FC2ブログ

<幹細胞投与>来日韓国人、月500人に 福岡の医院が(毎日新聞2012年12月22日)

ママ乳歯捨てないでne。はい、捨てませんyo。(^o^)/
で、乳歯や歯髄○○バンクのことに触れました

そして、「細胞」繋がり?ということで、今日偶然見つけたニュースを記録します

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121222-00000010-mai-soci
-----
<幹細胞投与>来日韓国人、月500人に 福岡の医院が

毎日新聞 12月22日(土)2時30分配信

拡大写真

幹細胞投与を行う「新宿クリニック博多院」のスタッフに付きそわれ、車いすで来院した韓国人患者=福岡市博多区で2012年12月1日


 福岡市博多区のクリニックが、さまざまな病気の治療などをうたい、研究段階にある幹細胞投与を毎月500人近い韓国人に実施していることが分かった。韓国ではこうした行為は薬事法で禁じられているが、日本には規制がない。幹細胞を使ってさまざまな病気を治す「再生医療」に期待が集まる中、効果や安全性に議論のある治療法が広がっている実態が明らかになった。

【虚像と実像を追う】深層・再生医療:/1 来日韓国人に幹細胞 「途上治療の楽天地」

 ◇研究段階 法規制なく

 このクリニックは「新宿クリニック博多院」。今年5月、JR博多駅近くの雑居ビルに皮膚科医院として開業した。

 複数の関係者によると、韓国のバイオベンチャー「RNLバイオ」(本社・ソウル)が韓国人に同院を紹介している。R社が培養・保管する幹細胞を、同院で複数の日本人医師が点滴や注射で投与している。韓国人患者の多くは日帰りだ。

 同院で投与に当たる榎並寿男(えなみひさお)医師(65)は「韓国人に、本人の脂肪から取り出した『間葉系幹細胞』を投与している」と説明する。糖尿病や心臓病、関節リウマチ、パーキンソン病など多くの病気を治せるとしている。

 韓国の厚生行政当局や関係者によると、R社は幹細胞の保管料などとして患者と1000万~3000万ウォン(80万~240万円)の契約を結ぶ。日本など規制がない外国の医療機関に協力金を支払い、患者を紹介する。

 厚生労働省は10年3月、医政局長名で通知を出し、医療機関が幹細胞治療をする場合は施設内倫理委員会の承認を得ることや、実施後のデータ公表などを求めた。榎並医師によると、同院ではこの手続きを踏んでいない。

 幹細胞治療の効果や安全性をめぐっては多くの課題がある。動物実験では、幹細胞投与後に血管が血栓で詰まり死ぬ例が報告されている。10年にはR社が所有する京都市内のビルに開設したクリニックで、幹細胞投与を受けた糖尿病の韓国人男性(73)が、血栓が肺動脈に詰まる「肺塞栓(はいそくせん)」で死亡した。R社は「患者は来日時にエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)を起こしていたとみられる」と、投与と死亡の関係を否定している。

 榎並医師は「ほかに治療法がなく幹細胞に最後の望みを託す患者もいる。今は韓国人対象に勉強も兼ねた準備の段階だが、将来は日本人にも投与したい」と話す。

 日本人向けの幹細胞投与も、美容分野を中心に広がっている。全国展開する「聖心美容外科」(東京都港区など)は、豊胸などを望む来院者に、本人の脂肪から取り出した幹細胞を脂肪と混ぜて体内に戻す「再生医療」を約500例実施。「安全性、有効性は確認し、学会発表もしている」(広報担当)という。

 こうした動きに厚労省や日本再生医療学会は懸念を強めている。同学会は11年3月に声明を出し「科学的根拠が低く安全を考慮しない幹細胞を用いた医療行為に関与しない」ことを会員に求めた。該当するとみられる医療機関をインターネットで複数確認、厚労省にも報告した。厚労省の荒木裕人・再生医療研究推進室長は「再生医療には国民の期待が高い。安全性が確保されないものが広がれば、再生医療全体に悪い影響を及ぼす」と話す。【再生医療取材班】

 ★幹細胞治療 体の失われた機能の修復を目指す再生医療の一つ。組織や臓器の細胞になる幹細胞の投与などがある。国内では人の体内にある幹細胞を使った臨床研究が進むが、白血病治療の「造血幹細胞移植」以外は普及していない。山中伸弥・京都大教授が体細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)は自然には存在しない。体内の幹細胞と異なり、あらゆる細胞になるが臨床応用はまだだ。


【関連記事】
<投与した医師に直撃>投与しながら勉強 榎並医師一問一答
<記者が回答>質問なるほドリ:再生医療って誰でも受けられるの?
<質問なるほドリ>幹細胞って何?
<パーキンソン病>間葉系幹細胞で改善 サル実験に成功
<iPS細胞>臨床研究、申請を継続審議--先端医療センター

最終更新:12月22日(土)9時56分
----------
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

高額な自由診療

 ROKO様、よくこんな記事みつけましたね!!、さすがです。おそれいります。


シービーシーなどの幹細胞バンクは、いい事ばかりアピールして、可能性と言う、屁リスクばかり
こねて、リスク、自由診療の時の金額表示がない。


 22年9月
シービーシーの自由診療代理店をしようとしてた人がここから、CMだしていた。
http://www.jiyushinryo.com/project/project.html
 シービーシーの未公開株資料の最新状況 2)の (社)次世代医療推進協議会の事です。
シービーシー取締役に言ったら、すぐ消されました。
しかも社団法人にはなってなかった。


 シービーシーと破綻した、つくばブレーンズは、いち早く 、自由診療<幹細胞投与> をしようとしていたが、
グレーゾーンでうまくいかなくて、特定非営利活動法人 日本さい帯血啓蒙協会も自然消滅した。
特定非営利活動法人 日本さい帯血啓蒙協会の中からでてきたのが、(社)次世代医療推進協議会です。現在T大学と研究中です

特定非営利活動法人 日本さい帯血啓蒙協会
http://volunteer-platform.org/npo/entry.php?id=83284
この法人は、さい帯血の幹細胞を用いて、今まで不治のあるいは慢性の病気や、事故などで損傷もしくは機能低下した患者の、組織や臓器を修復する再生医療の普及促進の啓蒙活動を行なうことを目的とする。



 民間幹細胞バンクは、今の所、確かなものもないのに、幹細胞や代理店集めをしてます。
線路の無い電車?クリープを入れないコーヒーみたいなもの?



株式会社シービーシーの総代理店、株*****-*、9月1日から、社名変わり、株***
は福岡で24年春頃クリニックをする、と株*****-*の代理店様が言っていたが?

 >臍帯血)個人保管普及活動 - Ameba
2012年7月24日 – 命の絆を育む・さい帯血(臍帯血)個人保管普及活動で2012年07月24日に書かれた記事です。 ... CBCが無くなり、医療法人の傘下になりました詳細については.*****-*のフリー ... さい帯血バンク株*****-*正規代理店のお*いさん ...

このブログのコメントに、株*****-*代表ク**は、代理店収益を、新宿***クリニックに注いでる、と、代理店被害者さんより、書き込んであったが?気になる。
とっくに消されましたが。


いろいろ勉強になりました、ROKO様ありがとうございました。

いえ、ネットニュースのトップに出てて見つけただけなんですよ、2130jbl さま^^
私の日記はほとんどが偶然と思いつき、なの・・・(^^ゞ
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク