「ベネッセ」「ジャストシステム」の批判避けるテレビの“体質” (日刊ゲンダイ 2014年7月18日)

ベネッセの個人情報漏洩問題について、たくさんニュースがありすぎて、載せてもいられません

で、今日取り上げるのは、はじめに情報を漏らした人がどんな罪に問われるのか…ということが書かれていたからです
いやいや、ホントは全国安愚楽牧場被害対策弁護団の紀藤正樹弁護団長の言葉があったからです^^;

ワタクシ、今はなき『安愚楽牧場』の広報担当でっす(嘘)
(*^^)v


他のニュースからの情報ですが、
派遣のシステムエンジニア(SE)の松崎正臣容疑者(39)は、1993~2013年に生まれた子供の情報を約250万円で売ったらしい
それは名簿業者1社なんだけど、もう既に約10社に流れているらしい

元の名簿業者はウハウハよね^^
儲けたい人は買うもの・・・
買った人は利用するもの・・・


毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140718k0000m040185000c.html
ベネッセ流出:妻子と4人「生活困っていた」…容疑者逮捕
2014年07月18日 02時33分(最終更新 07月18日 03時23分)より抜粋

松崎容疑者は2012年1月から、都内のシステム開発会社にSEとして勤務。同年4月からベネッセのグループ企業「シンフォーム」(岡山市)の東京支社(東京都多摩市)に派遣され、DBのシステムを構築する業務を担当しながら、他のSEを指導する仕事もしていた。



「借金があり、生活に困っていた」と供述したという話だけど、安いお給料でSEを使っていた会社にも問題はあるよね
現代日本の会社事情ってぇの?昔は違ったけど…
昔はアホでも社員として雇えば終身雇用で、仕事できないおじさんもいたさ(笑)
それでも、お給料だけは若い人よりもらってたw(懐)
今の若い人は、デキル人でも、能力に見合ったお給料がもらえるかどうかもわからない

といっても、容疑者のお給料がいくらだったのか知らないけどさ…
それに、なんの借金があるのかも私は知らないし…

元々の大事なお客様情報を適切な管理をしなかった会社にも問題ありで・・・
それができていれば、盗み出すことができなかったわけで…
急に金銭的なことを言い出してもね…
20歳までの人の情報なんて、すっごい価値あるよね~
色んなイベントごとに、それ関係のお仕事をしている人には役立つことで…
世の中に出回って1年、その間新情報に更新もされていたんでしょ
この1年、会社が見つけられなかったのか知っていたのか知らないけどさ、これだけ個人情報がどうたらこうたらいう時代に、適切に管理をしていなかった会社の責任は大きいと思う

裁判起こされても、責任は容疑者に全部ふっかけても、容疑者からお金は出てこない…
だって、元々、お金ないんだもん^^

で、やっぱり儲けたのは、名簿業者のみ、ですかいな(笑)
情報を、ただ旨く手に入れるかだけで、大金が転がり込んでくる
カモは向こうからやってきたんだしぃ
後は、知りませんでした~で、OKなんだよね?
これからだって、この情報、小出しに、用途別に、年齢別に、県別に…
って、いくらでも使い道は広がる
これから、ガバガバお金は入ってくるね^^

一太郎のジャストシステムさんだって、消すなんていってもだめだよ
いくらで購入したのかは、調べてないけど、せっかくお金出したんだし…
もったいないし、消したって言っても残ってるし…
私なら、自分で持っとくわ(笑)

安愚楽牧場のオーナー名簿も出回っているけど、名簿業者を取り締まることもできないのでしょ?
ま、早く法律変えないといけないわね
 
ではでは、長いですが、日刊ゲンダイ2本と毎日新聞さんです

あ、タイトルのことについてはしっかり触れていませんが、テレビもスポンサーあってのものですから、日刊ゲンダイさんのいうとおりだと思いますよ~
みんな、それでいいのか!! って感じでしょうかね^^
日刊ゲンダイ
http://nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/151924

ベネッセ流出 犯人が背負う「実刑3年」「損害賠償40億円」
2014年7月17日

原田会長(右)はいつまで強気でいられるか/(C)日刊ゲンダイ
http://nikkan-gendai.com/articles/image/newsx/151924/12697
拡大する

 ベネッセの顧客情報流出事件で、警視庁は、データベースにアクセスして顧客情報を流出させた派遣社員の男を、不正競争防止法違反の疑いで週内にも逮捕する。男は、「顧客情報は名簿屋に売った」と供述しているというが、いくらで取引されたのか。

「個人情報の中身によって違いますが、子供の情報の場合、業者に売るときは1件1円が相場。報道されているように流出件数が760万件なら、男の受取額は760万円になりますが、それだけ支払える名簿業者はまずいない。せいぜい200万円くらいではないか」(名簿業者)

 今ごろ自分の浅はかさを悔やんでいるかもしれないが、もう遅い。個人情報流出問題に詳しい紀藤正樹弁護士が言う。

「不正競争防止法違反は、『10年以下の懲役または1000万円以下の罰金』で、懲役3年の不正アクセス禁止法違反や同じ3年の業務妨害罪より重い。今回ほど大量の個人情報が流出した事件は前例がなく、警察は被害の大きさを重く見たのです。派遣社員の男性は初犯ですが、執行猶予が付かず、懲役3~5年の実刑判決になるのではないか」

 民事で被害者グループに損害賠償訴訟を起こされる可能性も十分だし、すでにベネッセは男を刑事告訴している。

「今のところ、原田会長兼社長は被害者への補償を否定していますが、警察沙汰となった以上、今のように強気のままでいられるか。過去の情報流出事件のように1人当たり500円を補償するとすれば、補償総額は760万人で38億円。このほかに被害者やマスコミ、警察などへの対応による人件費、システム改善費もあるでしょう。一連の騒動に伴うコストを合算すると、40億円前後。男性への損害賠償請求もそれくらいの金額になります」(紀藤正樹氏)

 男が巨額の賠償金を負担できるはずはないが、出来心で行ったことの代償はあまりにも大きかった。



日刊ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00000007-nkgendai-ent

「ベネッセ」「ジャストシステム」の批判避けるテレビの“体質”

日刊ゲンダイ 7月18日(金)10時26分配信

情報流出した家庭に詫び状が届いた/(C)日刊ゲンダイ

「カネ目当ての派遣社員の愚行」でオシマイでは問屋が卸さない。

 データベース(DB)の管理にかかわる派遣社員のSE(システムエンジニア)が犯行を認めた大量顧客情報流出事件。警視庁はSEに対するベネッセの刑事告訴を受理し、早くも17日中に不正競争防止法違反容疑で逮捕する方針だが、これでメデタシ、メデタシとはいかない。
 今回の問題は、いったん流出したら回収不能な個人情報が最大2070万件とベラボーになる上、その被害者が「子供」という点で極めて深刻だ。派遣SEの逮捕は当然として、顧客情報の管理を怠ったベネッセ、出所不明の名簿を業者から買ったジャストシステムの責任も厳しく問われるべきである。

 ところが、両社の企業姿勢を問う報道はほとんど見られない。テレビに至っては皆無と言っていい。被害者の数で見れば、2000年の「雪印集団食中毒事件」の1万5000人をはるかに上回る。情報流出と集団食中毒を同列には比べられないとはいえ、ケタが3つも違うのだ。当時は連日、雪印の社長を追い回していた。テレビはなぜ、両社の責任をガンガン追及しないのか。

「大スポンサーだからですよ。ベネッセは『こどもチャレンジ』や『進研ゼミ小学講座』『進研ゼミ中学講座』など10本以上のCMを流している。広告宣伝費だけで年間約140億円も使っています。ジャストシステムも『スマイルゼミ』のCMを現在も放送中。これでは叩けるワケがない。それで、問題追及の矛先が派遣SEや名簿業者ばかりに向いているのです」(放送ジャーナリスト)

■CM垂れ流し

 テレビがこんな体たらくだから、ベネッセも楽チンだ。原田泳幸会長兼社長は会見で「情報の持ち出しに社員の関与はない」と威張っていたが、派遣SEがいとも簡単にDBにアクセスできた状況の方が問題だろう。「第三者委員会をつくって調査します」で済む話じゃない。

 個人情報の流出問題に詳しい紀藤正樹弁護士はこう言う。
「04年に起きた『ヤフーBB』の個人情報流出問題では、自民党の調査部会に出席したソフトバンクの孫正義社長が法整備の必要性を強調したのに対し、議員から<被害者意識を持つのはいかがなものか><個人情報取扱事業者としての責任を深く認識すべき>と批判が出ていました。今回のケースもよく似ています。セキュリティー対策を怠ったベネッセの管理体制にも問題があるのです」

 ジャストシステムだって「ベネッセの顧客情報とは知らずに買った」なんて言っているが、出所不明の個人情報を買うことに問題はないのか。今もCMを流し続けているなんて、反省しているとは思えない。テレビはそれでいいのか。

日刊ゲンダイ


【関連記事】
ベネッセ流出 犯人が背負う「実刑3年」「損害賠償40億円」
ベネッセ流出 元マック原田会長が直面する「巨額賠償訴訟」
ベネッセ情報流出 名簿業者に渡った「3億円顧客リスト」
BPO新委員・鈴木嘉一氏が語る テレビ業界の異常事態
“号泣県議”垂れ流し テレビが血眼で「新事実」探すワケ

最終更新:7月18日(金)10時26分




毎日新聞

<ベネッセ流出>SEを逮捕…秘密複製容疑、1年で1億件

毎日新聞 7月17日(木)21時38分配信

警視庁が把握している顧客情報流出のルート

 通信教育大手ベネッセホールディングス(岡山市)の顧客情報漏えい事件で、警視庁生活経済課は17日、顧客データベース(DB)の管理で外部業者から派遣されていたシステムエンジニア(SE)、松崎正臣容疑者(39)=東京都府中市寿町1=を不正競争防止法違反(営業秘密の複製)容疑で逮捕した。同課によると、「ベネッセの顧客情報を持ち出したことに間違いない」と容疑を認め、今年6月までの約1年間で、重複分も含め、延べ1億件以上の情報を持ち出したと説明しているという。

【ベネッセ流出】妻子と4人「生活困っていた」…容疑者逮捕

 逮捕容疑は今年6月17日、DBの操作端末があるベネッセのグループ企業「シンフォーム」(岡山市)東京支社(東京都多摩市)で、業務上貸与されたパソコンに2回計約1019万件の顧客情報をダウンロードして保存。私物のスマートフォンに情報を移し、コピーを作成して不正に入手したとしている。松崎容疑者が持ち出したのは、全国で1993~2013年に生まれた子供の名前や住所、生年月日などの情報。ベネッセが分析した結果、すべて同社のものと一致した。

 逮捕前の任意聴取に松崎容疑者は「金がほしかった。顧客情報は営業秘密で売ってはいけないと知っていた」と供述したという。昨年7月~今年6月、月に1、2回の頻度で情報を持ち出し、インターネットで探した都内23区の名簿業者に約15回、計約250万円で売却したと説明した。

 同課によると松崎容疑者は昨年7月、貸与のパソコンにスマートフォンを接続した際、情報を移せることに気づき、不正を始めた。スマホ本体や付属のマイクロSDカードにコピーし、持ち出しを繰り返すようになったという。ベネッセにはアクセス記録を定期的にチェックする体制がなく、見抜けなかったとみられる。

 松崎容疑者は12年4月からシンフォームの東京支社に派遣され、コンピューターシステムの開発などを担当。漏えい発覚後の7月10日に派遣元の会社を解雇された。【林奈緒美】

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ECCもベネッセのデータ使用か、名簿業者から購入

TBS系(JNN) 7月18日(金)18時11分配信
 ベネッセコーポレーションの顧客情報が流出した事件で、大阪の英会話学校大手「ECC」がベネッセのデータとみられるおよそ2万7000件の高校生の名簿を業者から購入していたことがわかりました。

 ECCによりますと、今年2月から4月にかけ、大阪市内の名簿業者から大阪府などに住む高校1、2年のおよそ2万7000件の名簿を購入し、それをもとに運営する進学塾のダイレクトメールをおよそ1万9000件発送したということです。

 「(ベネッセのデータとは)まだ確定はしていないが、今後はこういった購入した名簿を使いません」(ECCの担当者)

 ベネッセのデータと確認されれば、営業活動に使われたケースとしては、ジャストシステムに続き2例目となります。(18日17:29)
最終更新:7月18日(金)19時17分

ベネッセ流出2260万件に 新たに通販サイトからも(朝日新聞)

2014年7月22日01時09分

 ベネッセホールディングス(HD)の顧客情報流出事件で、ベネッセHDは21日、運営するインターネット上の二つのサイトの顧客情報の流出が新たに確認されたと発表した。重複を省いた総数は約2260万件となり、当初説明していた2070万件を超えた。同社は「なぜ、想定の範囲を超えたのかは、調査中」としている。

特集:ベネッセ顧客情報流出
http://www.asahi.com/topics/word/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%BB%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%B5%81%E5%87%BA.html

 二つのサイトは、女性向け口コミサイト「ベネッセウィメンズパーク」(利用者約530万人)、通販サイト「ベネッセライフスマイルショップ」。いずれも登録者の氏名や生年月日、住所、電話番号、出産予定日(一部利用者)などが流出したという。

 この事件では、不正競争防止法違反容疑で逮捕された外部会社の元システムエンジニア(SE)松崎正臣容疑者(39)が、顧客情報を私有のスマートフォン(スマホ)に転送して取得したことが判明。ベネッセがこのスマホに6月17日と27日に保存されたデータを解析した結果、判明した。

 ベネッセHDはこれまで、26サービス計760万人分の流出を名簿業者から取得した情報から確認し、最大2070万件に及ぶと説明していた。

情報持ち出し2億件余か 再逮捕

8月11日 13時03分

ベネッセコーポレーションの顧客情報が流出した事件で、逮捕されたシステムエンジニアが持ち出した情報は延べ2億件余りに上り、3つの名簿業者に合わせて400万円で売却していたことが、警視庁のその後の調べで分かりました。警視庁は11日、およそ2000万件の顧客情報を不正にコピーしたとしてシステムエンジニアを再逮捕し、情報が拡散した実態を詳しく調べる方針です。

再逮捕されたのは、ベネッセコーポレーションの顧客情報のデータベースの保守管理を担当していたシステムエンジニア、松崎正臣容疑者(39)です。
警視庁の調べによりますと、松崎容疑者はことし6月、ベネッセの営業秘密に当たる顧客情報2000万件余りを名簿業者に売却する目的で記憶媒体にコピーしたとして、不正競争防止法違反の疑いが持たれています。
調べに対し、容疑を認めているということです。
松崎容疑者は1000万件余りの顧客情報を不正にコピーしたとして、すでに逮捕・起訴されていますが、警視庁のその後の調べで、持ち出した情報は延べおよそ2億300万件にのぼり、東京都内の3つの名簿業者に合わせて400万円で売却していたことが分かりました。
顧客情報はその後、全国各地の教育関連会社や学習塾など数百社以上に流出したとみられ、警視庁は、取り引きに関わった名簿業者から話を聞くなどして情報が拡散した実態を詳しく調べる方針です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140811/t10013724591000.html
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク