安愚楽牧場・刑事事件の判決に対する弁護団の声明文(2014年10月16日)

★--- ただいま ブログ上部に固定中です ---★   
最新日記は次からはじまります      


全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式ホームページが更新されてます

2014/10/16  控訴審も実刑判決が維持されました=速報

安愚楽牧場の

元代表取締役の三ケ尻久美子被告に、懲役2年6月、

同大石勝也被告に、懲役2年の実刑判決が出されました。


控訴審でも実刑判決が出ました。

控訴審で、示談を進めたことが、一部、評価された形ですが、一審の実刑判決(三ケ尻久美子に懲役2年10月、大石勝也に懲役2年4月の実刑判決)の実刑部分が、わずか4か月の減刑されただけで、実質的に、維持されました。

井上弘通裁判長の判決後の説示

概要
「被告人らが控訴審でも述べたとおり、今後も、被害者への賠償をすすめてください」

との言葉が、心に響きました。

被害者への思いやりに満ちた判決であり、三ケ尻被告人らは、真に反省をし、全被害者への賠償を進めてもらいたいと考えます。

   刑事裁判 刑事事件‐過去の経過
 


安愚楽牧場・刑事事件の判決に対する弁護団の声明文   

平成26年10月16日

全国安愚楽牧場被害対策弁護団

団 長 弁護士 紀 藤 正 樹
副団長 弁護士 鈴 木 喜久子
副団長 弁護士 塚 田 裕 一
副団長 弁護士 飯 田 正 剛
事務局長弁護士 中 川 素 充



 本日、 安愚楽牧場の元役員らに対する特定預託法違反被告事件の控訴審において,東京高等裁判所第12刑事部( 井上弘通裁判長) は, 被告人三ケ尻久美子に対して懲役2年6月, 同大石勝也に対して懲役2年の実刑判決を言渡しました。

 判決では, 被告人らが反省の弁を述べていること, 起訴状に記載された一部被害者と示談をしたことなどを考慮して, 4ヶ月滅軽しています。

 しかし, 被告人らは, 型どおりの反省の弁を述べるだけで, 安愚楽の詐欺的商法を認めるものではなく, 真の反省は見られませんでした。また, 示談金の原資は,本来, 破産財団に帰属させて, 全ての被害者に均等に配当されるべきものであり,起訴状記載の被害者に対してのみ示談することは, 刑を軽減させたいという自らの保身のためになされたものです。控訴審の判決で, これらを浬由に刑を減軽させたことは,不当であり,容認できるものではありません。

 他方で, 実刑判決を維持していることは, 長期間にわたり, 繁殖牛が恒常的に不足していたのに契約どおりにオーナーに割り当てる繁殖牛が存在しているかのごとく不実の告知を行い出資を募い, 被害者約7万3000人, 被害金額約4200億円という,我が国史上, 最大の消費者被害を引き起こした犯罪行為の重大性に鑑みたものと言えます。被害者の大半は, 長年蓄えた貯蓄や老後の生活資金, 学資などのために安愚楽牧場に拠出しており, 今回の破綻により, 人生計画を大きく狂わされています。1日でも早く , 安愚楽の詐欺的商法の実態が明らかになれば,多くの被害が回避し得たはずです。

 被告人らは,上告することなく,刑務所において,自らの行為について振り返り,今後, すべての被害者に対して, 賠償をしていくように求めます。

 また, 本来被告人らによる本件の不実の告知行為により, 被害者らが多額の預託金を出資していることからすれば, 詐欺罪が成立することは, 明らかであり, 裁判所が実刑判決を維持したことも, そのような利益判断が前提にあるものと思われます。検察審査会でも「不起訴不当」の議決が相次いでいることも, 検察官の不起訴の判断が事実, 国民の法感情から, 大きくかい離していることを表しています。

 当弁護団としては, 改めて, 詐欺事件での起訴をしなかった検察官に対して強く抗議するとともに,詐欺罪での起訴を求めます。

以上



追記(2014年10月21日) 更新されたと思われる部分 

井上弘通裁判長の判決後の説示 

裁判所としては,被告人両名がこの法廷で話したことをきちんと守ってもらいたい。とりわけ,本件の犯行を含めた今回のことで被害をもたらした関係者に対する弁償等について述べられた言葉は今後しっかり守ってもらいたい。このように希望する。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あぐら被害者の会 HP 更新

2014.10.16 「控訴審の判決についての声明」を公開しました。

http://agurahigai.web.fc2.com/book/20141016seimeia.pdf


2014.10.16 〔提出の報告と判決について〕を更新しました
http://agurahigai.web.fc2.com/higai/higai2014.05.html

「控訴審の判決についての声明」より抜粋

 公判では、その弁済に使われた資金源についても、多くの不審点が提起されました。
 三ケ尻は5月26日の公判で、弁済資金の3,840万円は息子の聡氏が平成20年に購入した土地を担保にして借り入れたと証言しましたが、6月4日の公判では、検察側から、土地に抵当権が設定されていないことが指摘されました(後日、設定されました)。また、平成20年の土地購入の際、その代金が安愚楽牧場名義の口座から出されていたことも判明しました。
 つまり、この土地は、本来なら安愚楽牧場の資産として破産~分配の対象とするべきものだったのです。

井上弘通裁判長の判決後の説示 追記しました

更新されたと思われる部分、本文に追記しました 

井上弘通裁判長の判決後の説示 

「裁判所としては,被告人両名がこの法廷で話したことをきちんと守ってもらいたい。とりわけ,本件の犯行を含めた今回のことで被害をもたらした関係者に対する弁償等について述べられた言葉は今後しっかり守ってもらいたい。このように希望する。」

笠井 利哉 弁護士

現在、安愚楽牧場被害対策弁護団事務局次長、MRIインターナショナル被害弁護団団員。

http://smp-tax.com/_src/sc1088/128c8e8ca48fc89ef.pdf

10月30日までに上告せず、控訴審判決が確定(期限10月30日)

弁護団HP
2014/10/31 あらためて検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました=速報
http://agurahigai.a.la9.jp/index.html#20141031


>  また偶然ですが、三ケ尻久美子と大石勝也の特定商品預託法違反容疑での実刑判決(懲役2年6月と2年)に関し、上告期限である昨日までに双方上告せず、本日、控訴審判決が確定しました。

Re: No title

> ナッツ姫と人相が似ている

17:36様、コメントありがとうございます

何も非コメにしなくても宜しいのでは・・・?
誰の人相ですか~? 三ヶ尻ですか?
ま、まさか、rokoじゃないでしょうね(笑)

声明文を続きにずらしました

ブログの最初に長く出ますので、続きに移動しました

元の日付に戻しました

追記から半年ということで、本来の位置に戻します

それで、カテゴリを「弁護団日記」の下に作りました

「弁護団声明文」
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-category-196.html
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク