FC2ブログ

政治資金問題から読み解く政権党の前近代的体質(WEBRONZA 2014年10月28日)

タイトルの件の前に・・・

【週刊文春】スクープ速報 
西川公也農水相が収賄罪で逮捕されていた!
2014.10.27 19:00

記事は最後に記録しました
-----


WEBRONZA+は、朝日新聞デジタルの一部です、なんだってさ~
いつ創刊されたのか知らないけれど、2012年1月10日という日付がサイトの中にあったから、最低でもその前からあるらしい

でも、初めて見ましたよ
朝日新聞デジタルは、しょっちゅう見ているのにな…?
ということは、安愚楽牧場の文字が、一度も記事に載らなかったということでしょう^^

有料ですので、続きは見られません
最後に、見られるところまで、いただきます^^


2009年9月でしたっけね、人々が民主党を選んだのは?

与党である自民党が金にまみれた政治をしてたから…
国民のための政治でなく、金儲けのために政治家をやっているように感じたから…
民主党がいいなんて思ってなくても、今の自民党ではダメだ…
なにかを変えたい、という人々の希望があったからであろう
少しは変わると思っていたけれど…

人は挫折したとき、強くなるものである
なにかしら学ぶことがある
反省し、自ら学べば、成長する

普通ならば、民主党政権時代に、自民党は学んだはずである

誰がやっても同じ・・・なわけないけど、そう思わせないよう
政治家の皆さんには頑張ってほしい
政治家は、国民の為に働く、名誉職だと思っていてほしい

金が絡むとロクなことがない・・・・・



■WEBRONZA  (色はroko)

小林正弥

政治資金問題から読み解く政権党の前近代的体質

2014年10月28日
安倍「政治資金疑惑内閣」の古い体質
国内政治

ダブル辞任の衝撃――閣僚の約3分の1が疑惑を受ける「政治資金疑惑内閣」

 小渕優子経済産業相と松島みどり法務大臣が、政治資金問題で同じ日にダブル辞任した(10月20日)。

 小渕氏は、2010年や2011年に支援者向けの観劇会をめぐり政治資金報告書の収支に不一致があり、支持者への利益供与ないし報告書の記載漏れ、親族のブティックからのネクタイやハンカチの購入、ベビー用品の購入、さらにはジャガイモやカレンダー、ワインなどの物品供与などが問題となった。松島氏は、過去3年間に選挙区の祭りで「うちわ」を配ったことが問題とされた。

宮沢洋一経産相
拡大小渕優子氏の後任・宮沢洋一大臣も「SMバー」への支出で釈明に追われた
 安倍政権は女性閣僚の登用をアピールしていただけに、これが大きな痛手であることは言うまでもない。それだけではなく、小渕氏の後任として経済産業相となった宮沢洋一氏の資金管理団体からは、SMバーへの支出が発覚し、宮沢氏は秘書が行ったと説明した(10月23日)。

 また、江渡聡徳(えとあきのり)防衛相の資金管理団体が2009年と2012年の4回にわたり、江渡氏個人に計350万円を寄付したと政治資金収支報告書に記載しており、それは禁じられているので報告を修正した。

 西川公也農水相も経営破綻した「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県)から2010年までに計125万円の政治献金を受けたが、国会で追及されて返金したと説明した。

 さらに、塩崎恭久厚生労働相は、地元選挙区の特別養護老人ホーム開設に必要な条件を、秘書が厚労省に問い合わせをしたことが「口利き」に当たるのではないかと指摘されている。これらは、いずれも指摘や批判が正しければ、法的ないし道義的問題となる。

 さらに他にも、真偽の程は定かではないものの、安倍政権の中枢部も含めて複数の疑惑が取り沙汰され始めている。

 こうなると、第2次安倍改造内閣の閣僚18人には、経産相2人、法相、防衛相、農水相、厚生労働相とあわせて延べ6人、つまりその約3分の1以上が政治資金問題で批判されていることになる。これを見ると、この改造内閣は、「政治資金疑惑内閣」とでも呼びたくなるほどである。

親分―子分関係の古い自民党の復活

 なぜ、このような問題が続出しているのだろうか。

 これらの疑惑には2009年くらいからのものが多く、安倍政権が発足した2012年から顕著になったものもある。おそらく、政権政党となってから権力の傲りが生じ、自民党において政治資金の流用や利益供与、口利きなどが増えてきたのであろう。個々の閣僚には安倍首相の任命責任が問われるが、おそらくは自民党全体に見られる傾向の表れではないだろうか。

 つまり、政権に戻ったことにより、かつての自民党の体質が再び現れたのだろう。

 もともと、55年体制における自民党の最大の問題点の1つは、「政治とカネ」の問題だった。自民党は権力についていたことにより、官庁や財界・業界と密接な関係を持ち、いわゆる「鉄のトライアングル」を形成して政官業癒着が生まれた。そして、族議員が暗躍して政策に大きな影響を与え、支持者や支持団体に利益誘導や利益供与を行って集票をしていた。

 これを可能にしたのが後援会や派閥であり、それを支えていた人間関係が「親分―子分関係」である。これは学問的には「パトロンークライアント関係」とか「恩顧主義」と言われる。

 親分がポストや公共事業やお金を子分に配分する見返りとして、子分は親分に忠誠を誓い、親分のために働く。親分は子分の名誉欲や利益欲を利用して自分の権力を増大させるわけであり、結局は私利私欲に基づく政治となって公共的利益に反するのである。

 このような政治構造が批判の的となり、「政治改革」が行われ、さらに政権交代につながった。ところが、自民党が政権に復帰すると、やはり再びこのような体質が復活してきたわけである。

 ある意味で、小渕氏の問題はこのことを象徴している。小渕氏は、小渕元首相の娘であり、疑惑に対して辞任の記者会見で「長年、私が子どものことからずっと一緒に過ごしてきた、そういう信頼するスタッフ」についての監督責任が十分でなかったと述べた(10月20日)ように、このような体質は小渕元首相の時代からのやり方を受け継いでいる面があるからである。

 事実、小渕元首相の秘書であって30年以上も小渕家に仕えてきた折田謙一郎町長(群馬県中之条町)が突然、辞任した。小渕氏が、親族の店からのネクタイやハンカチの購入について「喜んでくださる人・・・・・続きを読む



追記(2014.10.30)
【週刊文春】スクープ速報 に関連しまして、日刊ゲンダイの記事がありましたので、最後に記録します

2014年10月30日
大臣の資格なし…西川農相に「収賄容疑で逮捕」の過去も発覚
■週刊文春

西川公也農水相が収賄罪で逮捕されていた!

2014.10.27 19:00

Photo:Kyodo

 西川公也農水相(71)が、栃木県職員時代に収賄で栃木県警捜査二課に逮捕されていたことが週刊文春の取材でわかった。

 西川氏が逮捕されたのは1971年9月。当時、捜査二課が捜査していた千振ダム汚職事件で、上司や贈賄側の建設業者と共に逮捕された。逮捕容疑は、県から工期の遅れを指摘された建設業者から、コンクリート打ちが不備だったのを見逃してもらった謝礼として、現金2万円を受け取ったとするもの。上司と業者は起訴され、執行猶予付きの有罪判決を受けたが、西川氏はまだ若く、金額も高額ではないとして、起訴猶予処分となった。

 西川農水相は、週刊文春の取材に対し、事務所を通じて「不起訴になった事実は記憶しているところです。なお、半世紀近くも前の人の犯歴に関することであり、その有無及び内容についても回答は差し控えます」と回答した。

 職務に関して金銭を受け取り、不正を行う収賄罪は、公務員にとって最も重大な犯罪だけに、約2万5000人の職員を率いる西川氏の大臣としての資質が問われそうだ。



■日刊ゲンダイ

大臣の資格なし…西川農相に「収賄容疑で逮捕」の過去も発覚

2014年10月30日

疑惑の総合商社/(C)日刊ゲンダイ

 30日の衆院予算委の集中審議で、野党の持ち時間は6時間。新閣僚の大半が「政治とカネ」の問題を抱え、民主党幹部は「追及すべき案件が多すぎて時間が足りない」と悲鳴を上げるほどだ。特に疑惑の総合商社と化しているのが、西川公也農相(71)。安愚楽牧場献金や親族企業への政治資金還流など“叩けばホコリ”だが、ナント「収賄での逮捕歴」まで飛び出した――。

 日刊ゲンダイ本紙の手元には1971年9月8日付の栃木の地元紙「下野新聞」の写しがある。それには、〈新たに技師一人を逮捕 千振ダム汚職事件 現金二万円受取る〉という見出しが躍る。

 何を隠そう、逮捕された技師こそ、当時は県庁職員としてダム工事現場を監督していた若き日の西川大臣なのだ。当該記事はこう報じていた。

〈千振ダム工事にからむ、県職員の贈収賄事件で県警捜査二課、大田原署は七日夜七時、さらに那須土地改良事務所、千振温水溜池工事事業所・技師西川公也(28)=氏家町=を収賄の疑いで逮捕〉

 西川大臣が連座した「千振ダム汚職」とは、どんな事件だったのか。当時を知る関係者が言う。

「県から工期の遅れを指摘された建設業者の主任が、コンクリート打ちの不備を見逃してもらった謝礼として、西川氏や彼の上司に金品を贈ったのです。西川氏は現金2万円、上司はゴルフセットを受け取った。主任や上司は西川氏の逮捕前に贈賄・収賄で逮捕。それぞれ執行猶予付きの有罪判決を受けたが、西川氏はまだ下っ端で、もらった金額も少なかったため、起訴猶予処分となり、県庁にとどまったのです」

 とはいえ、出世の道は断たれたようで、8年後には県庁に見切りをつけ、自民公認で県議選に初当選。5期17年を務め、96年に国政進出。当選5回で大臣に上り詰めたが、職務に関して金品を受け取り、行政をネジ曲げる収賄罪は、公務員として最も重大な犯罪だ。

 西川事務所は「不起訴処分後も県庁で職務を行い、昇進し、当選後は(事件の)説明を続けてきました」と回答した。これだけの「汚点」を持つ政治家は大臣としての資質やモラルが疑われる。安倍首相も任命責任を問われて当然だ。安倍首相はA級戦犯として逮捕後に首相となった祖父を持つ。まさか「逮捕歴」に寛容なわけではあるまい。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大臣の資格なし…西川農相に「収賄容疑で逮捕」の過去も発覚 (日刊ゲンダイ)

【週刊文春】スクープ速報 に関連しまして、日刊ゲンダイの記事がありましたので、本文に記録しました

2014年10月30日
大臣の資格なし…西川農相に「収賄容疑で逮捕」の過去も発覚
http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/154526/1

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(1)スキャンダルまみれの改造内閣(アサ芸プラス)

2014年11月11日 9:56 AM

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(1)スキャンダルまみれの改造内閣

 こんなはずではなかったのに──。安倍総理の後悔と焦りは今、頂点に達している。内閣改造は大失敗に終わり、次から次へと閣僚の醜聞、疑惑をたれ流して袋叩きに。発足からわずか2カ月で「ドミノ崩壊」の危機を迎えている安倍政権からは、断末魔のもがきが聞こえてくるのだ。

 思えば9月3日の内閣改造直後から、ドミノ崩壊の兆候は出ていた。山谷えり子国家公安委員長(64)が、ヘイトスピーチでトラブルを起こしている在特会の関係者と写真に収まっていたり、高市早苗総務相(53)にネオナチ団体の代表者と議員会館で記念撮影に応じていた事実が明るみに出たり。

 閣僚のスキャンダル発覚が本格化したのは、10月7日の参院予算委員会で松島みどり前法相(58)が「うちわ配布」問題を追及されてから。立て続けに、安倍内閣最大の目玉閣僚だった小渕優子前経産相(40)の政治資金不正疑惑がハジけると刑事告発までされた2人はW辞任に追い込まれた。

「小渕氏は政治資金で下着やネギ、ベビー用品を購入するなど、公私混同も甚だしい支出のほか、関連政治団体が開催した観劇会を巡って、5510万円もの収支のズレが生じていることがわかった。その後も、選挙区内で小渕氏の写真入りラベルが貼られたワインやカレンダーを配っていたことも発覚し、寄付行為を禁じた公選法に抵触する可能性が浮上しています」(全国紙政治部デスク)

 まさに「女難の相」に見舞われた安倍晋三総理(60)。自民党関係者が言う。

「松島氏は同じ派閥(清和会)の森喜朗元総理(77)が大臣にとゴリ押ししてきただけで、安倍総理は彼女のことが生理的に大嫌いだった。かつては『顔を見ただけでじんましんが出そう』という話をしていたほどです。内閣改造における身体検査は全て、安倍総理が菅義偉官房長官(65)に任せ、内閣情報調査室や官邸スタッフが調べていました。小渕氏の調査結果も『大丈夫だと思います』と菅氏が報告したそうですが、このありさまに。安倍総理は菅氏に不信感を持ち始めています」

 だが閣僚のスキャンダルドミノは食い止められず、たれ流し状態に。江渡聡徳防衛相(59)が代表の資金管理団体が、政治資金規正法で禁止されている本人への350万円に上る寄付を行っていた件では、「新報道2001」(フジテレビ系)に出演した民主党・細野豪志氏(43)が「政治団体から個人に献金などというのは聞いたことがない」と猛口撃。

 その後も、小渕氏後任の宮沢洋一経産相(64)が就任わずか2日で、資金管理団体が「SMバー」に政治活動費を支出していたことが大問題となり、宮沢氏が「行ったのは秘書ら。私は行っていない。そういう趣味はない」と弁明に躍起になるハメに。

 さらに塩崎恭久厚労相(63)には地元老人ホームへの口利き疑惑が浮上、西川公也農水相(71)は和牛商法事件で一審有罪判決を受けた安愚楽牧場から献金を受け取り、親族企業に約100万円の政治資金を流していた。いや、まだある。望月義夫環境相(67)は政治資金収支報告書に660万円の虚偽記載、有村治子行政改革担当相(44)は脱税で罰金判決を受けた企業から120万円の献金を受け取っていたり──。

 こうして安倍政権は内閣改造からわずか2カ月余りで、辞任した人物も含め、閣僚21人のうち約半数の10人がスキャンダルと疑惑にまみれるという前代未聞の醜態をさらしたのである。

http://www.asagei.com/28154
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク