慰安婦問題 日韓外相会談「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」(2015年12月28日)

毎日色々なニュースがあるけれど、昨日からぜひとも記録しておかなくては…と思っていたのがこのニュースです
日韓の慰安婦問題…年末の数日前から、年内に動きがあるということでした

両政府は、この問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを確認

テレビニュースで初めて聞いた時
不可逆的に」という言葉に、ピン!!ときてしまったよ^^

もう少し前なら、流行語大賞でも取れそうな…(笑)
来年の今頃には忘れられてはいまいかw??

意味がわからないわけではないけど、ついつい検索しちゃった^^;
卵を茹でたら冷やしても生卵には戻らない…って話だよね(笑)

ホンマやな!?  ホンマに戻らへんやろな、、、w
と笑ったことは言うまでも無い^^
茹で卵は生には戻らないことは確かだけど…^^

ま、このニュースは世界的に評価されているだろうから?戻るわけにはいかないよね^^


ふえーー、10億円かぁ…
それにしても、安愚楽牧場が無しにしてしまった4200億円に比べたら安いもんやなぁ(爆)

韓国、しっかりがんばれよーー!!


■NHKニュース

日韓外相会談 慰安婦問題で最終的解決を確認

2015年12月28日 16時17分

日本と韓国の外相会談がソウルで行われ、慰安婦問題を巡って、日本政府は責任を痛感し、安倍総理大臣が、心からおわびと反省の気持ちを表明するとしたうえで、日韓両政府は韓国政府が設置する財団に日本政府の予算からおよそ10億円の資金を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことで合意しました。また、両政府は、この問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを確認しました。

日本と韓国両政府は、両国の関係改善の大きな障害となってきた慰安婦問題の最終的な妥結を目指し、28日、韓国のソウルで、岸田外務大臣とユン・ビョンセ(尹炳世)外相による日韓外相会談を行いました。

会談のあと、両外相はそろって記者発表を行い、合意事項について発表しました。この中で、岸田外務大臣は「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と述べました。そのうえで、岸田大臣は「安倍総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べました。
さらに、岸田大臣は「日本政府の予算により、すべての元慰安婦の方々の心の傷をいやす措置を講じる」としたうえで、韓国政府が設置する財団に日本政府の予算でおよそ10億円の資金を一括して拠出し、「日韓両政府が協力し、元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しのための事業を行う」ことで合意したことを明らかにしました。
そして、岸田大臣は、両政府間でこうした事業を着実に実施するという前提で、この問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたと確認したことを明らかにしました。また、日本政府として、韓国政府とともに、国連など国際社会で慰安婦問題を巡って互いに非難・批判することを控える考えを示し、今回の合意について、「日韓首脳の指示に基づいて行った協議の結果であり、これをもって、日韓関係が新時代に入ることを確信している」と述べました。

一方、ユン外相は、元慰安婦への支援事業が着実に実施されることを前提に、日本政府とともに、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と述べたうえで、日本政府の実施する措置に協力する考えを示しました。
また、ユン外相は、ソウルの日本大使館の前に設置された、慰安婦を象徴する少女像に関して、「日本政府が、大使館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても、可能な対応方向について関連団体との協議を行うなどして、適切に解決されるよう努力する」と述べました。そして、ユン外相も、岸田外務大臣と同様に、韓国政府として日本政府とともに、今後、国連など国際社会において、この問題について互いに非難・批判することを控える考えを示しました。


「歴史的、画期的な成果」

岸田外務大臣は記者団に対し、「今回の合意により、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した。このような合意ができたことは歴史的、画期的な成果であると考える。これにより、日韓関係は未来志向の新時代へと発展すると考える。また、日韓、日米韓の安全保障協力も前進させる素地ができたと思う」と述べました。



上記ニュースまでのNHK関連ニュース
28日に日韓外相会談 外相が正式発表 (12月25日 16時52分)
慰安婦問題 新基金の創設提案へ 妥結目指し調整 (12月26日 4時41分)
きょう日韓局長協議 慰安婦問題で詰めの調整 (12月27日 4時17分)
日韓外相会談前に外務省の局長協議 (12月27日 18時00分)
きょう日韓外相会談 従軍慰安婦問題で妥結目指す (12月28日 4時01分)
岸田外相 日韓外相会談に向け出発 (12月28日 9時06分)
岸田外相ソウル到着 日韓外相会談へ (12月28日 11時52分)
ソウルで日韓外相会談 合意できるか注目 (12月28日 13時45分)
日韓外相会談終わる 記者発表へ (12月28日 15時27分)
慰安婦問題「首相は心からおわびと反省の気持ち表明」 (12月28日 15時53分)

まだまだ関連ニュースはありますが、NHKはすぐに消えてしまいますので
発表後のNHKニュースから4件記録します
長いです orz

日韓関係の大きな障害 慰安婦問題の経緯
12月28日 16時44分

慰安婦問題は、元慰安婦の女性が日本政府に対する裁判を起こしたことをきっかけに政治や外交問題に発展し、日韓両国の関係改善の大きな障害となってきました。これまでの経緯です。

今回の日韓の外相会談で話し合われた「慰安婦」は、1930年代から1945年にかけて、当時の日本の占領地などの施設に集められ、兵士たちの性の相手をさせられた女性たちのことです。

慰安婦問題に対する関心が高まったのは、1991年に、元慰安婦の韓国人女性が日本政府に謝罪と補償を求めて訴訟を起こしたことがきっかけでした。

日韓両政府は、先の大戦を巡る賠償や請求権の問題について、1965年の国交正常化の際に結んだ協定で、日本側が韓国側に経済協力などを行うことで「完全かつ最終的」に解決することを確認していました。このため、政府は、当初から慰安婦問題について「法的には解決済み」と主張しましたが、人道的な見地から、1993年に政府の謝罪と反省を示した河野官房長官談話を発表。この中で、慰安所の設置に軍が関与していたことを認め、慰安婦の募集についても「意思に反して集められた事例が数多くあった」などとして、謝罪と反省を表明しています。

そして、1995年には当時の村山内閣が、財団法人「アジア女性基金」を設立し、一部の元慰安婦に対し、総理大臣の「おわびの手紙」とともに「償い金」などを支給しました。これに対し、韓国国内では、国による賠償ではないことに反発が出て、受給したのは61人にとどまりました。基金は2007年に解散しましたが、その後も「フォローアップ事業」として、医療や福祉分野での支援事業が続いています。

こうしたなか、2007年に当時の第1次安倍内閣が慰安婦の募集を巡って軍などによるいわゆる強制連行を直接示す資料はなかったとする見解を公表しました。

一方、韓国国内では「日本政府は法的責任を認めていない」という反発が根強く、2011年に、韓国の憲法裁判所が「韓国政府が、日本政府と交渉しないのは違憲だ」という判断を示しました。さらに、韓国の市民団体がソウルの日本大使館前に慰安婦問題を象徴する銅像を設置するなど、日本政府に対する反発が広がりました。これを受けて、その年の12月に行われた日韓首脳会談で、イ・ミョンバク(李明博)大統領は野田総理大臣に対し、慰安婦問題を政治決断で優先的に解決するよう強く求めました。

2013年に就任したパク・クネ(朴槿恵)大統領も慰安婦問題の解決を求め、安倍総理大臣との首脳会談の開催について、日本側の歩み寄りを事実上の前提条件に掲げ、隣国でありながら3年半も首脳会談が行われない異例の事態となりました。

そして、日韓国交正常化50年の節目となったことし。11月に、安倍総理大臣とパク大統領との初めての首脳会談が実現し、両首脳は、慰安婦問題の早期妥結を目指して協議を加速することで一致しました。政府内には、国内世論によって、これまでたびたび対応を変えてきた韓国側への不信感は依然根強いものがありましたが、今月に入って、産経新聞の元ソウル支局長の裁判で無罪が確定したことなどを受けて、「早期妥結に向けた韓国政府の決意の表れではないか」という見方が広がりました。そして、安倍総理大臣は、慰安婦問題について韓国側と最終的な妥結を目指す方針を決め、岸田外務大臣に韓国訪問を指示しました。

慰安婦問題を巡っては、アメリカやヨーロッパの議会で日本政府の謝罪を求める決議が採択されるなど、日韓の両国だけでなく、ほかの国や地域でも議論が続いています。


慰安婦問題で中国「日韓関係改善で地域安定望む」
12月28日 18時05分

日本と韓国が慰安婦問題で合意したことについて、中国外務省の陸慷報道官は、28日の定例記者会見の中で、「慰安婦問題は、日本の軍国主義がアジアなどの国民に対して行った反人道的な重大な犯罪行為だ。日本が侵略の歴史を直視して反省し、責任ある態度で適切に処理しなければならない」と述べました。そのうえで、陸報道官は、「中国は、韓国と日本の関係改善がこの地域の安定や発展に役立つことを望む」と述べました。

歴史認識の問題で韓国と共闘する形で日本に圧力をかけてきた中国には、日韓関係が今回の合意をきっかけにさらなる改善に向かい、安全保障分野でも日韓の協力が進むことへの警戒感があるものとみられます。
中国国営の新華社通信は論評で、今回の合意を「安倍政権の退却」と表現し、「その背景には、現実政治の必要性、とりわけアメリカからの圧力がある」と指摘しました。
そのうえで、「日本はこの先、隣国との歴史問題で楽にはならない。慰安婦問題以外にも、強制徴用や、ユネスコの記憶遺産、靖国神社参拝などの問題によって、日本と隣国の争いが今後も再燃する可能性がある」としています。


慰安婦問題で欧米メディア「画期的な合意だ」
12月28日 18時09分

慰安婦問題を巡って日本と韓国の外相会談が行われたことを受けて、欧米のメディアは「画期的な合意だ」などと伝えました。

このうち、アメリカの新聞「ニューヨーク・タイムズ」は「画期的な合意」としたほか、イギリスの公共放送BBCは「歴史的な合意」だと報じました。また、アメリカのAP通信は「中国が台頭し、北朝鮮が核兵器の開発を進めるなか、アメリカ軍が駐留している韓国と日本の関係改善はアメリカ政府にとって優先順位の高いものだった」と伝えました。


政府 慰安婦問題合意受け首脳間の対話重ねる方針
12月29日 4時39分

政府は、28日の日韓外相会談で両国間の最大の懸案だった慰安婦問題の最終的な解決で合意したことを受け、今後、元慰安婦への支援事業などを着実に実施するとともに、韓国との関係改善を軌道にのせるため国際会議の場などを利用して首脳間の対話を積み重ねていく方針です。

日韓両政府は28日、ソウルで外相会談を行い、慰安婦問題を巡って韓国政府が設置する財団に日本政府の予算でおよそ10億円を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことなどで合意するとともに、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを確認しました。これを受けて安倍総理大臣は、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と電話で会談し、元慰安婦に対するおわびと反省の気持ちを表明したのに対し、パク大統領は外相会談で合意した事業が実施されれば、この問題が再び議論されることはないという考えを示しました。
政府は、今後、元慰安婦への支援事業について韓国政府と協力し、元慰安婦らが納得できる内容にすることで合意を着実に実施していくことにしています。
一方で、政府内にはソウルの日本大使館前に設置された、慰安婦を象徴する少女像の扱いで、韓国政府がどのように関連団体との協議を進めていくのかなど、懸念する声もありますが、外務省幹部は「首脳や外相の間での合意は重い」と述べ、韓国側の出方を見守る意向を示しています。
政府は、両国間の最大の懸案だった慰安婦問題の最終的な解決で合意したことを受け、今後、冷え込んでいた韓国との関係改善を軌道にのせるため、国際会議の場などを利用して、安倍総理大臣とパク大統領との首脳間の対話を積み重ねていく方針です。


韓国政府に難しい課題

慰安婦問題での合意について、韓国では慰安婦を象徴する少女像の問題で韓国政府が解決にむけて努力するとしたことに、像を設置した市民団体が強く反発するなど合意は適切ではないと指摘する意見も出ており、韓国政府には難しい課題が残される形となりました。
28日、ソウルで行われた日韓の外相会談のあと、韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相が日本大使館の前に設置された慰安婦を象徴する少女像の問題について「解決に向けて努力する」と述べたことについて岸田外務大臣は記者団に対し、像は移転されるという認識を示しています。
これについて、少女像を設置した市民団体は「像は歴史の象徴でありわれわれの公共の財産だ。韓国政府が撤去や移転をうんぬんするのはありえない」などと強く反発しています。
また、日本が法的責任を認めなかったことについても最大野党が「日本政府の法的責任から目を背けた合意で受け入れられない」と厳しく批判しています。
こうしたなか、パク・クネ大統領は28日夜、韓国国民に向けたメッセージを発表し、合意は妥当なものだという認識を強調したうえで「日本との関係改善と大局的な見地に立って今回の合意を理解してほしい」と呼びかけ、国民に対して合意の受け入れを求めました。
韓国では、今回の合意を評価する声がある一方で、合意は適切ではないと指摘する意見も出ており、パク政権には今後、国民の理解を得るとともに、像の移転に向けて市民団体の協力を取りつけるという難しい課題が残される形となりました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

慰安婦少女像移転、66%が反対=大統領・与党支持層も―韓国世論

時事通信 12月30日(水)18時25分配信

 【ソウル時事】韓国のMBNテレビは30日、ソウルの日本大使館前にある慰安婦問題を象徴する少女像に関する世論調査結果を発表した。
 移転に反対する人が66.3%に上り、賛成の19.3%を大きく上回った。
 慰安婦問題に関する28日の日韓合意で、韓国政府は少女像について「日本政府が懸念していることを認知し、関連団体との協議などを通じて、適切に解決されるよう努力する」と表明。しかし、少女像を建てた支援団体や元慰安婦らだけでなく世論の大半も移転に反対しており、韓国政府は対応に苦慮しそうだ。
 朴槿恵大統領の地元である大邱・慶尚北道地域でも、他地域より多いものの、賛成は23.5%にとどまり、反対の49.5%を大きく下回った。朴大統領の支持層である50、60代でも反対が多数。野党支持層は反対が70%を超え、与党支持層でも、賛成が32.9%なのに対し、反対が49.1%とほぼ半数に上った。
 調査は、民間世論調査機関「リアルメーター」を通じ29日に実施された。 


最終更新:12月30日(水)20時1分
---
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000080-jij-kr

Re: 少女像

あはは…言えてる(笑)
匿 名 希 望 さま、新たに「オバサン像」…で大笑いしてしまいました^^

10億円で「オバサン像」の方が、より現実的かもしれませんね(^_-)-☆

Re: オバサン像

> もとい!「オモニ像」でしたね。
いや、「オバサン像」でも、どっちゃでもよさそうですが…(笑)
あの時の少女がオババになっても虐げられてまして…という像ですわ??

> 「最終的かつ不可逆的」ね。ふんふん。
ふんふん。

> 確か1965年の「日韓基本条約」と同時に結ばれた「日韓請求権並びに経済協力協定」で請求権の問題は「最終的かつ完全に解決された(第二条)」はずだったんだけどね。
> 1995年の「アジア女性基金」は何だったんだろう?
ふんふん。私は勉強不足でして…。

> 結局、20~30年後にまた同じことの蒸し返しがある気がする。
私もそんな気がする…でも20~30年後といわず、もう少ししたら、でしょうね^^
20年も経たずに、かつての少女たちは(たぶん)誰一人生きてないかと…
ダレに謝罪せよ、補償せよと言うんでしょうか(笑)

「胸いっぱいサミット!」現在 緊急生放送中です

「世界情勢がえらいこっちゃ!緊急生放送SP」

青山さんが生出演で話しています!

今回の慰安婦問題の件、話していました

あの時、アメリカでも普段と違って報道されたそうで、その時の言葉について話されてました
合意文書が作られてないですからね…

(水爆実験の話もするらしい)

Re: 蒸し返し

匿 名 希 望 さま、教えていただきありがとございますm(__)m

お返事は随分前にしたのですが、うまく投稿出ませんでした

そこで、本日の日記にしましたので何卒よろしくお願い致します

「慰安婦問題 日韓外相会談…」コメントへのお返事(2016年1月10日)
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-3344.html
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク