裁判に見る「AIJ年金資産消失事件」と「安愚楽牧場大詐欺事件」の共通点(2014年9月)

AIJ年金資産消失事件」については、カテゴリを作っていませんでした

「あぐら物語日記」ブログ内 記事検索
AIJ ←だと、こんなにいっぱい、、、
AIJ 年金 ←でも、減ったけど指では数え切れない…
AIJ年金資産消失 ←でようやく手指10本で数えられるくらいに…


AIJは安愚楽牧場にそっくりな気がして、教えてもらったりすると載せてました

姑息なところが、ソックリ、、、どの貌さげて…といった感じがする
まぁ、詐欺師共通の姿でしょうかね


さて、これまで何度か転載させていただいている「一寸したことの坩堝のブログ」さん
AIJ年金資産消失事件について書かれてました

2014年9月16日 (火)
AIJ事件,22億円弁済の意向。

AIJ事件で,浅川和彦氏(東京高等裁判所で詐欺等被告事件控訴審係属中)が,22億円弁済意向だそうです。
情報元はこちら→http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/562828.html及びhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000076-san-soci

(新聞記事部分 略)

控訴審で量刑不当の理由で第1審判決取消しを狙うなら,第1審弁論終結後の被害弁償というのは,間違いなく,王道の正攻法でしょうから,弁護側の方針は基本的には正しいと思います。

しかし,本件の被害額は,浅川和彦氏の言い分を鵜呑みにしても,「60基金1法人で約350億円」というもので,起訴事実に限っても,約248億円というもので(http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG02017_S3A700C1CC0000/),それに対して被害弁償額が22億円だと,果たして,この程度で第1審判決が取消しとなるかどうかは,過去の量刑資料を分析してみないとよくわからないところで,直感的には,「この程度では控訴棄却なんじゃないの?」という疑問が出てきます。

そもそも,浅川和彦氏は,第1審では個人資産からの被害弁償について「事件と関連がない。」などといってこれを拒絶していたわけで,控訴審での22億円の被害弁済も個人資産の全部を充てる趣旨かどうかは疑問の余地がありますよね。

以上のような事情に加えて,本件が我が国の厚生年金基金制度を破壊した重大事案であること,浅川和彦氏が第1審弁論終結時点で詐欺を否認しており反省の情が乏しいことなどの事情を踏まえると,私は,第1審判決維持が望ましいと思います。

本件は,被害者側が弁護団を結成したなどの情報もなく,浅川和彦氏に対して損害賠償請求,破産申立てなどをしたなどの情報もないので,恐らく,このような動きはないのでしょうけど,誰かがこのような行動をとらないと,結局,浅川和彦氏の逃げ得を許してしまうのですよね(詐欺師の発想は,「懲役15年喰らっても,手元に15億円残るなら,年収1億円だ!」というものですからね。)。

こういったことを考えると,ちょっとモヤモヤしたものが心に残ります。


北海道新聞のところをクリックしてもうまく見られなかったのですが、以下のところが産経新聞より詳しいところかと思います

 浅川被告によると、60基金、1法人の被害総額は約350億円で、被告個人やAIJ(現MARU)、ファンド管理会社の資産計約22億円を弁済に充て、被害額に応じて分配する方針だという。基金などには既に文書で説明した。<どうしん電子版に全文掲載>


AIJは名前をMARUと変えて、存続しているということなんでしょうかね?


日記にしようと思っていたら後に「安愚楽牧場行進曲」にも書かれていました
不知火さんのコメント部分のみいただいちゃいました
いつも、ありがとう^^

2014年09月16日
個人資産から22億円弁済!

<引用元>産経新聞2014.09.15
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000076-san-soci
(新聞記事部分 略)
☆☆☆☆☆

1458億円を溶かした前社長さんの個人資産から22億円弁済ですか。余裕で22億円も弁済できるんですね。個人の総資産は幾らくらいあるのかしら。笑。懲役15年の実刑判決で現在62歳なら刑務所を出てくる頃には77歳・・・。いっそ全財産没収しても問題ないんじゃない?

AIJの場合、弁済金22億円÷溶かした1458億円=弁済率約1.5%。安愚楽牧場の場合、溶かしたお金が4200億円。もしももしも、隠し財産が1.5%程度あったなら、4200億円×1.5%=63億円(!)ですから余生は悠悠自適ですね。どっかから隠し資産がでてきたら~ってついつい想像しちゃいます。家賃150万円のマンションに住んでいるのですから、どっかに隠し資産があったとしても驚きませんよ。どこに隠してあるのかなぁ。笑。


2014年09月16日
手元にあと幾らあるの?

<引用元>
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1410740623/l50
(引用部分 略)
☆☆☆☆☆

AIJは1458億円を溶かして詐欺罪などに問われ、一審では懲役15年の実刑判決が出ました。安愚楽牧場の場合は、4200億円もの資金を溶かして詐欺罪に問われず、預託法違反(不実告知)で一審では懲役3年弱の実刑判決です。それでも実刑判決が不服として執行猶予を金で買おうと一部の人にだけ弁済して控訴審で争い被害者を激怒させています。手元にあと幾らあるのでしょう。是非教えてもらいたいです。笑。




で、またまた、今日になって「一寸したことの坩堝のブログ」さんが更新されてました

記事は続きに転載させていただきますが
やはり、AIJ年金資産消失事件と、安愚楽牧場大詐欺事件とは、共通したところがあるようです
この新聞記事の中に気になることがありました

“東京高裁(井上弘通裁判長)” というところです
あれ~、、どこかで、見たような・・・・・!?

この名前って、安愚楽牧場大詐欺事件の裁判長さんじゃないの!!!

と言っても、安愚楽は預託法違反の裁判だよ^^
詐欺の裁判でないところがミソ(^_-)-☆

でも、この裁判長さん、大きな事件をいくつも受け持っていると大変ですよね
お疲れ様ですm(__)m


ボケ尻は、原告になっている 起訴状に名前が載っている人に、3割払うから示談してくれって頼み込んでいます
その後ろには、原告になっていない 起訴状に載っていない沢山の泣いている人、苦しんでいる人がいます
安愚楽はホンのはした金で済まそうとしている
それも、私たちから詐取したお金でね、、、
実刑でもたったの2年10月なのに、それさえも不服で執行猶予を得ようとしている
なんと傲慢な、素晴らしい思考、、普通の人には思えません
面の皮が厚いというより、人の皮を被った獣なのかもしれないな・・・

わはは \(^o^)/


被害を受けた国民のみなさま
たくさんの眼で、裁判長さんの判決を見つめていきましょう

色んなものに、興味を持つと見えてくることも多いのですね

AIJ事件の控訴審判決は、平成27年1月15日
安愚楽牧場事件の控訴審判決は、その前、平成26年10月16日

井上弘通裁判長 殿 宜しくお願いいたします m(__)m

2014年9月17日 (水)
AIJ事件の控訴審判決は,平成27年1月15日。

AIJ事件の控訴審判決が,平成27年1月15日と指定されました。

情報元はこちら→http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-2014091600691/1.htm
………………
AIJ前社長、改めて無罪主張=年金資産詐欺事件-東京高裁

2014年9月16日(火)17時15分配信 時事通信

 AIJ投資顧問の年金資産詐欺事件で、詐欺と金融商品取引法違反(契約の偽計)罪に問われ、一審東京地裁で懲役15年などの判決を受けた前社長浅川和彦被告(62)ら3人の控訴審第1回公判が16日、東京高裁(井上弘通裁判長)であった。浅川被告の弁護側は改めて、金商法違反は認め、詐欺については無罪を主張。刑が重すぎると訴えた。
 一審でいずれも懲役7年とされた元役員高橋成子被告(55)は全面無罪を主張し、傘下のアイティーエム証券元社長西村秀昭被告(58)は量刑不当のみ訴えた。
 井上裁判長は、今後の審理で3人の被告人質問を行うことを認め、判決期日を来年1月15日に指定した。
 一審判決によると、3人は2009~12年、7都道県の17の厚生年金基金などにうその運用実績を示してファンドを買わせ、計約248億円をだまし取った。
………………

浅川和彦氏,詐欺の否認は続けるようですね。

浅川和彦氏の主張は必ずしもその内容が判然としないのですが,第1審以来の報道からは,どうやら,「相場が上向いたら返す予定だったのだから,詐欺の故意はなかった。」というものであるように思えます。

ただ,浅川和彦氏の主張が仮にこのようなものであったとしたら,これ,「相場が上向いたら返す予定だったとしても,詐欺の故意を欠くものではない。」と言われてお終いなんですよね。

詐欺は,被害者を欺罔して錯誤に陥れて財産的処分行為を行わせて財物(又は財産上の利益)を交付(又は移転)させればその時点で完成で,その後に被害者に財物(又は財産上の利益)を返還するかどうかは詐欺の成否に影響しませんからね。

第1審で当初は詐欺を認めたことに鑑みると,多分,弁護人はこれを分かっていて自白方向で刑事事件に臨んだけれど,浅川和彦氏が第1審弁論終結間際になって「これで詐欺が成立するのは納得いかん!」などと言い出して否認に転じたというところでしょうか(これは,私の推測で,根拠は薄いです。)。

でも,否認の罪は,重いのですよね。

例えば,覚せい剤の単純な所持使用の事案(営利目的もなく,所持量も3グラム以内で,自分が単独で使用した事案)だと,前科前歴なければ,自白すれば通常は懲役1年6月執行猶予3年覚せい剤没収で落ち着きますが,否認すると一発実刑(しかも,第1審で否認すると,控訴審で自白に転じても,刑期は短くなりますが,やっぱり実刑のまま)ですからね。

まぁ,AIJ事件くらい犯情が悪いと,自白か否認かで今さら量刑に影響しないのかもしれないですけど,無謀な否認はしない方がいいんじゃないかなぁという気がします。



一寸したことの坩堝 さま、不知火 さま へ
毎回、ご挨拶に伺えませんが、何卒ご了承下さいますよう宜しくお願いいたしますm(__)m
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

本文訂正してお詫びm(__)m

>「原告」ではなく、起訴状に名前が載っている人かと・・・

そうそう、起訴できるのは、検察のみですね
大変申し訳ない orz バカでした^^;


元執事くん、ありがと(*^_^*)
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク