ガールズちゃんねる【局部切断裁判】(2015年12月21日)[股間枝切り鋏事件]

昨日は冬至でしたね
一応、カボチャを食べ、ゆず風呂に入りました(*^^)v

今日は裁判の日?「局部切断事件」(海江田訴訟の思い出)
昨日の日記↑を書いてから、タイトルの12月にあった雑誌記事を見ました

■ガールズちゃんねる 

元プロボクサーが弁護士の局部切断 犯行に至った経緯が明らかに【局部切断裁判】
722コメント 2015/12/21(月) 19:03

http://girlschannel.net/topics/553270/2/


1. 匿名 2015/11/26(木) 15:09:52  以後の2ページ目

716. 匿名 2015/12/21(月) 18:22:49 から
722. 匿名 2015/12/21(月) 19:03:17 まで
ニュース記事が投稿されています

まるで昨日日記を書いたrokoにお知らせしてくれるかのように…(笑)
Yahooニュースでもあったそうですが、私はどれも見ていませんでした
ありがとうございます(*^_^*)


[股間枝切り鋏事件]不倫妻が育った家庭環境と“コスプレの逢瀬”〈週刊新潮〉
デイリー新潮 12月15日(火)8時0分配信
 http://www.dailyshincho.jp/article/2015/12150715/?all=1

「弁護士局部切断」事件~その生々しすぎる冒頭陳述を全文掲載する 戦慄のチン事件の真相
現代ビジネス 12月16日(水)11時1分配信
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46857

「“根元から1センチ”弁護士」と「不倫妻」の今 [股間枝切り鋏事件]〈週刊新潮〉
デイリー新潮 12月16日(水)8時0分配信
 http://www.dailyshincho.jp/article/2015/12021815/?all=1

弁護士局部切断事件 妻の悪女ぶりに法廷の空気が冷え込んだ
NEWS ポストセブン 12月7日(月)16時0分配信
 http://www.news-postseven.com/archives/20151207_368673.html


私が調べてないだけで雑誌はどこも結構書かれていますね

〈週刊新潮〉の「股間枝切り鋏事件」という呼び方もなかなかだと思います
他は「弁護士局部切断事件」が多いかと…
各記事を見にいけば最後の方に関連記事とか載ってますから過去のも見られるでしょう
サイト内の検索もできたりしますから、そちらでどうぞ^^

たとえば、スポーツ報知の検索結果:局部切断


★-----

昨日の「スッキリ!」の中で、印象に残ったことをひとつ^^

ダチョウ倶楽部のリーダーが言った言葉に、なるほどーと思ったの
「ちっとも面白くないけど、誰も傷つけていません」みたいなことを…

「ちっとも~」でなく、「たいして~」だったかもしれないけど、そんなカンジ^^;

正直言って私、ダチョウ倶楽部は好きではないのですが、この時だけは
そっかー、いえてるかも~…と考えてしまいました
人を傷つけない笑いなんだ・・・


今年の夏に起こったひえぇ~~って感じのチン事件は、傷つく人ばっかりの出来事でしたね
加害者も被害者もその周りの人も…



で、今日ネットの中で見かけた写真

ASKA 激太りで白髪ボサボサ…あまりの変貌に誰も気づかず
 女性自身 12月22日(火)0時1分配信

誰も気づかず…(笑)

って、57歳の普通のオッサンよね
(ハゲ散らかしてないしフサフサ。うちの父さんより髪の毛いっぱいあって羨ましいとコメントがあった)
人に見られる職業の人は見られるからこそ磨かれていくものなんでしょう
気づかれないほうが楽ってもんかな^^


人を傷つけずに生きるって難しいね^^


ちなみにワタクシ、軽自動車の助手席に枝切り鋏を乗せてます(笑)
安心してください^^ 人はチョン切りません
枝を切るためにです(ついでにノコギリも^^;)
家の中に取りに行くより、青空駐車の車のほうが早いから^^
(実は…経年劣化の為、車の頭の塗装がはげ散らかしております(ーー;)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

局部切断事件 ドロドロ不倫裁判 被害弁護士の痛々しい現在〈週刊朝日〉

dot. 12月25日(金)11時37分配信

猟奇的な事件、裁判の行方は…(※イメージ)


 男性弁護士、A氏(42)の局部を枝切りバサミで切断し、トイレに流すという猟奇的な事件の裁判の行方が今、注目されている。

 傷害罪などに問われているのは元プロボクサーで慶応大学法科大学院生だった小番(こつがい)一騎被告(25)。

 検察側は、A弁護士と小番被告の妻Bさんが不倫関係にあったと指摘。11月末に開かれた第2回公判で、男女関係を克明に記した冒頭陳述を読み上げた。

 Bさんは専属事務員としてA弁護士の事務所で働いていたが、2人が初めて性的関係を持ったのは14年12月末。以来、ラブホテルなどで6回にわたって関係を重ね、セーラー服のコスプレでカラオケに興じることもあった。

 小番被告とけんかしたBさんが「A氏にセクハラされた」「2回だけ関係を持った」などと嘘を言ったことも事件の要因になった。

 A弁護士が関係を強要したと考えた小番被告は15年8月、Bさんを伴い事務所に向かう。パンチを浴びせてA弁護士を昏倒させ、犯行に及んだ。局部が根元から1センチ程度しか残っていないためA弁護士は小便器で排尿できず、血尿が出ていたという。

 だが、気丈にも事件後数日で職場復帰した。知人の法曹関係者が語る。

「事件の日は木曜日でしたが、週明けには勤務されていた。前とまったく変わらない様子で仕事をしているようです。事務所の弁護士たちも事件については触れないようにしている。Aさんは企業法務が専門で、破産や企業再生などの大きな仕事を手掛けてきた。仕事ぶりは大変まじめです」

 その回復力について、川崎医科大学泌尿器科の永井敦教授が解説する。

「陰茎がんの患者さんで切断手術した人も、翌日には歩いています。周りの皮膚をうまく縫いつけ、尿道カテーテルを入れている状態だと思います。1年も経てば、陰茎形成術もできる」

 年明けにはA弁護士の証人尋問も予定されている。

(本誌取材班=上田耕司、亀井洋志、小泉耕平、永井貴子、長倉克枝、永野原梨香、鳴澤大、西岡千史、秦正理、林壮一、牧野めぐみ、松岡かすみ、山内リカ/今西憲之、菅野朋子、岸本貞司、桐島瞬、柳川悠二)

※週刊朝日  2016年1月1-8日号


最終更新:12月25日(金)12時14分

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151225-00000004-sasahi-soci
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク