクサーの小番一騎被告。
事件前、妻から「男性弁護士にセクハラを受けている。2回だけ肉体関係を持った」と告げられた小番被告。
妻の勤務先の法律事務所に乗り込み、男性弁護士を数回、殴打した。
そして、妻がセクハラを受けたと信じ込み、男性弁護士の局部を切断し、トイレに流した小番被告。
しかし、実際は、小番被告の妻と男性弁護士は半年以上、不倫関係にあったことが法廷で明らかになった。
凶行に及んだきっかけとなった「セクハラを受けている」という妻の告白は、うそだった。
妻の調書は「男性弁護士を尊敬して、好意を持っていた」としている。
14日の被告人質問で、小番被告は、その妻に寄せていた思いを涙ながらに語った。
「お互いに、一生2人で一緒に...、う、う...、一緒に生きていきたいと決めていましたので...」と、結婚したきっかけを聞かれ、涙を浮かべた小番被告。
犯行前、妻の不倫には気がつかなかったという。
小番被告は「(犯行前は)これまで通り、変わったことはありませんでした」と話した。
弁護士が「実際には、そのころ関係があったと」と尋ねると、小番被告は「全然あったと気づきませんでした」と答えた。
表向きは、平穏な生活を送っていた小番被告と妻。
その妻のうそをきっかけに、猟奇的な犯行に及んだ際の状況については、「被害者と話していると、デスクの横に、被害者の子どもの写真がたくさん貼ってありました。『家族が大事じゃないんですか? 僕も妻が大事です』と言いました。すごい嫌悪感を感じて、こっちの痛みが全然伝わっていないと感じたので、物理的な痛みでも感じてもらわなきゃと思って、無意識に下腹部に目がいって、怒りが爆発したんだと思います。かばんのはさみを思い出して、性器を切断してしまいました」と話した。
無意識に性器を切断したと説明した、小番被告。
被害者に対しては、「どういう理由があっても暴力的な解決方法は許されない。本当に申し訳ないことをしたと思う」と謝罪した。
さらに、犯行後の妻との関係については、「妻は逮捕されたあと、毎週、面会に来てくれているし、これまで、100通を超える手紙を送ってくれた。今後も、僕を支えていきたいと思っていると言っています。僕は、妻のことを現在でも、心から愛しています」と話した。

最終更新:4月14日(木)20時29分

■日テレNEWS24

弁護士局部切断「痛み感じてもらわないと」

2016年4月14日 16:32

 元プロボクサーの男が男性弁護士の局部を切断し、傷害などの罪に問われた事件の裁判で、被告人質問が行われ、男は「物理的に痛みを感じてもらわないと気が済まないと思った」などと語った。

 元プロボクサーの小番一騎被告(25)は去年8月、妻が勤めていた弁護士事務所で男性弁護士の局部を枝切りバサミで切断し、ケガをさせるなどした罪に問われている。

 小番被告はこれまでの裁判で起訴内容を認め、検察側は犯行の動機について「男性弁護士が自分の妻に無理やり性的関係を迫ったと誤解したため」と指摘していた。

 14日行われた被告人質問で小番被告は、「妻のことを自分の命より大事に思っていて、今でも心から愛している」などと、時おり涙ながらに語った。その上で「妻から男性弁護士と性的関係を持ったと聞かされ、ショックで胃がせり上がるような感じになりトイレで嘔吐(おうと)した」「妻が性欲のはけ口のように扱われていたことに心が痛くなった。悲しみや絶望感がわいてきて男性弁護士への怒りに変わった」「物理的に痛みを感じてもらわないと気が済まないと思った」などと語った。

 一方、男性弁護士に対しては小さな声で、「申し訳ないことをした」と謝罪した。


■テレビ朝日系(ANN)

「愚かだった」局部切断の元ボクサー、法廷で謝罪

テレビ朝日系(ANN) 4月14日(木)17時10分配信
 「怒りを抑えられず、愚かだった」と話し、謝罪しました。

 小番一騎被告(25)は去年8月、妻が勤めていた東京・港区の法律事務所で、弁護士の男性(当時42)の顔を殴ったうえ、枝切りばさみで局部を切断した罪などに問われています。14日の被告人質問で、小番被告は「妻が性欲のはけ口のように扱われ、ずっと1人で耐えていてつらそうで心が痛くなり、被害者にものすごい怒りが湧きました」と涙ながらに述べました。そのうえで、「被害者は家族を裏切り、妻が嫌がっているのにやっていたのかと嫌悪感を感じた。せめて物理的な痛みでも味わわせないといけないと思った」「自分の怒りを抑えられず愚かだったと思うし、今は反省しています」「被害者には本当に申し訳ないことをしてしまったと思っています」と謝罪しました。

最終更新:4月14日(木)17時10分


■産経新聞


弁護士局部切断裁判 「もう一度妻と暮らしたい」と涙声 小番被告の被告人質問

産経新聞 4月14日(木)18時18分配信

 妻の不倫でトラブルになった弁護士の男性(42)の局部をはさみで切り落としたなどとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元慶応大法科大学院生、小番(こつがい)一騎(いっき)被告(25)の第5回公判が14日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれ、被告人質問が行われた。小番被告は「妻が男性に強制的に乱暴されたと思い、怒りが爆発してしまった」などと動機を語った。

 小番被告は「当初の妻の話では、拒否する妻に男性が強制的に乱暴したということだった。民事訴訟や弁護士懲戒請求のために男性の言質を取ろうと弁護士事務所で面会したが、仕事机の脇に男性の家族の写真があるのを見て『僕と同様に妻を愛しているなら、なぜ手を出したのか』と怒りが爆発し犯行に及んでしまった」と説明。「今は妻の話が正確ではなかったことも知っており反省している。罪を償って妻ともう一度暮らしたい」と涙声で謝罪した。

 検察側の冒頭陳述によると、男性の秘書だった小番被告の妻は平成26年12月に男性と関係を持った。「妻が男性に強姦された」と考えた小番被告は昨年8月13日、弁護士事務所を訪問して男性を殴り、局部をはさみで切り落としたとされる。

 前回の公判では「自分も男性との関係を拒んでいなかった」とする妻の供述調書が読み上げられた。

最終更新:4月14日(木)18時19分


■TBS系(JNN)

局部切断事件、元プロボクサー「悲しみと絶望感が怒りに」

TBS系(JNN) 4月14日(木)19時44分配信
 男性弁護士の局部を枝切りバサミで切断したとして、傷害などの罪に問われた男の裁判で、14日、被告人質問が行われました。男は、「妻が性欲のはけ口になっていたことの悲しみと絶望感が、ものすごい怒りになった」と動機を述べました。

 「無意識に下腹部に目がいって、怒りが爆発してしまい、ハサミで陰茎を切断した」

 妻の不倫相手の局部を切断するという前代未聞の事件。元プロボクサーで慶応大学法科大学院生だった小番一騎被告(25)は、去年8月、男性弁護士に重傷を負わせた傷害などの罪に問われています。

 東京地裁で開かれた14日の被告人質問で、小番被告は、声を詰まらせながら、初めて事件の詳細を語りました。

 「これはごうかんに当たるのではないかと刑事告訴も考えていた。妻が性欲のはけ口になっていたことに悲しみ、絶望感が出てきて、それがものすごい怒りになりました」(小番被告)

 2人は東日本大震災のボランティアで出会い、2012年に結婚。小番被告は、司法試験合格を目指し、妻は被害者の弁護士事務所で働き始めました。夫婦そして被害者の関係は・・・。先月の裁判では妻の供述調書が読み上げられました。

 「実家に居場所がなかった。結婚は紙ペラ1枚だし、まあいいかと思った」(小番被告の妻)

 妻は調べに対し、「小番被告はペットの猫と同じとと思うようになっていた」と証言していました。こうした中で、妻と被害者はおととしから不倫関係に。犯行の引き金になったのは、夫婦の間で口論になった際の妻のこんな言葉でした。

 「男性弁護士からキスされて悩んでいた。2回だけ肉体関係を持った」(小番被告の妻)

 そして去年8月、事件は起きました。

 「5、6発、ぶっ飛ばしてもいいですか。あなたがごうかんしたからですよ」(小番被告)

 14日の被告人質問で小番被告は、「怒りを抑えられず、被害者には申し訳ないことをした」と謝罪。そして妻について、「被害者との関係はよく分からないが、今も僕は心から愛しています」と述べました。裁判は、次回6月3日に結審する予定です。(14日17:24)

最終更新:4月14日(木)20時19分

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは rocoさん
局部切断事件記事ブログ 更新 お待ちしておりました。

地震がなければ、news Zero 翌日はフジテレビの特ダネで取り上げられて、詳しく伝えられたと思いますが、もうやらなさそうですね。
被告人の親からの仕送りの記事ミヤネ屋の速報で伝えられていたのですね。
私はフジテレビのみんなのニュースで裁判の内容を知りました。
局部切断事件は知れば知るほど、衝撃的な内容ばかりではーって感じです。
同じ日本人とは思えないぐらい、ずれた人たちです。

お返事、お待たせしました^^

こんばんは 別の名無し 様^^
局部切断事件記事のブログ 更新 待っててくださったのですか(驚)
ネットやテレビからもらってくるしかできないrokoですが、ありがとうございますm(__)m

ニュースってタイムリーでなければ・・・ですからね^^

> 被告人の親からの仕送りの記事ミヤネ屋の速報で伝えられていたのですね。

よく覚えてないのですが、14日(木)は午前仕事、そして姉たちが来ていたもので…m(__)m
たぶん、関西テレビと読売テレビで見たのでは…と思うのです。毎日放送の可能性もあります。
ミヤネ屋の速報を見たのは確実です。
テレビをつけたら、裁判途中で出てきた?顔は知ってる人が裁判所バックに報告してました。まだ別の人が傍聴しているようで経過報告だと理解しましたが…?
同じ頃、母の部屋では違う番組でやってました…あっちこっち動いてたので…orz
じっと座って見ていなかったので、正確なことが言えなくてすみませんm(__)m
私いつまでたっても、何チャンがどこ系列とかそういうの覚えられないのです^^;

とにかくすごい事件ですね^^
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク