悪い奴や詐欺会社は都合が悪い相手にスラップを起こすもの…(ーー;)

本日、姉と姪と赤ちゃんが家に来ていました

その時、皆が見ていたお昼のテレビに偶然紀藤弁護士が出てらして…^^
「ひるおび」ですか?普段昼にテレビ見ないので、番組名がわからずスミマセン
でも私の部屋じゃないので録画もできませんでした
それに、ちょうど立ったり座ったり、じっくり見てもいられなくて残念
消費者庁が発表した虫除け剤の話をされてたかなー…orz
昨日のるつぼさんのブログにも記事が出ていたと思う

紀藤先生、なんとなくスッキリされた印象を受けました
髪を切ったのかしら?それとも、良いことでもありましたか?
だといいんですが…(*^_^*)


さて、本題です

昨日、多分初めての方から「個人向け社債ウォッチ!」さんの件でコメントをいただきました

え~、私、shasaiwatchさんとこにコメントでご挨拶したことあるけど、お知りあいじゃないし~^^

で、非コメでしたけど、お返事はしました

村田  洋 さま、相すみませんorz

コメントする場所をお間違えではないでしょうか?
こちら「あぐら物語日記」です
どうか、もう一度、「個人向け社債ウオッチ」さんへコメントなさってくださいませm(__)m

********************
個人向け社債ウオッチは8年前から利用しています。大変有効で重宝しています。ありがとうございます。しかし過去のデーターが蓄積されて削除したいデーターはどうして削除したらいいでしょうか?教えてください。
********************

http://shasaiwatch.blog.fc2.com/

2015-02-22(20:02) : roko URL : 編集


コメントの意味もわからないんですけどぉ…^^;
過去のデータって蓄積するから意味あるんじゃないの?
それから、よくよく見ると「ォ」が「オ」ですね^^

私は社債など全く興味がないので見ていません
それ以外でshasaiwatch様が書かれることはとても面白いのですが、お知り合いになれた方々のブログでも、よく見に行くってことはしていられないのが現実なんですm(__)m
ただ、検索に出てくるか、思い出すと拝見します
だから、この方のブログ見たいなぁ…と思っても、安愚楽牧場関係以外で見ている時間がないのが現状です
本当にすみません

で、普段ならこれで終わりなんですが、今日は、どうしてこれを書いているかというと、wikipediaの「スラップ」が昨日更新されたようでして…
スラップというと、「個人向け社債ウォッチ!」shasaiwatch様もブログを消されたことがあって、私のブログ内検索でも「スラップ」に何度か出てきます
そんなことで、同じ日の話なので、偶然って面白いなぁと日記にした次第です

「あぐら物語日記」 個人向け社債ウォッチ

「あぐら物語日記」 スラップ 

■wikipedia:スラップ

スラップ(英: SLAPP、strategic lawsuit against public participation、威圧訴訟、恫喝訴訟。定訳はないが「市民参加を排除するための戦略的訴訟」というのが語感に近い。)は、訴訟の形態の一つ。大企業や政府などの優越者が、公の場での発言や政府・自治体などの対応を求めて行動を起こした権力を持たない比較弱者や個人・市民・被害者に対して、恫喝・発言封じなどの威圧的、恫喝的あるいは報復的な目的で起こす訴訟である。


どこが更新されたのかわかりませんが、このブログ内に書いたことのある名前のところのみ続きに抜粋しておきます

現在「MRIインターナショナル被害弁護団」と「 全国安愚楽牧場被害対策弁護団」の弁護団長さんがともにスラップにあったようですね
結局正義は勝つのですが、相手からすると嫌がらせなので、それで目的達成?
、、、困ったものです

訴訟には時間と手間とお金が要りますから、スラップと判断されれば相手に裁判費用など払わせるべきですよね(*^^)v
精神的にまいりますので、こちらが損害賠償もらいたいくらいです(ーー;)

安愚楽牧場が旬刊宮崎新聞の口蹄疫発生場所の記事に対し、謝罪広告と660万円の賠償の訴訟を起こした件はどうなったのでしょう?
取り下げたんじゃなかったのかな?
反訴されたあと、どうなったのか、調べてないわ、、、^^;

Wikiさん、続きの更新お願いしますm(__)m

スラップ(英: SLAPP、strategic lawsuit against public participation、威圧訴訟、恫喝訴訟。定訳はないが「市民参加を排除するための戦略的訴訟」というのが語感に近い。)は、訴訟の形態の一つ。大企業や政府などの優越者が、公の場での発言や政府・自治体などの対応を求めて行動を起こした権力を持たない比較弱者や個人・市民・被害者に対して、恫喝・発言封じなどの威圧的、恫喝的あるいは報復的な目的で起こす訴訟である。

スラップまたはスラップとの見方のある訴訟の例

幸福の科学による8億円損害賠償請求訴訟
1996年12月、宗教法人幸福の科学の元信者が、多額の献金を強制されたとして弁護士山口広を訴訟代理人として幸福の科学への損害賠償請求訴訟を提起、山口は提訴記者会見を開くなどした。これに対して幸福の科学側は「虚偽の事実を訴えた訴訟と会見で、名誉を傷つけられた」などと主張して、1997年1月に元信者らに対し総額8億円の損害賠償請求訴訟を提起した。これに対し、山口は本訴の提起が不法行為に当たると主張して幸福の科学に対し800万円の損害賠償を請求した(反訴)。判決において土屋文昭裁判長(東京地裁)は「批判的言論を威嚇する目的をもって(略)請求額が到底認容されないことを認識した上で、あえて本訴を提起したものであって、このような訴え提起の目的及び態様は(略)著しく相当性を欠き、違法」と述べ、幸福の科学に対し山口弁護士に100万円を支払うよう命じた。教団が元信者と山口弁護士に賠償などを求めた訴訟については請求を棄却。二審の東京高裁は双方の控訴を棄却して一審判決を支持[7][8]、最高裁は幸福の科学の上告を棄却し、幸福の科学の敗訴が確定した[8]。なお発端となった訴訟は元信者敗訴が確定していた。詳しくは幸福の科学事件を参照

・2004年~2010年のホームオブハート事件 自己啓発セミナー団体ホームオブハート(代表MASAYA)の問題を追及していた元セミナー生の被害者二人と被害者救済を担当していた紀藤正樹弁護士が、ホームオブハート側から総額で2億8000万円を超える損害賠償を起こされ、加えて紀藤正樹弁護士に対しては懲戒請求まで起こされた事件
-結果的に紀藤正樹弁護士に対する懲戒請求は棄却され、さらに2010年1月に、ホームオブハート側の広告塔を務めていたXJAPANの「Toshlが脱会することにより、ホームオブハート側は被害者側の損害賠償請求を認めたうえで、ホームオブハートからの請求を全面的に放棄するという形の被害者側の全面勝訴的和解がなされた。 なおMASAYA参照。

・2010年5月15日に発行された旬刊宮崎新聞の口蹄疫発生場所の記事に対し、安愚楽牧場側が謝罪広告と660万円の賠償の訴訟を起こした。

週刊金曜日2011年12月16日号『最後の大物フィクサー、東電原発利権に食い込む』で東京電力の原子力発電所関連事業に関与してきた人物を採り上げた田中稔・社会新報編集次長は、当人から名誉毀損で名指し提訴され6700万円の損害賠償請求を受けた。提訴した当人が2013年8月、訴えを取り下げた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク