FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡邊顯弁護士に対する破産管財人報酬の減額を強く求めます!!(*^_^*)

ペンギンまま日記
2013年7月16日 (火)
産経ニュース★安愚楽牧場の債務返還、一律5%配当へ 債権者「納得できない」 2013.7.16 18:05
のコメント欄です

小倉いまひと さまのコメントなんですが、ペンギンままさんが何か書かれるかと思いつつ待っておりました
しかし、ママはお忙しいようですのでオバサンが記録します(笑)

ただ、私は経理とかそういうのが、全くわからないんだなぁ、、、これが

だから、記録するだけなんだけど、なにかあったら言ってね(^_-)-☆


先日の債権者集会で約5パーセントが配当される見込みとのことでした

第2回とそう変わらないだろうと思ってましたので、それまでなんですが、今回新たに知ってビックリしたことがあります

破産管財人さんの報酬として5億円が上乗せされていることです

確かに、管財人の渡邊様におかれましては、0%に等しいくらいだったところを5%まで配当を伸ばして下さり、感謝申し上げます

結局、消費税の還付というのが配当金のほとんどと思われます

でもね、でもね、第2回で発表された3億円プラス今回5億円って、どういうの~~?

こういうことって初めてのことで、全くわからないのだけど、8億円って高すぎない?

以前から、リプラス氏のところで管財人の報酬が年に1億円ともいわれる…と聞いていたけれど、それでも8億円は高すぎないだろうか?
まだ2年だし~、ほぼ最終配当ということですし・・・

いくら、債権者の数が73000人と言っても、単純に割って、債権届けを出した人から、一人当たり1万円を徴収することになるんでしょ?
一万円は高くない?
100万円、詐欺られた人は5%の5万円が配当されます
その人からも、1万円取ります
50万円、詐欺られた人は、5%の2.5万円が配当されます
その人からも、1万円取ります
そういうことじゃないのですか?
債権額の大小にかかわらず、破産管財人さんのされていることは、ひとりひとりに平等ですから…


管財人代理という人を何人も用意したとはいえ、一時期の話で、アメリカじゃない日本でこの8億円という報酬は妥当な数字なのでしょうか?

第2回のときに、管財人さんはこの金額について地裁から提示された金額だと言われたと記憶していますが、あれから、なにか上乗せがありましたでしょうか?
あの時も、はっきり数字は言えないとおっしゃいましたが、配当は新聞等でも5%と書かれました


私が破産管財人さんのことを債権者集会でお見受けしたかぎりは、とてもステキな方だと思いました

できましたら、この金額を少しでも下げていただいて、私たちのたった5%のお金にまわしていただけたらと思います

だって~~、三ヶ尻久美子と増渕進から戻ったお金は、あわせてもたったの5千万ちょっとなんだよ~
それなのに、わたなべさま~8億円ももらっちゃうの~~
2年だよ~、2年で8億~!
普通なら、もっと時間がかかったんじゃないのかなぁ・・・

お願いよん(*^_^*)
ちょぴっと、減らしてねん (^_-)-☆

裁判所さま、どうかrokoに返ってくるお金が少しでも多くなりますように
ご配慮申し上げますm(__)m


---
先ず、以下は仮説(というか推測)である事を始めにお断りしておきます。

安愚楽がオーナーに牛を売った(実在する繁殖牛だったかどうかという問題については、ここでは横に置いておきます)際には、その価格には消費税相当分が含まれていたと思われます。1頭500万の契約なら、本体価格は476万2千円弱で、消費税相当分が23万8千円強という計算になります。ここで、オーナーから買戻す時に消費税込みだったのか込みでなかったのかという疑問が生じます。

金の売買の場合は、事業者でない者が売却する場合であっても消費税分が加算された価格になっていて、殆んどのケースでは納税義務が生じませんが、年間で1千万を超える譲渡を行った場合には事業者扱いになり納税義務が生じる事があるという、注意喚起が販売業者からされています。

「消費税の納税義務(個人のお客さまの場合)」
http://www.mmc.co.jp/gold/faq/tax.html


さて、安愚楽の場合、契約本数によっては満期時に年間1千万円を超える譲渡を行っていたオーナーもいたと思われますが、消費税の納税義務についてのアナウンスがあったという情報はありません(「知ってますか」スレのPART19で論議されたことがあります)。
してみれば、安愚楽がオーナーから買戻す際には丸々本体価格で買い取りをしていたのではないか???

消費税の納税は、受取消費税-支払消費税(84万円で仕入れたものを105万で売ると、受取5万-支払4万=納税1万)ですから、上記のような事が行われていたとすると、500万の満期継続を想定した場合には、23万8千円強の納税だけが発生する事になります。

ここに目をつけたのが破産管財人の渡邊弁護士で、「同額で買戻しているのだから、買戻しは税込み価格である。受取消費税-支払消費税=差引ゼロ状態であるにもかかわらず、受取消費税分だけ納税しているので、払い過ぎた分を還付せよ」と主張して、税務当局と交渉してそれが認められたのではないかと・・・・・。

配当原資の大部分(約7割)は消費税還付の173億円ですから、この着眼がなければ、あるいは、安愚楽が課税仕入処理をやっていれば、さらにひどい配当率になったと思われます。

最後に、繰り返しになりますが、これはあくまで推測である事をお断りしておきます。

P.S. なお、第30期(H23.3末決算)の飼育牛売上高は755億5千万強となっていますが、実際にオーナーから集めたのは793億3千万だったと考えられます。そして、契約額=飼育牛売上×1.05だった筈で、P/Lに現われるオーナー売上よりも常に契約金額が大きかった事は確か(=仮設・推測ではなく)であろうと思われます。

投稿: 小倉いまひと | 2013年7月18日 (木) 00時00分
-----
スポンサーサイト

安愚楽事件 詐欺容疑の告訴受理(読売新聞2013年7月24日)

県警、詐欺容疑の告訴を受理 安愚楽・被害対策本県弁護団(下野新聞2013年7月23日)
013-07-23(23:47)

この記事と同じ内容の読売新聞です

県警が詐欺容疑で告訴を受理するのは初めて
ということなんですが、この事件だけじゃなく今までで初めてということなのかしら?

下野新聞では
安愚楽の和牛商法で、県警が詐欺容疑の告訴状を受理するのは初めて
とあったのですが、どちらも初めての受理を強調してますね

なんとなく、これからもっと受理するぞ~ってカンジしない?^^

詐欺って、いっぱいあるのになかなか受理してくれないものなんだね・・・


ホーム>地域>栃木
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20130723-OYT8T01504.htm
---
安愚楽事件 詐欺容疑の告訴受理

 和牛オーナー制度が行き詰まって2011年8月に経営破綻した安愚楽牧場(那須塩原市)の旧経営陣3人が、特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で逮捕された事件で、県内の出資者3人が、元社長の三ヶ尻久美子被告(69)(同法違反で起訴)ら旧経営陣3人を詐欺容疑で告訴し、県警が受理したことがわかった。受理は19日付。県警が詐欺容疑で告訴を受理するのは初めて。今月3日には、三ヶ尻被告に対する同法違反容疑での告発を県被害対策弁護団から受理していた。

(2013年7月24日 読売新聞)
-----
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。