【MRI被害弁護団】金融庁、証券取引等監視委員会、警察庁に要望書を提出しました(2013年7月1日)

MRI被害弁護団ホームページ
---
金融庁、証券取引等監視委員会、警察庁に要望書を提出しました。

2013.07.01

2013年7月1日(月)、当弁護団では、金融庁、証券取引等監視委員会、警察庁に、米国のSEC、FTC、FBIなどと協力し合い、MRI被害弁護団と連携しながら、一日も早く被害者が出資した財産の確保、エドウィン・Y・フジナガ等責任者の刑事責任追及などを実施することを求め、被害者3312名分の要望書を提出しました。
---

ということです


弁護団は頑張って下さってますよ~

「受任確認」通知がなかなか届かないなどと、グダグダいうのはやめましょう
あんな、安い金額で弁護団に参加させてもらえるのですよ
ちょっとたくさん宝くじを買った気分でOKでしょう
ふつう、弁護士さんに相談するだけでも、30分?1時間?5250円とかするのです

今、個人的に弁護士に頼んでいる人(たとえばみんなで大家さん)は
無いお金から、その何倍もの金額を工面して出しているのです
でも、それは、一人が頼むのなら当然といえる額なのです

手弁当でご尽力下さってる、スゴイ弁護団の先生方には頭が下がります

自分のことだけでなく、他の人にも心寄せられるようになれればいいのですが
まだ、そんな余裕ないですよね・・・

わかります

みなさまが、笑って暮らせますように・・・


今週末、大阪、名古屋での被害者説明会、行ける人は行って下さいネ
無料ですよ(*^^)v


MRI被害弁護団ホームページ News より
---
2013.06.19 2013年7月7日(日)午前9時30分から名古屋で被害者説明会を開催します!
2013.06.10 MRI社に対する民事訴訟を提起しました。
2013.06.07 2013年7月6日(土)午後6時から大阪で被害者説明会を開催します!
2013.06.03 弁護士ホットラインを開設しました
---

MRI資金消失でマンション仮差し押さえ 東京地裁が決定(2013年7月1日)

MRIインターナショナル詐欺で人生終了の危機!
MRIインターナショナル詐欺かよさんが、ブログ更新されてます

MRI被害弁護団 金融庁、証券取引等監視委員会、警察庁に要望書を提出
2013/07/01 11:50

速報! MRI関連資産 3億5千万円を仮差し押さえ 東京地裁決定! ヽ(^o^)丿
2013/07/01 15:15

詳しくは、そちらをご覧下さい


被害者が自分で調べたり確かめたりしながら
記録していくことが、大切なことかと思います

被害者のみなさま、みんなで情報を共有しつつ、過ごしていきましょう

自分が知ってることは、弁護団に情報提供し協力して・・・



■日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0101S_R00C13A7CC0000/
---
MRI資金消失でマンション仮差し押さえ 東京地裁が決定
2013/7/1 12:40

 米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題で、被害対策弁護団は1日、同社の関係先のマンションについて東京地裁が仮差し押さえを認める決定をしたと発表した。弁護団は「(同社の資産凍結に向け)小さな一歩を踏み出せた」としている。弁護団は同日午前、金融庁や警察庁などに早期の問題解決を求める要望書を提出した。

 弁護団によると、仮差し押さえの対象は、同社の日本支店幹部や関係会社が東京や福岡に所有するマンション4室。弁護団は約3億5千万円の資産価値があるとみており、弁護団長の山口広弁護士は「裁判所も我々の訴えの方向性を認めてくれた」と話した。

 この日、記者会見した被害者の男性(74)は「年金代わりに老後の蓄えとして投資した」と強調し、早期解決を求めた。
-----


■毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130701k0000e040167000c.html
---
米MRI:資産4件を仮差し押さえ 東京地裁

毎日新聞 2013年07月01日 12時56分

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が日本の顧客から預かった資産を消失させた疑惑で、東京地裁が東京都内のマンションなどMRI関係者の資産4件について仮差し押さえを決定していたことが分かった。被害弁護団が1日、明らかにした。

 弁護団が資産確保のため地裁に申し立てていた。決定は6月19日付。弁護団によると、仮差し押さえが認められたのは、MRI日本法人の関係者が所有する都内と福岡県内のマンション4室。

 また、弁護団は1日、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)の刑事責任追及などを求め、出資者3312人が署名した要望書を警察庁と金融庁などに提出した。【川名壮志】
-----


■読売新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/7816165/
---
MRI資金消失、幹部のマンション仮差し押さえ

読売新聞 2013年07月01日13時34分

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」による投資資金消失問題で、東京地裁が先月11日付で、同社日本支店の幹部が保有する東京都や福岡県のマンション4部屋(計約3億5000万円相当)の仮差し押さえを認める決定を出していたことが分かった。

 被害対策弁護団が1日、明らかにした。弁護団が先月上旬に申し立てていた。仮差し押さえが認められたのは初めて。弁護団長の山口広弁護士は「今後も国内の他の財産を調査し、順次、差し押さえを申し立てていきたい」と話した。
-----


■NSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130701/trl13070114140000-n1.htm
---
MRI関連資産を仮差し押さえ 東京地裁決定
2013.7.1 14:13

記者会見するMRIインターナショナルの顧客3人と被害弁護団の山口広団長(左端)=1日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ
 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑で、被害弁護団は1日、MRI関係者の資産4件について、東京地裁が仮差し押さえを認めたことを明らかにした。

 弁護団によると、対象は日本支店の幹部社員や関連会社が所有する東京3件、福岡1件のマンションで、資産価値は3億5千万円程度。被害回復に充てる方針で弁護団は「国内に資産があれば今後も差し押さえを求めていく」としている。

 また、出資者らは1日、金融庁、証券取引等監視委員会、警察庁に早期の刑事責任追及を求める要望書を提出。都内居住の男性出資者(68)は提出後の会見で「1円でも多く返済されるよう、関係官庁に早く動いてほしい」と話した。

 MRIは出資約1365億円を集め大半を消失させた疑いがあるとして、金融庁が4月、金融商品取引業者としての登録を取り消し、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反容疑で強制調査を行った。被害弁護団は詐欺罪などで同社社長に対する告訴・告発状を東京地検と警視庁に提出するとともに、出資金返還を求め東京地裁に提訴している。
-----

【MRI被害者の会】7月1日に金融庁・証券取引等監視委員会・警察庁・警視庁に請願書・署名を持参致しました。

一木さま、お疲れ様でした m(__)m


MRI被害者の会 ニュースより
---
ニュース7月2日up

2013年7月2日

・7月1日に金融庁・証券取引等監視委員会・警察庁・警視庁に請願書・署名を持参致しました。


署名人数 188人

(内訳)

被害者   56人

被害者でない方 132人

MRI被害弁護団が、ほぼ同じ内容で要望書を送っているので弁護団に依頼を未だできていない方・被害にあっていない方を

(全体の数%)中心に上記の各局に送りました。

他の大部分(税金の問題)の署名は財務省・総務省・国税庁を中心に送ります。



・弁護団の記者会見に参加いたしました。

被害者の会代表ではなく個人としての意見を述べさせて頂きました。

-----

MRI資金消失、出資者らが刑事責任追及を要望(TBS 2013年7月1日)

きゃあ~、一木さま~\(^o^)/

……なぁんて、すみません orz orz orz

7月1日の記者会見の模様が映像で出てました

拝見しましたよ

以前のインタビューの時も拝見しましたが・・・^^

声も聞けました

お疲れ様でした m(__)m


一木さんがこの時のことで書かれたものは、こちらにあります↓↓
【MRI被害者の会】7月1日に金融庁・証券取引等監視委員会・警察庁・警視庁に請願書・署名を持参致しました。
2013-07-02(18:55)

被害者の会代表ではなく個人としての意見を述べさせて頂きました。
ということです^^


TBS Newsi
http://news.tbs.co.jp/sp//20130701/newseye/tbs_newseye5372152.html
---
MRI資金消失、出資者らが刑事責任追及を要望

 MRIインターナショナルによる資金消失問題で、MRIの出資者らが、金融庁や警察庁などに対し、刑事責任追及を求める要望書を提出しました。

 この問題は、アメリカの投資会社「MRIインターナショナル」が、アメリカでの診療報酬回収ビジネスへの投資として日本人の顧客から集めたおよそ1300億円を消失させたとされるものです。要望書は出資した財産の確保やエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長の刑事責任の追及を求めるもので、出資者ら3300人あまりが署名し、金融庁や警察庁などに提出されました。

 「本当にスピード勝負だと思っておりますので、早期に動いていただきたい」(出資者の男性)

 MRIは先月2日、「数週間以内に返金計画をまとめ、金融庁などに提出する」と説明していましたが、未だに提出されておらず、先週、日本支社を閉鎖しています。
(01日19:52)
-----


追伸

スピード勝負」という言葉が気になって、日記の中を見てみました
1コだけヒットしました
★「れいこ」さんについて思うこと

最近、大家さんのことで「スピード勝負」「時間勝負」だといっているので
時間勝負」で、ブログ内検索すると・・・わりにあった

すると、私がブログを始めたきっかけのことを書いた日記が出てきました
1年前…「オーナー被害者による新たなブログが一つも立ち上がらなかった3カ月」(2011年10月29日 A BUG's Pensieve 2)

この時の私が、今のMRI被害者と同じような時だったかもしれません・・・

MRIインターナショナル被害者の方へ

MRI被害弁護団は、7月6日大阪、7日名古屋と、説明会を開催されました

このことを聞いたとき、「あ~、残念、行けへんわぁ」と思ったのですよ私(^_^;)
ホンマやったら、行ってたな、姪の結婚式がなければ・・・
名古屋に行けないわけではなかったけれど、昨日も出かけたし(ーー;)
そうだ、バカチンがイベントかなにかで、朝から名古屋に行ってたよ^^

行けたら、様子がわかるでしょ、資料も見られるし・・・
そうそう、一木氏とお会いできたかもしれないし、ネ(^_-)-☆


どんなことも、実際に見た人でないとわからないことが多くあります
MRIのことは、4月26日に知り、弁護団の資料も見たことありません
私は、ネットの中の情報でのみ、この日記を書いております


さて、以下にあげるブログ・サイトを拝見しました
弁護団や被害者の会などブログ管理人様には頭が下がります

感想はというと、弁護団がこの着手金でやっていけるのかしら?と思いました
私はてっきり訴訟の段階で続けたい人を募ってされるのかと思ってましたから…

現在までに依頼された方は3582人 被害総額776億円だそうです
確かに、たくさんの人が弁護団に参加されてるところはスゴイと思います
大きい金額の人が委任されたのは当然でしょう

安愚楽牧場の被害対策弁護団が立ち上がった時、こういった消費者被害では一割の人が集まれば上等…みたいな話をききました

それが、とても安い着手金で弁護団に入れるのですから、良心的です
別の事件ですので違いますが、安愚楽牧場の場合↓でした
(MRI弁護団委任者平均が2166万円ということで、前部分は略しました)
1000万円以上4999万9999円まで     110,000円
5000万円以上                 165,000円
参考★弁護団に委任しようか迷っている人へ

マスコミは本当のことをなかなか書かない、書けないです
ですから、これから何もわからない日々が続くと思います

情報料・心の安定、安心料だと思えばいいくらいの金額だと思います
前にも書きましたが、言い方は良くないかもしれないけど
宝くじをたくさん買ったと思ったくらいで・・・

>弁護団の存在を初めて知って参加したという方が2~3割

やはり報道の影響力を感じますね
ネット環境に無い方は、運が悪ければ知らなかったということですね
まだまだ、そういう方がいらっしゃるのでしょう
大阪・名古屋だけで、そうなんですから、全国じゃたくさんおられるのでしょう

>資料請求をしたが依頼を検討中という方が2~3割

まだ、弁護団に入ることさえ、考えているという人がいるのかと思うとなんとも言えません
間違っていたら申し訳ないけど、MRIは満期になるまでお金は配当金?利益金?部分も戻らない投資だったのでしょう?
みなさん、それまでは別の収入があって暮らしておられるのでしょう?
安愚楽牧場の被害者の中には、利益金で生活していたという人がいらっしゃいますが
MRIでそういう方は少ないのでは・・・と感じていますが・・・違うかしら?

私のように、アホで投資だと考えていなかった者でしたらありえますが
MRIの被害者は、海外送金もできるし、投資について勉強している人が多かったのでしょう?

そしたら、泣き寝入りすることなく、弁護団に参加すべきです
お金のことはあきらめきれるという人はかまいません
しかし、今後の日本のために参加すべきです
着手金さえ払えないという人は仕方ありません
家族で投資していた人は、一人だけにすることも可能です

弁護団に投資してください

それが、被害者としてできることの一つだと思います

それから、被害にあった方をご存知なら、弁護団があるよ、と教えてあげて下さいね


MRI被害弁護団

大阪説明会、名古屋説明会のご報告
2013.07.08

大阪は約300名の参加者でした。定員200名の会場でしたので、急きょ、説明会を2回開催とさせていただきました。
名古屋は約310名の参加者でした。定員500名の会場だったので説明会は1回開催でした。
弁護団からのご説明と質疑応答が2時間ほど行われ、続けて、12時近くまで個別の質問をお受けしました。
両会場ともすでに弁護団に依頼されている方は5~6割、資料請求をしたが依頼を検討中という方が2~3割、弁護団の存在を初めて知って参加したという方が2~3割でした。いまだに弁護団の存在を知らず泣き寝入りをしかねない方がいらっしゃることに被害の深刻さを感じました。
団長から弁護団設立経緯だけではなく、これまでの活動報告もいたしました。
会場からのご質問ご意見を聞くにつけ、被害の深刻さを改めて痛感しました。
今後も弁護団は精一杯のことをしていきます!
-----


MRI被害者の会
ホームページの趣旨‎ > ‎
ニュース7月7日up
2013年7月7日
【署名の期限について】
・現在、税金の還付についての署名を集めていますが参議院選挙の直後に提出するか、万単位で集結させるまで待つか
思案中です。ですので、署名については今のところ期限を決めていません。
度重なる、変更謝罪いたします。

・MRIの関係者の項目を削除。


Think and Grow Rich
2013年7月6日土曜日
7月6日(雑感箇条書き)


MRIインターナショナル詐欺で人生終了の危機!
2013/07/07 04:12
MRI被害弁護団 大阪の被害者説明会に参加しました 「年内には被害回収の方向性を示したい」


takiji2012のブログ
2013/7/5(金) 午後 8:20
弁護団からの受任通知書

「MRI」投資資金消失、大阪で被害者説明会~経営陣は、「破産」か「夜逃げ」かの選択の可能性ではあるが、被害者の活動が今後の重要な鍵をしめる。(リプラス情報収集組合)

いつもですが、リプラスさんの記事をそのまま、転載します

ニュース元・資料 は本記事でご覧下さい

リプラスさま、いただくばかりで申し訳ありませんm(__)m



■社会人サークルリプラス情報収集組合~不動産投資・倒産・過払い金・被災被害者情報
http://re-plus.seesaa.net/article/368647827.html
---
2013年07月08日
「MRI」投資資金消失、大阪で被害者説明会~経営陣は、「破産」か「夜逃げ」かの選択の可能性ではあるが、被害者の活動が今後の重要な鍵をしめる。

MRIインターナショナルの被害者説明会が大阪で開催された模様です。他の話を総合すると、大阪においては説明会を開催する予定はないということらしかったのですが、被害者がインターネットなどを使えない部分も多々あるのかもしれません。また、委任者が大阪などの関西圏ではまだまだ少ないと判断したのかもしれません。
 そういった事情などからなのでしょう。大阪で開催という運びになったのだろうと推察しています。

 こういった投資被害はどうしても、「倒産(法的ではなく今回のような事実上の内容も含む)」状態が確定してから、被害者団やその後においての被害者弁護団が立ち上がるのが普通の成り立ちなので、どうしても差し押さえや訴訟の提起などが「後手」になってしまうのが現状です。

 しかし、今までの投資被害の例を見ても、MRIに関しては、組織の立ち上がりや訴訟などの提起や刑事告発が迅速におこなわれています。実際の被害からすれば、「迅速」とは言えないのかもしれませんが、今までの例からはやはり「速い」といえます。

 そして、なんといっても注目すべき点は、「MRI被害者の会」を主宰している 一木 堅太朗(イチキ ケンタロウ)さんという方を頼りにというか協調している点です。
 一木さんの立ち上げたHPを閲覧すると、愛知県の名古屋市に在住する人だそうです。

 成り立ちは、ご本人が任意にご自身の意思で立ち上げたものと思いますが、こういった被害者の会(被害者団)を立ち上げるのはとても勇気がいる事です。
 活動資金は一見必要がないかと思われますが。だいたい裁判やその他債権者集会などは「東京」で行われるので、何かの形で「東京」に行かなくてはならない事が発生します。東京周辺に住んでいても往復で1000円はかかりますから、名古屋からの往復くであれば、新幹線でのJRの運賃も往復で2万円はかかります。それに交通時間もかかりますから、1日がかりで会社勤務などの人は休暇を取らなくてはなりません。その他に公向けの「報告」などの事務作業も半日~1日位かかります。

 こういった事件は、1年や2年という期間で終結することは少なく、5年や10年はざらにかかかる可能性があります。

従って、まともに活動をすれば、主宰する人がその事の従事時間を労働賃金に換算して、さらに交通費などの費用を計上すれば、出資金額相当(500万~800万円)は軽く上回ります。一木さんがどのくらいの出資をされたのかはわかりませんが、少なくてもそういった金額は間接的にも負担する事になります。

 そういう理由から投資被害に関しては、金銭の被害がメインになることや大型の事件においてはその方面に明るい弁護士が弁護団を立ち上げる事、さらに法的倒産事件となれば、「破産管財人」が出てくることから、なかなか被害者自身の活動というものが起きないということが実情です。

 しかし、被害者の活動があるのとないのとでは、今後の事件の展開や関係者全体のモチベーションに大きな違いが生まれ、被害者の調査活動や啓蒙活動が事件解決の糸口となることがよくあります。


 MRIインターナショナルの被害の回復は海外に活動拠点があることなど、難しい点が多々ありますが、少しでも被害回復をするには被害者(出資者)が独自でできることは実行して情報を共有していくことが重要になってきます。
-----

MRI顧客、米で提訴 被害弁済へ資産保全狙い~日本での民事訴訟も合わせた早期の攻撃が功を奏するか。(リプラス情報収集組合2013年07月16日)

またまた、日を遡ってしまいますが、リプラス情報収集組合さんの記事です
安愚楽牧場の第三回債権者集会と同じ日に書かれたもので、MRIインターナショナルの件です

この日「MRI被害者の会」代表の一木氏は、18時からの全国弁護団の委任者説明会に来てくださいました
行かれた方はご存知でしょうが、壇上に上がってお話されましたね

また、MRI被害を関係省庁に訴える署名に安愚楽被害者から多くの協力があったことへの「恩返し」として、自費で上京・宿泊して、翌日も早朝から動いて下さったと聞いています
「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」をあぐら被害者と共に政党へ持参して下さいました

「緊急提言及び公開質問状『わが国から詐欺をなくすために』」につきましては
日記にできしだいアップしたいと思います


ここをご覧下さっている、MRI被害者の会の皆様、いつもありがとうございます
この度の一木氏の行動には頭が下がりますし、ご協力 感謝申し上げます

でも、もしも、あなたがこのブログを見て
「アグラのことなんかやってないで、MRIのこと、私たちのことをやってほしい」
と、思われているとしたら、大変申し訳ないし、また残念です

一木さんは、MRI被害者のことを一番に考えておられますし、対応もされてます
お仕事と被害者の会と本当に大変だと思いますが、よくこんなにこなしていけるなぁと思うほど、行動力のある方だとお見受けしました
彼が被害者の会を立ち上げてくれたから、MRI被害者の今があるのだと思います
一木氏がいなかったら…と考えてみて下さい

安愚楽牧場の場合、人知れず、命をうしなった方がどれだけいることか・・・

今、生きている皆様におかれましては
一木氏に頼るだけでなく、ご自分のできることをしていただけたらいいなぁと思います
それでも、耐え切れなくなった時、頼る人がいなければ、連絡されたらいいです
あの方はちゃんと話を聞いてくれるでしょう


安愚楽牧場被害者の皆様におかれましては
配当が5%の見込みで終わり、ではありません

弁護団に委任されている人は、これからです
自分にできることをしていきましょう
リプラス様のいわれるように、最低でも、集会や裁判の出席(傍聴)は可能であればされた方がいいですね
みんなが行動することによって、忘れてない、たたかう、という気持ちを伝えることができると思います

一人の優秀な人の力はスゴイけれど、ひとりでやれることはやはり限られていますから…
数は力! 継続は力なり! 

まずは、これからですね
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■7月28日(日曜)13時30分~ あぐら被害者の会主催 詐欺立件を求める緊急集会
  被害者ならどなたでも入れます

■7月29日(月曜)13時30分~ 増渕進 第4回債権者集会

続きを読む

MRI社長「金融庁に訴訟」 被害者弁護団「時間稼ぎ目的」~訴訟するもしないも出資者や弁護団には特段影響はなし、むしろ「夜逃げ」の準備なのか。(リプラス情報収集組合2013年07月26日)

警察庁によると1980年に発効した日米犯罪人引渡条約で、米国人の身柄が日本側に引き渡されるのは初めて、ということだそうです

そのニュースは一番最後に・・・

まずは、MRI関連でリプラス氏の考察ですm(__)m


http://re-plus.seesaa.net/article/370336553.html
---
2013年07月26日
MRI社長「金融庁に訴訟」 被害者弁護団「時間稼ぎ目的」~訴訟するもしないも出資者や弁護団には特段影響はなし、むしろ「夜逃げ」の準備なのか。

MRIインターナショナルのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長が出資者に「金融庁に対して金融商品取引業者の登録の処分」に対して訴訟を起こすという事です。その内容は恐らく、業者登録の取り消しが無効だということを、法廷の場で争うということなのかと思われます。
  実際にその意思があれば、誠意の欠片くらいは見えるのですが、本当に訴訟を起こすのかどうかはかなり眉唾ものです。
 もし訴訟を起こしたとすれば、まだ明らかにされていない秘密を暴露していかなければならなく、投資家から訴えられている内容に対して自ら証拠を提供してしまう可能性が充分にあるからです。

 昨日のニュースで、日本で罪を犯したアメリカ人の容疑者を日米犯罪人引渡し条約の内容でアメリカから日本へ引き渡されたのが始めてということなので、果たして今後起こりうる可能性のあるMRIインターナショナルの投資の関係者に逮捕容疑が出た場合、どこまでアメリカ当局がこれに協力してくれるのかが気がかりなところです。

 そして、そういった状況をたてにMRIインターナショナルの投資商品が組み込まれている可能性もあり、仮にエドウィン社長が逮捕に至っても、あくまでも「表上の使用人」にすぎず本当の首謀者は、エドウィン社長のようにいろいろな代理人を立てて、姿を見せないようにする手が国際的な犯罪の「定石」と言われる手段です。

 あくまでもここでの推察にしかならないのですが、MRIインターナショナルの経営陣一派は「夜逃げ」を考えているのではないかと思います。「夜逃げ」をしたあとでも債権者からの破産は行えるのですが、その時はMRI経営陣が現時点で持っている財産もどこか知らないところに持ち出し、「もぬけの殻」となる可能性が考えられます。
 つまり、出資者や弁護団からみれば一見「どうでもいいや」という内容なのですが、「夜逃げ」をされると被害の回復は難しいところに来てしまいます。
-----

続きを読む

MRIインターナショナル関連で見ているところ

毎日、日記を書いていると、下書きだけで終わるものが多くあります

昨日だって、せっかくの破綻記念日(笑)なんだから、もうちょっと素敵なものを載せたかったのですが、いろいろあって事前に準備しておけませんでした

また、いつも、その時の感覚というかヒラメキで載せたりしているものですから…
それで、どんどん埋もれていく日記があります

今、見てみましたら、ざっと170コありました
自分でも、書いたことさえ忘れています(ーー;)

でも、書いてて良かった…というものもあります


さて、MRI被害者のたきじさんのブログが終わりました
当ブログで紹介しましたし、たきじさんからのコメントも何度かいただいています

なくなってさみしいですよね
文章には、その人となりが出ますから…
過去がどうあろうと、見ていればだいたいわかります
takiji2012さんは、早くからブログを立ち上げられて
被害者にとっては心の拠り所になった場所だったのでは…と思います

お疲れ様でしたm(__)m
ですが、彼はたたかうために終わったのであって、これからもMRI被害者として頑張って下さることと思います

私のところへは、ブログを書いている人以外は全くといっていいくらいコメントがありませんが、MRI被害者の会やブログを書いていてくれる人がいますので十分だと思っています


これまで、書いてなかったと思いますが、MRI被害者でブログを立ち上げてた方がいらっしゃいますので紹介しておきます


再起を目指す
詐欺に引っかかり、借金を作り途方にくれていたところ、清算しようと思いあてにしていた資金もMRI問題の発生により失いました。
突然全財産を失った男の綴りです。


http://ameblo.jp/ameblowachi/entry-11584475968.html
---

MRI、金融庁へ抗議文を出したようです

2013年08月01日(木)NEW !
テーマ:MRI問題

             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆     

              挫折から立ち直る

             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


MRI社長のエドウィン・フジナガより本日私の所へ直接メールが来ました。

いままでのメールは私の所へは来なかったのに今回はなぜ?

というかなぜフジナガ氏が私のメアドを知った?

というか先日の一部の方に来たというメールの郵便版もまだ私の所へは来ていません。???

さて当事者の私としてはフジナガ社長を信じてよいのやら、日本の金融庁を信じてよいのやら明確な判断が出来なくなってきました。

近くにいるから、法的に守られているからと言って金融庁を100%信用するのはどうかと思います。

私散々日本の金融庁なんて、批判をしてきましたので、

だからと言ってMRIの統一感のない、断片的な情報の出し方も信用できかねます。

しかし今、MRIに日本支社がなく、(日本支社は金融庁の行政処分を受けた段階で日本での業務が出来なくなるということで即撤退したということ?)

米国の不慣れな数人でやっているならこの体たらくは理解はできる。

この問題のすべてを知っているのは、フジナガ氏であります。

この問題はもう起こってしまったので、元に戻りました、では解決しません。

特に命をなくされた方まで出ているのですから取り返しがつきません。

私も、家族、両親、家内の両親以上を巻き込んでの大トラブルに信用の失墜、下手すれば破産。

後には戻れません。



では以下来ましたメールを添付します。

************************

cid:image001.png@01CE7EE7.223BE9A0

2013年7月 25日

投資家の皆様へ

拝啓 謹んでご案内申し上げます。

同封いたしましたのは、訂正を求めるために弊社が金融庁へ出した書類のコピーです。

2012年の納税申告につきましては公認会計士がまだ完成させておりませんが、MRI社の2012年の診療報酬請求債権(MARS)の新たな購入額は前年のおよそ2倍でございます。

ご参考までに送付させていただきます。

ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

                    敬具

                  MRIインターナショナル インク
                  代表取締役社長 エドウィン フジナガ

5330 S. Durango Drive | Las Vegas, Nevada 89113 | tel (702) 396-8822 | fax (702)938-0017 | LAS VEGAS

--------------------------------------------------------------------------------

cid:image001.png@01CE7EE7.223BE9A0

2013年6月25日

〒100-8967 東京都千代田区霞ヶ関3-2-1
中央合同庁舎第7号館
金融庁

件名:MRIインターナショナル

金融庁 および ご担当者様


2013年4月26日に第二種金融商品取引業の登録取消処分等を受け、業務改善命令に従い返済に関する方針の策定、同時に顧客の契約状況把握に努めて参りました。さらに、弊社は現在これらの問題を日本で補助できる代表人を積極的に探しております。

これらの問題に対し、この書簡において現在弊社は2011年以降診療報酬請求債権(MARS)を購入していないという誤った報告書を修正したいと望んでおります。その修正に伴い、公認会計士事務所ギルモア&ギルモアによって作成された書類を以下の通り同封いたしますので、ご確認いただきたくお願い申し上げます。

2011年MRIインターナショナル社の納税申告書と公認会計士事務所ギルモア&ギルモアによって作成された納税申告書作成時に参考とした会計精算票のコピー

これらの書類は2011年に弊社が診療報酬請求債権(MARS)を購入していた事実を指し示しており、さらに2012年、2013年と継続いたしております。 弊社は2012年の納税申告書を数週間のうちにご用意できるよう準備を進めております。また、これら納税関係の書類に反映されている通り、弊社が$22,764,335.12の診療報酬請求債権(MARS)を購入していることを確認していただけます。この購入額は2012年には増加しており、2013年にはさらに増加いたします。

弊社といたしましては、診療報酬請求債権(MARS)の購入を過去も現在も継続して行っておりますこと、そして2013年4月26日に下された金融庁の命令に従い、当社投資家の財産を守るために可能な限り尽力する所存でおりますことを、ここに申し上げる次第でございます。

                       敬具

                       MRI International, Inc.
                       社長 エドウィン フジナガ


5330 S. Durango Drive | Las Vegas, Nevada 89113 | tel (702) 396-8822 | fax (702)938-0017 | LAS VEGAS

-----


次に、2013年5月30日に書いた私の日記を載せておきます
その後、手直しはしていません

続きを読む

MRI被害弁護団より第1号弁護団通信が来ました(「再起を目指す」被害者ブログ)

私はMRIのことは全くわかっておりません

資料も持ってないし、ネットの中で見た情報だけです
むずかしい話はわかりませんし、出資者でないので知らなくて当然ですよね^^

MRIには被害弁護団も被害者の会もあって、ブログを書いてる方もおられます


もうそんなに書く必要もないかなぁと思っているのですが・・・
最近紹介したブログ(前から見ていたけど、紹介していなかった方の)で
MRI被害弁護団より第1号弁護団通信が来ました
と書かれていましたので、最後に記録しておきます


話変わって、みなさん、どんなお盆をお迎えでしょうか?

長男の嫁の娘である私は、2年前の今頃、パソコンにかじりつきながらも…
毎年姉妹家族が集まるので、その準備に走りながら…
ま、あんまり覚えていませんが、、、
みんなが帰った後、後片付けをしながら、夜またPCに・・・でしたne(^_-)-☆

2年経った今も…
バカチンには「ネット中毒、、、」と言われながら(^_^;)
ボケの進んだ母の相手をしながら、毎日パソコンに向かっています
この点だけは、年中無休ですね(笑)

ここから、抜け出せる日はいつになるのか、全く見当つきません(*^_^*)

これから、みんなの飲むお酒を買いに行ってくるよ
ついでに、今日自分で飲むおちゃけも・・・わっはっは\(^o^)/

まだまだ、暑い夏は続きます
ご自愛ください (^o^)丿

続きを読む

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク