「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」と回答

2013年7月17日持参、郵送をした各政党からの回答です

一定の回答を…ということでしたが、期限までに、3党から回答を得たようです

受信順に、みんなの党、社会民主党、民主党 です

短い期限ながら、回答くださりありがとうございましたm(__)m

未回答の6党に問合せた結果、共産党から回答あったようです


ブログ更新!>今朝の朝日新聞の扱いに見るニュースの見方 #安愚楽牧場 #MRI #鉱泉権 #詐欺(紀藤弁護士ブログ) より
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/files/agurakoukaishitumonjo20130717.pdf 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        緊急提言及び公開質問状
      「我が国から詐欺をなくすために」


                    平成25年7月16日
                    安愚楽牧場被害者有志
                    MRIインターナショナル被害者有志

○ 先月、被害総額4,200億円、被害者総数73,000人という、我
が国史上最大の消費者被害である安愚楽牧場事件について、警視庁の強制
捜査が行われ、元代表取締役をはじめとする旧経営陣3名が特定商品等の
預託等取引契約に関する法律(預託法)違反の容疑で逮捕され、うち2名
はその後同容疑で再逮捕となった(1名は処分保留のまま釈放)。

○ しかし、数年前から他の顧客に販売済みの牛に別の識別番号を割り当て
て二重販売を行っているなどの手口から、同事件の被害者弁護団は、「本
件は端的に詐欺に問われる事案である」と指摘している。
我が国では詐欺に対する量刑が軽いため、その再犯率も非常に高く、「母
さん助けて(振り込め)詐欺」など、連日詐欺についての報道を目にしな
い日はないような状況である。

○ 同牧場については、破綻前の調査で当時監督していた農林水産省が、出
資者に毎年「黒字」と虚偽の報告を続けていたことを把握していたにもか
かわらず、業務を引き継いだ消費者庁は十分な監査や指導を行わなかった
ことが明らかになっているが、自転車操業による詐欺的運営が指摘されて
いるMRIインターナショナルについても同様に、監督官庁の不十分な監
査が被害を拡大させる要因となったと指摘されている。

○ 両事件を合わせた被害総額は実に5,500億円に至るが、これは国土
交通省が笹子トンネル事故の教訓を踏まえ、全国の社会資本の老朽化対策
として平成24年度補正予算で新たに創設した「防災・安全交付金」の額
に相当し、一つの大きな国家事業の域に達する規模である。

○ 監督官庁の不作為により、このような巨額の被害を国民が被ったことに
対し、政府は早急に法制上の手続きを講じるなど、その被害回復や犯罪者
の摘発、詐欺罪の厳罰化に取り組むべきである。

○ また、この度の選挙で、「良識の府」である参議院に代表を送ろうとす
る各党におかれては、このような「詐欺天国」ともいうべき我が国の状況
をどのように考え、上述の政府に求められる取組に政治課題としてどう向
き合っていくのかお示しいただきたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
緊急提言及び公開質問状「我が国から詐欺をなくすために」PDFをダウンロード



MRI被害者の会 と あぐら牧場被害者の会‎  コメントより
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-1762.html#comment4085
---

「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』の回答

7/17 公明党・みんなの党・日本維新の会・生活の党・共産党・社会民主党・みどりの風に、質問状を送付。自由民主党・民主党には直接持参。

7/19までに、民主・みんなの党・社会民主党からFAXで回答があり。
未回答6党に対しては、改めて回答を求めていく予定。

---------------------------------------------------------

あぐら被害者の会/MRIインターナショナル被害者の会
緊急提言及び公開質問状に対する回答

                     民主党

 ご提言を真摯に受け止め、党として検討していきま
す。先ずは、以下の政策の実現に全力を尽くします。

 消費生活相談の過半を占める財産被害の救済と消
費者団体訴訟制度を実効あるものとするため、悪徳業
者が違法に集めた財産を没収する制度を創設します。
 「集団的消費者被害回復のための訴訟制度」を早期
に整備し、公正な経済活動で安全・安心で健全な消費
生活及び市場経済を築きます。

 あわせて、地方消費者行政の強化、消費生活相談員
制度の機能の充実・強化をはかります。地方消費者行
政を継続的に下支えする財源を確保し、どこに住んで
いても消費生活相談が受げられる体制を整備します。
また、専門性の高い消費生活相談員の処遇改善と雇い
止めを抑止する為の法整備等の検討を進め、地方消費
者行政の強化をはかります。
 消費者教育推進法が施行されました。消費者の権利
である消費者教育を学校、職場、地域などで推進しま
す。

(7月19日17:34受信)

---------------------------------------------------------

                       平成25年7月18日
                         みんなの党

「公開質問状『我が国から詐欺をなくすために』」への回答

7月16日付でいただいた質問に対する回答は以下の通りです。

 「あぐら被害者の会」結成に際しての声明及ぴあぐら被害者の会、MRIインターナ
ショナル被害者の会の緊急提言及び公開質問状を拝見しました。
 本件の被害者の皆様におかれましては、貴重な資産を失われたとともに、社会的
にも孤独な立場に置かれているとのことで、大変ご苦労をされていることと拝察い
たします。
 一日も早い被害からの回復を願ってなりません。

 さて、みんなの党として、現在、司法の場にある個別の刑事事件についてのお答
えは差し控えさせていただきますが、ご指摘にある監督官庁の不十分な対応につい
ては、重要な問題であると認識しております。

 農林水産省と消費者庁の連携不足による被害の拡大は、縦割り行政の弊害の表れ
であり、みんなの党の主張している中央集権体制の打破、行政改革の必要性につな
がるものです。
 今後、被害者の皆様のご指摘などを受け止めながら、国政の場における議論を深
めて参ります。
 引き続き、みんなの党の活動にご理解ご支援を賜りますよう、お願い申し上げま
す。

(7月18日22:11受信)

---------------------------------------------------------

あぐら被害者の会様
MRIインターナショナル被害者の会様

公開質問状への回答

 安愚楽牧場事件ならびにMRIインターナショナル事件は、その被害額の大
きさ、被害者の方々の数の多さ、経緯の悪質さなどから、いずれも看過できな
い重大事案だと考えています。
 安愚楽牧場事件で十分な監査や指導を行わなかった消費者庁や農水省の責任
は重く、今後の国会審議で追及するとともに、詐欺罪の厳罰化も検討していき
ます。
 また今回の2つの事件を貴重な教訓としつつ、大規模な消費者被害を救済す
る「消費者裁判手続き特例法」の早期成立をはかるとともに、対象を拡大し悪
質な事例は過去のトラブルにもさかのぼって適用できるようにするなど、法案
の拡充を政府に強く働きかけていきます。加害者の財産隠匿・散逸防止や不当
利益剥奪制度の創設にも力を尽くします。

社会民主党

(7月19日10:51受信)

---------------------------------------------------------


★追記
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-1762.html#comment4094
---
「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』の回答
追加

未回答の6党に問合結果、共産党から回答あり

---------------------------------------------------------

公開質問状へのご回答

 顧客はプロの投資家でなく、普通の個人ばかりで、最初は警戒して少額から始めるが、しだいに深みにはまり、家族の金や大切な老後の資金まで巻き上げられ るという深刻な事態になっており、被害者の救済と犯罪者の摘発などが求められ ています。
 客を信用させるうえで、多数の広告や雑誌の特集記事などを使い、有名タレン トや経済評論家などを?広告塔?にして、顧客の判断を誤らせ、勧誘をしていた やり方は悪質です。
 被害者の会のみなさんの声明にもあるように、こうした詐欺犯罪へ徹底追及と摘発、厳罰化、犯罪を阻止する行政の責任ある対応や法整備、企業による政治献 金の禁止は、国民の資産を守るために必要と考えます。また監督官庁の責任も明 確にする必要があります。
 この間、自民党も民主党も一緒になって、アメリカ型の金融モデルを?手本?にして、「貯蓄から投資へ」を掲げ、金融自由化、規制緩和を競いあってきまし た。そのなかで、こうした詐欺的商法への監視・対応も弱まっています。こうし た姿勢は、金融規制の強化をめざし、自由化路線の見直しを進めている世界の流れに逆行するものです。日本共産党は、個人投資家の保護のための制度強化、情 報開示の徹底を図るとともに、金融自由化路線の転換を求めていきます。

2013年7月20日 日本共産党 政策委員会

(7月20日12:14受信)

------------------------------------------------------------

参照:‎公開質問状各党回答

緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』民主・自民へ持参(2013年7月17日)

MRI被害者の会 と あぐら牧場被害者の会‎
2013-07-18(22:02)
コメント欄に、公開質問状への政党からの回答を知らせていただきました

まとめはココに↓↓
「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」と回答
2013-07-20(09:54)

回答があったのは、みんなの党、社会民主党、民主党、共産党 の順です

7月21日は参議院選挙です
参考になさって下さい m(__)m

 この時の回答は、MRI被害者の会 > あぐら牧場被害者の会‎ > ‎公開質問状各党回答 にpdfファイルがありますので、そちらをご覧下さい



★さて、公開質問状を政党へ持参したことについて記録しておきます

たくさん情報をいただいているのですが、どこまで載せていいものか、と悩みつつ
手が回らず、頭もボケボケw…でして(*^_^*)

自民党本部・民主党本部に公開質問状を持参された時の情報をば…

ただ、選挙を控えているので、今は簡単な説明と写真ということでお願いします
写真等、情報をいただいた方、ありがとうございますm(__)m
選挙後に、また、日記にさせていただきますね(*^^)v

なお、一木氏には写真掲載許可いただいております
被害者の方は連絡先を知りませんので、顔部分のみカットしています
掲載不可の時は、大変申し訳ありませんが、ご連絡いただけたらありがたいですm(__)m

あと、公明党にも何度か連絡を取りましたが、繋がらなかったので断念されました
(一木氏談)


2013年7月17日 水曜日 公開質問状 持参

■民主党
20130717民主党前 20130717民主党中
11:27 入口 外           11:29 エレベーター前 

20130717民主党後
11:40 持参後 


■自民党
20130717自民党玄関前1 20130717自民党玄関前2
11:46 玄関前           11:50 出てくるところ 

20130717自民党ポスター
11:51 自民党ポスター(党入り口横) 

「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」政党へ持参した7月17日の報告

債権者集会の翌日の2013年7月17日、公開質問状を民主党・自民党へ持参された時の写真はコチラに載せました
 ↓↓↓
緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』民主・自民へ持参(2013年7月17日)
2013-07-21(01:39)

政党からの回答はコチラを参考にしてください
 ↓↓↓
MRI被害者の会 と あぐら牧場被害者の会‎
2013-07-18(22:02) 
 ↓↓↓
「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」と回答
2013-07-20(09:54)


「また、日記にさせていただきますm(__)m」と書きました

債権者集会後のことや、被害者の会のことも断片的ではありますが情報をいただいてます
私の知らないことなので、情報を下さる皆様には大変感謝申し上げます
ただ、私は全国弁護団に委任しているわけでないので、どこまで載せていいものかと悩みつつ、手も頭も回らず、今日まで来ました

ですが、ここは私の単なる日記ですので、記録させていただきます(*^_^*)


この後に、載せるのは、実際に政党へ公開質問状を持参した時に同行した人からの報告です

上記日記に載せた写真も、そのまま顔部分だけ私がカットしてそのまま載せました
文章も載せてはマズイかなと思うところ以外は、そのままです
その場にいたご自身の経験からの話です
それと、情報提供者はこれまでこのブログにも登場されてますし、実在の人物として知っていますので嘘はないと思います

内容におかしな点、その他情報がありましたら、お知らせくだされば幸いですm(__)m


★--------------------------------------------------------------------------★

2013年7月16日に「あぐら牧場被害者の会」が設立され
翌7月17日に安愚楽牧場被害者の会とMRI被害者の会は自民党本部・民主党本部に公開質問状を持参し、7月19日までに一定の回答を求める事を要望致しました


2013年7月17日のことをお知らせします。

当日、一木氏から連絡があり、同行することになりました。カメラマンとして、一被害者として、です。
事前から話があったのではなく、朝7時過ぎの連絡で急ではありましたが、記録に残さなければ、また私でいいのであれば…という思いでした。

rokoさんはご存知ですが、私は他弁護団に委任していますので被害者の会には入れません。応援したい気持ちはいっぱいあります。しかし距離的なこともありますし、弁護団の様子もわかりません。ツイッターやブログ等ネットの中だけの情報を集めて勝手に判断しているだけの状態です。
また、全国安愚楽牧場被害対策弁護団は6428人となっており、全国に13ある対策弁護団の依頼者総数は7700人ということですので少数の部類に入ります。各弁護団で被害者間の繋がりがあるのかどうかさえ私は知りません。おそらくほとんどないのではないでしょうか。

報告の前に、一木氏とのことについて書いておきます。
MRI被害者の会が立ち上がったということで、ホームページを見ておりましたが、彼の立ち向かう姿勢や手際の良さ、行動力に感心しておりました。それで、「あぐら物語日記」にMRI社長の顔や記事が載っていましたのでメールにてブログを紹介させていただきました。
私自身は匿名で書いておりましたし、名乗るつもりなどありませんでした。それより、日々頑張ってらっしゃる一木氏の体調や心の状態のほうが心配で、署名の開封作業など何かお手伝いできることがあれば…とメールをしていました。でも一木氏は一人でこなされていました。そんな中、私の地方でなにか行われる時があれば協力を依頼するかもしれませんので連絡先を、ということで伝えました。
当日、私が債権者集会に行ってることを知ってらしたので、私に連絡を下さったということです。

ここからが、本題です。
前日、公開質問状を出すと被害者の会の代表(仮)がおっしゃってましたが、具体的にどうするつもりなのかわからないので一木氏が電話されたそうです。(この後、K氏と呼ぶ)
選挙も近づいてましたし、郵送では時間もかかる。なにより、持参することによってこちらの気持ちを伝えられると思いました。
K氏はそうは考えてらっしゃらなかったようですが、一木氏の提案で出せるところには持って行こうということになったようです。その後に、連絡をもらいました。

当日そのつもりをしていませんでしたが、すぐ準備をして、一木氏と合流、一木氏の車で目的地へ向かいました。私は何もわかっていませんので全て彼におまかせです。とにかく、目的地近くの地下駐車場に車を入れて電話等準備をされました。まだ、時間など決まってませんでしたから。

本当に褒めてばかりで嘘っぽく思われるかもしれませんが、同行させてもらって彼を見ていて、とても優秀ですごい方だと思いました。しいて言うなら、よくデキル営業マンですね。それにキレル人でもあります。政党に行くと決まっても政党にアポをとってらっしゃらないK氏に代わって、さっさと連絡をされるのです。車のナビや携帯機器を使ってさっさと電話…そばで聞いていた私がいうのですから間違いありません。

私はそういうところに電話したこともないのでそれが普通のことなのかわかりませんが、民主党の対応はひどかったですね。やはり、安愚楽牧場と名前が出ると都合が悪かったのでしょうか。ファックスで事前に送ってくれだの、受け取るのがマズイみたいな印象を持ちました。ただ持参するだけだと言っているのに、その内容のことなどグダグダ言ってました。それで、何十分後かにまた掛け直すことになって、ようやく手渡しできることになりました。
自民党は、みんな出払っていて、受け取る人さえいない、私もこれから出ますという話らしく、受付の人に渡すということになったようです。
この間、ずっと駐車場の中のことです。

その後、別の安愚楽牧場被害者の方に会うため、別のところに向かいました。東京って路上駐車できないから大変ですね。そこでも、地下駐車場に入れましたから…。目的地では仕事中の被害者と待ち合わせ資料を預かったようでした。お話もしてらっしゃいましたが、私は少し離れて待ってましたので、挨拶程度でした。現役でお仕事をされてる方は、大変だなと思いました。そんな中、動いて下さってるので本当に頭が下がります。

この後、私は地理的なことがさっぱりわかりませんでしたし、ただの同行者ですので場所のことはよくわかりません。また車で走って駐車。その後、K氏と女性にお会いして、すぐに民主党へです。

写真のとおり玄関には警備の方がおられ、その方を通じて中に連絡がいき、写真に写る人が出てきてエレベータに乗って担当者が待つ場所まで行きました。そこには受付らしき女性もいらっしゃいました。写真不可ということで記録はありません。1階の中に入ったところまでです。
こちらは、K氏、被害者の会の女性、一木氏、私の4人、あちらは一人です。
持参した封筒を渡し、K氏がお話をされました。
回答の期限について聞かれましたが、K氏はノープランのようでしたので、あわてて一木氏が19日を提案されました。なんらか一定の回答を得るということで…。やはり選挙もありましたから、お返事しだいで投票先が変わるかもしれませんからね。

次に自民党です。
警備の方に告げ、入り口の門をあっさり通過しました。ここは、受付に提出するので、私たち女性は外で待機です。
出てこられた時の写真ですが、どこもそうですが、一瞬ですから場面場面で1枚ずつくらいしか撮れておりません。ですから選ぶこともできません。その点は、申し訳ありませんがご自由にお使い下さい。私と同じく同行の女性も写真を撮ってらしたので、そちらでうまく写ってるかもしれませんね。

その後、少し歩いたところのレストランで食事をしました。朝から何も食べていませんでしたが、一木氏に飲み物をいただいたりしてたので気になりませんでした。一木さん、ごちそうさまでした。

食事の後、一木氏の車で4人がリンク総合法律事務所に向かいました。坂のあるところの駐車場に止めました。

紀藤弁護士のリンク総合法律事務所は、こんなところなんだな、と思いました。部屋によるのでしょうが、春になると桜が見られるのがわかりました。
ここでは、今泉弁護士が対応されました。
「あぐら被害者の会」の設立、公開質問状の提出について、司法記者クラブ 各位宛ての文書を作成しました。やはり、弁護士さんってスゴイですね。意見を聞きながら、お話をされながら、文章を打ち込んでいかれるのです。それを読み上げ、修正しつつ文章を作られました。
この間にも、一木氏は公明党に連絡をとられていたようで、電話不通のため断念されました。
今回の件では、私は一被害者ということで参加させてもらっているので、見ているだけでしたが、このときは最後のほうで少しだけ話もできました。

ただ気になったのは、最初文章が形になるまでにMRIインターナショナルの名前がなかったことです。連名で公開質問状を出しているのに、今この場所に一木氏がいるのに、名前がありませんでした。公開質問状の案は全国弁護団に委任してる被害者の方が作られたようです。でも、その方と一木氏が連絡を取り合って、その結果、別の事件の被害者同志が共同で公開質問状を出すことになったというように聞いています。
一木氏は自費で上京・宿泊され、車にも同乗させてもらい、どれだけ協力して下さってるのかを考えないのかな…と思いました。これはMRI被害者の方たちにも申し訳ないことです。この時間があったら、彼はどんどんMRIのことで行動されたでしょう。
一木氏は優しくMRIの名前がないことを述べられましたが、こんなに協力的で行動してくれたのは一木氏なのに、安愚楽牧場被害者として申し訳ないと思いました。きっと心の中では、幻滅されているのではないでしょうか。

そうして文章が出来上がり、一木氏と私は先に失礼しました。帰らなきゃいけないですからね。
被害者の会のお二人は、手渡しできてない政党宛の郵便を作成する為に残られました。
お疲れ様でした。

そういえば、坂のスゴイ場所にあるのに、東京の駐車場ってお高いのですね。私の最寄駅前の駐車場なら3日間止められる料金でしたよ(笑)。

以上、長くなりましたが、長い一日の報告でした。

★--------------------------------------------------------------------------★
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク