牛の死亡事故…苦しい人は「苦しい」と言葉に出してくださいm(__)m

いつもの検索から見つけたニュース

トラック横転で牛5頭逃走 九州道一時通行止め(NHKニュース 2015年10月24日)

 ↑↑↑
最初はタイトルをこれにしていました
「黒毛和牛」ということで…ついつい取り上げてしまった^^;

昨日、書いておいたのですが、色々見ていたら出し忘れていました^^;
それに、今日になって最後のほうを書き足しました

★---

このニュースの時、私はまだ九州福岡にいましたね^^

多分、今なら↓タイトルクリック↓で、映像が見られます


■NHKニュース

トラック横転で牛5頭逃走 九州道一時通行止め
10月24日 11時15分

24日朝早く、熊本市の九州自動車道の下り線で、牛を積んだトラックが横転して5頭の牛が逃げ出し、現場付近の一部の区間が3時間半にわたって通行止めになりました。

24日午前4時ごろ、熊本市北区の九州自動車道の下り線で、牛を積んだトラックが横転し、運転していた58歳の畜産業の男性が軽いけがをしました。
トラックには8頭の「黒毛和牛」が積まれていましたが、このうち5頭が逃げ出し、1頭が別のトラックにはねられて死にました。ほかの4頭は最大でおよそ1キロ、1時間半以上にわたって高速道路上を歩き回り、駆けつけた警察官や畜産業者によって確保されました。
この事故で、九州自動車道の下り線は、熊本インターチェンジと植木インターチェンジの間がおよそ3時間半にわたって通行止めになりました。
警察によりますと、トラックは山口市から鹿児島県姶良市の競り市に向かう途中だったということです。
現場は片側2車線の直線道路で、警察はトラックの運転手がハンドル操作を誤ったとみて事故の原因を調べています。


■NAVERまとめ
 http://matome.naver.jp/odai/2144568266682746901


畜産業の運転手さんは軽傷ですんで幸いでしたが、牛さんたちはお気の毒…
別のトラックにはねられて死んだ牛くんは、美味しく食べられる牛という生を全うできませんでした

それにしても、あのトラックで牛8頭で何トン?
映像を見ただけですが、大きな牛さんたちはきつくなかったのかなぁ…と思いました

トラック横転したなら起き上がって逃げようとするわね…
牛はしゃべれないから、大変だったよね

生きてるとなにがあるやらわかりません

他の高速道路運転中の方に被害が及ばず、不幸中の幸いでしたね
あ、通行止めの被害にあわれました方はお気の毒orz
牛は死んだけど、人は生きていてよかった…



安愚楽牧場の破綻(2011年8月)で、最初は民事再生申請し、時間稼ぎをしました
その後破産となった時(11月)には餓死しそうな牛というところまでいってました
それも全部、安愚楽牧場の経営者や関係者のせいです
8月にまだ少しはあった私たちのお金も、牛さんの餌とウンコに消えました
破産までの3ヶ月、その間にも資産隠しをしたでしょう…
4年前の今日はまだ破産してませんでしたから…
11月に私がブログを書き出して、少ししたところから大きく動き出しました

今はそんな少し前だったのだなぁ…と思い出しました

あの8月、大きな被害を受けた人々の中には今ではもう亡くなった方もいらっしゃいます
安愚楽牧場事件に遭ったせいで、離婚した人も病気になった人もいます
今も辛い思いをしている人がたくさんいます

先日の非公開コメントのように、みんな、人に言えないから…
表立って見えないだけで、苦しんでいる人がたくさんいらっしゃったのですよね
そして、今でも…
苦しい人は、声を出すべきなんですが、それができないからこうなってるんだね

せめて、このブログを見つけた人は、安愚楽牧場被害者以外だとしても
「苦しい」「辛い」と声を出していただきたいです
苦しいことは自然なことです
苦しいから苦しいと言うのはオッケーなんだよ
我慢しなくてもいい
言葉にしよう…
声を出そう…
きっと、言霊となって届くから…

同じような経験をした人と話すだけで、心の治りが早いそうです(*^^)v

rokoは、何もできませんが、皆さんの声を聞くことはできますから・・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

rokoさん、ありがとう。

No title

rokoさん いつもありがとうございます
パソコンがとうとう使えなくなり、娘がタブレットを買ってくれました。
画面が小さくなりましたが、贅沢は言えません。


あぐらで、定期的に開催されていた牧場見学の旅行に、毎回、顔を合わせる
ご夫婦がいらして、いつの間にか年賀状のやりとりをするようになりました。
先日、その奥様から喪中葉書が届きました。
最期のほうは認知症を発症し、あぐらの被害のことは、ほとんどわからなくなっていたそうです。


この4年間、本当にいろんな事がありました。
生きて、生きて、最後まで見届けてやると誓って、神社仏閣巡りを始めました。
辛い気持ちを体を動かすことで、やり過ごしてきました。

国家賠償請求訴訟の傍聴に参加して行動を起こして・・・
やっと最近、このような気持ちになったのです。
それまで、私も鬱になり、薬が手放せず、心療内科の通院が続きました。


rokoさんのブログで元気をいただき、とにかく生きていこうね!




え?え!? 何?なに?ナニ?

あぐらにやられました 様

> rokoさん、ありがとう。

って、こちらこそありがとう!
なんですけど…??

けいとっと様 お久しぶりです^^ 

おお、よい娘さんをお持ちですね^^
ウチの奴らでは考えられません(笑)
多分、オマエが育てたんやろ、、と言われておしまいかなw
rokoは自力で頑張ります(わはは…)
けど、最近は細かい字が見えなくなってきて…ってもっと笑い^^;

喪中葉書の件、なんとも、、…ですね。
どうか、その奥様に近況等書いたお便りを差し上げて下さいませ。

辛い気持ちを体を動かすことで、やり過ごす…というのもいい方法ではないでしょうか。

> rokoさんのブログで元気をいただき、とにかく生きていこうね!

その言葉が私の励みになり、あなたの言葉が奥様を元気にします。


けいとっと さま、こちらこそありがとう!!

牛の死亡

茶々を入れます。

「死亡」と言う言葉を人間以外に使うことには抵抗があります。

「犬に餌をあげる」以上に明らかな誤りである「飼い犬が亡くなりました」程ではありませんが。

ウィキペディアでは「人間の死を表す言葉」と定義しています。他の辞書サイトなどでも「人間の死」と限定するところが圧倒的多数で、「人間以外にも使うことがある」は少数派のようです。

「死」は縁起の悪いことなので「忌み言葉」として言い換え・婉曲表現が発達したようです。「亡くなる」はもちろん「無くなる」と同じで、「その人の存在が消滅する」と婉曲的に表現しています。「死ぬ」でさえも元は「為逝ぬ(しいぬ)」=「してしまっていなくなった」と言う婉曲表現で、元々のヤマトコトバで「死ぬ」を意味する本来の言葉が何であったかはもうわからなくなってしまったと言う説もあるようです。

Re: 牛の死亡

匿 名 希 望 さま

仰ることはごもっともです。
人以外に死亡は使いませんね。

「牛の○○事故」としたかったのですが、轢死でもないし、はねられて死ぬのをなんというのかわからなかったのです。
それと、人に飼われている牛が人が起こした事故が原因で死にました。
牛から見た事故を書きたかったし、人でしゃべれる人でも言葉にしないし、伝えないまま死ぬ人もいるし…などと色々ごちゃ混ぜ気分で、あえてあんなタイトルにしてしまった、というのが実際のところです。

もっとも、いつもタイトルはその時の気分しだいですので・・・^^
流して下さいね orz orz

茶々でもなんでも…私に知恵を与えてくれたり考えさせてくれるコメントは大歓迎です。
ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いいたします(*^_^*)
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク