FC2ブログ

「不確かな再生医療拡大」(2013年1月29日朝日新聞)

本日(2013年1月29日)の紙の朝日新聞1面は
iPS再生医療 法規制 厚労省案 承認・届け出制に

それでも、ネットで見ていると東京と大阪では若干違いがあるのはいつものこと
東京は↓みたいですね
iPS臨床研究、承認制 厚労省案、再生医療に法規制 健康被害には補償義務

我家の新聞の写真です

2013年1月29日朝日新聞

最後に朝日新聞デジタルの記事を載せます


3面には「不確かな再生医療拡大」という記事が載っています
朝日新聞デジタルは「不透明な再生医療拡大」とあります

縦に長いので途中までですが、その写真です

不確かな再生医療拡大(2013年1月29日朝日新聞)
---
不確かな再生医療拡大
高額治療費も 安全性確保へ法整備

再生医療への期待が高まる中で、万病に効くとPRする「再生医療」が、民間クリニックで広がっている。安全性や高額の治療費などが問題視され、国内でも関係学会が注意を呼びかけていた。再生医療そのものへの信頼性が揺らぎかねず、厚生労働省は法規制が必要と判断した。▼1面参照
(以下略)
-----


山中教授のノーベル賞受賞以来、IPSや再生医療という言葉がよく聞かれるようになりました

東大なんちゃらの、キモイ嘘つきオッサンの話もありましたよね

山中教授のように、志の高い人は素晴らしいのですが、人の命や医療にお金が絡むとやっかいです

お医者様も私腹を肥やすことに熱心になれば、あらぬ方向にいってしまいます

献血のように、提供者の善意で成り立っているものは、まだいいのです
なんちゃらのポスターが貰えるから献血に行く、のもまだかわいいものです(笑)

臍帯血バンクに公的だけでなく民間バンクがあることも、歯髄バンクの会社があるということも、昨年初めて知りました

民間ということは、営利を目的としているわけですから、その後会社の破綻などでその事業が続かなかったとしたら、預けた臍帯血や歯髄はどうなるのでしょうか?

いざ再生医療に使いたいというときになって使えるのかどうか・・・
もし、その会社がしっかりと管理運営をしていなかったら・・・
もし使えたとしても、自費、自由診療だから、いったいいくらのお金がかかることか・・・
最近、海外で卵子提供や代理母で出産ということが話題にのぼりますよね
金額も相当なもので、それ以外にもいろいろと問題があるようです

もし、将来への不安をつかれて、バンクに預けたとして、いざ使いたいという人が現れたとしても、「いついつのコレコレで保存状態が悪く使えません。お金は返します」というだけで済むのではないか…
その他の人は、ほとんどが幹細胞を必要とすることにならないので、最初に払ったお金はバンクの懐に…
本当はちゃんと保存管理をしていなくても、それらしき建物さえ用意しておけば、まっとうに経営している会社と世間は騙されるのではないだろうか…
(安愚楽牧場みたいだ・・・・・)
と、思ってしまうのは安愚楽牧場に騙されたオバサンだからこその考えだろうか


安愚楽牧場は実際に牛を飼っており、私は見学に行ったこともある
産まれたばかりのカワイイ牛ちゃんも見た(この日記のどこかに写真もあるよ)
那須に行った時、自分の牛がどこにいるのか、すぐパソコンたたいて出してくれ、というべきだったな・・・
事前に頼んでおかないとダメみたいだったから、なんとも思わずにいたよ
問題が起きても、いつも「大丈夫です」と連絡をくれた
もっと疑っていたら良かった、、、信じていた・・・
自転車操業であり、20年以上 畜産で赤字なのも公表せず、嘘をつき続けた
牛の数も足りていなかった

生き物を詐欺の道具に使った安愚楽牧場・・・
再生医療という人の命に関わることを、お金を得るために利用する人がいたら・・・

新聞の左側記事の「どうなんですか!」の言葉が気になるrokoでした(^_^;)


私はチューブに繋がれたまま、生かされたくはない

自分で息ができない、自分で物を食べられない時がきたら、そのまま死んでいきたい
朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/TKY201301280586.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201301280586
-----
2013年1月29日

iPS臨床研究、承認制 厚労省案、再生医療に法規制 健康被害には補償義務

iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った再生医療や細胞治療の安全確保を目的にした「再生医療規制法」の厚生労働省案が明らかになった。人体へのリスクが大きい治療を計画する医療機関には、国の承認を求め、患者に健康被害が出た場合の補償も義務付ける。厚労省は今国会での提出、成立を目指す。▼3面=不透明な再生医療拡大


 これまで再生医療などの臨床研究は国による指針で対応しており、法規制は初めて。iPS細胞などから作った様々な細胞や組織を移植して、病気などで失われた働きを回復させる再生医療は将来の応用が期待されているが、安全性など未知の面も少なくない。血液や脂肪の中にある幹細胞を使って、がんなど万病に効くとPRする治療も安全性や効果がはっきりしないまま、広がる。不信感が広がれば実用化の妨げになりかねず、厚労省は罰則付きで法規制が必要と判断した。

 「再生医療・細胞治療の安全性の確保等に関する法案(仮称)」によると、人体の働きの再生に限らず、加工した細胞を使う医療行為を、人体へのリスクに応じて3分類して規制する。

 人の生命、健康に重大な影響を与えるおそれがある治療(第1種)は、事前に厚労相の承認を必要とする。様々な組織や細胞に変化するが、未知の部分も多いiPS細胞による臨床研究などが想定される。治療する施設も、患者が急変しても適切に対応できる、高度な医療ができる施設に限る。

 ほかに、人の生命、健康への影響に心配があるもの(第2種)▽適正に行えば生命、健康に影響を与えるおそれがほとんどないもの(第3種)は、それぞれ、届け出を義務付ける。骨髄や脂肪に含まれる幹細胞を使うものや、がん患者のリンパ球を増やし、活性化して患者に戻す免疫療法などが考えられる。

 また、医療機関には、治療の実施状況を記録・保存し、国への定期報告を求め、患者に健康被害が出れば、補償するよう義務づける。国が立ち入り検査を行えるようにするほか、問題があれば、治療中止命令や改善命令を出せるようにする。さらに、治療に用いる細胞の加工を行う委託施設の設置には、厚労相の許可と5年ごとの更新が必要となる。

 30日の厚労省の専門委員会の議論を踏まえ、最終決定する。(編集委員・出河雅彦、佐々木英輔)


 ■人体へのリスクに応じて国が規制

 ◆第1種
【対象】重大な健康影響が出かねず、特別の注意が必要な治療
【規制】承認が必要
【想定される医療の例】iPS細胞による臨床研究

 ◆第2種
【対象】そのほかで、注意が必要な治療
【規制】届け出が必要
【想定される医療の例】骨髄などの幹細胞による治療

 ◆第3種
【対象】適正に行えば、健康影響の心配がほとんどない治療
【規制】届け出が必要
【想定される医療の例】がん免疫療法


関連記事
iPS再生医療、承認制に 厚労省案、罰則付きで法規制(1/29)
iPS備蓄、日赤が協力 京大計画、広範な活用へ道(12/27)
森口氏、山中教授の論文を盗用か iPS細胞作成巡り(10/13)
治療用iPS、来年提供へ 山中教授、がん化克服へ改良(10/12)
歯の幹細胞で脊髄機能回復へ 岐阜大など夏にも研究申請(1/8)
命の技術、どう付き合う 「出生前診断」「iPS細胞」(11/5)
応用、世界大競争 実用化なお時間(10/9)

----------
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ROKO様、載せてくれてありがとうございます。
驚いてふるえました、2年以上、公的機関、議員さん、マスコミ、市町村
シービーシー関係他、山ほど資料を送り、民間幹細胞バンクは危険な事
シービーシーの詐欺について伝えました、もしかしたら伝わったかも。
民間幹細胞バンクは、臍帯血も歯髄も確立半分で破綻してます、確かな
技術もないのに早いと思います。
もともと法のない民間幹細胞バンクの世界、結局医療ではなく、シービーシーのようにアンチエイジング、美容にいってしまうしかないような感じです。
法整備されそうで良かったです、金融詐欺ももっと法強化してほしいですね。
移植といっても単なる点滴か注射,これで1回数100万円?
自由診療でボッタクリ、こんな医療あり!!
ありがとうございました。



 

2130様、こちらこそ、ありがとうございます(*^_^*)
あなたが行動してきたことはきっと伝わったのだと思います
お疲れ様でしたm(__)m

ところで、先日の再生医療▲▲▲▲の弁護士の件、大丈夫ですか?
どういう内容なのかわかりませんでしたが、お疲れになったでしょう
私は、いつもあなたを応援していますo(^o^)o

No title

ありがとうございます。
元気だす。昨日再生医療****の代理弁護士から郵便がきました、刑事告訴してくるのか、どうか分かりませんが
2週間以内に書面でと書いてあったが、キレテすぐTELしました。
虚偽告知だとか、書き込みを消せとか言ってましたが、どこが虚偽告知
なのか聞いたが、なんか歯切れ悪かった。
伏字にしたのにあれも、これも、消せと言ってきたから約束が違うので、頭にきて戻した、と言ったら弁護士はそれは知らなかったと言っていた。
再生医療****も同じ被害者と言ってたが、シービーシーと再生医療****は、営利目的のプロの契約、消費者ではないので、被害者というのはおかしい、シービーシーを調べなかった自己責任がある。

私は何も調べずに警告書を送ってきた再生医療****に謝罪求める
その後どんな書き方にするかは、話し合いで決めたい、それがなければ消す気はないと伝えました。

事実、念書と警告書があったのでシービーシ-に強く追求できず、損害賠償も言われ、恐ろしさで嫁さんは体を壊し今でもおかしい、と伝えた。

弁護士にこれを消したら詐欺手口が伝わらない、消す気はない。
こんな感じでした。

ありがとうございました。

そうでしたか…念書と警告書、普段見ることもないようなものだから、それだけで怖いですよね。
乙女でロックンローラーのお嫁様に宜しくお伝えください。
お大事にしてくださいね(=^・^=)
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク