FC2ブログ

安愚楽直営牧場 元社員が買収 「津別ファーム」再出発 (北海道新聞2012.03.06)

へえ~、安愚楽の直営牧場だった 津別牧場(オホーツク管内津別町)を
安愚楽牧場 北海道支店の 元支店長代理 上野信之(社長)が買収し
「津別ファーム」として営業を始めたんだって~。

すっごーい。

これって、いったいいくらで売ったん???
これって、いったいいくらで買ったん???

資本金900万円で~ 従業員20人も雇って~ やっていけるん??

うW~、ようわからん。

12月まで勤めてた会社の一部を買収して、1月からシャチョーさんになるなんて、、、あり・か~?
ぜひとも、買収価格をお知らせ願いたいものです。

それから、退職金もあり・か~?
社員さんは、あの夏からもお給料ちゃんと貰ってるし~。

教えてね~ん。

お願いします、渡邊顕(破産管財人)さん? m(__)m
お願いします、上野信之(社長)さん? m(__)m

って、いうわけないか??

お願いします、弁護団さま。
いつも お疲れ様です。
期待しております。

みなさま、お体には十分気をつけて!


http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/355459.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
直営牧場 元社員が買収 安愚楽破綻 「津別ファーム」再出発(03/06 11:35)

【津別】経営破綻した安愚楽牧場(栃木県)の元従業員が直営牧場だった津別牧場(オホーツク管内津別町)を買収し、「津別ファーム」として営業を始めた。安愚楽は道内8カ所を含む全国40カ所で直営牧場を持っていたが、津別ファームは「他の法人に買収されるケースが大半で、従業員による独立は初めてではないか」と話している。

 津別ファームの上野信之社長は安愚楽牧場北海道支店の元支店長代理で、津別牧場に駐在していた。昨年12月に安愚楽を退職。同月、津別牧場を買収して津別ファームを設立し、今年1月から営業を始めた。資本金は900万円。約30人いた従業員のうち、20人を継続雇用している。買収額は公表していない。
 
 <北海道新聞3月6日朝刊掲載>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

津別牧場は、2007年秋までは繁殖牛200頭、従業員4人のこぢんまりとした規模だったのが、2007年秋以降一気に規模を拡大して破綻時には育成牛と合わせて4500頭、従業員30人の繁殖牧場だったようです。

安愚楽の6カ月齢までが子牛という計算でゆくと、4500頭の内訳は親3200頭と子1280頭(3200×0.8×6/12)くらいの割合になるのでしょうか。
しかし、1日平均で7頭の子牛が産まれることになりますが、これを30人(ソースを失念しましたが、繁殖の場合1人当たり管理頭数は25~30頭という資料を見た記憶があります)で面倒を見ていたとなると、ちょっと想像の範囲を超えます。

さて、現在の従業員が20人とすると、4500頭よりは少なくなっているのでしょうが、それでも、2~3000頭の規模にはなりそうです。 


「黒毛和牛の安愚楽牧場 今秋2千頭、40人規模に」 (2007.6.16)

http://denshobato.com/m/news/kiji.php?id=16213  

 黒毛和牛の繁殖、育成を手がける農業生産法人「(有)安愚楽共済牧場」(本社・栃木県)の津別牧場が今秋、2千頭規模に拡大される。従業員は従来の10倍の40人規模となる見通しで、町内に新たな雇用がうまれる。22年度には、6千頭・80人規模の牧場となる構想もある。町内では3月末に津別スキー場が閉鎖し、雇用の面でも打撃を受けたが、スキー場を上回る雇用に、町も期待を高めている。

22年度には6千頭、繁殖牛牧場では全国一に

 安愚楽牧場は北海道から沖縄まで全国30ヵ所以上の牧場をもち、黒毛和牛の繁殖から育成、肥育、出荷までを手がける。

 津別牧場は繁殖と、6ヵ月までのほ育・育成牛を育てる施設として6年10月に開設。従来は従業員4人ほどで、繁殖牛200頭と年間に生まれる子牛160頭の計360頭を手がけていた。

 計画では、繁殖牛を2千頭に増やす。すでに新しい繁殖牛舎やたい肥舎14棟の建設が始まり、11月に完成の予定。建設で、牧場施設の面積は約1万9千平方メートルから約4万7千平方メートルに拡大する。これに合わせ、従業員も正社員、パート合わせて40人ほどを増員。すでに募集を始めた。

 繁殖牛を2千頭にすると年間1600頭の子牛が生まれるが、育てる施設がないため、当面は町外の牧場で育てる。町によると、同牧場は22年度までにさらに繁殖牛を増やす計画で、ほ育・育成牛の施設も整備して、繁殖牛を扱う牧場としては国内最大の6千頭規模にする。従業員もさらに40人ほど増やし、80人規模の牧場とする考えという。

 佐藤多一町長は「町内に雇用の場が増えることは非常に喜ばしい。地元から多くを採用したいと聞いている。家族を含めると相当数の定住につながる」と、期待を寄せている。(浩)


「安愚楽牧場破たんで「雇用不安懸念」    (2011/08/29)

http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=55025
http://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/10tyoutyou/gyouseihoukoku42301.html

津別町議会臨時会で町長が行政報告
 津別町議会臨時会が26日、開かれた。佐藤多一町長は行政報告で、民事再生法を申請し町内に直営牧場がある安愚楽牧場(本店・栃木県)について「雇用不安が懸念される」と述べた。

 町内には平成19年に直営牧場が開設。育成牛など4500頭が飼育されている。佐藤町長は「従業員30人のうち13人が町内に住んでいる。報道以外の情報がほとんどなく対応に苦慮しているが、道や関係市町との連携を密にして推移を注視し適切な措置を図りたい」と述べた。

稲葉としき様、ありがとうございます。
だいぶ前の情報なのに、しっかり集めてくださって本当にスゴイ人ですね。
後ほど、メインに載せますね(=^・^=)

No title

>だいぶ前の情報なのに、しっかり集めてくださって本当にスゴイ人ですね。


いえいえ、「津別牧場(ファームでなく) 安愚楽」をキーワードに検索をかけたら、googleが探してくれましたので、「スゴイ」のは私ではなく google先生です。


さて、繁殖専業でやって行くつもりなのか、繁殖肥育一貫でやるつもりなのか?

繁殖専業なら、安愚楽の血統上の評価が芳しくないところから素牛として高くは売れないでしょうし、繁殖肥育一貫なら出荷適齢まで食いつながなければなりませんから、その間の餌代+人件費+諸経費が必要になります。


津別町民を優先的に継続雇用しているのなら、「雇用不安が懸念される」と言っていた町長氏にとっては、一安心という事は間違いないところでしょう。

> さて、繁殖専業でやって行くつもりなのか、繁殖肥育一貫でやるつもりなのか?
以下、メインに追記いたしました。

それから、ペンギンままさんのところ見に行ってきましたよ。
http://pgmama.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-c8e0.html#comments
津別牧場の建物は心配みたいでしたね。
2ちゃんのコメントの日から、2回冬が来ていますがどうだったのでしょうか。

稲葉としき 様、いつもありがとうございます。

> 「スゴイ」のは私ではなく google先生です。
またまた、ご謙遜を~^^
わたしも前から、あたまアホー(yahoo)より あたまグールグル(google)のほうがいいのかなぁと思っているんですがなかなか余裕がなくてね・・・。
勉強しなくっちゃ。検索の仕方もろくに知らずにやってます私(^^ゞ
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク