「弁護士局部切断裁判」第3回公判は2016年2月26日に行われていた!!(司法ジャーナル)

「弁護士局部切断裁判」12月22日に予定されていた第3回公判は中止だった!!(司法ジャーナル)
 2016-01-16(11:32) 

この時、「司法ジャーナル」で教えてもらって、12月22日に予定されていた第3回公判は中止と知りました

その後、記事に気付かず、一昨日の別の名無し 様のコメントで既に裁判が行われていたことを知りました
第3回公判は2月26でした

その時の、「スポーツ報知」と「司法ジャーナル」の記事は昨日コチラに
 ↓↓↓
小番妻はビッチ!? 局部切断弁護士にとって「便利な女」だったのか?「婚姻外恋愛の対象」だったのか?
 2016-03-20(14:50)

「司法ジャーナル」の【裁判をみる眼】はとても興味深いです
鷲見一雄様の視点や憎まれ口は色々と考えさせられます


この事件はとてもショッキングでしたが、普通ならもっと報道される事件ではないでしょうか?
庶民からしたら興味ないですか?
rokoが下世話なだけ…?

しかし、皆、伝えたがらないような気がします
それが上等だと言うかのごとく…

それは、被害者が弁護士であり、加害者が元慶應大学法科大学院生だったこと、その妻が弁護士の専属事務員でありW不倫だった…からでしょうか?
司法に関係のない人達の事件だったら、おもしろおかしくもっと深いところまで追求されているように思いますがどうでしょう?

まだまだ深い事件のようです
どこまで知らされるかわかりませんが…


昨日のコメント欄にありますが、さくらフィナンシャルニュースだけが当初から普通に匿名でなく写真付きで報道されたように思います

私は本当のことが知りたいです
だから、まだまだ、続きます(書ける時だけですが…笑い)


そんなことで、先日載せた「司法ジャーナル」の続きのコラムの冒頭部分だけですが記録しておきます
記事全体や鷲見一雄様の視点や憎まれ口は、クリックしてご覧になって下さい


「司法ジャーナル」 今日のコラムより

2016年03月11日号

【裁判をみる眼】
「弁護士の局部切断事件」、「小番一騎被告を裁く家令和典裁判官に抱く疑問=これが《「公平」で「開かれた裁判」の進行と言える》か?


●スポーツ報知配信記事
「スポーツ報知」は27日、「局部切断事件、犯行の一部始終録音していた…被告に周到な計画性」という見出しで以下の記事を配信した。

(以下略)

http://www.shihoujournal.co.jp/colum/160311_2.html



2016年03月12日号

【裁判をみる眼】
「弁護士の局部切断事件」=《不倫していたにもかかわらず「強姦」されたと思い込み》という主張は「空中楼閣」だ!!

●司法ジャーナル
「司法ジャーナル」は昨日のこの欄に《「弁護士の局部切断事件」、「小番一騎被告を裁く家令和典裁判官に抱く疑問=これが《「公平」で「開かれた裁判」の進行と言える》か?》と題したコラムを掲載した。今日はその続きを書く。

(以下略)

http://www.shihoujournal.co.jp/colum/160312_1.html



2016年03月14日号

【裁判をみる眼】
「弁護士の局部切断事件」=「おかしな検察側の冒頭陳述」と裁く「家令和典裁判官」


●司法ジャーナル
「司法ジャーナル」は昨日のこの欄に『「弁護士の局部切断事件」=《(被告の妻が被害者と)不倫していたにもかかわらず「強姦」されたと思い込み》という主張は「空中楼閣」だ!!』と題するコラムを書いた。検察の冒頭陳述は「結論は正しいが、論理がおかしい」と思ったからだ。考えてもらいたい、
① 弁護士である「被害者」、
② 無資格者である「被告」、
③ 無資格者である「被害者の専用事務員で不倫相手、不倫解消後被告と被害者の三角関係に揺れていた被告の妻」
検察は3人の立場を公平に捉えていない、と私は捉えている。

(以下略)

http://www.shihoujournal.co.jp/colum/160314_1.html



2016年03月17日号

【裁判をみる眼】
「弁護士の局部切断事件」=「小番一騎被告」はなぜ、《「妻の雇い主」である「T・W弁護士」の「局部を切除したのか」》

●司法ジャーナル
「司法ジャーナル」は12日号のこの欄に『「弁護士の局部切断事件」=《不倫していたにもかかわらず「強姦」されたと思い込み》という主張は「空中楼閣」だ!!』
と題したコラムを掲載した。今日はその続きを書く。

◆「局部切断事件」裁判の経緯 昨年10月28日に初公判が開かれたが、検察側の冒頭陳述に対し、弁護側が「事件と関係ない、被害男性と(被告の)妻のメール内容が詳細すぎる」と訴え、異例の読み上げ中止に。翌月26日の第2回公判で、検察側は被告の妻と被害男性の不倫関係を明らかにし「妻が被害男性から無理やり性的関係を迫られたと、被告が思い込んだことが犯行のきっかけだった」と主張。第3回公判は12月22日に行われる予定だった。約2か月延長され裁判官も変更となったことについて、東京地裁は「お答えできない」としている。
(スポーツ報知)

(以下略)

http://www.shihoujournal.co.jp/colum/160317_2.html

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「司法ジャーナル」 コラム 追記します

抜けているものがありますので、随時追加しています

ご了承下さいm(__)m

http://www.shihoujournal.co.jp/
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク