FC2ブログ

宮古毎日新聞から…「安愚楽牧場」・「ぱいぱい」バカスキ

春分の日に見た、「宮古毎日新聞」の記事です

販売額は27億2200万円/子牛平均42万4000円の高値
2013年3月20日(水) 9:09

JAおきなわ宮古家畜市場の話でして、高値の要因についても書かれていました

・宮古地区で生産される牛の系統にばらつきがないこと
・2010年に宮崎県で発生した口蹄疫で大量の母牛が殺処分されたこと
・安愚楽牧場の破綻に伴う子牛不足

高値といっても
べぶろぐさんのところでみる金額(平成25年 2月期 西諸県子牛セリ
より低いので、市場によって子牛価格は違いがあるのね~と思いました

-----

さて、私のブログ内「宮古」で検索すると、次の日記だけですが出てきます
私が東京にて行った場所とニュース
2013-01-30(18:51)

安愚楽牧場の債権者集会に上京した時の話です
この日記のニュースの中で殺されたのは
投資会社役員の霜見(しもみ)誠さんと妻の美重(みえ)さん、とありました

この時、オーム信者の高橋信容疑者と同じ、まことさんなんだ…
そして『月刊現代』で安愚楽牧場のことを書いてくれたジャーナリストを思いました


また、私の旅仲間の話を思い出しました
若い時は電車の旅がほとんどでしたが、今は飛行機の旅をしているようです
安愚楽牧場が破綻した後のお正月、彼は沖縄・宮古島に行ってたのでした

その時にくれたメールです
---
只今ぁ羽田空港に着きました。昆布?ああ…ムーチーの写メね。あれはムーチー、つまり餅。沖縄は元旦がムーチービー(餅日)って、サンニンの葉に包んだ黒糖餅を食べるんだよ
ところで…本島地方や八重山地方の方言は理解出来るけど、いまだに宮古地方の方言だけは無理『ん』で始まる単語が多いからシリトリしても勝負つかないよ『ぱ』で始まる単語も多いし…『あぐがぱな、どぅすがぱな』なんて困るなぁ今月は宮古島月間にした為に下旬に再び行きます。
---

メールの中の「ムーチー」や、宮古空港、宮古島の雪塩を使った そらパン「雪塩あんぱん」や「雪塩ふわわ」の写真も送ってくれました
なんて読むのか分からない旗もありました(「んみゃーちかぎすま」と読むみたい)


そんな中、おまけ、です

空港レストラン「ぱいぱい」
空港レストラン「ぱいぱいのむら」

あはは、、、なんでこうなるかな、私も…w
何枚もある中で、これかぁ~(ーー;)

そう、この日記をよく見ていてくださる方、勘のいい方ならわかるかもしれないね

大阪市天王寺動物園メガネグマ夫婦のワッセワッセ写真
を送ってくれたヤローでっす\(^o^)/
ホントに物知りで、面白い人なんだよね

ん?でも、もしかしたら、「ぱいぱい」は宮古では、なにか違う意味があるのかも?
・・・・・・と、今になって思って、調べてきました^^

「ぱいぱい」とは宮古島の方言で「素晴らしい、よく似合う」といった意味らしいよ
検索した目次だけで、見てるから正確かどうかしりませんが…


「ぱいぱい」の写真をもういっちょ^^

ぱいぱいのおばちゃん
ぱいぱいのおばちゃん?年賀状?

マスコットガール?のオバチャン? すばらしい? おもろい^^

「バカスキ」 = 「おもしろい」 なんだってさ\(^o^)/

私もバカスキなブログ、めざしてます(笑)
トップ > 産業・経済 > 販売額は27億2200万円/子牛平均42万4000円の高値
http://www.miyakomainichi.com/2013/03/47541/
---
2013年3月20日(水) 9:09 | 16 views

販売額は27億2200万円/子牛平均42万4000円の高値

肉用牛競り12年度実績/前年度比1億5000万円増

高値取引が続く肉用牛競り。12年度の販売額は27億2200万円に上った=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2013年3月期肉用牛競りが19日に開かれ、多良間家畜市場を含めた宮古地区全体の12年度(2012年4月~13年3月)販売実績がまとまった。総販売額は27億2289万円で前年度に比べて1億5255万円増額となった。子牛1頭平均価格は39万4959円(前年度比2万5654円高)となり、年間を通して高値で安定した。高値の要因は計画交配に基づく系統の統一性と、全国的な子牛不足の影響とみられる。


 12年度の競りに上場された子牛は宮古市場が5457頭、多良間市場が1283頭の計6740頭。このうち宮古は5424頭、多良間では1281頭の取り引きが成立している。

 市場別の子牛1頭平均価格は、宮古が40万2368円と高値。性別にみると去勢43万4494円、雌は35万8610円と、いずれも年間を通して高い値が付いた。多良間も平均36万3584円と安定し、性別では去勢38万9019円、雌は33万1147円で売れた。

 平均キロ単価は宮古が1537円、多良間は1552円だった。

 成牛を含む上場頭数は宮古が5919頭、多良間が1376頭で計7295頭だった。宮古では5865頭、多良間では1373頭が競り落とされた。

 1頭平均価格は宮古が38万3631円、多良間が34万4431円。平均キロ単価は宮古1390円、多良間は1406円だった。

 これらの実績に伴って販売額は上昇。12年度は4月に2億8000万円を売り上げると、その後も順調な販売が続いた。宮古は12月から4カ月連続で2億円以上を販売するなど年度末に向けて高値取引があった。

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターなど関係団体は、宮古地区で生産される牛の系統にばらつきがないことを高値の要因に挙げており、計画交配に基づく統一性が購買者のニーズに合致しているとみる。

 また、2010年に宮崎県で発生した口蹄疫で大量の母牛が殺処分されたことや、安愚楽牧場の破綻に伴う子牛不足も価格上昇の要因の一つとしている。
----------
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク