突然、自分ががんになったその時…

・・・・・・・・・・
・・・・・

医者「再建は考えていますか?」

roko「え!? 再建できるのですか?」

医者「はい、できますが、ここ市民病院では無理ですので他の病院で…となります」

乳房再建の話です
なんとなく希望が湧いたようで、少しの安堵…

......

そんな時、「rokoさん、お母様からお電話です」という声
どうして、こんなところにまで…? なにかあったのだろうか?
と不安になりながら電話に出る

母「roko、バカチンがもう二日も帰ってこんのやけど、このままでええのんか!?」
親のアンタがしっかりせんと…みたいに怒っている…
私は、大丈夫だということを言って、電話を切る

......

場所は変わって、あたりに人もいる中…

なにがきっかけだったか忘れたが、こらえきれなくなって…
自分の膝を抱えたまま、大声で子供のように泣いてしまった

そんな私に声をかける人もなく、
私の肩を抱き寄せてくれる人もいないまま、
ひとり、ずっと、ずっと、泣いていた…
ひ と り ・・・

・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・


安心してください^^
今朝の夢です(笑)


でもでも、なんという偶然・・・
今朝の「スッキリ!!」調べ隊でやってました

「突然、自分ががんになったその時…」

9月24日に乳がんのため右乳房全摘出手術を受けた元女子プロレスラーで タレントの北斗晶(48)さんのことや川島なお美さんがお亡くなりになったことがきっかけでしょう

街頭インタビューで何人ものガン経験者からのお話

皆に共通するのは、家族の存在でした
初めは夫にも言えなかったという人も、告白してその時言われた言葉に自分が必要とされていると感じ、頑張っていこうという気持ちになれたそうです
やはり病気になった時、支えになる人の存在は大きいですね


過去の話ですが…
私が手術する日、バカチン以外の家族は県外にいましたし、
「大丈夫だから来なくていいよ」と言ったら、本当に誰も来なかった(笑)
来てくれたのは、真ん中の姉に連れて来てもらった母と姉二人だけでした

手術の前日か、前々日に入院したのですが、最後のあがきのように生理になって
大出血、、、困った(笑)

結局、一番頼りになったのは一番上の姉でしたね^^

その後、彼女も乳ガンになって、手術しました


それだけに、検診で疑いあり…となった時は、今度はオッパイかよって不安になったのは事実です
過去日記に書いて、コメントいただいたこともありましたよね(懐)
検査を受けて、結果を待つ日々の不安も大きいです^^;


今朝の夢は、本当はもっと長くて…
覚えていないことも多いのですが、医者自身が乳がん治療や手術について色々な考えを持っているって感じがしました

どういう治療がいいのか、抗がん剤で辛い思いをするのは仕方ないのか…

どのように生きていくのか
どのように死んでいくのか

考える今日この頃です^^
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私、夢って見てへん、てか、覚えてへんのかなあ。

死ぬまで頑張って生きるのだ!

あはは…ありがとう!えいとちゃん^^

見てても忘れるのだと思うよ
起きる前に見たものでないと忘れる気がするし…

それに私もめったに覚えてないもん(笑)
死ぬまで生きましょう\(^o^)/
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク