【みんなで大家さん】大阪府による業務の停止について(2013年5月29日)

みんなで大家さん
http://www.minnadeooyasan.com/
最新ニュースが更新されてます

2013/05/29 大阪府による業務の停止について

ということです


http://www.minnadeooyasan.com/wp/wp-content/uploads/2013/05/2013-5-29HPkaiji.pdf
---
各位
平成25年5月29日
都市綜研インベストファンド株式会社
代表取締役 栁瀨 健一

大阪府による業務の停止について

日頃は当社事業へのご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、平成25年5月29日付「不動産特定共同事業法に係る業務の一部停止60日
間及び指示」について、本日、大阪府住宅街づくり部建築振興課より決定した旨公表が
ありましたので、お知らせいたします。

●業務の一部停止(不動産特定共同事業契約の締結、締結の代理又は媒介をする行為及
び不動産特定共同事業契約の締結を勧誘する行為)
●上記停止の期間・・・平成25年5月30日(木)~同年7月28日(日)

※尚、この処分に対し当社は、裁判所に処分の取消しの訴えを提起する予定です。
詳細につきましては、事業参加者の皆様への通知、及びホームページにおいて、随時
ご報告申し上げて参ります。
※また、対象不動産は健全に運営されており、引き続き予定通り配当を行って参ります。

事業参加者をはじめとする関係者の皆様に、多大なるご心配とご迷惑をお掛けしまし
た事を、改めて深くお詫び申し上げます。

以上
-----


★roko★
いただいた情報によると、理由は過去のB/Sに粉飾があったとの事です。

(追記)
大家さん関連、日記にしました

★大阪府が出した、不動産特定共同事業者に対する行政処分について を載せました
大阪府が不動産特定共同事業法に基づき行う処分は初めてです。
2013-05-30(00:42)

★契約書はないのですが、パンフレット写真載せました
中途解約に関して(みんなで大家さんパンフレットより)
2013-05-30(13:24)

大阪府が不動産特定共同事業法に基づき行う処分は初めてです。

と書かれていました


大阪府 が 不動産特定共同事業法に基づき
都市綜研インベストファンド株式会社  代表取締役 柳瀬 健一 を
業務の一部停止等の行政処分

みんなで大家さんのこと、ですね


大阪府トップ > 報道発表資料 > 詳細
http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=13478
---
不動産特定共同事業者に対する行政処分について

代表連絡先
住宅まちづくり部  建築振興課  宅建業指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9817
メールアドレス:kenchikushinko@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日 2013年5月29日

提供時間 14時0分

内容
このたび、不動産特定共同事業法(以下、「法」という。)の規定に基づき、下記のとおり業務の一部停止等の行政処分を行ったのでお知らせします。



1.被処分者
   都市綜研インベストファンド株式会社  代表取締役 柳瀬 健一
  (許可年月日:平成22年3月25日  許可番号:大阪府知事 第8号)

2.被処分者所在地
   大阪市中央区北浜一丁目1番30号

3.処分内容
(1) 不動産特定共同事業にかかる業務の一部(不動産特定共同事業契約の締結、締結の代理又は媒介をする行為及び不動産特定共同事業契約の締結を勧誘する行為)の停止【60日間】
 平成25年5月30日(木曜日)から同年7月28日(日曜日)
 根拠法令:第35条第1項第5号
(2) 指示事項
・平成25年7月26日までに、法第7条第2号に掲げる基準に適合させ、その内容について書面で報告すること。
・平成25年6月28日までに、平成22年度及び平成23年度の貸借対照表及び損益計算書を修正し、その内容について書面で報告すること。
・今回の行政処分の内容について、事業参加者に対し、書面で十分に説明するとともに、事業参加者からの問い合わせに適切に対応すること。なお、事業参加者に対する書面の記載内容については、事前に当職と協議し、了承を得ること。
・会社財産を不当に費消しないこと。
・不動産特定共同事業契約に係る財産について必要かつ適切な管理を講じること。
 根拠法令:法第34条第1項第1号

4.経過
平成24年3月19日 国土交通省より大阪府に対し合同で立入検査を実施するよう要請あり
     5月31日 被処分者に対し、国土交通省・金融庁と合同で立入検査を実施
     8月8日 被処分者に対し、弁明の機会の付与の通知書を手交
     8月28日 被処分者に対して60日間の全部業務停止処分 (8月29日から10月27日)
その後も引き続きヒヤリング及び検査を実施の結果、新たな事実が判明
平成25年3月27日、4月10日、4月22日 聴聞実施
     5月29日 被処分者に対し、処分通知書を手交

5.処分の理由
平成24年5月より実施している立入検査の中で、被処分者の平成23年度貸借対照表において、下記1から4の会計処理により約32億円の資産過大計上となっていることが判明した。
 当該過大計上を控除すると被処分者は、法第7条第2号に掲げる許可の基準(純資産が資本金の百分の九十に相当する額を満たすものであること)には適合しておらず、このような状態で多数の事業参加者からその財産の提供を受ける不動産特定共同事業を営むことは、事業参加者に損害を与えるおそれが大であり、不正又は著しく不当な行為である。(法第34条第1項第1号、第35条第1項第5号該当)
(過大計上約32億円を控除した被処分者の資産の状況:平成23年度末)
(1)  資産  約 81億円
(2)  負債  約112億円
(3)  純資産 ▲約31億円((1)-(2))
(4)  資本金 約1.1億円

1 被処分者は、不動産特定共同事業の対象不動産の取得原価に含めるべきでない、支払利息、共同事業報酬、融資手数料、融資紹介料及び融資に係る仲介手数料の合計額561,900,000円を含めて資産計上している。

2 被処分者は、不動産特定共同事業の対象不動産の取得原価に含めるべきでない、パンフレットの作成、広告宣伝など不動産特定共同事業の営業にかかる業務委託料2,743,570,920円を含めて資産計上している。

3 被処分者は、取得した中古資産の残存耐用年数を、法人税法(昭和40年法律第34号)上の簡便法より算出する方法を採用している。こうした中、商品名「みんなで大家さん10号」の対象不動産のうち建物の残存耐用年数については、簡便法では12年となるところを、合理的な根拠のない算出方法により28年と見積もり、減価償却費を26,870,472円減少させ資産計上している。

4 被処分者は、時価のある有価証券の資産計上にあたり、決算報告書の重要な会計方針として「期末日の市場価格等に基づく時価法」を採用していることを記載しているが、簿価のまま計上し、84,000,000円の過少計上となっている(評価益の未計上)。

(参考)
不動産特定共同事業とは、事業参加者が法の許可を受けた事業者が行う不動産取引に対し出資を行い、事業者が事業参加者に対し当該不動産から生じる利益等の分配を行うもの。

関連ホームページ

被処分者に対する平成24年8月28日付業務停止処分に関する報道提供資料

添付資料

制度概要 (Wordファイル、44KB)
制度概要 (Pdfファイル、55KB)
根拠条文 (Wordファイル、31KB)
根拠条文 (Pdfファイル、61KB)

資料提供ID 13478
-----

中途解約に関して(みんなで大家さんパンフレットより)

今頃になって申し訳ない

パンフレットを見てみました

解約について書かれたページを写真に撮りました
写りが良くないのと、文字で入力するのは今のところ勘弁してくださいm(__)m
みんなで大家さん10号と11号しかありません

少しずつ違うところもありますが、どちらもほぼ同じです
5.出資金返還価額について は、違いが大きいです

これ以外に、なにか見たいというところがありましたら、載せますが…


中途解約に関して(みんなで大家さん10号)
みんなで大家さん10号
みんなで大家さん10号


中途解約に関して(みんなで大家さん11号)
みんなで大家さん11号
みんなで大家さん11号


(追記)
「みんなで大家さん11号概要」より 中途解約
中途解約

「営業者の判断により、当初満了日から1年を上限として契約期間を延長した場合、①②いずれも解約手数料は不要となります」
ということは、今回償還延長された4号は手数料なしで解約できるはず、だよね?

【みんなで大家さん】営業者および販売代理人の新体制について(2013年1月22日)

もう随分前に出たものらしい
私は、大家さんを追っていないので、最新ニュース一覧というものを今日まで見たことがなかったよ

ホントの話、当事者でないので、情報をいただいても積極的に調べようとはしていませんでした
資料請求をしても、見ないまま、置いてあったり・・・
応援してコメント下さる人に頼ってばかりです orz orz
申し訳ございません m(__)m

このニュース、2013年1月22日というから、安愚楽牧場の債権者集会の日ですね
この時も、何日か家を空けていたよ^^
帰ってからも安愚楽牧場で手いっぱい、見てもいなかった


「みんなで大家さん」最新ニュース一覧 2013/01/22 より
---
営業者および販売代理人の新体制について

「みんなで大家さん」は、営業者および販売代理人が新体制となることで生まれ変わります。

1)営業者である都市綜研インベストファンド株式会社は17億4千万円の資本増強を行います。
2)営業者、販売代理人、共に会計監査制度の導入を行います。

詳細は下記URLより御確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.minnadeooyasan.com/_/news/upload/13599757678068_taisei_newH24.1.22.pdf
-----


「みんなで大家さん」は、安愚楽牧場と同じで監査をやっていなかったらしい

① 会計監査の導入
平成25年4月以降開始する事業年度より、上場企業に準ずるより明瞭な会計基準を導入することを決定し、既に監査法人によるレビューを開始しております。
会計監査を受けることで、都市綜研インベストファンド株式会社並びにみんなで大家さん販売株式会社は、共に公明正大に更なる事業の発展と拡大を推進します。


それで、どこの監査法人が「レビュー」してくれてるんだろうか?
ホームページに書いてある?
前のことでも自社に都合の悪いことは、知らぬ間に消していってるんじゃないの?

日本語で書いてくれよ
カタカナではわからん
私にとってレヴューとは、宝塚みたいな舞台のこと?かな? 演芸?

関係ないけど、PLとかBSとか、書かれても、わからん
私にとって、PLとは清原・桑田選手のいたPL学園のこと(PL教団…)
BSとはブリジストンのこと(BSの体育館で練習…)
(^_^)v


私は、会社経営とかに関してなんにも知識がなくて、監査がどうのこうのとか、損益計算書、貸借対照表とか、わかっていない・・・

 また、これに伴いみんなで大家さん事業は、共生バンクグループの一員として新体制を構築すると共に、主たる販売会社の名称を「みんなで大家さん販売株式会社」と改め、みんなで大家さんの事業に専念することにより、みんなで大家さんの販売会社として、事業発展のために大きく貢献して参ります。(新体制を2月1日付で構築。)

「これに伴い」って、なんで、名前を変える必要があるのだろう?
こういうとこも、アホなrokoには全くわからん、、、
名前変わっても、証券コードというものは変わらないんでしょう?


★本日のお勉強★

PL(損益計算書) BS(貸借対照表) IR (投資家情報)

といっても、rokoには全くわからん orz orz orz


★追記★
出資者さまより情報をいただきました

私の記憶では、
監査法人 ブレインワーク】という所に監査してもらう事にしたって
以前通知をもらった気がします。

ココでしょうかね → http://www.brainwork.or.jp/

続きを読む

【みんなで大家さん】契約書

私にラブレターを下さったあなた へ

みんなが見たいと言っていた契約書内容を教えて下さり、ありがとうございます

大変な時ですのに、お手数お掛け致しました

感謝しております m(__)m

契約書をご存知の方で修正箇所などありましたら、コメントくださいませ

また、10号以外の契約書も同じ内容なのかも知りたいです


==========
みんなで大家さん10号

不動産特定共同事業契約約款

第1条(匿名組合契約の締結、対象不動産の特定及び取引の内容に関する事項)
営業者は、営業者が保有する別紙物件目録記載の不動産(以下「対象不動産」と
いう。)の賃貸及び売買等(以下「本事業』という。) を行うため、以下に定める条
件に従って、事業参加者(以下「本出資者」という。)との聞で不動産特定共同事業
法(以下「法」という。)第2条第3項第2号に定める契約(商法上の匿名組合契約。
以下「本契約」という。)を締結する。
2. 営業者が本事業のために募る出資を、本契約の規定に基づき、利益の分配及び
出資の価額の返還等において異なる扱いをする「優先出資」及び「劣後出資」の2
種類に分けるものとする。
3. 本契約においては、対象不動産の変更は行わないものとする。

第2条(匿名組合勘定)
営業者は、法第27条に基づき、本組合契約に係る財産を、営業者の固有財産及
び他の不動産特定共同事業契約に係る財産と分別して管理するため、本事業に係る
あらゆる資産を処理する勘定(以下「匿名組合勘定」という。)を営業者固有の勘定
とは分別して管理する。但し、匿名組合勘定による分別管理は、信託法(平成18
年法律第108号)第34条の分別管理とは異なり、営業者が破産等した場合には、
本組合契約に係る財産は保全されない可能性がある。
2. 対象不動産の賃貸に関する収入及び費用は、本事業開始日をもって区分され、
実際の金銭の収受及び支出の時期にかかわらず、本事業開始日の前日までの収入及
び費用は営業者固有の勘定に帰属し、本事業開始日以降の収入及び費用は匿名組合
勘定に帰属する。

第3条(計算期間)
本匿名組合の計算期間は、2か月ごとの年6期とする。但し、営業者の決算又は
解散等により、営業者の法人税上の事業年度が終了し、又は、終了したものとみな
される日が到来した場合においては、計算期間もその日に終了したものとみなす。
但し、初計算期間は平成24年5月1日から平成24年6月30日とし、最終計算期
間は平成27年3月1日から平成27年4月30日とする。

第4条(出資者に対する損益の分配方法に関する事項)
営業者は,本匿名組合の各計算期間末において、本事業から生じる当該計算期間末
に対応する賃貸利益(賃貸収入(本事業によって営業者が収受する賃料及び共益費
等をいう。)から賃貸費用(本事業に関して営業者が支出する土地賃借料、水道光熱
費、租税課金、外注管理費、損害保険料、保証料及び修繕費用等に相当するものを
いう。)を控除した金額をいう。)から、以下の各号の順位に従って、優先出資者、
劣後出資者および営業者に利益分配額を帰属させる。但し、初計算期間においては、
本出資者に帰属する損益は、上記により算出された分配損益のうち、本事業開始日
(平成24年5月1日とする)から初計算期間末までの期間に対応する部分に限る
ものとする。また、第10条により、計算期間中に本契約上の地位の譲渡があった
場合は、利益文は損失の分配の計算においては、年365日(閏年の場合366日)
の日割計算によるものとする(当該計算期間の初日より譲渡目前日までの回数相当
分を譲渡人(旧契約者)に帰属させ、譲渡日より当設計算期間末日までの日数相当
分を譲受人(新契約者)に帰属させる)。
(1)優先出資した者(以下「優先出資者」という。)に対して、1計算期間あたり,
優先出資者の出資金総額(以下「優先出資総額」という。)の6.0%(年利換算6.0%)
の割合相当額まで賃貸利益を帰属させる。
(2 ) 前号の充当後になお残利益がある場合には、第12条に定める限度で、営業
者報酬として営業者が収受する。
(3 )前号の充当後になお残利益がある場合には、劣後出資者に対して、1計算期
間あたり,劣後出資者の出資金総額(以下「劣後出資総額」という。)の6.0%(年利換算6.0%)の割合相当額まで残利益を帰属させる。
(4 )前号の充当後になお残利益がある場合には、残利益の3.0%相当額を優先出
資者に帰属し、97.0%相当額を劣後出資者に帰属させる。

第5条(出資者に対する金銭の分割方法に関する事項)
営業者が本事業から生ずる利益分配として各計算期間末に本出資者に対し支払う
金銭(以下「利益分配金」という。)は、前条の計算の結果、出資者に賃貸利益を帰
属させることになった場合は第1号の定めにより、また、賃貸損失を帰属させるこ
とになった場合は第2号の定めによるものとする。
(1)匿名組合勘定において賃貸利益から営業者が出資者に対し有する第2号に記
載の未収入金があればこれを控除した金額(以下「分配可能金」という。)が存する
限り、営業者は、前条に基づき優先出資者に帰属させた利益分配額をもとに、各優
先出資者の分配割合(優先出資募集総額に対する当該優先出資者の優先出資の割合
をいう。)に応じて各優先出資者の利益分配額を計算し、算出した金額を利益分配金
として本出資者に支払う。当該利益分配金は、各計算期間末日の属する月の2か月
後の月末(毎年2月28目、4月30目、6月30日、8月31 日、10月31 日、12
月31 日)までに、優先出資者があらかじめ営業者に届け出た金融機関の口座に振
り込む方法によって支払うものとする。劣後出資者は、前記優先出資者への利益分
配時に劣後出資にかかる利益分自金を収受する。
(2 ) 前項の計算の結果、損失が生じた場合、営業者は、本出資者に対し、利益分
配金を支払わない。また、本出資者は、当該損失額について追加して金銭の出資を
する義務を負わず、営業者は当該損失を本出資者に対する未収入金として匿名組合
勘定に計上する。

第6条(出資等に関する事項)
優先出資者は、本事業のために営業者に対して優先出資金として、末記の出資等
条件表記載の出資条件(出資金総額、出資口数、申込日、握込期日、出資日)にて
出資することを約し、振込期日までにそれを支払う。
2. 営業者は、出資総額(優先出資予定総額と劣後出資総額の総和を意昧する。以
下同じ。)を金1,500,000,000円として本事業に必要な額に限定するものとし、その
うち優先出資予定総額を金1,200,000,000円、優先出資金1口の金額を金1,000,000
円、出資予定総口数1,200口として優先出資金を募る。営業者は、このため、本出
資者以外の複数の出資者と個別に、末記の出資等条件表記載の口数を除いて本契約
と同一内容の匿名組合契約を締結できるものとする。
3. 劣後出資総額である金300,000,000円(劣後出資金1口の金額を金1,000,000
円、出資予定総口数300口)はすべて営業者が自ら引き受け、負担するものとする。
4. 営業者は、本事業開始日に対象不動産を賃貸して運用し、第15条の規定に従
って売却する。
5. 営業者は、第1項及び第3項の規定により収受する出資金を第4条第1項の本
事業開始日までの間運用する場合には、第7条第4項に規定する方法により運用す
るものとする。
6. 優先出資者の優先出資総額が優先出資予定総額に満たなかった場合には、本契
約は直ちに終了するものとする。この場合、営業者は、受領した金員及びそれから
生じた運用益を本出資者に返還しなければならない。
7. 前項の規定にかかわらず、営業者は、優先出資者の優先出資総額が優先出資予
定総額に満たなかった場合に自らその差額を負担して本事業を開始することができ
る。その場合には、営業者が負担した差額は、計算上営業者が優先出資金として出
資したものとみなして(以下「みなし出資」という。)、本契約の規定を適用する。
8. 本出資者は、営業者に対して追加して出資する義務を負わない。
9. 営業者は、本事業目的以外において、対象不動産を担保に提供し、又は出資に
供してはならない。

第7条(財産の管理等に関する事項)
営業者は、対象不動産の賃貸、売却その他本事業の目的を達成するために必要と
判断する行為をすることができる。
2. 営業者は、善良な管理者の注意義務をもって誠実かつ忠実に本事業を遂行する
ものとする。 営業者は、これらの義務を遵守する限り、本出資者に対して何ら責を
負わない。
3. 営業者は、対象不動産の修繕の費用に充てるため、相当の額の金銭の積み立て
を行う。
4. 営業者は、本事業に関し生じた余裕金を、法施行規則第8条第2項第14号に
掲げる方法により運用するものとする。
5. 営業者は、対象不動産に相当と認められる方式及び額の損害保険契約を保険事
業者と行う。

第8条(契約期間に関する事項)
本契約の契約期間は、本契約締結時から平成27年4月30日(以下、「当初満了
日」 という。)までとする。但し、営業者は、当初満了日までに、対象不動産全部の
売却が終了していない場合、新たな匿名組合出資による資金調達手続きが完了して
いない場合、又はリファイナンス手続きが完了していない場合には、営業者の判断
により、当初満了日から1年を上限として契約期間を延長することができるものと
する。

第9条(本事業の清算に関する事項)
本契約は、以下の事由が生じた場合には契約期間の満了前においても終了する。
( 1 )対象不動産全部の売却処分の終了
(2 ) 本事業の継続の不能。但し、営業者は本出資者にその通知をしなければなら
ない。
(3 ) 営業者の破産
(4)営業者の判断によるリファイナンスの完了
2. 営業者は、事由の如何を問わず、本契約が終了した場合には、終了の効果が発
生した後、第11条に従って速やかに本出資者へ出資の価額を返還しなければなら
ない。
3. 本契約が終了した場合でも、本事業の清算手続についてはなお本契約の規定が
適用されるものとする。

第10条(契約上の地位の譲渡及び契約の解除に関する事項)
本出資者は、以下の各号に掲げる場合に限り、本契約上の地位を譲渡することが
できる。
( 1 )営業者に譲渡する場合
(2 )営業者以外の第三者に譲渡する場合(但し、この場合、営業者は、本契約上
の地位を譲渡する相手方と本契約上の権利及び義務と同一内容の匿名組合契約を締
結し、同時に本契約上の権利及び義務を消滅させるものとする。)
2. 本出資者は、やむを得ない事由が存する場合には、本契約を解除することがで
きる。本出資者が死亡、後見開始又は保佐開始の審判を受けた場合には、その相続
人、成年後見人又は保佐人は、本契約を解除することができる。
3. 本出資者が破産した場合には、本契約は当然に終了する。
4. 営業者は、第1項に従って本契約上の地位が譲渡され、文は、第2項に従って
本契約が解除され、また、第3項に従って本契約が終了した場合(以下、「終了」と
いう。)には、終了の効果が発生した後、第11条に従って本出資者に出資の価額を
返還しなければならない。

第11条(出資の価額の返還)
第9条第2項、第10条第4項に定める出資の返還に当たっては、契約終了時に
おいて対象不動産を適切な方法により評価した評価額を、分配割合に応じて分配し
た金額(優先出資者に対しては第6条第1項に定める優先出資者の出資金を上限と
する。)を返還するものとする。
2. 本契約の契約期間満了時の出資の返還に当たっては、期間満了時において対象
不動産を適切な方法により評価した評価額を、分配割合に応じて配分した金額(優
先出資者に対しては第6条第1項に定める優先出資者の出資金を上限とする。)を返
還するものとする。
3. 営業者が第10条第4項の規定に基づき出資の価額の返還をした場合には、営
業者は、次の各号に掲げる出資金返還の事由ごとに、それぞれ当詰各号の定める料
率により算出される金額を取扱手数料として収受するものとする。
( 1 )第10条第1項(1)に従って営業者への契約上の地位の譲渡の場合、第
1 0条第2項に従って本契約の解除の場合、又は第10条第3項に従って本契約が
終了した場合は、第11条第1項の定めに従い返還される金額の3.0%相当額(消
費税は別途とする。)
但し、第8条第1項に基づく、営業者の判断により、当初満了日から1年を上限と
して契約期間を延長した場合は除く。
(2 ) 第10条第1項(2)に規定する営業者以外の第三者への契約上の地位の譲
渡の場合は、第11条第1項の定めに従い返還される金額の1目0%相当額(消費税
は別途とする。)
但し、第8条第1項に基づく、営業者の判断により、当初満了日から1年を上限と
して契約期間を延長した場合は除く。
4. 第11条第1項に定める、出資の返還については、譲渡日より60営業日以内
に返還を行うものとする。

第12条(営業者の報酬等に関する事項)
営業者は、本契約に定める業務執行の対価として以下の報酬を得ることができる。
(1)対象不動産の管理運営の対価として、第5条の金銭の分配時に、対象不動産
の賃料収入の3.0%(消費税は別途とする。)を上限とする金額

第13条(対象不動産の所有権の帰属及び出資者の損失分担の責任)
本事業の建物の所有権及び土地の所有権、借地権は、すべて営業者に帰属するも
のとする。
2. 営業者は、本出資者に第6条第1項に定める金額の出資金の返還を保証する義
務を負わない。
3. 本出資者の損失の分担額は、第6条第1項に定める出資金を限度とする。

第14条(業務及び財産の状況に係る情報の開示に関する事項)
営業者は、毎年1回5月31 日までに、法第28条に定める本事業に係る財産の
管理の状況について報告書(財産管理報告書)を作成し、本出資者に交付しなけれ
ばならない。営業者は、本出資者が請求する場合には、財産の管理の状況について
説明しなければならない。
2. 営業者は、法第29条に定める本事業に係る業務及び財産の状況を記載した書
類を備え置き、本出資者の請求に応じてこれを閲覧させなければならない。
3.営業者は、法第30条に定める本事業に係る事業参加者名簿を作成して保存し、
本出資者の請求に応じて閲覧させなければならない。

第15条(対象不動産の売却に関する事項)
営業者は平成25年5月1日以降、対象不動産(対象不動産に付随する借地権が
ある場合はそれを含む)の全部又は一部の売却を相当と判断するときは、適切な手
続によりこれを売却するものとする。
2. 営業者は、対象不動産の全部の売却処分が終了した場合には、第9条第2項、
第11条第1項の手続に従い、本出資者に出資の価額の返還を行う。
3. 営業者は、対象不動産の一部の売却処分が終了した場合には、第9条第2項、
第11条第1項の手続に準じて、本出資者に出資の価額の返還を行う。

第16条(クーリングオフ)
本出資者は、本契約を締結して法第25条の書面の交付を受けた白から8日聞を
経過するまでの問、営業者に対して書面により契約の解除を行うことができる。
2. 前項の契約の解除は、その契約の解除を行う旨の書面を発したときに効力を生
じる。契約の解除によって、本出資者は、何らの手続を要することなく当然に出資
者でなかったものとなる。
3. 第1項の規定による契約の解除があった場合において、営業者は、既に受領し
た出資金及びそれから生じた運用益がある場合にはこれらを返還する。この場合に
おいて、営業者は、損害賠償又は違約金の支払いを請求することができない。
==========

【みんなで大家さん】大阪府からの行政処分についてのご報告及び処分取消しを求める訴訟予定について/代表者からの重要なご挨拶(2013年5月31日付)

【みんなで大家さん】契約書
2013-06-17(01:19)  に、コメントいただきましたm(__)m

---
こんな情報が

469 :名無しさん@お金いっぱい。:2013/06/24(月) 12:17:54.57 ID:gS7S92Qd0
解約募集の手紙がきた。
4号~11号までで15億円上限に買受するらしい

手数料集めて倒産か!

472 :名無しさん@お金いっぱい。:2013/06/24(月) 20:47:01.73 ID:gS7S92Qd0
受付期間は平成25年7月22日まで
4号から11号までの優先出資持分を15億円を上限に買受
なお買い受け先は都市綜研インベストバンク株式会社(なんだこの会社はw)
これは平成25年2月1日に旧バンク社の会社分割によって分割された新設法人
解約については中途解約に関して1.②ならびに契約書及び重要事項説明書
営業者以外の第三者に譲渡する場合に該当する解約手続きとなりお支払いは1年以内とし、
受け取りまでの出資分の配当相当の利息を受け取ることとなっている
だってばよ


こんなブログも見つけました。
http://blog.goo.ne.jp/go2c/e/04570d82f4ea03f9f245d8f8b6ca791e
一寸の虫に五寸釘

2013-06-24(21:15) : みんなで大矢さん URL : 編集

---


2ちゃんねる みんなで大家さん7 からですね

最近は安愚楽牧場のことで手が回らず、見ていませんでしたorz
この情報も知りませんでした

大家さんには困ったものですね
いったいなにがしたいのでしょうか?

私にはわからないことばかりですが、上記のような情報が入ったので
いつまでも置いといても出す時がないかもしれませんので・・・

「みんなで大家さん」の出資者宛に、2013年5月31日付で送られた文書です

大阪府からの行政処分についてのご報告及び処分取消しを求める訴訟予定について

代表者からの重要なご挨拶
最後に、代表として宣言いたしますが、私は事業参加者の皆様全員の財産を守り抜くことをお約束いたしますので、どうか最後まで信じて、ついて来て下さいます様、何卒お願い申し上げます。

ということだそうです


----------
                             平成25年5月31日
事業参加者 各位

                    都市綜研インベストファンド株式会社
                          代表取締役 柳瀬 健一
     
      大阪府からの行政処分についてのご報告
      及び処分取消しを求める訴訟予定について

 拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
 平素は格別のお引き立てを賜り、有り難く厚く御礼申し上げます。

 さて、皆様にご出資頂いております「みんなで大家さん」の9号商品を除く営業者である都市綜研インベストファンド株式会社(以下、「当社」といいます。)は、不動産特定共同事業法の監督官庁の許可(大阪府知事第8号)に基づき、事業を運営しております。
 今般、当社は監督官庁の大阪府より行政処分(別紙ご参照)を受けることになりました件についてご報告致しますと共に、今後につきましては、当該処分を不当とし、処分の取消しを求める訴訟を提起する予定でございます。
 また、当該処分によって、皆様の毎月の利益分配金の配当について、影響が及ぶものではございませんので、ご安心頂きますようお願い申し上げます。
 先日の通知文での報告の通り、現在、出資金の解約業務は一時的に停止させて頂いておりますが、引き続き再開に向けて最優先で取り組んでおり、現状では変更は御座いません。詳細については、随時継続して報告させて頂きますので、ご理解を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 尚、当社は現在、本件につき訴訟を準備しておりますが、それとは別に取り急ぎ許可基準を充足するべく数十億円の資金調達に邁進しております。
 最善を尽くして参りますので、引き続きのご協力の程何卒よろしくお願い申しあげます。
                                    敬具

■行政処分について
 このたびの行政処分は昨年5月31日からの一連の検査の終結を意味するもので、昨年8月の会計処理を根拠とする処分の結果、不特法の許可基準を満たさないため、本年7月26日までに満たすようにとの指示が来ております。
 しかしながら、当社は既に許可基準を満たすべく、3月4日に17億4千万円の増資を行い公表する等、十分な対処を講じており、準備は万端で御座いましたが、3月12日に大阪府から突然、「新たに27億4千万円の物件の取得経費を取得原価に計上することを認めない」との通知があり、このたびの処分に至ったものです。
 当社はこれを明らかに意図的であり、不当であるとして、3日間に亘る聴聞会で証拠を提出し、意見を述べて、沙汰を待っておりました。

○内容の詳細につきましては、添付資料「大阪府通達建振第1374号」及び、当社が大阪府に対して平成25年3月27日に提出致しました「意見書」をご確認ください。
当社は、平成24年度末の決算予想は、以下のとおりであり、不特法第7条2号に掲げる基準に適合していると主張しております。
  ① 資産合計:105億5千2百万円    ② 負債合計:94億3千万円
  ③ ①-②=11億_2千2百万円
資本金(9億7千3百万円)の百分の九十に相当する額(8億7千570万円)を満たす予定であるため、不特法第7条2号に掲げる基準に適合しております。
                                    以上


----------

                           平成25年5月31日
事業参加者(出資者)各位
 
                    都市綜研インベストファンド株式会社
                          代表取締役 柳瀬 健一

           代表者からの重要なご挨拶
 
拝啓 初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は多大なご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
 また、このたびの処分により、皆様におかれましては更なる動揺とご不安を抱かれたかと存じます。その事につきまして、先ずはこの場を借りて深くお詫びを申し上げます。
 さて、このたびの処分は、大阪府が主張する会計処理を強いた結果が、当社の貸借対照表において31億円もの債務超過に至っており、その事が許可基準を満たしていないという一方的な見解から発生したものです。
 経緯としては、当社では昨年8月の行政処分前に、「不特法において明確な基準が無い会計処理で何故処分を行うのですか、やめて下さい。」と大阪府に強く抗議しましたが、問答無用の処分でした。それでやむを得ず事前に対策を講じて、今年の3月4日に17億4千万円の増資を行い、許可基準をクリアする準備をしておりました。しかし、大阪府は今回新たに処分理由の「2,」にある、27億4千万円もの費用を、物件取得時の原価として認めず、パンフレット代や広告宣伝費等の費用として全て期間費用で処理するべきだと、追加してきたのです。(タイミングとしては、当社の増資発表の直後で、しかもパンフレット代等が、到底そんな高額になる筈はありませんので、明らかに意図的に行ったとしか考えられません)
 それに対し、当社はこの27億4千万円の取引3物件と同じ取引を7物件で行っており、他の4物件は何の指摘も受けておらず、この3物件も他の4物件と同じく当社への対象不物件の卸売りの対価の支払いであり、当然に取得原価に該当することを、通算3日間に亘る大阪府での聴聞会で十分に説明して参りましたが、参酌されずに今回の処分に至りました。
 当社は今回の聴聞会の席上で、意見書等4部(全29頁)と18号から成る証拠書類や専門的な説明資料等で詳細に説明を行い、これまでの検査と処分が如何に理不尽で不条理であるか、真実に照らし合わせて、当社の経済実態をみれば、会計処理をめぐる相互の齟齬と見解の相違も解消できるので正しく理解して欲しいと、強く主張しました。(詳細は当社が大阪府に提出した3月27日付意見書をご覧ください。今後、随時資料を通じて更に深くご説明して参ります。)

 [当社の経済実態のご説明]

 当社の経済実態は不動産をただ保有するだけの資産管理会社で、実質、数人の社員で賃貸事業を行っております。(事業参加者の投資リスクを実物不動産の所有に近づける工夫の結果です。)そしてその保有不動産の総額は貸借対照表(25年3月期末予定)ベースで100億円、不動産鑑定評価(昨年4月起点の不動産鑑定事務所による調査報告書に拠る。)ベースで88億8千万円となっております。これに対し、実質の債務は対象不動産取得の為の借入金が約11億4千万円の債務残高となっており、この債務を88億8千万円から差引いても77億4千万円の純資産があることになります。また、この資産を裏付けに、事業参加者からの優先出資金の総額が73億円ですので、現時点で優先出資残高に対して4億円のプラスの純資産となっており、今年は昨年に比較して全国的に不動産評価も上昇しておりますので、その純資産は増大していることが予想されます。
 従って、当社は実質的に今回大阪府が指摘している様な31億円もの債務超過の状況にはありませんので、自信を持って戦って参る所存で御座います。
 ところで、ちょうど1年前の5月31日から始まりました行政庁検査と処分により、当社は機会損失で35億円を超える損害を被る見込みで御座います。この損害額はそのまま事業参加者の皆様の不測の損害に繋がるものと思料しており、事業参加者の皆様の財産を守り抜くためにも、この様な行政庁による誤認捜査にも似た検査と処分を許すわけには行かず、損害賠償請求訴訟を併せて行う予定で御座います。
 今般、多くの事業参加者の皆様から激励のお言葉を賜りました。私の経営理念が“共生”という理念であり共生社会を実現するという生き方を信条としておりますので、このたびは、皆様と正しく、“共に生きる”ことを実践して参りたいと存じますので、損害賠償によって得られた賠償金は全額、事業参加者並びに事業の為に用いる所存で御座います。
 最後に、代表として宣言いたしますが、私は事業参加者の皆様全員の財産を守り抜くことをお約束いたしますので、どうか最後まで信じて、ついて来て下さいます様、何卒お願い申し上げます。
                                    以上
----------

【みんなで大家さん】『解約手続きに関するお知らせ』について

「解約募集の手紙がきた。」という2ちゃんねる情報を書きました

【みんなで大家さん】大阪府からの行政処分についてのご報告及び処分取消しを求める訴訟予定について/代表者からの重要なご挨拶(2013年5月31日付)
2013-06-25(00:57)

このコメント欄にも、大家さん出資者様から情報をいただきました

この方は以前からコメントいただいている方なので、信頼できる情報だと思います


********************

もう 何を信用してよいのやら… 本当に分かりません。
皆さんのご意見をお聞きしたいと思い、ご連絡させて頂きました。


解約手続きに関するお知らせ の通知が届きました。

都市綜研インベストバンク株式会社 において、当社が営業する不動産特定共同事業 4号・5号・6号・7号・8号・10号・11号の優先出資持分を15億円を上限に買い受ける方針となりましたので、お知らせいたします。(但し受付期間はこの通知日より平成25年7月22日限りとさせて頂きます。)…

…本件手続きは各号パンフレットの「中途解約に関して」の1.の②、並びに契約書及び重要事項説明書の「営業者以外の第三者に譲渡する場合」に該当する解約手続きとなり、お支払いは1年以内とし、その間は出資持分の配当に相当する利息を追加する予定です。

********************


(参考)
【みんなで大家さん】契約書
中途解約に関して(みんなで大家さんパンフレットより)

上記パンフより「中途解約に関して」の1.解約(地位の譲渡)について
---
中途解約に関して
1.解約(地位の譲渡)について
 出資者は、以下の①②の場合に限り、本匿名組合契約上の地位を譲渡して、本匿名組合契約を解約することができます。
 ①営業者に譲渡する場合
 ②営業者以外の第三者に譲渡する場合
---


次は、大家さんの件について、いただいているご意見です

私も、そうだな、と思っております^^
(ホントはね、むずかしいことは、わかんないんだ・・・(^_^;)デヘッ)


ただし、今後どうするかは、ご自身で判断下さいね

私もだれかさんも、出資者でないので決めることはできません

決めて行動するのは、あなた、です^^

その他、どんなことでも、どなたでも、コメント下さればありがたいです


********************

今回の解約募集では、営業者(=都市綜研インベストファンド)への譲渡ではなく、第三者への譲渡となっている点 (← 何故? 第三者譲渡の場合、解約手数料的には、1%+消費税と有利=契約書11条3項2号=にはなってはいますが、ただし4号については満期延長特例で手数料ゼロの筈=契約書11条3項1号但書=ですから、こちらのほうは逆に不利になります) と、支払が「60営業日以内」となっていた ( ← 第三者譲渡は、契約書11条4項規定をすり抜けるためかも? )のが、「1年以内」に大きく期間延長されている点が気になります。

大阪府からは7月26日までに不特法の規定する基準への適合を要求されていますから、最低でも32億程の資金調達を行う必要がありますが、都市綜研がそれを満たす出資者・出資金を集められるかどうかについては疑問が残ります (株式公開企業なら、発行条件次第では新株の第三者割当に応じる者も出てくる可能性がありますが、同社は非公開企業です)。 ただ、同社が主要株主に名を連ねる、L’ALBA(当時の社名は日本LCA)が2009年5月にやった増資手法を使えば可能でしょうが、その場合はB/S上の債務超過が解消するだけで、実際に資本増強ができる訳ではありません。

http://zai.diamond.jp/articles/-/42099
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/tax/1126830452/112-117

そして、解約受付となると支払が1年先とは言え、最大15億の解約用資金を調達する必要がある訳ですから、ますます「その当てや如何に」という疑問が膨らみます。2ちゃんねるの「大家さん」スレの470番レス氏が指摘したようなディスカウントか、1年以内の○○という可能性が考えられます。

今、焦っている人は、このアナウンスでそちらに殺到するでしょうから、これでしばらくの間は大人しくさせる事ができます。
( そして、実際に幾ら受付けたのかは分からない。 「残念ながら応募者多数のため、あなたは外れました」という手紙を受取る人のほうが多い事もあり得る。お友達の分と何人かの運の良い人だけが15億の枠内に入って、その他の人はスカ。そして、お友達は後日解約を取り下げる )
上の括弧内のような事がなかった場合でも、解約を受付けて貰った人は「これで一安心。あとは、何とか1年持ってくれ」という心境になるかと思いますが、契約書11条1項を根拠に物件評価額を大幅に下げてくるという危険性が解消された訳ではありません。

そんなこんなで、「解約」よりも「契約無効」・「契約取消」・「契約解除」を主張して、現行契約書と無関係な回収方法を探るほうが良いのではないかという考え方に変更はありません。



P.S. 日本LCAと同じように、土地の現物出資で資本増強という手法を使ったNESTAGEという会社の場合は、会社幹部が捕まっています。
( ただし、今のところ、L'ALBAのほうは「お咎め」なしのままです )

http://mainichi.jp/select/news/20130511k0000m040045000c.html
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2011/2011/20110802-2.htm

----------------------------------------------------
参考) 契約譲渡と払戻に関する「契約書」の関係条文

第10条(契約上の地位の譲渡及び契約の解除に関する事項)
本出資者は、以下の各号に掲げる場合に限り、本契約上の地位を譲渡することが
できる。
( 1 )  (略)
(2 )営業者以外の第三者に譲渡する場合(但し、この場合、営業者は、本契約上
の地位を譲渡する相手方と本契約上の権利及び義務と同一内容の匿名組合契約を締
結し、同時に本契約上の権利及び義務を消滅させるものとする。)
2. (略)
3. (略)
4. 営業者は、第1項に従って本契約上の地位が譲渡され、文は、第2項に従って
本契約が解除され、また、第3項に従って本契約が終了した場合(以下、「終了」と
いう。)には、終了の効果が発生した後、第11条に従って本出資者に出資の価額を
返還しなければならない。

第11条(出資の価額の返還)
第9条第2項、第10条第4項に定める出資の返還に当たっては、契約終了時に
おいて対象不動産を適切な方法により評価した評価額を、分配割合に応じて分配し
た金額(優先出資者に対しては第6条第1項に定める優先出資者の出資金を上限と
する。)を返還するものとする。
2. (略)
3. 営業者が第10条第4項の規定に基づき出資の価額の返還をした場合には、営
業者は、次の各号に掲げる出資金返還の事由ごとに、それぞれ当詰各号の定める料
率により算出される金額を取扱手数料として収受するものとする。
( 1 ) (略)第10条第1項(1)に従って営業者への契約上の地位の譲渡の場合、第
1 0条第2項に従って本契約の解除の場合、又は第10条第3項に従って本契約が
終了した場合は、第11条第1項の定めに従い返還される金額の3.0%相当額(消
費税は別途とする。)
但し、第8条第1項に基づく、営業者の判断により、当初満了日から1年を上限と
して契約期間を延長した場合は除く。
(2 ) 第10条第1項(2)に規定する営業者以外の第三者への契約上の地位の譲
渡の場合は、第11条第1項の定めに従い返還される金額の1目0%相当額(消費税
は別途とする。)
但し、第8条第1項に基づく、営業者の判断により、当初満了日から1年を上限と
して契約期間を延長した場合は除く。
4. 第11条第1項に定める、出資の返還については、譲渡日より60営業日以内
に返還を行うものとする。

********************

【みんなで大家さん】送られてきた譲渡契約書の内容

【みんなで大家さん】『解約手続きに関するお知らせ』について

こちらにコメントいただいてます

一部、社名の入力ミスは、私が打ち消し線の後に追加記入していますm(__)m


********************
書き込みが増えています

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/market/1363306520/l50
みんなで大家さん7

539 :名無しさん@お金いっぱい。:2013/06/28(金) 03:38:21.82 ID:LpOyqUTS0
送られてきた譲渡契約書の内容です。

○X(以下「甲」という。)と都市綜研インベストバンク株式会社(以下「乙」という。)及び都市綜研インベストファンド株式会社(以下「営業者」という。)は甲の有する「みんなで大家さん○号
匿名組合出資持分の地位(以下「出資持分」という。)の全○口(以下「本件口数」という。)を乙に譲渡することに合意し、以下の通り契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条 現在の本件口数にかかる1口あたりの出資の価額は○X円であること及び、甲の有する出資持分の本件口数が○口(出資の価額:○円)であることを甲乙及び営業者は確認するとともに
甲は乙に譲渡し、乙はこれを譲り受ける。
第2条 本契約により、甲に対し乙により支払われる金額は、所定の解約手数料1.05%(消費税込)を差し引いた金額とする。尚、この差し引かれた解約手数料は乙が営業者に支払うものとする。
第3条 出資持分の譲渡日は本譲渡契約書の契約締結日とする。
第4条 第2条の乙から甲に支払われる金額は前条により確定された譲渡日から起算して一年以内に、甲が下記に記載した利息受取口座に振り込む方法によって支払うものとする。
第5条 乙は譲渡日から前条の支払日までの期間については、本件出資持分の利益分配金相当分を利息として、出資持分の利益分配金支払日に甲が下記に記載した利息受取口座に
振り込む方法によって甲に支払うものとする。尚、前条及び本条の振り込みの手数料は乙の負担とする。
第6条 出資持分の譲渡に関わる金銭の授受及び租税公課は甲乙間で負担し、営業者は何ら責任を負わないものとする。
第7条 営業者は利益分配金を匿名組合契約署に定めた計算期間・分配方法に基づき、譲渡日前日までについては甲が営業者に届けた利益分配金受取口座に、譲渡日以降は別途
乙が指定する利益分配金受取口座に振り込む方法によって支払うものとする。
第8条 甲乙は第1条によって営業者に対して確認した事項に関し、相違した事実が判明し、営業者に損害を与えた場合は、その損害を賠償する責任を負う
第9条 営業者は本契約の譲渡日まで、本件に関する事項および本契約締結の過程で知り得た甲乙に関する一切の情報を、甲乙の許諾無く第三者に開示してはならない。
第10条 本契約に定めの無い時効及び本契約の内容解釈に相違のある事項については、本契約の趣旨に従い、甲乙及び営業者が協議の上、これを定める。

改行規制に引っかかりそうなんで文章を詰めたけど、内容はこんなものでした



やはり、何かありそうです。支払いに最大1年の猶予があること、

”この契約は、営業者(都市綜研インベストファンド株式会社<以下、「ファンド」社といいます。>)への「譲渡」ではなく、第三者である都市綜研インベストファンドバンク株式会社(以下、「バンク社」といいます。)
への譲渡契約となります。 出資持分の譲渡に係わる金銭の授受について、ファンド社が責任を負うべきものではなくなります。バンク社への債権となります。 ”

なんで、出資が「債権」になって「譲渡」されるのか、意味が分かりません。

これに応じてしまうと、後々面倒なことになるでしょうね。


2013-06-28(07:24) : みんなで大谷さん
********************


あと、第三者譲渡契約についての補足説明についてです

---
■546 :539:2013/06/28(金) 04:01:08.38 ID:LpOyqUTS0
第三者譲渡契約についての補足説明について
ご契約の前に、下記の事項についてご確認下さい。

・この契約は、営業者(都市綜研インベストファンド株式会社<以下、「ファンド」社といいます。>)への「譲渡」ではなく、第三者である都市綜研インベストファンドバンク株式会社(以下、「バンク社」といいます。)
への譲渡契約となります。
出資持分の譲渡に係わる金銭の授受について、ファンド社が責任を負うべきものではなくなります。バンク社への債権となります。

・バンク社から、本債権について、証書等の発行はございません「譲渡契約書」お客様控えを大切に保管して下さい。

・バンク社より支払われる金銭は、譲渡契約締日から1年以内となります。
また支払われる金額は(お客様の債権額)は、4号商品以外は手数料を差し引いた金額となります(例;1口100万円の場合→989,500円)
お支払い日時が確定次第、バンク社より別途ご案内があります。

・譲渡契約日以降は「みんなで大家さん」のご出資による利益分配金ではなく、バンク社からの受取利息になります。

・ファンド社から入金される利益分配金については、20%の源泉徴収を行い、年度毎支払調書を発行しておりましたが、バンク社から入金される受取利息においては
源泉徴収や支払調書の発行を行いませんのでご了承ください。お客様は、ご自身で入金額を管理して頂き、確定申告(雑所得)をお願いします

以上です。
---


★roko★

上記の内容を読んで、これで本当に譲渡契約する人いるんだろうか?

一年以内なんて、笑えるしぃ・・・

最近、増えてますね、書き込み・・・
なんだか、大家さん側の人らしき書き込みも・・・


最後に、今現在の、最後の書き込みです
パイプの人、登場! (*^_^*)

工作員さえいなければ、2ちゃんってスゴイな、と思いました

安愚楽牧場が破綻してから、はじめて2ちゃんねるや掲示板を見た私です
アグラにしたって、破綻した8月初めはまだ見てなかったかもしれないな
覚えていないけど・・・

---
■582 :(´Д`)y─┛~~ ◆w5GaisiGD. :2013/06/28(金) 23:49:23.13 ID:6lh40aMk0
にちゃんねる軍団にあっさりとスキームを見破られててワロタ(´Д`)y─┛~~

お前らが集まれば下手な投資銀行よりも稼げると思うわ。


■583 :名無しさん@お金いっぱい。:2013/06/29(土) 01:48:39.47 ID:shpPPbhO0
昨日だか一昨日に解約申し込んだとか言っていた
人とか、早い者勝ちとか煽っていた人はどうしたんだろう?
急にその手の書き込みがなくなったね。
やはりステマ業者だったみたいだな。

そんなお金使うなら少しはまともなことに使えよな。
出資者は今も自分のお金がこういう無駄使いに使われている
ことを自覚して早く刑事告訴すべくだろ。
---

【みんなで大家さん】『解約手続きに関するお知らせ』の文書(2013年6月21日付)

みんなで大家さん7 に、いろいろ情報があります

【みんなで大家さん】『解約手続きに関するお知らせ』について
2013-06-26(00:00)

「解約手続きに関するお知らせ」について、申し込み前に来た文章が載ってましたので後に記録します


さて、2ちゃんねるの中には、本当にいろいろな情報があるので、真偽を判断するのはむずかしいです
コレを見て、自分のところに誘導しようと言う人もいるかもしれません

弁護士さんも、ピンキリです
儲けようという人がいてもおかしくありません

探偵社とか、「0120」で始まるフリーダイヤルの電話が書かれているところは
要注意です!

もちろん、お客様センターや注文等でフリーダイヤルは別ですよ

だってね~、無料相談といっても電話料金まで負担してくれるっていうのはおかしくない?
前にね、電話しないでメールに書いたけど、なんの返信もなかったよ
電話すると、連絡先を聞いてくる
電話料金タダにするのは、掛けやすくしてくれるためでしょ
掛けてくれた人がお客さんになってくれれば、そこからお金がとれるから・・・
もし、お客さんにならなくても、個人情報がもらえる
詐欺に遭った人、っていう・・・

なんにしても、無料っていうのはコワイよ
昔から、タダほど怖いものはないっていうよね
それに、自分がまいた種の相談なら、電話料金ぐらい出そうよね

ということで、以前に書いた日記をご覧下さい

名古屋の投資コンサル「K&A」:高利社債販売、配当停止;東京地裁へ自己破産申請(負債総額約90億円)~名古屋版MRIインターナショナルなのか。悪質性が露見しすぎている。(リプラス情報収集組合)
2013-06-15(06:06)

■国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/category/consult.html
■法テラス
http://www.houterasu.or.jp/index.html
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
無料相談なら、ここに相談すればいいと思うよ
(注:東日本大震災で被災された人にフリーダイヤルにしてるのはさすがでっす^^)


---
612 :590:2013/06/30(日) 06:10:47.44 ID:ZFEOE1FI0
上の方で契約書?の内容がでてたけど
同じ物を持ってるので、申し込み前に来た文章を載せますね。

日時 平成25年6月21日 
都市綜研インベストファンド株式会社 代表取締役 柳瀬健一

解約手続きに関するお知らせ

梅雨の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。日頃はご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。先回発送させて頂きました「代表者からの重要なご報告」の内容に共感された多くの出資者の皆様から励ましの電話やメールを頂くなど、ありがたい反響を頂くと共に、解約予定を中止する方々の申し出を賜り、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

さて、現在解約につきましては既にご報告の通り、8月から予算計画に則って随時手続きを行っていく予定でおりますが、「計画次第で期日が確定せず、いつになるか分からない事をご不安に思われて、何とか善処をして欲しいと望まれる方々の声」もあり、そのご要望にお応えする形で、当社グループの関連会社である「都市綜研インベストバンク株式会社(以下「バンク社」という」において当社が営業する不動産特定共同事業4号・5号・6号・7号・8号・10号・11号・の優先出資持分を、15億を上限に買い受ける方針とお知らせ致します(但し受付期間はこの通知日より平成25年7月22日限りとさせて頂きます。)

バンク社は、平成25年2月1日に旧バンク社の会社分割によって、分割された新設法人で、旧バンク社の最も得意とする不動産売買及び不動産開発事業を引継ぎ、増資を計画するなどアベノミクスの波に乗り事業拡大を図っております

また、本件手続きは各号パンフレットの「中途解約に関して」の1.の2,並びに契約書及び重要事項説明書の「営業者以外の第三者に譲渡する場合」に該当する解約手続きとなり、お支払いは1年以内とし、その間は出資持分の配当に相当する利息を付加する予定です。

ご希望の方のお申し込み等につきましては下記連絡先までご連絡下さいますようよろしくお願い致します。

連絡先:みんなで大家さんフリーダイヤル0120-938ー338  

-----

(注:文章はそのまま改行下線等、手を加えています。修正等ありましたら連絡願います)

【みんなで大家さん】『優先出資持分の買受に関するご案内』(2013年6月28日付)・『資本金及び準備金の額の減少広告』(2013年6月11日付)

【みんなで大家さん】『解約手続きに関するお知らせ』の文書(2013年6月21日付)
2013-07-02(11:00)

こちらに複数のコメントをいただいておりましたが、お返事できてませんのでメインに記録させていただきます
実は非公開コメントもありましたので、それも載せておきます

みなさん、ありがとうございますm(__)m

私にはわからないことが多く、みなさんのコメントで大変助かっています

あわせてですみませんが、この日記でお返事にかえさせていただきますm(__)m


---
■大家さん社員の対応
本日、大家さんに一年以内に出資金のおおよいつ頃返還の見通しですか?と聞くと増資が予定通りおこなわれば9月ということでした。
ただ増資が上手くいかない場合物件の売却をして資金手当てをする事も考えているとの事。
ただ確実に返還されるとは限りません。
インベストバンクが倒産するリスクがあります。
はっきり答えてました。

2013-07-03(21:29) : ki-su URL : 編集


■No title
rokoさん いまだに何をして良いのかわからずいますが…
その後 都市綜研インベストバンク から 通知がきました。
6月28日付けです。

 優先出資持分の買受に関するご案内

…さて、お蔭様でこのたびの譲渡契約のご案内に対して、数多くのお申込みを頂いております。お申込み御座いました方への契約書類の発送見込額が15億円に達した段階で、それ以降のお申込みに関しましてはキャンセル待ち扱いとさせて頂きますので、ご了承の程宜しく御願い申し上げます。
 また、7月11日時点で契約書類の当社へのご返送が完了していない場合は、キャンセル扱いとさせて頂き、上述のキャンセル待ちの方々の枠取りに代えさせて頂きますので、あらかじめご理解とご了承を御願い申し上げます。
 尚、本件取引は当社と皆様との相対の譲渡取引であり、営業者であるファンド社は、管理者のして引継ぎに関与するもので、斡旋又は、仲介をしている訳では御座いませんので、念のためにご連絡申し上げます。…

との事、また 
都市綜研インベストファンドの HP の IR情報 決定広告 と言う所に
資本金及び準備金の額の減少広告 となるものを見つけました。

 当社は、資本金の額を八億七千三百万円、資本準備金の額を八億七千四百万円減少し、それぞれ一億円、0円とすることにいたしました。
 この決定に対し異議のある債権者は、本広告掲載の翌日から一箇月以内にお申し出下さい。
 なお、最終賃貸借対照表の開示状況は次のとおりです。

平成二十五年六月十一日
大阪府大阪市中央区北浜一丁目一番三十号
都市綜研インベストファンド株式会社
代表取締役 柳瀬健一

いまいち理解できません。 
2013-07-05(17:59) : だれかさん URL : 編集


■No title
1ヵ月後が
7月11日 なので、 その日付が同じなのが気になります。
なにかてだて(異議を申し出る、等) した方が良いのでしょうか?
私は、本当に こう言う事にうとくて 分かりません。
皆さんのお考えをお聞かせいただければと思います。


■決算公告
http://www.invest-fund.co.jp/ir/

第15期(2013年)の決算公示が未だ出ませんね。
何でだろうw。
2013-07-05(21:39) : みんなで大谷さん URL : 編集


■No title
こうなったらマスゴミに投書して動いてもらうのも手かもしれません。
躊躇してたら相手の思う壷なので早め早めの行動ですね。

相当の悪ですよ。相手は。
2013-07-05(22:22) : hikaru URL : 編集


■No title
2013-07-05(17:59) :だれかさん 様

>資本金及び準備金の額の減少広告 となるものを見つけました

確定している訳ではありませんが、 ↓ のIRで増資した17億4千万(内訳:資本金8億7千万余、資本剰余金:8億7千万余)をそのまま減資したものと思われます。

http://www.minnadeooyasan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2013/01/taisei_newH24.1.22.pdf

ところで、この増資は金額が一致することから ↓ のB/Sの「負債の部」にある「長期未払金」(=大家さん販売のB/Sで「資産の部」にある「長期未収入金」と対応している可能性が大)が原資ではないかと言われています。

http://www.invest-fund.co.jp/wp/wp-content/uploads/2012/06/14th.pdf

以下は、想像ですが、
今年2月末時点で、大家さん販売社はファンド社に対する17億4千万の未収入金があった。
次に、大家さん販売社は未収入金を回収する代りにファンド社への出資に振替えた。
これで、ファンド社は17億4千万の未払金が消え、17億4千万の資本増強ができた(実際に資金調達があったわけではなく、帳簿上だけで負債が消えて資本が増えた=デットエクイティスワップという手法)。
その後、6月になって増資した分を減資して、(おそらくは)欠損金の補填に回した。


大阪府から、債務超過(31億)の解消と剰余金確保を求められていますから、この増・減資によって17.4億円分は帳簿上達成できたことになります。あと15億程資本を増強するか、または債務を減らせれば大阪府の指摘事項をクリアすることになりますが、この金額が、解約募集額とほぼ一致するのは多分偶然(「負債の部」の「大家さん出資」は消せても、新バンク社への負債が発生する筈。しかし、これを消す会計上の方策があれば???)でしょう。


このあたりの検討は、2ちゃんねるの「大家さん」スレの223番、461番、486番~494番あたりにでてきますので、真:偽・正:誤ありという前提で御参照下さい。

http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/market/1363306520/

2013-07-06(02:04) : だれかさん URL : 編集

-----

★rokoより★

>都市綜研インベストファンドの HP の IR情報 決定広告 と言う所に
資本金及び準備金の額の減少広告 となるものを見つけました。

★これが2ちゃんにあったものですね
461 :名無しさん@お金いっぱい。:2013/06/21(金) 15:10:53.22 ID:Ulmf5x+X0
http://www.invest-fund.co.jp/wp/wp-content/uploads/2013/06/public-notice0611.pdf


>7月11日 なので、 その日付が同じなのが気になります。

今日は七夕さま、もうすぐ1ヶ月7月11日ですね


http://www.invest-fund.co.jp/ir/
第15期(2013年)の決算公示が未だ出ませんね。

★確かに今現在も出ていませんでした


>>資本金及び準備金の額の減少広告 となるものを見つけました

>確定している訳ではありませんが、 ↓ のIRで増資した17億4千万(内訳:資本金8億7千万余、資本剰余金:8億7千万余)をそのまま減資したものと思われます。

http://www.minnadeooyasan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2013/01/taisei_newH24.1.22.pdf

★この内容は私の日記のコチラに載せてあります↓
みんなで大家さん】営業者および販売代理人の新体制について(2013年1月22日)
2013-06-06(12:13)


http://www.invest-fund.co.jp/wp/wp-content/uploads/2012/06/14th.pdf

★一年前、2012/06/14付の貸借対照表ということですね?


★その他、roko脳はまわりませんので、記録のみということで、あいすみませんm(__)m
これからも、皆様の情報が頼りです
コメントで私に教えて下さいね(*^_^*)

最後にコメントにあった2ちゃんをコピペしておきます

>このあたりの検討は、2ちゃんねるの「大家さん」スレの223番、461番、486番~494番あたりにでてきますので、真:偽・正:誤ありという前提で御参照下さい。

続きを読む

「みんなで大家さん」(過去日記 2013年6月)と「M」(^^♪

今日は2016年6月10日

今、テレビのスッキリで、岸谷香さんが生で歌ってます

まず、「ミラーボール」 今の新曲♪

プリンセスプリンセスのデビューから30年なんだそうです
100人アンケート「あなたが聴きたいプリンセスプリンセスの曲は?」を発表していて

3位 「世界でいちばん暑い夏」
2位 「Diamonds」(ダイアモンド)
1位 「M」

ふふふ^^ 私も1番はこの曲だと思ってた…(*^^)v
1988年の曲ですって
いい曲ですね^^

「M」も生で歌ってくれました♫
私の好きなYouTubeの人も歌ってくれてます🎶
大好きです(^^♪

♪ いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
   季節はまた変わるのに 心だけ立ち止まったまま・・・

香さんは年齢を重ねても、笑顔がとても素敵な人だと思います


-----

そんな中、昨日に引き続き、今朝大家さんの日記を偶然見つけました
     ↑↑↑
【都市綜研インベストファンド株式会社】過去日記(2013年8月)と今(*^^)v
 2016-06-09(17:30)

これより前の2013年6月に書いたもので、もうすぐ3年になります

カテゴリに何も書いてなかったので…未分類でした
初めのころは全部、未分類だったし、今も下書きはカテゴリ決めないこともあるし…
「都市綜研インベストファンド株式会社」という文字はなくとも、「みんなで大家さん」と書いた下書きだけの日記はもっとあるのかもしれません
(これも偶然出てきただけで、まだ調べてないから^^;)

「みんなで大家さん」も頭文字「M」ですね(笑)


ではでは、ここから3年前の日記です^^ どうぞ・・・



[記事番号 1652]  2013年6月25日 記録
タイトル:「みんなで大家さん」 最新ニュース一覧


みんなで大家さん 最新ニュース一覧 を見ました

一番古いものでも、「みんなで大家さん3号」の償還の話なんですね
2011/11/30 「みんなで大家さん3号」平成23年11月30日を持ちまして償還を迎えました。

これって、前のは消されちゃったんですかね?
1号、2号のことは?
見てないので、私はわかりませんし、見ていても記憶にありません
前にどこかで何かが消されてるようなことが書いてあったような、なかったような…

今のところ、コチラです↓
最新ニュース一覧
http://www.minnadeooyasan.com/news/


今日(6/25)、「みんなで大家さん」からの文書を載せましたが

もっと、情報を公開すればいいんじゃないの~ と思います

-------------------


載せていなかったと思うので、2013年1月22日の最新ニュースを記録しておきます

2012/01/25 都市綜研インベストバンク株式会社が共生バンクグループに参画 

続きを読む

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク