安愚楽牧場:各地で被害相談や刑事告訴相次ぐ(毎日新聞2013年06月18日)

もう、どれがどれで、載せたんかどうか、わからんようになってまう・・・(^_^;)

毎日新聞さんは、ずっと気付いてはいたんだけど、多分書けてませんでした

特定商品預託法違反(不実の告知)のことと
各地のことを取り上げてくれています


http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000e040183000c.html?inb=tw
---
安愚楽牧場:元社長ら3容疑者を逮捕
毎日新聞 2013年06月18日 11時31分(最終更新 06月18日 12時35分)

保有頭数の増加をアピールする安愚楽牧場のパンフレット=2013年6月18日午前9時4分、浅野翔太郎撮影
拡大写真

 ◇特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で

 和牛オーナー制度を運営していた「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)がうその契約書などを顧客に送ったなどとして、警視庁捜査2課などは18日、同社元社長、三ケ尻久美子(69)▽元役員、増渕進(59)▽同、大石勝也(74)の3容疑者を特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で逮捕した。3人の認否については「捜査上の理由で明らかにできない」としている。

 同牧場が集めた出資金のうち返済されていない被害額は約4200億円に達する見込みで、巨額投資被害としては豊田商事事件(約2000億円)を抜き過去最悪になった。

 逮捕容疑は11年4〜7月、106人のオーナーと契約を結ぶ際、繁殖牛の頭数が大幅に不足していたため、実在しない牛の登録番号を記載した契約書を送るなどして事実と異なる説明を行ったとしている。消費者庁の調査では遅くとも07年3月以降、パンフレットなどで表記された数に比べ、31〜45%少なかったことが明らかになっている。

 三ケ尻容疑者らを巡っては、被害者から全国7府県警に詐欺容疑や特定商品預託法違反容疑などで告訴状が出されていた。

 安愚楽牧場は1981年の設立。繁殖牛のオーナーを募って出資金を集め、全国40カ所の直営牧場や約350軒の委託農家で飼育。生まれた子牛の売却益から配当金をオーナーに支払っていた。しかし、東日本大震災後に経営悪化が表面化。11年8月に民事再生法による経営再建を申し立て、同年12月には破産手続きに移行していた。

 警視庁は、安愚楽牧場が顧客から集めた金を配当や解約資金に回す自転車操業を繰り返していた疑いもあるとみており、詐欺容疑も視野に調べを進める。【浅野翔太郎、福島祥】

 ◇特定商品預託法

 事業者が一定期間、特定商品やゴルフ場などの施設利用権を預かって運用・管理する取引に適用される。特定商品には牛や豚、犬などの動物に加え、貴金属などが含まれる。巨額詐欺事件の「豊田商事事件」を契機に、消費者保護を目的に1986年から施行された。故意に事実と異なる説明をすることを禁じ、契約内容を明記した書面交付などを義務付けている。事実と異なる説明で勧誘した場合、2年以下の懲役または100万円以下の罰金が規定されている。
-----


http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000e040188000c.html
---
安愚楽牧場:各地で被害相談や刑事告訴相次ぐ
毎日新聞 2013年06月18日 11時54分(最終更新 06月18日 13時22分)

安愚楽牧場の説明会に詰めかけたオーナーら=神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で2011年8月17日、金森崇之撮影
拡大写真

 ◇大阪、兵庫など

 安愚楽牧場を巡っては、大阪、兵庫など関西でも多くの出資者が被害を訴えている。

 大阪では昨年4月、6人が計約850万円をだまし取られたとして、当時の経営陣らについて詐欺容疑で大阪府警に告訴状を出した。

 大阪の被害対策弁護団には、関西の被害者約200人が相談している。退職金や老後の蓄えを投資した高齢者らが多く、1億円以上を投じた人もおり、「なんでだまされたのか」と自分を責める人も少なくないという。

 今井孝直・弁護団副団長は「詐欺が前提の商法だった。弁済は期待できず、被害者は過酷な状況に置かれている。捜査の展開に期待したい」と述べた。

 大阪府消費生活センターにも被害相談は多数寄せられている。相談件数は2005年度以降で計209件あり、経営破綻した11年度は195件に上った。

 平均投資額は約1150万円で、最大は約2億3000万円。「クーリングオフの通知を出したが、返金もなく倒産した」(60代女性)「家族6人で計1億1900万円を投資したが配当が止まった」(60代男性)などの相談があったという。

 兵庫県などに住む出資者26人も今年4月、虚偽の説明で計4億4100万円を出資したとして県警に告発状を出した。100万円を出資したという神戸市中央区の30代の主婦は「捜査で真相の究明を」と話した。兵庫県弁護団事務局長の曽我智史弁護士は「警察は過去にさかのぼって、資金繰りなどを解明してほしい」と話した。

 ◇福岡

 安愚楽牧場を巡っては福岡県内でも被害相談が寄せられている。福岡県消費生活センターによると、「安愚楽牧場」に関する相談は2005年度以降計110件あり、このうちほとんどは同社が経営破綻した11年度に寄せられた。1人当たりの平均投資額は約1000万円という。

 「100万円を預託したが、満期になっても配当など入金がなかった。会社側に電話しても連絡が取れない」(30代女性)▽「計2000万円投資したうち、破綻直前に投資した100万円だけでも回収したいが、方法はないか」(60代男性)などの相談が多かったという。

 ◇愛知
 安愚楽牧場を巡っては、愛知県でも被害相談が寄せられている。県県民生活課によると、2005年度以降、同牧場に関する相談は県内8カ所の県民生活プラザに158件あった。1人当たりの平均投資額は約1443万円に上り、中には1億5000万円を投資した人もいたという。

 同課によると、最近も50代の男性から「少しでもお金を増やしたいと10年前から和牛預託をしていたが、途中から約束されていた配当が入ってこなくなった。会社の負債の返済状況などを教えてほしい」といった相談が寄せられたという。【安達一正】
-----


★追記

http://mainichi.jp/select/news/20130619k0000m040107000c.html
---
安愚楽牧場:破綻直前に3億集金 毎日新聞
毎日新聞 2013年06月18日 22時09分

 経営破綻した「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)が虚偽の説明で出資者を勧誘したとして、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣3人が逮捕された事件で、同社が経営破綻する直前の2011年7月、新たに高利をうたって肥育牛への出資を募り、3億数千万円を集めていたことが18日、同社関係者への取材で分かった。

 同社は同年4月に出資者に満期金の支払い延滞を通知。出資金で出資者への配当を支払う「自転車操業」に陥っていた疑いがあり、警視庁捜査2課は集めた資金の流れなど実態を調べている。(共同)
-----


★コメント欄に、毎日新聞の記事載せてます

安愚楽牧場:4200億円集金のヤミ 解明求める声
2013年06月18日 11時34分(最終更新 06月18日 15時55分)

夜7時のNHKニュース(2013年6月18日)

おお~~、出てましたよ~\(^o^)/

NHKのニュース7、被害者さま~、顔出し名前出し、で、ご立派です(*^_^*)

お疲れ様でしたm(__)m

ありがとう!ありがとう!

紀藤弁護士が声明を読み上げるところが出てましたね


テレビのニュースとは違いますが、直前に出たNHKニュースです


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130618/k10015394731000.html
---
安愚楽牧場 架空の牛の番号を契約書に
6月18日 18時44分

「和牛オーナー制度」を巡り、栃木県の畜産会社「安愚楽牧場」の元社長ら3人が、飼育している牛の数を過大に説明して出資者を勧誘していたとして逮捕された事件で、元社長らは実際にはいない牛の番号を記した契約書を出資者に送っていた疑いのあることが、警視庁への取材で分かりました。

栃木県那須塩原市に本社があった「安愚楽牧場」の元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)と、いずれも元専務執行役員の増渕進容疑者(59)、大石勝也容疑者(74)の3人は、経営が破綻する直前のおととし4月から7月ごろにかけて、出資者と契約を結ぶ際、飼育している牛の数を過大に説明して勧誘をしていたとして、特定商品預託法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
警視庁は3人の認否を明らかにしていません。
「安愚楽牧場」は繁殖用の牛に投資した資金を高利回りで運用するとうたった「和牛オーナー」制度を導入していましたが、これまでの調べによりますと、元社長らは100人あまりの出資者に対し、実際にはいない牛の番号を記した契約書を送っていた疑いのあることが警視庁への取材で分かりました。
制度を説明したパンフレットには、専門家が優れた牛を選んで番号を割り当てていると記載されていて、警視庁は出資者を信用させようとしていたとみて運用の実態を調べています。

ビデオで健全経営PR
安愚楽牧場は、9年前の平成16年に制作した宣伝ビデオの中で「業界トップの数の和牛を保有し、規模を生かした健全な経営を続けている」と積極的な投資を呼びかけていました。
ビデオでは「和牛オーナー制度」が順調であることをアピールしたうえで、三ケ尻元社長もみずから出演し「経済効率を考え、一円も粗末にせず、こぼれた餌も大切にしないと良い牛はできない。血統ばかりを重視するのではなく牛の気持ちになって管理することから牛作りは始まります」などと話していました。

「許せない。謝罪してほしい」
香川県高松市の成合育代さん(50)は、14年前に初めて安愚楽牧場の会員になり、200万円を出資すると4年間、毎年10万円の配当が得られるコースに入りました。
その後も、安愚楽牧場が経営破綻する2か月前のおととし5月まで、合わせて3800万円余りを出資しましたが、およそ2300万円が戻ってきていないということです。
この間、牧場側からは執ような勧誘が繰り返されたということですが、会社にとって都合の悪いことについては一切説明はなかったということです。
成合さんは「家計の足しにと貯金のほぼ全額を出資してしまった。うその書類でだましていたことは許せない。3人には、自分たちがしたことを正直に洗いざらい話して謝罪をしてほしい」と話しています。

「計画的詐欺では」
埼玉県に住む59歳の男性は、安愚楽牧場の経営破たんが明らかになる直前のおととし7月下旬、「和牛オーナー制度」に申し込みました。
ファックスで申込用紙を送ったその日に担当者から電話があり、「可能な限り早く入金してほしい」と求められ、2日後に100万円を振り込んだということです。
男性は、その1週間後に報道で経営破たんを知り、解約を申し出ましたが、会社側は応じなかったということです。
男性は「解約の手続きをしようとしたが、民事再生の手続きが始まっているのでできないと言われた。入金した時、すでに経営破たんの状態にあったはずで、計画的な詐欺と言えるのではないか」と話しています。

「頭数の推移に疑問」
安愚楽牧場の経営に携わっていた元幹部は「オーナーの数に対する牛の数や売り上げの報告に間違いはなかったと思っているが、繁殖用の雌牛の数が計画通りに推移していたかどうかには疑問がある。契約した金額とそれに対する配当の整合性には問題があったと思う」と話していました。
また、会社の経営実態については「一言で言えば『三ケ尻商店』。元社長のワンマン経営で周りが意見をすることもなく、情報が共有されることもなかった」と話していました。
-----

安愚楽牧場、牛の頭数偽装09年から 「耳番号」で水増し(日本経済新聞2013年6月19日)

安愚楽牧場元社長ら逮捕、虚偽説明で顧客勧誘の疑い(TBSニュース2013年6月18日)
2013-06-18(18:37)

これを夜遅く見直してみました・・・

え?いったいどういうこと?

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5360676.html
の映像を見ていたら、そういうことらしい、、、

って、映像と文章がちょっと違う?
私の記憶の間違いなのか?
最初に見てた映像と部分的に違う?

今朝見たら、もう映像は安愚楽牧場の塀の写真にかわっていた、、、
だから、今ここを見てくださってる人にはわからないかも?

その時に撮っておいた証拠がコレ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
末尾が「002」の牛→架空の牛

コレ、契約書のコピーなんだけどね^^

耳№.の 末尾が「002」の牛架空の牛 なんだってさぁ~

警視庁の調べでは・・・って言ってた


んん~~とぉ、ずぅ~っと前、この耳番号のことコメント欄でやりとりしたことあったよね^^
V様じゃなかったかなぁ(*^_^*)
この番号の意味するものは何か、、、けど、わからなかった
長い時間考えたけど、わからなくて・・・

ふ~~ん、そういうことだったのかぁ(^_^;)

それで、自分のを調べてみたよ
私は解約依頼をしていて契約書を送り返しているのが何件かあったのですが
耳番号の末尾のわからないものが全体の4分の1ですので、これが加わるとどうなるかわかりませんね
それでも、残っているものだけでみると、架空の牛の割合は6割です
私の場合、半分以上は架空の牛だったということですね
以上は、件数ベースで調べていますので、金額でとなるとまた違うかもしれません
なんせ、私の一番契約金額の大きいものの耳番号、わからないのですもの(^_^;)

皆さんも、御自分の契約の耳番号、確かめてみて下さいね^^

私のわかる範囲では、2008年の契約でも数件、末尾「002」があるんだけどね
ということは、少なくとも2008年から偽装してたってことだよね


それと架空の番号とは書いてないけど、今日の日本経済新聞記事にあったよ

◆安愚楽牧場、牛の頭数偽装09年から 「耳番号」で水増し(有料会員限定)
http://mxt.nikkei.com/?4_13591_914025_31


★追記(2013.06.20)
安愚楽牧場元社長ら逮捕、虚偽説明で顧客勧誘の疑い
(18日13:06)

今なら、TBSニュース こちらで見られます
最終更新:2013年6月19日(水) 11時27分
(18日16:20)
http://news.tbs.co.jp/20130618/newseye/tbs_newseye5360676.html

続きを読む

安愚楽牧場、三ヶ尻容疑者と親族のみが重要決定(読売新聞2013年6月19日)

重要決定は三ヶ尻容疑者と親族の役員が行い、役員会に財務状況などは報告されなかった。十数年間、同社に勤務して役員も務めた男性は、「社員はみんな『うちは三ヶ尻商店だから』と言って、社長に物を言う雰囲気はなかった」と振り返った。

って、前にもあるけどさ~~、役員を務めた男性って、だれやねん!って!!

いつ辞めたか知らんけど~
退職金もらって、さっさと辞めて、あとは平社員数名でがんばらせたんでしょ~

そのうち、警察から連絡入ると思うけどさ、ご協力よろしくぅ(*^^)v


どういうわけか、不思議なことに・・・
あの時、残ってた平社員は、社長のこと、そんなに悪く言わないんだよね~
わからない…なんていうんだよ
久美子は、猫を何重にも被っていたのかもしれないな?
人によって態度を変えていたか、、、?
従順なやつは可愛がる
なかなか化けの皮は剥がれなかったのですね

というか、一度信じた人は、自分の都合の良いほうに考えてしまうし…
いつまでも過去の良かった思い出を追いかけてしまう
本当のことがわかってさめてしまうと、なんでこんなモノを信じてたんだろう…
と自分のアホさに気付く

恋愛に似ている (*^_^*)



http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130619-OYT1T00191.htm?from=ylist
---
安愚楽牧場、三ヶ尻容疑者と親族のみが重要決定

 安愚楽牧場は元社長の三ヶ尻久美子容疑者(69)の夫が1981年に栃木県那須町で創業。夫が死亡した後の90年に妻の三ヶ尻容疑者が社長に就任した。

 2004年の本紙取材に対し、「夫の会社をつぶすわけにはいかない。事業を拡大しようと思った」と語っていた。

 その言葉通り、社長就任時に約7000頭だった牛を10年には約7万頭にまで増やし、全国約40か所の直営牧場を経営するまでになった。「有能な女性経営者」としてメディアに登場することも多く、本紙の取材には、「経営者にとって経済や社会情勢に敏感に対応していけるかどうかが大事だ」と、経営理念を口にしていた。

 一方、重要決定は三ヶ尻容疑者と親族の役員が行い、役員会に財務状況などは報告されなかった。十数年間、同社に勤務して役員も務めた男性は、「社員はみんな『うちは三ヶ尻商店だから』と言って、社長に物を言う雰囲気はなかった」と振り返った。

(2013年6月19日09時19分 読売新聞)
-----

安愚楽牧場:破綻前に高利コースを新設(毎日新聞2013年06月19日)

安愚楽牧場:各地で被害相談や刑事告訴相次ぐ(毎日新聞2013年06月18日)
2013-06-18(18:53)

ここに毎日新聞さんの記事を追記してますが、その記事の詳しいバージョンかと^^


これがあの有名な、破たん直前の肥育コースのことですね~

7月に特別なオーナー様だけに…と称して、お金をかっさらっていった契約のこと

私には、届いてないので、どういう方に送られたのかな?

既に出資している大口投資家を対象に勧誘していたとみられ、6日間の受付期間で3億数千万円を集めたとされる


東京支店が中心だったのかしら?
それとも全国の大口投資家さん対象なのかしらん?

でもね、うまく考えているよね
大口投資家なら、今までにある程度利益金で儲けているし、破綻してもたいして文句を言ってこないだろう・・・とよんだのか?

勝ち逃げでないにしても、それまでのプラスマイナスを考えると声を上げなさそうな層を選んだ

って、安愚楽牧場、、、誰が考えたか知らんけど

オヌシも相当な悪よのう~


破綻当初、1億円以上出資してた男性が、申し込んだけど完売して断られてよかったね^^って話あったよね
通帳の写真が載ってた記事・・・

この方の場合、利益金だけで十分な生活をしていたのだから、まだいいけど・・・
けれど、元が取れてるかはわからない
まぁね~、億のお金を出すような人なら、その他にも現金で持っていて当然かと思う

けど、たとえ何百万円だとしても、その人の生活レベルからするとスッゴイ大金だったりするのよね

利益金で戻ってきてるなら、残っててもなんとか、、、と思い切ることもできよう

けれど、コツコツと継続再投資で増やしてきた人や、比較的新しい時に自分の資産を安愚楽に移動した人はそんなに戻ってないのよね

学校卒業してから、コツコツと貯めたお金が消えた人がどれほどいることか…

住宅資金、子どもの進学資金、老後資金・・・

みんな、消えた・・・・・

言っても仕方ないことだけど、あえて書こう


か ね か え せ !!!


http://mainichi.jp/select/news/20130619k0000m040141000c.html
---
安愚楽牧場:破綻前に高利コースを新設
毎日新聞 2013年06月19日 04時30分

 和牛オーナー制度を運営していた「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)による特定商品預託法違反事件で、逮捕された元社長、三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣が破綻直前、従来の配当を大幅に上回る年利換算16.6%のコースを新設し、3億数千万円を集めていたことが捜査関係者などへの取材で分かった。警視庁捜査2課は、資金繰りに窮した三ケ尻容疑者らが高利回りをうたい文句に駆け込みで出資金を集めたとみて裏付けを進める。

 関係者によると、新設されたのは「(食肉用に育てられる)肥育牛売買コース」。「特別なオーナー様だけにご紹介」などとし、1000頭限定での募集という説明だったという。

 安愚楽のオーナー制度は、繁殖牛を購入して生まれた子牛の売却益で配当を得るシステム。新設のコースでは、2歳程度の肥育牛を購入し、6カ月間育てた後、市場に売却するという触れ込みだった。1頭48万円で購入し、予定売却代金は60万円。飼養委託費(8万円)を引いた52万円を受け取ることになっていた。

 このコースは半年間限定で利回りは8.3%。年換算だと16.6%となり、09年度以降販売していた他のコースの年利(3〜8・5%)を大幅に上回っていた。

 安愚楽牧場は、既に出資している大口投資家を対象に勧誘していたとみられ、6日間の受付期間で3億数千万円を集めたとされる。約2週間後、牧場は民事再生法適用を申請して破綻。肥育牛売買コースに出資された全額が未払いになったとみられている。【浅野翔太郎、福島祥】
-----

続きを読む

安愚楽牧場:架空牛、番号で区別 07年から不正契約増え(毎日新聞2013年06月19日)

安愚楽牧場、牛の頭数偽装09年から 「耳番号」で水増し(日本経済新聞2013年6月19日)
2013-06-19(11:13)

ここで、耳№.の 末尾が「002」の牛→架空の牛 と書いていましたが
毎日新聞さんが記事にしてくれました

登録番号は従来、アルファベットと数字を組み合わせた計6桁だったが、三ケ尻容疑者らは07年ごろコンピューターシステムを更新。下3桁の数字を追加して計9桁とした。その際、実在する牛には下3桁を「000」、架空の牛には「002」と割り当て、両者を区別して管理し始めた。

私は、2008年からしかわかりませんでしたが、2007年ということらしいです


関係ないですが、浅野翔太郎さんってお名前、けっこうよく見ますね
安愚楽のことを書いてくださってる全記者さん、お疲れ様です m(__)m
今まで、貯めていたことをじゃんじゃん書いてくださいね~^^
私、どんどん、載せますから\(^o^)/


コメントで教えてくれただれかさん、ありがとうございます(*^_^*)
これまで、いろいろとお世話になりました
私にとって「あぐら物語」は「月刊現代」が私の元にきたというところから話が進んでいったと思います
あなたのおかげです
まだ、一歩ですが、社長ら逮捕ということで、とりあえず喜んでいます
本当にありがとうございました

先は長そうでちょっとメゲるんですが(笑)
これからも、よろしくお願いします m(__)m


http://mainichi.jp/select/news/20130619k0000e040235000c.html
---
安愚楽牧場:架空牛、番号で区別 07年から不正契約増え

毎日新聞 2013年06月19日 15時00分

 安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)による特定商品預託法違反事件で、逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)らが出資した和牛オーナーと契約を交わす際、07年ごろから実在する繁殖牛と架空の牛で異なる登録番号を付けるようになったことが捜査関係者への取材で分かった。架空の牛を使った不正契約が増え過ぎたためとみられる。警視庁捜査2課は、三ケ尻容疑者らが違法性を認識していたとみて追及する。【浅野翔太郎、福島祥】

 同牧場とオーナーが取り交わす「黒毛和種牛売買・飼養委託契約書」には、オーナーが保有する牛の登録番号がそれぞれ記載されている。

 関係者によると、登録番号は従来、アルファベットと数字を組み合わせた計6桁だったが、三ケ尻容疑者らは07年ごろコンピューターシステムを更新。下3桁の数字を追加して計9桁とした。その際、実在する牛には下3桁を「000」、架空の牛には「002」と割り当て、両者を区別して管理し始めた。システム更新は架空の牛の管理を効率化するために行われたとみられる。オーナーには数字の意味は知らされなかったという。

 消費者庁などの調査によれば、安愚楽牧場は契約上、9万〜10万頭の牛がいるとされていたが、実際は5万〜7万頭程度だったことが判明している。架空の牛を使った契約は07年以前から行われていたとされるが、牛の飼育や人件費などコストをかけず利益だけが膨らむため、次第に増えたとみられる。

 同牧場の投資家向けパンフレットにはQ&A形式で、「『私の牛』は本当にいるのですか?」という設問と「います」という回答がある。警視庁はこうした文言が、特定商品預託法に違反すると判断。立件に踏み切った模様だ。
-----

安愚楽牧場:社長と弟が「私物化」…元社員が証言(毎日新聞2013年06月20日)

毎日新聞さんの記事です

社長ら逮捕の後は、たくさん記事を書かれてますのでこちらで紹介してます
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
安愚楽牧場:各地で被害相談や刑事告訴相次ぐ(毎日新聞2013年06月18日)
 2013-06-18(18:53)

安愚楽牧場:破綻前に高利コースを新設(毎日新聞2013年06月19日)
 2013-06-19(13:15)

安愚楽牧場:架空牛、番号で区別 07年から不正契約増え(毎日新聞2013年06月19日)
 2013-06-19(16:14)


記者さんは、今までどのくらい情報をためておいてくれたのかしら?^^

じゃんじゃん、出しちゃってよね~~

元社員さん、協力、よろしく~m(__)m


http://mainichi.jp/select/news/20130620k0000m040134000c.html
---
安愚楽牧場:社長と弟が「私物化」…元社員が証言

毎日新聞 2013年06月20日 02時30分(最終更新 06月20日 02時44分)

 「結局、姉と弟の会社に過ぎなかった」。和牛オーナー商法を巡る特定商品預託法違反事件の舞台となった安愚楽牧場(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)で働いていた元社員の男性は語る。同牧場は逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)と実弟の元役員、増渕進容疑者(59)が1990年代に実権を握って以降、急速に規模を拡大させた。しかし、その実態は姉弟による経営の「私物化」だった。

 「黙ってなさい。最終的に私が責任を取るから」。元幹部の男性は、意見を進言するたび三ケ尻容疑者からこう言われたという。

 元幹部によると、安愚楽牧場は典型的な縦割りの組織だった。出資者オーナーについて知っているのはオーナー担当の社員だけ。牛の担当社員は牛のことしか分からず、「全てを把握していたのは社長とほんの一部の役員だけだった」。

 同牧場はバブル前夜の81年、不動産業も手掛けていた三ケ尻容疑者の夫が創業。夫はその10年ほど前から那須町などの土地を買い回っていたといい、80年ごろ、「ここで牛をやることにした」と地元住民らに話し、驚かせたという。

 夫の病死後、三ケ尻容疑者は90年に社長就任。自らはオーナーの勧誘を担当し、増渕容疑者には繁殖牛の面倒を見させた。宇都宮市などで始めたレストラン経営やホテルも好調で、牧場の盆踊り大会に有名演歌歌手を呼ぶほどだったという。

 しかし、業績が上がるにつれ専横ぶりが目立つように。別の元幹部によると、牛が病気になった時など、治療法から新たな牛の調達に至るまですべて増渕容疑者の許可が必要だったという。

 「牛の知識もないのに一人で全部決めたがった。たまに現場に来ては『何やってるんだ』と怒鳴る。現場は萎縮していた」。三ケ尻容疑者は反対意見を伝える社員を遠ざけるようになったという。

 「勧誘が大変」が口癖だったという三ケ尻容疑者。元社員は「親族しか重用せず、組織の体をなしていなかった」と振り返る。【中川聡子、浅野翔太郎】
-----

安愚楽牧場、利益率は超低空飛行 自転車操業が常態化?(朝日新聞2013年06月20日)

もう、どの記事を取り上げたのかどうか、わからなくなっています(^_^;)

中身で関連付けてまとめられるといいのですが、この頭ではそうもいきません

自転車操業だったということは、既にわかっていましたが、ネットの中だけの話で
なんせ今まで安愚楽牧場の自転車操業について、ニュースや新聞記事にしっかりと書かれませんでしたから・・・

朝日新聞記事とNHKニュースです

NHKは「破綻の3年前には自転車操業か」なんてタイトルをつけてますが
そんなわけないっしょ、、、w
安愚楽牧場は、畜産で黒字になったことないらしいよ~(笑)


安愚楽牧場ってさ、日本一の畜産会社じゃなかったんだっけ~!?

何が、日本一だったんかなぁ~www

騙し取ったお金の額が日本一 !!!  御見事 !!!



朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0619/TKY201306190511.html
---
2013年06月20日05時03分
安愚楽牧場、利益率は超低空飛行 自転車操業が常態化?

 安愚楽(あぐら)牧場の和牛商法事件で、同社の経営はオーナーへの配当が出せるだけの利益がない状態が長年続いていたとみられることが、決算資料からわかった。警視庁は、元社長三ケ尻久美子容疑者(69)らが新規オーナーからの出資金を自転車操業のように配当に回していた可能性が高いとみている。

 同社の利益は、オーナーが所有する繁殖牛から産まれた子牛の売却益や、ハムづくりなどの食品加工業、レストラン経営の売り上げなどから得られる仕組み。オーナーが支払う契約金はあくまで「預かり金」で、満期が来れば全額を戻していた。

 経営破綻(はたん)する前年度の2010年度まで15年間の決算資料によると、売上高に対してどの程度の利益を出せたかを示す「営業利益率」がマイナスの年が7回あった。プラスの年も0・1%~3・4%にとどまり、極めて利益率の低い状態が続いていた。

 この間、オーナー契約数の増加に伴って売上高は236億円から1027億円と増えていた。しかし、売り上げを支える他の事業が振るわなかったうえ、広告宣伝費などに多くの経費をつぎ込んだことなどが営業利益の極端な低迷につながったとみられる。同社は「30年間、支払いの遅れや減額は一度もない」と、配当の堅実さを前面に打ち出して新規オーナーを募っていた。

 同社の財務状況を分析した税理士は「安愚楽がうたう年3%や5%の配当を出せるほど稼げてはいない。オーナーへの配当を継続するためにはどこからか借金しなければならず、新規オーナーの契約金が自転車操業的に充てられていたのではないか」と指摘する。

 同社幹部だった男性は「ステーキ肉が1枚1万円でも売れたバブルの時代だったら生き残れたかもしれないが、外国産牛の影響で和牛が値崩れし、経営するレストランも客が入らなかった。とてもではないが利益を出せる状況ではなかった」と振り返る。
-----


■NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130620/k10015432451000.html
---
安愚楽牧場 破綻の3年前には自転車操業か
6月20日 4時16分 K10054324511_1306200439_1306200445.mp4

「安愚楽牧場」の「和牛オーナー制度」を巡る事件で、経営破綻するまでの20年間に集めた3700億円のうち、半分以上が配当に充てられていたことが破産管財人の調査で分かりました。
警視庁もこうした状況を把握しているほか、これまでの捜査で少なくとも破綻の3年前には自転車操業になっていた疑いがあるとみて調べています。

栃木県那須塩原市に本社があった安愚楽牧場の元社長、三ケ尻久美子容疑者(69)ら元幹部3人は、破綻する直前のおととし、「和牛オーナー制度」で投資する牛の数を過大に説明して出資者を勧誘していたとして、特定商品預託法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
安愚楽牧場の破産管財人が破綻までの20年間の財務状況を調べたところ、この間に集めた3700億円のうち、牛の購入代金や飼育費用は一部で、半分以上の2000億円は配当に充てられていたということです。
警視庁もこうした状況を把握しているほか、帳簿などの捜査で、破綻の3年前の平成20年には牛の数が足りなくなり、業績も赤字になっていたことが分かったということです。
警視庁は、少なくともこの時期には会社が自転車操業になっていた疑いがあるとみて資金の流れを調べています。
-----

安愚楽牧場 牛1頭を二重販売(東京新聞2013年6月20日)

いや、申し訳ない、、、
昨日の早い時点で、記録しておいたのだけど、公開しないままでした(^_^;)

その時つけたタイトルは、コレでした
安愚楽牧場 自転車操業 出資の5割 配当に(東京新聞2013年6月19日)

ちゃんと、「安愚楽牧場 自転車操業」とありますね^^


本日、新しく記事がありますので、そちらのタイトルにさせていただきました
その後に、前日の記事載せておきます m(__)m


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013062002000128.html
---
安愚楽牧場 牛1頭を二重販売

2013年6月20日 朝刊

 二〇一一年八月に経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)がうその説明で顧客を勧誘したとされる事件で、同社が破綻直前に、一頭の繁殖牛に二種類の管理番号を割り当て、既に顧客に販売した牛を、別の顧客にも二重に販売していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 同社は経営が悪化し、新たな出資金を配当に回す「自転車操業」状態に陥っていたという。

 警視庁捜査二課は、元社長三ケ尻久美子容疑者(69)=特定商品預託法違反容疑で逮捕=らが、出資金を増やすために二重の販売を行っていた疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、同社は繁殖牛の耳に番号札を付けて管理。顧客への契約書に、番号の下三桁を「000」などと記載する一方、同じ牛の下三桁を変えて別の顧客とも二重に契約していた。

 少なくとも破綻直前の一一年四~七月、顧客がいる牛の耳番号を付け替えて百六人に契約書を送り、計七千三百万円の契約を勧誘していたという。

 安愚楽牧場は、顧客と繁殖牛の売買契約をすることで出資金を募集。生まれた子牛の売却利益を年利3~10%の配当金に充て、満期になれば出資金を払い戻す仕組みだった。二重に契約すれば、必要な配当や出資金の返還が難しくなる。

 また同社は破綻までの数年間、実際には六万頭程度しか牛を管理していなかったが、顧客には九万~十万頭いると水増しして、新規勧誘していた。
-----


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013061902000120.html
---
安愚楽牧場 自転車操業 出資の5割 配当に

2013年6月19日 朝刊

 二〇一一年八月に破綻した畜産会社「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市)が、うその説明で顧客を勧誘したとされる事件で、同社が勧誘の際、顧客に繁殖牛を九万~十万頭保有していると説明していたのに、実際には六割程度の六万頭しか飼育していなかったことが、捜査関係者への取材で分かった。

 同社は顧客に約束した配当を出すため、新たに集めた出資金を配当に回す「自転車操業」状態に陥っていたことも判明。警視庁捜査二課は、特定商品預託法違反(不実の告知)の疑いで逮捕した元社長三ケ尻久美子容疑者(69)ら元幹部三人が配当を捻出するため、破綻直前まで顧客にうその説明をして出資を募っていた疑いがあるとみている。

 逮捕容疑では、三ケ尻容疑者らは、破綻直前の一一年四~七月、同社が保有する繁殖牛の頭数が大幅に不足していたのに、実際に多数の牛を管理しているかのように偽ったパンフレットなどを顧客約百人に送り、総額七千三百万円の契約の勧誘をしたとされる。二課は三人の認否を明らかにしていない。

 安愚楽牧場の和牛預託制度は、出資者が繁殖牛を一口五十万~一千万円で購入する形で契約し、年3~10%の配当は、生まれた子牛を売却して得た利益から充てていた。このビジネスモデルが成立するには、繁殖牛が毎年子牛を産み続け、牛の売却価格も安定することが前提だった。

 しかし、実際には繁殖牛が子牛を産まなかったり、牛の価格が低迷したりして、配当を捻出できないケースが続出。破産管財人の調べでは、同社は過去二十年に集めた出資金三千七百億円のうち、本来は大半を牛の購入代に充てなければならないのに、約半分の二千億円を配当に回す自転車操業状態だった。

 捜査関係者によると、同社は〇九年三月~一一年三月、毎年度の事業報告書で、飼育している繁殖牛の頭数を水増しして記載。同月の東京電力福島第一原発事故による牛肉価格の低迷などで経営が傾きかけると、破綻直前まで水増しして新規勧誘を続けた。

 安愚楽牧場は一九八一年創業。三ケ尻容疑者の夫(故人)が、和牛オーナー制度を考案した。

 全国四十カ所の直営牧場のほか、農家三百五十軒に飼育を委託。一時は関連牧場で全国の黒毛和牛の二割に当たる十四万六千頭を飼育していた。

 二〇一一年八月に経営破綻。負債総額四千三百億円のうち、四千二百億円が全国の顧客七万三千人から集めた出資金で、過去最大の消費者被害となった。

 出資者に返済される額は、東電の賠償金二十億円を含む約二百億円にとどまる見通し。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団事務局長の中川素充弁護士は「牛の値段が上がり、飼料代が下がることが前提のビジネスモデルで、現実味はなかった。被害を拡大しながら事業を続けた点で非常に悪質だ」と指摘する。

 一方、同社は破綻後の債権者説明会の資料で「ビジネスモデルは特定商品預託法の規制には違反しておらず、運用も監督官庁の検査で違法との指摘は受けなかった」と説明していた。

<特定商品預託法> 巨額詐欺事件の「豊田商事事件」などを受け、1986年に消費者保護を目的として制定された。事業者が3カ月以上、商品や施設利用権を預かって管理運用する取引に適用される。和牛や貴金属、ゴルフ場利用権などが対象。事業者に契約書面の交付を義務付け、事実と異なる説明(不実の告知)をした場合は2年以下の懲役か100万円以下の罰金が科される。
-----


★コメント欄に追記してます

■A BUG's Pensieve 2
[安愚楽詐欺]安愚楽牧場事件 すでに売った牛に別の識別番号割り当て二重販売(FNN20130620)

・FNNニュース
安愚楽牧場事件 すでに売った牛に別の識別番号割り当て二重販売
(06/20 13:09)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248364.html

■リプラス情報収集組合
2013年06月20日
安愚楽牧場 自転車操業 出資の5割 配当に、利益率は超低空飛行 自転車操業が常態化?~「詐欺」の事実である「自転車操業」での逮捕なのはいつなのか?

破綻前年、勧誘に25億円 安愚楽牧場、営業経費の6割 (朝日新聞2013年6月19日)

ふはっはっは~(*^^)v

別に載せなくてもいっか~と思っていたのだけど、最後に次の言葉があったので出すことにした

 捜査関係者によると、三ケ尻容疑者は経営破綻後、入院がちだったが、逮捕の数日前に退院。取り調べには淡々と応じているという。


お~~ほっほっほ、わたくし久美子様ですのよ~
取り調べなんて、平気ざぁますわ
今まで、何十年、猫何重にも被ってきたんですもの

警察「最初からだますつもりだったんだr…
ボケ尻「い~え、だますつもりはございません!!」(ドヤッ)

間髪いれず、言うに決まってますわよw

わ~はっは、オモロイ!
久美子の姿が目に見えるようだ


退院してたのね~^^
警察から連絡がいってたのかしらん?

鬱だなんだと仮病で債権者集会に顔を出さず、1年10ヶ月もの間、私たちを苦しめてくれたな

留置場で死ぬなよ!!


朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/national/update/0619/TKY201306190194.html

朝日新聞久美子
---
2013年6月19日16時0分
破綻前年、勧誘に25億円 安愚楽牧場、営業経費の6割

1990年の安愚楽牧場社長就任パーティーで壇上に立つ三ケ尻久美子容疑者=安愚楽牧場会報から

安愚楽牧場の新規勧誘費の推移
 安愚楽(あぐら)牧場による和牛商法事件で、同社が経営破綻(はたん)する前年度に新規オーナーの勧誘費用として、営業経費の6割に当たる約25億円を使っていたことがわかった。警視庁は、特定商品預託法違反容疑で逮捕された三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣が、既存のオーナーへの配当に回す資金を確保するため新規勧誘に力を入れたとみている。

 決算資料などによると、同社が使った勧誘費用(広告宣伝費、販売促進費、販売手数料)は、1996年度の約7億5千万円から、2010年度には約25億4千万円となり約3・4倍に増加した。この間、勧誘費はほぼ右肩上がりで伸びていた。

続きを読む

2013年6月19日 送検される三ヶ尻久美子容疑者

逮捕の時は、帽子被って顔を隠していたけど、、、

ふっふっふ、今日、朝、テレビで見てしまった、、、

その後、どこかに同じ映像があるのかもしれないけど、、、

テレビを見ていないのでしりません


送検されるボケ尻
テレビ画面をデジカメで撮ってます (by roko)

■送検される三ヶ尻容疑者 きのう

安愚楽牧場 1頭の牛を二重販売

三ヶ尻容疑者ら3人 2007年ごろ~
すでに販売した牛に新たな番号をつけ
別の出資者にも二重に販売



カメラマンさん、グッジョブ(*^^)v

ま、ニュースの内容も、これまでにいろんなところが書いてくれてるとおりです

「スッキリ!!」の終わりかけのニュースで見ました

この終わりかけにやるニュース、最新のをやってくれるのでわりと面白いんです^^

ボケ尻の手元、多分時計(注)をぼかしてるんだけど、そんな・・・
映るだけでクレームがきたりするのかなぁ?
よっぽど、すぐわかるようなメーカーものなのかしらん^^

ねぇ~、どこに隠したの~?
いってごらんなさい、おこらないから・・・^^

けどね~、さっきの日記にも書いたけど
「い~え、だますつもりはございません!!」
なんて、ゆうんじゃねぇぞ~、ボケ尻久美子 !!!

あらあら、はしたないわよん、rokoさん (*^_^*) はい^^


(注)★訂正してお詫び★
時計ではなく、手錠でしたね
rokoさんはアグラ病なので、許してやってください orz orz (*^^)v

安愚楽牧場:外部監査を実施せず 09年農水省の指摘無視(毎日新聞2013年06月20日)

はいはい、この件に関しましても、この日記の中を捜せばあるのですが・・・

取り出してる時間がない(^_^;)

当時の大臣が認めてるからね、、、

そんなことで、ブログ内検索でも出てくると思います


http://mainichi.jp/select/news/20130620k0000e040241000c.html
---
安愚楽牧場:外部監査を実施せず 09年農水省の指摘無視

毎日新聞 2013年06月20日 15時00分

 安愚楽牧場(栃木県那須塩原市、2011年8月に経営破綻)による特定商品預託法違反事件で、逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)らが09年、財務書類の不備に懸念を抱いた監督官庁の農水省から外部監査の実施を求められながら、放置したことが関係者への取材で分かった。不正な会計処理の発覚を恐れたとみられ、警視庁捜査2課は実態解明を進めている。

 毎日新聞が情報公開請求で入手した行政文書などによると、農水省は09年1月、財務状況を示す書類の記載不備を理由に安愚楽牧場に立ち入り調査を実施した。さらに調査後、同様のミスを防ぐため、決算に公認会計士を関与させる外部監査や、財務状況などの定期的な報告を求めた。

 ところが、安愚楽側は同年7月、農水省に提出した報告書で監査方法の変更や改善については全く触れなかった。同9月に監督官庁が消費者庁に代わり、安愚楽側は11年の破綻後に同庁に「(外部監査の)準備はしていた」と弁明したが、警視庁の調べでも、外部監査を導入した形跡は確認されていないという。

 一方、会社法は負債総額200億円以上の株式会社などに外部監査を義務づけている。安愚楽牧場は有限会社から株式会社になった09年時点で200億円以上の負債があったとみられ、同法にも違反していた疑いがある。

 安愚楽牧場への出資は、09年時点では2900億円だったが破綻時には約4200億円に急増。オーナー数も約4万8000人から約7万3000人まで膨らんだ。外部監査が行われれば被害拡大を防げた可能性もある。

 公表された決算資料によると、同牧場は少なくとも98年度から破綻までは黒字経営だった。しかし、破産管財人が過去20年間の収支を調べたところ、76億円の赤字だったという。【浅野翔太郎、福島祥】
-----

元社長らの勾留決定=安愚楽牧場事件—東京地裁(時事通信社)

ウォール・ストリート・ジャーナル
http://jp.wsj.com/article/JJ11271929432205654154617867555692438128209.html
---
2013年 6月 20日 16:30 JST 更新

元社長らの勾留決定=安愚楽牧場事件—東京地裁

 東京地裁は20日、特定商品預託法違反容疑で逮捕された安愚楽牧場(栃木県、破産手続き中)元社長三ケ尻久美子容疑者(69)ら3人について、29日までの勾留を認める決定をした。 

[時事通信社]
-----

安愚楽牧場元社長、破綻直前に美術品を持ち出し!「私の物だから運んで」(zakzak2013.06.20)

わはは、笑える\(^o^)/

「私の物だから運んでおいて」、、、なんて一度言ってみたいものだ^^

rokoさんの執事にさえ運んでもらったことがない(笑)


私は、人に自分のものを運んでもらったことなんかない

自分のものは自分で持つ

引越しの時くらいのものだ


あはは、わらえるゾ~! 実に面白い

これから、流行りそうだ

マイブームってやつ~?

壺は要らんけど、金返せ!


債権者の物だから運んでおいて\(^o^)/


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130620/dms1306201212013-n1.htm
---
安愚楽牧場元社長、破綻直前に美術品を持ち出し!「私の物だから運んで」
 2013.06.20

破綻直前に美術品を持ち出した疑いが浮上した三ケ尻容疑者【拡大】

 経営破綻した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)の旧経営陣3人が、虚偽説明で出資者を勧誘したとして逮捕された事件で、破綻直前の2011年7月ごろ、元社長の三ケ尻(みかじり)久美子容疑者(69)の指示で本社から美術品が持ち出されていたことが20日、同社関係者への取材で分かった。

 警視庁捜査2課は、当時から三ケ尻容疑者が破綻状態を認識していた可能性があるとみて、破綻前後の状況や詳しい経緯を調べている。

 同社関係者によると、11年7月ごろ、三ケ尻容疑者の指示を受けた同社社員が、那須塩原市の本社社長室に飾っていた伊万里焼の皿や、つぼなどの美術品を市内の親族宅の納戸に運んだ。

 指示する際、三ケ尻容疑者は「(美術品は)私の物だから運んでおいて」と話したという。

 安愚楽牧場は11年4月、出資者に満期金や配当の支払い延滞を通知し、同年8月に民事再生法適用を申請した。しかし、資金繰りの逼迫が判明し、東京地裁が同11月に再生手続きの廃止を決定。破産手続きに移行した。三ケ尻容疑者自身も同12月、自己破産を申請した。

 今年1月の債権者集会では、約4300億円の債権総額のうち、回収できる資産が5%程度にとどまる見通しが示されている。
-----


■zakzakの関連記事
安愚楽牧場元社長ら逮捕 和牛出資 事実と異なる説明で勧誘
2013.06.18

続きを読む

9年連続赤字、矛盾だらけのビジネスモデル(MSN産経ニュース2013年06月20日)

はい、そのとおり~~

って、rokoちん、てきとーちゃうかぁ(^_-)-☆

いやいや~、よくまとまっていると思うよ

さすが、記者さんやわ^^

とにかく、詐欺容疑での立件をしてもらわないことには・・・m(__)m


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130620/crm13062014280009-n1.htm その他 より
---
9年連続赤字、矛盾だらけのビジネスモデル 
2013.6.20 14:26 (1/3ページ)

安愚楽牧場の顧客向けパンフレット

 経営破綻した安愚楽牧場(栃木)の旧経営陣らによる特定商品預託法違反事件で、同社の畜産事業が破綻前の9年連続で赤字だったことが19日、関係者への取材で分かった。同社は子牛の売却益から出資者への配当を生み出す「和牛商法」で事業を拡大したが、「本業」は年々低迷し、早い段階で出資金を配当に回すだけの「自転車操業」に陥っていた疑いが強い。「矛盾を抱えたビジネスモデル」(同社関係者)を立て直せず、最後まで出資金集めに奔走した結果、残ったのは4300億円にも膨んだ負債だった。

 「安愚楽の畜産事業はずっと赤字。結局、新規オーナーの獲得によって(経営が)成り立っていた」

 昨年5月に開かれた債権者集会。破産管財人は集まった出資者に対し、安愚楽牧場の和牛商法を、こう断定した。和牛商法は、出資者に繁殖牛のオーナーになってもらい、毎年出産する子牛を育てて売却。飼育費などを差し引いた利益を配当するという仕組みだった。

 ところが、平成23年8月に経営破綻した後、管財人が過去20年間の現金収支を調べたところ、出資金約3700億円のうち、半額以上の約2千億円がそのまま配当に回されていたことが分かった。

 一方で、畜産事業は低迷し、14年以降は9年連続赤字。配当の原資となる子牛の売上高も上向かず、18年度の236億円から、22年度には159億円にまで落ち込んでいた。

 畜産事業が不振から抜け出せなかった背景には、創業当初からの計画のずさんさがある。全国安愚楽牧場被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士は「安愚楽の手法は牛が高く売れ続け、牛に与える飼料代が安く抑えられれば理論上は存続可能だが、実際にはその両方が破綻していた」と指摘する。

 過去10年間の和牛1頭当たりの販売価格は、14年の47万円から19年には88万円まで上昇したが、以後は下落し、破綻した23年には59万円まで落ち込んだ。一方で、繁殖牛や子牛を育てる飼料代は、14年の60億円から23年には146億円と2倍以上に膨らんでいた。

 飼育する牛の増加や飼料代の高騰が原因とみられ、子牛の成育が悪くなり想定を下回る販売価格しかつかなくなるという悪循環に陥っていた。

 また、母牛が子牛を年1回出産する前提で出資を募っていたが、実際には子牛が生まれず、飼育途中で死ぬこともあった。「車の両輪」であるはずのオーナー事業と畜産事業のバランスは完全に崩れていたが、オーナー離れを恐れ、配当を払い続けた。

 捜査関係者によると、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)らは早い段階で経営の行き詰まりを認識していたとみられるが、破綻直前には新規出資者の勧誘活動に一層傾倒していく。

 23年3月の東京電力福島第1原発事故後には、配当の他に海外旅行や電化製品のプレゼントをちらつかせて勧誘。極めつきだったのが、破綻する数週間前の同年7月に行った1千頭限定の「肥育牛コース」の募集だった。

 これまでの繁殖牛への投資とは異なり、食肉用の牛への投資で年8%の高配当が得られるとうたった。破綻までに3億円超を集めていたとされるが、これは過去に別の事業者が失敗を繰り返した従来型の和牛商法と同じだった。

 警視庁は19日、三ケ尻容疑者ら3人を送検。こうした強引な勧誘を指示していた可能性があるとみて、詐欺容疑での立件を視野に捜査している。
-----

安愚楽牧場の旧経営陣3人、容疑を否認 (日テレNEWS24)

「知りませんでした」って~~~www

ま、そんなもんでしょうけど~

詐欺師はみんな、そういうのよ(笑)

「はい、そうです」なんて認めるヤツはカワイイやつです

でも、久美子はなんて言ってるのかな?


がんばってください

期待しています m(__)m


http://news24.jp/nnn/news89060441.html
---
安愚楽牧場の旧経営陣3人、容疑を否認(東京都)

■ 動画をみる

 「和牛オーナー制度」を巡り逮捕された「安愚楽牧場」の元社長ら旧経営陣3人が、警視庁の調べに容疑を否認していることが分かった。  捜査関係者によると、特定商品預託法違反の疑いで逮捕された安愚楽牧場の元社長・三ヶ尻久美子容疑者(69)、三ヶ尻容疑者の弟で元役員・増渕進容疑者(59)、元経理担当役員・大石勝也容疑者(74)の旧経営陣3人は、警視庁の調べに対し、容疑を否認しているという。このうち、増渕容疑者と大石容疑者は「知りませんでした」などと話しているという。  牛の数を水増ししてウソの説明していた疑いについて、大石容疑者は逮捕前、日本テレビの取材に対し、「関与していないので分かりません」と主張し、増渕容疑者は今年3月の出資者への説明会で、「契約上の牛のことについては、私のいる畜産部では分かりません」と主張していた。  警視庁は、三ヶ尻容疑者が主導的な役割を果たしていたとみて調べている。
[ 6/20 13:59 NEWS24]
-----

安愚楽牧場、オス牛・子牛もカウントし繁殖牛水増し(TBS Newsi)

ええかげん、夕食の支度もあるし、めんどくちゃくなってきた(^_^;)

たくさん、ニュースがありすぎる

でも、いいことだ~ (=^・^=)

とにかく、牛が足りてなかったのですから・・・

それに素牛を高値で購入してたんでしょう、、、

私は自社一貫体制ってきいてたから、全部、安愚楽牧場で子牛を賄っているものだと思ってました

買うなんてことはないと思ってました(最初はありえるが…)

売るのは、大人の牛になったとき、肉として売るだけだと思ってました

買わずに売るのだから、儲かる…と考えていました

バカでした (ーー;)


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5362582.html
http://news.tbs.co.jp/20130620/newseye/tbs_newseye5362582.html
---
最終更新:2013年6月20日(木) 16時3分

安愚楽牧場、オス牛・子牛もカウントし繁殖牛水増し

 経営破たんした「安愚楽牧場」の旧経営陣3人が逮捕された事件で、3人が顧客に対し、会社で飼っているメスの繁殖牛の数を多く見せかけるため、オスの牛や子牛の数を繁殖牛として計上していたことが警視庁への取材でわかりました。

 この事件は、栃木県那須塩原市にあった「安愚楽牧場」が客から出資を募る際、会社が飼育していた繁殖牛の数を実際の数より、水増しして伝えていたとして元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら3人が逮捕されたものです。

 安愚楽牧場の「和牛オーナー制度」は、客がメスの繁殖牛のオーナーになって生まれた子牛の売却代金が配当に回されるものでしたが、三ケ尻容疑者らは実在しない架空の牛を客に割り当てて繁殖牛の数を水増ししていました。

 さらに、三ケ尻容疑者らは架空の牛だけでなく、会社で飼っていた一部のオスの牛や子牛の数もメスの繁殖牛として計上していたことが、警視庁への取材でわかりました。警視庁は三ケ尻容疑者らが、新たな客を募集し続けられるようにオーナー制度の出資対象である繁殖牛の数を多く見せかけていたとみて調べています。(20日11:38)
-----

安愚楽牧場 震災支援うたい勧誘「配当で義援金」(スポニチ2013年6月20日)

はい、そうです

このことを書いた日記もあるはず…(^_^;)

パンフの写真も載っけたっけ?

ま、事実ばっかりなんだけどね、、、
もちろん、義援金は送ってないはず、、、

やるやろ!www 安愚楽牧場!www


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/06/20/kiji/K20130620006051600.html
---
安愚楽牧場 震災支援うたい勧誘「配当で義援金」

 安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)をめぐる特定商品預託法違反事件で、同社が経営破綻直前の2011年5月、東日本大震災の被災地支援をうたって出資を募っていたことが20日、同社関係者への取材で分かった。

 配当の一部を義援金として被災地に送ると宣伝していたが、実際に寄付したかは不明。同社が資金繰りに窮していたさなかで、警視庁は元社長三ケ尻久美子容疑者(69)らが、全国的に盛んだった義援金に目を付け、新規契約の獲得を図ったとみている。

 同社関係者やパンフレットによると、「支援コース」と銘打ち、1口100万円を出資すると、1年後の満期時には5万6000円の配当金が受けられ、うち1000円を義援金として日赤を通じて被災地に届けるとしていた。

 安愚楽牧場はその後、出資者向けの冊子で、募集期間の11年6月末までに923件の契約があり、義援金は92万3000円になったと報告。「被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げる」としていた。

[ 2013年6月20日 17:36 ]
-----

新コース資金、専用口座で管理か=破綻直前に大口契約狙う―安愚楽牧場事件・警視庁(時事通信社2013年6月18日)

遅くなりました m(__)m

逮捕当日、時事通信社のニュースです

注目は破綻間際の「肥育牛コース」のこと・・・

三ケ尻容疑者は周囲の役員らに「(集めた資金は)別枠で管理しているから大丈夫だ」などと吹聴

っていうことは、この役員がそう話しているということ、だよね
家政婦は見た!はありえず、役員以外のいるところでそんなこと言わないでしょう

新コースは三ケ尻容疑者が財務経理担当の元専務大石勝也容疑者(74)=同容疑で逮捕=と相談して創設。同社の顧問弁護士にも相談していた

三ヶ尻と大石でコース創設
ヤメ検、土屋東一氏が相談役で登場!ということですね

っていうことは、このことを言ったヤツはだれだ?
他に言うような役員がいるのかなぁ?
捕まった者同士がそう言ってるってこと?
増渕と大石は、「知りません」って言ってるしね

安愚楽牧場:社長と弟が「私物化」…元社員が証言(毎日新聞2013年06月20日)
という話もあるし・・・

当然、警察もいろんな人から情報を集めているだろうから・・・
辞めた元幹部とか役員ってのも当然調べてるよね?

みなさん、たのんます m(__)m


ボケ尻、正直に、は け よ !!!

クビつるなよ !!!

生きて、罪を償ってもらわないことには、つまらん

角田美代子みたいには、ならないでくれ・・・・・

言っとくが、アンタのしたこと・・・

7万3千人だぜ、、、4200億円超、、、

限りなく生命犯罪に近いものだ、ということは忘れないでもらいたい

そんなこと、感じてもいないのだろうけど・・・

今、詐欺に手を染めているみなさんも、本気で考えてもらいたい

人殺しに近いことしてんだぜ


死ぬまで、出てくんな !!!


http://news.nicovideo.jp/watch/nw657574
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-130618X621.html
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0619/jj_130619_2078757728.html
---
新コース資金、専用口座で管理か=破綻直前に大口契約狙う―安愚楽牧場事件・警視庁

2013年6月18日(火)19:22

 安愚楽牧場による特定商品預託法違反事件で、逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)が、同社の経営破綻直前に肉牛の育成で配当を出す新コースの募集を決め、集めた数億円の資金を専用の口座で管理していた疑いがあることが18日、関係者への取材で分かった。

 三ケ尻容疑者は周囲の役員らに「(集めた資金は)別枠で管理しているから大丈夫だ」などと吹聴していたといい、警視庁捜査2課は経緯などを詳しく調べている。

 同社は破綻する数週間前の2011年7月、これまでより短期間の運用で年利換算8%の配当が得られるとする「肥育牛コース」の募集を開始した。同コースは子牛を肉牛として育て、売却益を配当に充てるという過去に詐欺事件などで摘発された和牛商法業者と同じ方式。安愚楽はそれまで主に繁殖牛が産んだ子牛の売却益から配当を出していた。

 捜査関係者などによると、新コースは三ケ尻容疑者が財務経理担当の元専務大石勝也容疑者(74)=同容疑で逮捕=と相談して創設。同社の顧問弁護士にも相談していたという。 

[時事通信社]
-----

隠蔽工作、元社長が指示(MSN産経ニュース2013年6月21日)

ニュースを追いかけるだけで精一杯です(^_^;)

できたら、手元にある資料も見せていきたいと思っていますが・・・


SannkeiBiz(サンケイビズ)の安愚楽牧場記事
2013-06-21(08:08)
に続きまして、MSN産経ニュースです

この記事内容の証拠資料、日記に載せてるのがあります

安愚楽牧場 震災支援うたい勧誘「配当で義援金」(スポニチ2013年6月20日)
2013-06-20(18:56) のニュース記事の証拠写真でもあります

ラスベガス6日間ご招待予定のまま倒産(安愚楽 三ヶ尻久美子社長)
2013-04-28(18:47)
 ↑ ↑ ↑
ここに、破綻しているにもかかわらず、8月に送ってきたあぐらニュース8月号を載せてます
突然、8月1日に届いた安愚楽側の弁護士名で送られてきた支払い停止の通知書…
その後に届きました
まきばコースの人には、毎月なにか届いていたのでしょうか?
それに、8月初めに同じ「泣きっ面に蜂」の通知が届いたのでしょうか?
「あぐら物語日記」に辿りついてくれた人は、やはり古いオーナーさんがほとんどです

最近、ここに訪れてくれたあなた、教えてくれたら嬉しいな(*^_^*)


■あぐらニュース8月 表紙
あぐらニュース8月

表紙下部 に書かれてあるのはこれ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「支援コース」経過ご報告
今年の5月より募集いたしました「支援コース」への多数のご協力、誠にありがとうございました。
6月末日現在、923件のご契約をいただいており、義援金は92万3千円となっております。義援金につきましては、募集終了後、日本赤十字社を通じて被災地へお届けいたします。
あらためて、東日本大震災により被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。



事業報告書等も手元にあります
いずれ、また m(__)m


MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130620/crm13062021270014-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130620/crm13062021270014-n2.htm
---
隠蔽工作、元社長が指示
2013.6.20 21:26 (1/2ページ)[企業・経済事件]

 三ケ尻久美子容疑者
 経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場の旧経営陣による特定商品預託法違反事件で、同社が破綻する約2カ月前の平成23年5月末、東日本大震災の影響で出資者の解約が急増していたのを隠し「来年度も黒字を確保できる」との事業報告書を作成、新たな出資を募っていたことが20日、関係者への取材で分かった。社内では強引な資金繰りを懸念する声もあったが、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)らが独断で偽装工作を推し進めていたとみられる。

 関係者によると、震災や東京電力福島第1原発事故後、和牛の放射性物質汚染の懸念が広まったことなどから、同社は出資者の中途解約が例年の数倍に急増。23年4月には出資者あてに配当が遅れることを通知する文書を出しており、事実上の破綻状態にあった。

 しかし、同年5月末の事業報告書では、震災や原発事故が経営に影響を与えているとしたものの、「下半期には業績を回復し、増収となる見込み」「来年度も5億円の利益が確保できる」などと強調していた。警視庁捜査2課は相次ぐ解約を食い止めるための偽装工作だったとみている。

 同時期には、出資金の一部を被災地への義援金に回す「支援コース」を新設。約9億円を集め、出資者には「義援金は約92万円に上った」などと報告していた。実際に寄付が行われたかは不明で、被害対策弁護団は「当時盛んだった義援金に目をつけ、新規出資者の獲得に悪用した可能性がある」としている。

 また、少なくとも19年3月には出資対象の繁殖牛が必要頭数の6割程度しかいなかったにもかかわらず、牛の「識別番号」を改竄(かいざん)し、1頭に2人の出資者を割り当てる手口で水増し。破綻直前の23年4~7月に同様の架空契約で、約100人から計約7300万円を集めていた。

 こうした詐欺的な手法で出資を募ることに社員から「やり過ぎでは」と反対意見も出されたが、オーナー業務を統括する三ケ尻容疑者は耳を貸さなかったといい、「社の方針と対立し、辞めていく社員もいた」(同社関係者)という。
----

安愚楽牧場:「赤字」申告、法人税0円(毎日新聞2013年06月21日)

安愚楽牧場は、法人税を1円も払っていなかったんですね~

記事に浅野翔太郎さん撮影の写真が載ってます

「赤字」確定申告

んん~~っとぉ、-87,113,489円 だってさ~~

マイナス8千7百11万3千4百8十9円、って~、わかりにくいか(^^ゞ

赤字申告、、、って、

へぇ~~~、おっどろき~~~ Σ( ̄ロ ̄lll)

いやいや、毎年、多くもなく少なくもなく、黒字の報告があったと思うけど・・・

ご丁寧に、見通しの話までしてくれちゃって、私たちを安心させておいたんだよね

2011年5月に届いたのも、そうだったよ


くまtoうし 安愚楽資料館 
http://usisannnikki.cocolog-nifty.com/kiiroitori3/

資料室/事業報告書がありますので、オーナー向けに送られてきた資料はここでわかると思います

一部、あげておきます
平成10年度事業報告
平成11年度事業報告
平成12年度事業報告

その他、私たちに送ってきた、損益計算書や貸借対照表もありますので
くまtoうし 安愚楽資料館」をご覧になってください

記事には「99年度以降、支払った法人税は0円だった」とあるので
平成11年度以降ってことですよね

資料つきあわせてみてくださいm(__)m


もうずっと前から、オオウソこいてた安愚楽牧場ってことですねw

は~い、先生 (^o^)/
「オーナーにウソを知らせてたっていうのは、どういう罪になるのですか?」

いやいや、roko君
「法人税は払っておりません、とはどこにも書いてないだろう」
って言われるか~www


http://mainichi.jp/select/news/20130621k0000m040125000c.html
---
安愚楽牧場:「赤字」申告、法人税0円

毎日新聞 2013年06月21日 02時31分

安愚楽牧場が税務署に提出した申告書類。99年度以降、支払った法人税は0円だった=浅野翔太郎撮影(一部を修正しています)

拡大写真

 安愚楽牧場(栃木県那須塩原市・2011年8月に経営破綻)による特定商品預託法違反事件で、同牧場は顧客らに公表していた決算資料では黒字を続けながら、法人税の確定申告書では「赤字」を計上し、1999年度以降の少なくとも10年間の法人税を支払っていなかったことが分かった。警視庁捜査2課は、逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣が「二重帳簿」で経営実態を隠し出資金を集めていたとみて調べる。

 ◇顧客には黒字と公表

 毎日新聞が入手した安愚楽牧場の確定申告書(98〜08年度)によると、99年度以降はすべての年度で所得金額をゼロかマイナスと申告。いずれの年度も、法人税を払っていなかった。一方、オーナーや顧客らに郵送していた決算書では、99年度から破綻直前の年度までいずれも黒字で、利益が5億円を超える年度もあった。オーナーらには税務署に提出した申告書の内容は知らされておらず、公表された決算書も貸借対照表と損益計算書のみで、個別の税目が分かる内容ではなかった。

 牧場の監査役を務めていた税理士は毎日新聞の取材に対し、「税務処理は問題ない。税務署からも何も指摘はなかった」と話す。

 しかし、決算書を見て出資した男性は「財務諸表を見た限りは何のリスクも不確実性もないと思った。だまされた自分が悪いが金融商品でリスク表示をしないのは不誠実」と憤る。捜査関係者は「投資経験の浅い主婦や財務諸表に詳しくない一般投資家に対し、うその数字を示して出資を募ったのは詐欺的行為ともいえる」と話している。【浅野翔太郎、福島祥、中川聡子】
-----


★追記(2013.06.30)
リプラス情報収集組合の記事、コメント欄に載せました

2013年06月23日
安愚楽牧場:「赤字」申告、法人税0円~税とは関係の無い犯罪は、税務署もお咎めはしない。

破綻直前に高配当新商品 安愚楽牧場、元社長が販売主導(朝日新聞2013年06月19日)

もう、笑ろてまうわ~(笑)

きっと、YS商事にはいろいろと連絡が入っているのだろう

ま、安愚楽牧場を引き継いだ会社なんだからね・・・

私も当然のことながら、連絡を・・・なんてヤボなことはしない

もう、このままかも?と思っている


実は、朝日新聞デジタルの記事は =続きを読む= が出るし、ログインしたり、めんどっちぃので飛ばすことがある
この日は、大忙しで、どうだったのか思い出せない

今日、これ読んだっけ?と見直してみたら、な、なんと、オモロイことが書いてあった

---
 当時、安愚楽の幹部の間では経営悪化が知れ渡っていた。ある元幹部は「こんな時期に、より高配当のコースを募って大丈夫か」と食い下がったが、三ケ尻容疑者は聞き入れなかったという。

 新商品の募集を知らせる案内状が全国のオーナーに郵送されたが、東京支店の営業マンたちも「こんな商品は売れない」と拒んだ。三ケ尻容疑者は本社にいる総務部門の社員たちに電話による勧誘を指示。数日で3億数千万円分を売ったところで販売を打ち切った。

---

わっはっは\(^o^)/

毎度毎度のことながら、幹部ってだれや?
本社総務の社員たちが電話による勧誘って、マジか(笑)
そんなこと聞いたこともなかったから、あたしゃ訊きそびれたよ^^
ちょっとでも耳に挟んでいたら訊いたのに・・・
お客様業務はオーナー営業部が全てやっていて、解雇後は困ったと言っていた
さすがやな、朝日新聞記者さん! 
辞めた人からきいたのかしら? それか捜査関係者?

もう、あの時の女性社員さんとは1年以上話していない・・・
お元気ですか?
まだ、YS商事さんにいらっしゃることはわかってるので安心しましたが・・・
きっと、YS商事の社員さんも事情聴取されるんだろうな・・・・・

それにしても、元安愚楽牧場社員で、総務でも経理でもないSさんってどこの部署やねん
そういう人が、電話に出ているということは畜産の人?

そういうことはお答えできませんばっか、、、
管財人のほうに電話してって、、、あのね~、そんなこと知るわけないっしょw


 「社員のかたが本当に気の毒。みんな電話の対応も素晴らしかったし、配当もけっこうもらったんです。1千万円くらい損したけど、それほど恨みはありません」

という東京の60代女性・・・
あんたはアホオーナーの鏡やわ\(^o^)/
さすが! 夢を買ったのね^^
だから、恨みはない、、、なかなか言えん言葉やで~
アンタにとっての1000万は、そういうお金だったということ
100万でも、おもーい重いお金の人もおるんやって~

朝日さんも、そういう言葉を軽々しくサラッっと書かんとってほしいわ
みんなそう思ってるように思われるやん
ちゃうて~うらんでるで~知ってて仕事してたんやったら余計やな
オーナー営業部と幹部ってヤツ

もちろん、逃げ切った人はウハウハやで
助かった~ってゆう人もおるやろな
みんなからのお金で利益金も満期金も貰ってるんやし、、、

取材ってね、いろいろと話しててもうまく伝わっていなかったり、記者さんの受け止め方で内容が捻じ曲げられることがあると思うのよね
ごく一部を取り上げられると、思ってることと違うふうにもなる

確か、朝日新聞の東京の人は、第2回債権者集会にも来なかったんじゃなかったっけ?
担当が代わったって聞いたけど・・・
新聞記者さんって転勤や配置換えなどよくあるみたいで大変だろうけど
裁判になる事件は、長くかかるのでそれを追う人も減るし温度差があるし、で、、、


あ~~、なにが言いたいのかわからん話やけど、なんか疲れた(ーー;)

マスコミの人、正義の為の記事を書いてや~!

警察の人、がんばってや~!!

期待してます (*^^)v


朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/national/update/0619/TKY201306180497.html
---
2013年06月19日10時08分
破綻直前に高配当新商品 安愚楽牧場、元社長が販売主導

安愚楽牧場のパンフレット。「日本の畜産を応援」「遅延、減額は一度もナシ」といったうたい文句が並ぶ
 安愚楽(あぐら)牧場の和牛商法事件で、特定商品預託法違反の疑いで逮捕された元社長の三ケ尻(みかじり)久美子容疑者(69)らが2011年の経営破綻(はたん)直前、社員の反対を押し切って、高配当をうたう新たなコースを販売していたことが、同社関係者への取材でわかった。警視庁は、元社長らが事業の崩壊を認識しながらさらに資金集めに走ったとみている。

 複数の同社関係者によると、新コースは経営破綻の約1カ月前の11年7月に三ケ尻容疑者が提案。半年間で約8%の配当という高利回りで、販売目標額を4億円に設定した。

 それまでの同社のオーナー制度は、子牛を産ませる繁殖牛を出資者に買ってもらい、毎年産まれる子牛を同社が売却。オーナーには、子牛の売却代金から年3~4%前後を配当として渡していた。

続きを読む

債権者説明会でもうそ=監査拒否、架空牛販売も―安愚楽牧場事件・警視庁(時事通信2013年 6月21日)

時事通信さんの安愚楽牧場関連ニュースはたくさんありますね

ありがとうございます

それに比べると、共同通信さんの名前はききませんね~

なぜなんでしょ?

って、私が気付かないだけ?

「和牛詐欺」を書いてくれたのは共同通信の方だったのに・・・?

まだまだ、本に書けないことがありそうだったのにね^^


さて、問題です! 久美子の懇意の税理士って、だぁ~れだ?^^

うそばっかこいてたぼけじりくみこのおともだちはだあれ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130621-00000104-jij-soci
---
債権者説明会でもうそ=監査拒否、架空牛販売も―安愚楽牧場事件・警視庁

時事通信 6月21日(金)16時38分配信

 安愚楽牧場による特定商品預託法違反事件で、破綻が明らかになった後の2011年8月の債権者説明会でも、同社が「繁殖牛は11万頭弱いる」と虚偽の説明をしていたことが21日、分かった。
 元社長三ケ尻久美子容疑者(69)らは、繁殖牛の保有数を水増しして顧客を勧誘した疑いで逮捕されており、破綻後も発覚を防ぐため虚偽の説明を繰り返したとみられる。
 関係者によると、安愚楽は生まれた子牛の売却益を配当するとして繁殖牛への投資を募集。牛は約10万頭いるとしていたが、実際には約6割しかいなかった。不足分はオーナーのいる牛に架空の識別番号を追加して実在するように偽装し、二重に販売。架空の牛は番号の末尾を「000」から「002」に変えて区別し、コンピューターで管理していた。
 繁殖事業は、ほぼ不可能なペースで子牛が生まれることや和牛価格の高値安定が前提で、結果は累計1000億円もの赤字。安い飼料や詰め込み飼育などのコスト削減が子牛の質を落とす悪循環で、ホテル経営などの多角化にも失敗した。
 決算資料によると、売り上げに対する利益割合を示す営業利益率は、2010年度までの15年間で7回マイナスになり、黒字の年でも0.1~3.4%と低迷。顧客に約束した年3~5%の配当は無理な状況で、新規の出資金を回す「自転車操業」で配当を捻出していたとみられる。
 経営実態を把握するのは三ケ尻容疑者らに限られ、役員会にも報告はなし。監督官庁の農林水産省が会計士による監査を求めた際、同容疑者は「何を指摘されるか分からない」と周囲に話したといい、懇意の税理士に任せたままだった。 


【関連記事】
〔用語解説〕「特定商品預託法」
元社長らの勾留決定=安愚楽牧場事件
「来年も利益」破綻後報告=虚偽内容で解約防止か
安愚楽牧場幹部を刑事告発=徹底捜査求め、警視庁に
震災直後4月に破綻=被災地支援うたい9億円集金

最終更新:6月21日(金)16時43分
-----

上記ニュースのうち記事を載せていなかったもの、記録します

続きを読む

狙われた「安愚楽牧場被害者」(東京スポーツ新聞社 2013年06月22日)

逮捕から5日目、今までは安愚楽牧場の実態のことがニュースになってました

たいていのことは、既知なんだけど、次のことは知りませんでしたね

耳番号のこと耳№.の 末尾が「002」の牛→架空の牛

ボケ尻が破綻直前に美術品を持ち出し!「私の物だから運んで」

新コース資金、専用口座で管理か顧問弁護士登場

ボケ尻が本社総務部門の社員たちに電話での勧誘を指示


もうひとつ、今のところ被害者に戻る破産の配当が4%という報道…
自分の中では、5%だと思っていた
逮捕後のニュースでは、どこも4%といっている、、、??
いつから?そうなん?でも弁護団がそう把握しているみたいで…?

この1%・・・されど1%
銀行の定期預金でも0.XXXパーセントの世界なのに…
1000万円預託した人は、10万円なんだよ
私、1ヶ月暮らせる、、、

まぁ、今度の債権者集会(7/16)でわかるだろうけど、苦しい被害者としては
この1%が、とても気になりました(^_^;)

管財人さんに支払われる、何億といわれる高い高い報酬に上乗せされるのかなぁと思いました

管財人さん、ご苦労様でしたm(__)m
壺や美術品のことは、ご存知じゃなかったのでしょうか?
この前は3億円ということでしたが、また追加があるんでしょうか?
この報酬については調べてもいないので、しくみがよくわからないのですが
裁判所が決めた金額ということでしたね

ま、4300億の負債のある会社だったのだから、それなりに・・・
ということなんだろうけど、庶民としてはわからん話だ
どうやって決めてんのん?
私としては、被害対策弁護団の弁護士さんにわけてほしいくらいだよ


なんか、だらだらと書いてしまいましたが、二次被害がおきてます!

安愚楽牧場だけでなく、詐欺被害者は個人情報がもれてます

みなさん、あまい話 うまい話は ありません

勉強して、二次被害にご注意を!!


東スポWeb
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/154233/
---
狙われた「安愚楽牧場被害者」

2013年06月22日 11時00分

 Wの“詐欺”悲劇か――。戦後最大級の消費者被害を生み出した「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市)に、とうとう強制捜査のメスが入った。警視庁は18日、元代表取締役ら3人を逮捕した。今回の逮捕容疑は預託法違反。これを契機に全国の被害者約7万3000人、被害金額約4200億円を「だまし取った」ことによる詐欺での立件が本丸となる。全容解明への期待が高まる一方、安愚楽の被害者がさらに金をだまし取られるケースが相次いでいることが判明した。

 警視庁捜査2課は18日、元代表取締役の三ケ尻久美子(69)、元取締役の増渕進(59)、大石勝也(74)の3容疑者を特定商品預託法違反(不実の告知)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、安愚楽牧場の経営破綻直前の2011年4~7月ごろ、オーナーと呼ばれる出資者約100人に対し、保有する牛の頭数が大幅に不足し約定通り割り当てる牛がいないのに、「牛はいる」と書かれたパンフレットや実在しない牛の耳番号を記載した契約書を送付するなどして勧誘した疑い。

 11年8月の経営破綻から約2年を経てついに当局が動いた。和牛オーナー制度は、経営破綻の数年前から出資金を配当に充てる「自転車操業」に陥っていた疑いもあり、警視庁は詐欺容疑も視野に実態解明を進める。

 同日、会見した被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士らは今回の逮捕に納得してはいない。それもそのはず。「詐欺による起訴、再逮捕を強く期待したい」からだ。

 預託法違反と詐欺には大きな違いがある。「牛がいないのに、いるかのように宣伝したこと」(紀藤氏)が前者。一方、その上でお金を払わせることを目的とした行為が後者に該当する。中には億単位の出資者もいるが、被害者は多額の金をゴミにしてしまった。詐欺容疑が適当であることは言うまでもない。弁護団としては「詐欺を固めるために、(預託法違反で)強制捜査に入ったという認識」を持っている。

 政府に対しても、他の和牛商法業者が軒並み破綻していく中で、安愚楽の健全性をしっかり調査しなかったために余計な被害者を出してしまったことへの責任を追及していく方針だ。

 さらに、安堵もしていられない事態が起こっている。「二次被害についても報道してもらいたい」と弁護団の副団長である鈴木喜久子弁護士は訴えた。安愚楽の被害者を狙い撃ちにして「あなたの被害金を取り返してあげる。つきましてはこんな投資話がございます」と近づいてきた詐欺グループに被害に遭う事態である。

「我々が開いた被害者への説明会の会場にまで来て『あなただけに話がある』と持ちかけてきた者までおりました。おそらく安愚楽からリストが漏れたのでは…」(鈴木氏)

 こうなると泣きっ面に蜂どころではない。

「正確にはわかりませんが、数百件は二次被害が起きたそうです。中には1000万円単位の金を取られた方も」(同)

 逮捕された3人の破産手続きで得られた金を含めてもなお、被害金額の4%しか資産回収が見込まれていない現実がある。「その情報が今日の逮捕で大々的に報道されますと、焦った方がまただまされることも。特に高齢の方に気をつけてもらいたい」

 つまり「返ってくる金額はこれっぽっちかい!?」と嘆く人が、「被害金を取り戻せますよ」とありもしない詐欺話を持ちかけられ、引っかかってしまうのではないかという危惧だ。日本を震撼させた安愚楽の騒動はただでは終わりそうにない。
-----

安愚楽牧場事件 「1年後には1万5000頭増える」(TBSニュース2013年6月21日)

TBS Newsi は、出てすぐ見ていても「404 Not Found」になってしまう
ので、おいといた (^_^;)

それで、ニュース画面のコピー用紙より写りがいいかも?
証拠写真ね


平成23年5月31日付 平成22年度事業報告書 より抜粋
---
黒毛和種牛飼養頭数

黒毛和種牛飼養頭数(平成23年3月末現在)

総頭数:145,226頭

飼養頭数の推移
 (図表より)

平成19年3月末 128,413頭
(略)
平成23年3月末 146,226頭
平成24年3月末 160,000頭 (予想)


自社牧場・預託牧場(平成23年3月末現在)

自社牧場:40牧場   自社牧場飼養頭数:73,408頭

預託牧場:338牧場  預託牧場飼養頭数:71,818頭

---


★roko★
平成24年(2012年)3月末、安愚楽牧場の牛は 0(ゼロ)じゃないの?

予想、はずれたね~(大笑)


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5363544.html
http://news.tbs.co.jp/20130621/newseye/tbs_newseye5363544.html
---
最終更新:2013年6月21日(金) 13時20分
安愚楽牧場事件 「1年後には1万5000頭増える」

 経営破たんした「安愚楽牧場」をめぐる事件です。破たん直前に牛の数を水増ししていたにもかかわらず、旧経営陣は客に送った事業報告書で、1年後には牛の数がおよそ1万5000頭増えるという根拠のない予想値を示していたことがわかりました。

 この事件は、栃木県那須塩原市にあった「安愚楽牧場」が客から出資を募る際、会社が飼育していた繁殖牛の数を実際の数より水増しして伝えていたとして、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら3人が逮捕されたものです。

 安愚楽牧場では、遅くとも2007年以降は出資者の数に対して繁殖牛の数が不足していたとみられていますが、会社が破綻するおよそ2か月前の2011年5月末、客に送った事業報告書の中では、1年後には牛の数がおよそ1万5000頭増えるという予想値を示していたことがわかりました。

 これは子牛などを含めたすべての牛の数の予想値ですが、まったく根拠がない数値で、警視庁は、三ケ尻容疑者らが、出資者の解約を防ぐため、事業の好調さを偽装していたとみて調べています。(21日11:05)
-----

背信 安愚楽事件(読売新聞 栃木 企画・連載2013年6月19日~21日)

読売新聞 ホーム>地域>栃木>企画・連載

背信 安愚楽事件

 過去最大規模の投資被害事件に、ついに捜査のメスが入った。経営破綻した安愚楽牧場(那須塩原市)の旧経営陣が18日に逮捕された特定商品預託法違反事件。「投資を募るだけ募り、破綻したらそのまま逃げた。だまされた」「地元の企業だから応援したいという気持ちがあったのに裏切られた」――。県内の投資被害者らは破綻から2年たった今もやり場のない怒りを抱えたままだ。和牛預託商法を巡る投資被害が絶えない中で、なぜ被害を防げなかったのか。事件の背景を追った。

■2013年6月19日 狂った人生設計 傷癒えず

■2013年6月20日 元従業員「信じたくない」

■2013年6月21日 被害者 国の責任追及へ


★roko★

新しいオーナー、まきばコースの人には、わら半紙のような粗末な紙の入った手紙が送られていたのか?
封筒の色だけでなく、紙まで変えていたのか・・・


子どもの進路のこと、、、

出資を勧めた妻とのけんかが絶えないこと、、、

あきらめること、、、

泣き寝入りをすること、、、


忘れられるものならば、それでいいのです

誰も皆、自分で決めたことですから、結果も自分で背負わなければなりません

どういう道を行こうとも、真実を知って
安愚楽牧場事件を教訓に、これからの人生を歩んでほしいと思います

私はまだまだ、追いかけてゆきます

そして、この事件により、これまでの問題点をさぐり
行政の改善、法改正がなされ
日本から、詐欺によって苦しむ人が減ればいいな、と思っております

もちろん、詐欺師たちには、厳罰を!!という気持ちに変わりありません

続きを読む

『安愚楽牧場行進曲』にニュースがてんこもり(*^^)v

安愚楽牧場 元社長ら逮捕からのニュースは、安愚楽牧場行進曲でアップされてます

不知火さん、ありがとう!\(^o^)/

私が取り上げてないこともたくさんあります
みなさん、ぜひとも、ご覧になって下さいネ(*^_^*)


急転直下! (6/18)

続報! (6/18)

特集を組んでほしいなぁ^^ (6/19)

大忙しです^^ (6/19)

二重販売&美術品持ち出し (6/20)

脆弱なビジネスモデル? (6/20)

想像してみよう^^ (6/21)

安愚楽ニュース、てんこもりっ! (6/22)

記録&保存(2013/06/18の報道) (6/23)

記録&保存(2013/06/19の報道) (6/24)

記録&保存(2013/06/20の報道) (6/25)



★roko★
実は、私、全部見たかどうか、確認しきれていないのです(^^ゞ

その中に、以前「あぐら物語日記」で紹介させていただいた方のブログ記事もありましたので、記録しておきます

みなさま、記事を書いてくださり、ありがとうございましたm(__)m
今後とも、よろしくお願いいたします(*^_^*)


粉飾決算 脱税と倒産

http://funshoku.blogspot.jp/2013/06/agura-bokujou-tousi-sagi-taiho.html
安愚楽牧場 投資詐欺で逮捕 
2013年6月18日(火曜)
安愚楽牧場に強制捜査が行われ、経営者が投資詐欺で逮捕されるようですね。安愚楽牧場は倒産から2年近く経過しており、民主党の党首が広告塔であることで話題になりましたが責任追及に注目ですね。

★roko★
たむごん様には、MRIインターナショナル、K&A倒産と
いままでたくさんの記事を引用させていただきました
ありがとうございます(*^_^*)


Annex to a house

http://annex2ahouse.blogspot.jp/2013/06/blog-post_24.html
2013年6月24日月曜日
海江田氏と安愚楽牧場の黒い関係

★roko★
木霊(こだま)様はこちらの日記で紹介させていただきました
「安愚楽牧場」のことを書いてくれてるブログ(*^^)v
「小豆さんおこったぞ」の写真を、私が載せてました(笑)

今回の木霊様の記事には・・・
『安愚楽牧場だより 特別記念号』 発行 平成2年7月吉日
「新社長就任披露パーティ特集」の写真が載ってます

破綻前年、勧誘に25億円 安愚楽牧場、営業経費の6割 (朝日新聞2013年6月19日)

これに載っている写真と同じです

逮捕された社長の三ケ尻久美子容疑者のお隣にいるのは、誰あろう海江田万里氏

いや、お二人とも若いから当然ですが、今のお顔は、、、
悪くなりましたね・・・ま、どうだっていいことですw

前にも見た写真なんですが、海江田氏の隣にいる白髪の老女はどなたざんしょ?
なぁ~んて、どうだっていいことのほうが気になるrokoでした
もう、お亡くなりになっているでしょうかね orz

------------------------------
★追記(2013.06.26)
コメント欄にて教えていただきました^^

海江田氏の隣の女性は作家の中山あい子
(1923年1月9日 - 2000年5月1日 心筋梗塞のため死去 享年78)

一番左の女性は横浜支店の営業(元アナウンサー)1987年最初の契約からの担当者
海江田氏と中山氏はオーナー代表で挨拶した

・・・おお~! 思い出しました~^^
この人かどうかわからないけど・・・
1990年代の懇親会や食事会とか行った時の司会は、そういう女性でした

さんま@横浜 さま、記憶を呼び覚まして下さって、ありがとうございます(*^^)v

動かなかった国 安愚楽牧場破綻 7万人被害(東京新聞2013年6月26日)

あっはっは~^^

rokoは、ただ今、東京にいま~す!

なんちゃって~、オオウソだよぉ~ん\(^o^)/

今日の東京新聞で~す


東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013062602000113.html
---
動かなかった国 安愚楽牧場破綻 7万人被害

2013年6月26日

 経営破綻した畜産会社「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市)の旧経営陣が、うその説明で顧客を勧誘したとして警視庁に逮捕された事件で、国の責任を追及する声が出ている。破綻の二年半前、農林水産省が財務書類に問題があると指摘しながら、担当を引き継いだ消費者庁が調査しなかったからだ。全国被害対策弁護団は「行政の不作為が被害を拡大させた」として国家賠償訴訟も検討している。(沢田敦、宮畑譲)

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
-----

東京新聞 3面  2013年(平成25年)6月26日 水曜日
東京新聞3面(2013年6月26日)
最後は「と話した」です

斜めになっているのはご勘弁をm(__)m

■09年に把握
「国が早く調査に乗り出していれば、多くの被害は防げた」。・・・・・

・・・と続きます

安愚楽牧場元社長 容疑を否認(NHK 2013年6月26日)

元社長が、「牛は足りていなかったのではなく、牛を顧客に割り当てる作業が追いついていなかっただけだ」と容疑を否認

だそうです、、、

笑かしてくれるやん(*^_^*)

さすが、ボケ尻!!

コンピュータで管理してるんちゃうんかい!

牛の割り当ては、どなたがやってらしたのかしら?
まさか、久美子様だなんてことはありませんよね?
もし、「牛を顧客に割り当てる作業が追いついていなかっただけ」なら
「オラオラ、てめーら、さっさと仕事せんかい!!」
って、おっしゃるのではないかしら?
破綻間際の金集めに本社総務社員に電話勧誘を命令されたくらいだもの・・・
従業員さんは、ちゃんといわれたことはこなしてらっしゃると思うけど~^^

あれ~、基本的に、牛がいて初めて募集をかけられるんじゃないのかなぁ?
耳番号のついたメス牛がいてこそ、契約できるんじゃないかしらん?
契約書にちゃんと番号ふられてますわよ

「みなさんのご要望にお答えして期間の短いものがご用意できました」
などというご案内が、よく届きましたが、、、
この時もウソだったということでしょうか?


そんなことで、契約書の左上部の写真です

契約書耳NO.

契約書  耳NO. GJ2669002

耳番号の末尾が「002」ですので、架空の牛でしたね~w

私、済州島コースで韓国・済州島に行ったんですね~^^
どなたか、これに行かれた方いらっしゃいませんか~^^
この時の契約プレゼント旅行で、近ツリ以外の安愚楽側添乗員が大阪支店長でしたね

この契約は2011年4月契約満了で満期金遅延依頼があって、1ヵ月後に返してもらいました
この時、お知らせに書かれたフリーダイヤルに電話して、出たのも大阪支店長でした

今、牛を売るより後にしたほうが高く売れるから・・・などと言われ
那須(東京か?)までご苦労様ですね~・・・などと話し
震災や原発のこともあり、すっかり信じ込んでしまったアホrokoでございました
ちょっと、笑える^^

また、お知らせや契約書、見せてないものは機会がありましたらUPします


NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130626/k10015585031000.html
---
安愚楽牧場元社長 容疑を否認
6月26日 4時19分 K10055850311_1306260755_1306260755.mp4

「安愚楽牧場」の「和牛オーナー制度」を巡る事件で、牛の数を過大に説明して出資者を勧誘していた疑いで逮捕された元社長が、「牛は足りていなかったのではなく、牛を顧客に割り当てる作業が追いついていなかっただけだ」と容疑を否認していることが、弁護士への取材で分かりました。

栃木県に本社があった安愚楽牧場の元社長、三ケ尻久美子容疑者(69)ら、元幹部3人は、経営破綻する直前のおととし、「和牛オーナー制度」で投資する牛の数を過大に説明して出資者を勧誘していたとして、今月18日、特定商品預託法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
会社は破綻するまでの3年間、9万頭から10万頭の牛がいると公表していましたが、警視庁によりますと、実際には6万頭ほどにとどまっていたということです。
警視庁は3人が容疑を認めているかどうかを明らかにしていませんが、三ケ尻元社長が「牛は足りていなかったのではなく、牛を顧客に割り当てる作業が追いついていなかっただけで、今後割り当てるつもりだった」と容疑を否認していることが、弁護士への取材で分かりました。
元社長は「破綻の直前まで、経営は立て直せると思っていた」とも話しているということです。
また、元幹部2人も容疑を否認しているということです。
警視庁は会社が破綻したいきさつなどについて調べを進めています。
-----

犯罪にはならない~安愚楽牧場元社長(日テレNEWS 2013年6月28日)

安愚楽牧場元社長 容疑を否認(NHK 2013年6月26日)
2013-06-26(15:00)

2日前のNHKニュースに続いて、日テレNEWSです

きゃあ、三ヶ尻う●こ、その調子、その調子~\(^o^)/

どんどん、ゲロはいちゃってyo~^^

って、同じ内容か、、、

いやいや「犯罪にはならない」と、いってくれたところは、素晴らしい^^

おまえが決めるかぁーー(ーー;)

犯罪以外の何ものでもない!!



---
< 2013年6月28日 12:48 >

 「和牛オーナー制度」をめぐって逮捕された「安愚楽牧場」の元社長が、警視庁の調べに対し、「牛の数は足りていたはずだ。犯罪にはならない」などと話していることがわかった。

 安愚楽牧場の元社長・三ヶ尻久美子容疑者(69)、元役員・増渕進容疑者(59)と大石勝也容疑者(74)は、牛の数を水増しするなどウソの説明をして勧誘したとして、特定商品預託法違反の疑いが持たれている。

 警視庁は栃木県警と合同捜査本部を設置し、28日、栃木・那須塩原市にある三ヶ尻容疑者の自宅など関係先数か所を家宅捜索し、事件の全容解明を進めている。

 弁護士への取材で、三ヶ尻容疑者が警視庁の調べに対し、「牛の数は足りていたはずだ。手続きが間に合わなかった。犯罪にはならない」と話していることがわかった。容疑を否認する一方で、「出資者には、破産して金を払えず申し訳ない」と話しているという。
-----

「繁殖牛足りなかった」=否認から一転、容疑認める-逮捕の元社長・安愚楽牧場事件(時事通信2013年7月2日)

おぉ、三ヶ尻と大石が!!

「繁殖牛の数が足りないことは認識していた」と認めたそうです


昨日の夜の時点では気付けませんでした

こういう時って、弁護士と何度も会って話ができるものなの?

ま、なにもかも、本当のことをゲロしてくれ・・・


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013070201044
---
「繁殖牛足りなかった」=否認から一転、容疑認める-逮捕の元社長・安愚楽牧場事件

 安愚楽牧場(栃木県、破産手続き中)による特定商品預託法違反事件で、逮捕された元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)が警視庁などの調べに対し、「繁殖牛の数が足りないことは認識していた」などと容疑を認める供述を始めたことが2日、弁護人への取材で分かった。
 弁護人によると、三ケ尻容疑者は当初、「牛の数は足りていた。顧客に割り当てる手続きが間に合わなかった」などと否認していた。また、元専務大石勝也容疑者(74)=同法違反(不実の告知)容疑で逮捕=も否認していたが容疑を認める供述を始めたという。
(2013/07/02-22:42)
-----

続きを読む

安愚楽牧場 虚偽報告を使い分け 消費者庁、矛盾見逃す (産経新聞2013年7月3日)

ただ今、rokoはホイップクリームと格闘中、、、

前の日記を書いてから、コメントのお返事書いて~大家さん見て~とかして・・・

他にも安愚楽牧場関連ニュースがあるのだけど、手が回らない、、、

願掛けしてるしぃ・・・

その他、A BUG's Pensieve 2に面白い記事ありますので、そちらをどうぞm(__)m

また、後ほど・・・・・


産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130703-00000125-san-soci
---
安愚楽牧場 虚偽報告を使い分け 消費者庁、矛盾見逃す
産経新聞 7月3日(水)7時55分配信

安愚楽牧場の売上内訳(写真:産経新聞)

 経営破綻した安愚楽牧場の旧経営陣らによる特定商品預託法違反事件で、同社が税務当局に「赤字」と申告する一方、出資者には毎年「黒字」と虚偽の報告を続けていたことが2日、関係者への取材で分かった。監督する農林水産省は破綻前の調査でこうした資料を入手していたが、業務を引き継いだ消費者庁は十分な監査や指導を行わずに矛盾を見逃していた。被害者側は「国の不作為が被害拡大の要因」として国家賠償請求訴訟を検討している。

【フォト】逮捕された安愚楽牧場の元社長

 元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら旧経営陣の逮捕から同日で丸2週間。弁護士によると、三ケ尻容疑者は当初、容疑を否認していたが、認める供述を始めているという。

 関係者によると、同社は確定申告で、純資産が平成19年にマイナス67億円、20年にはマイナス40億円などと債務超過を示す書類を税務署に提出。少なくとも11年以降の10年間、法人税を納付していなかった。

 一方、出資者向けの事業報告書では、契約満了時に返還される出資金を「売上金」に計上し、売上金が毎年伸びているように偽装。畜産事業は赤字だったのに、年間で最大5億円の利益が出たなどと経営の順調さをアピールしていた。

 同社の財務資料を分析した大黒崇徳税理士は「新たに出資を募るのに債務超過であることを明らかにするわけにはいかず、利益が出ているように見せかける会計処理をしていた可能性が高い」と指摘する。

 監督官庁の農林水産省は同社が23年8月に破綻する約2年半前の21年1月、立ち入り調査で財務資料を入手。子会社への貸付金が計上されていないなど書類上の不備を指摘し、外部監査や財務状況を定期的に報告するように指示した。

 その後、同年9月に発足した消費者庁に資料ごと業務を引き継いだが、同庁は22年7月、同社が経営の改善状況などの報告を申し出た際、「必要があれば連絡する」と断っていた。

 同庁は破綻後に立ち入り調査し、19年ごろから出資者向けの繁殖牛が必要頭数の6割程度しかいなかったことを確認。景品表示法に基づく措置命令を出した。同庁は当時、報告を断ったことについて、「農水省が指摘した不備は改善されていた」などとしていた。

 農水省の調査直後の21年3月末の出資者は約4万8千人、出資額は約2900億円だったが、同社は実施するように指示された外部監査を行わず、破綻時には約7万3千人、約4300億円に拡大していた。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士は「農水省や消費者庁がもっと真剣に取り組んでいれば、ここまで被害は膨らまなかった。国の怠慢は明らか」と訴えている。


【関連記事】
「漫然と登録・更新続けた」 過去の巨額詐欺で国家賠償15億円も
民主・海江田氏“泣きっ面にウシ”…安愚楽牧場元「広告塔」
どんぶり勘定、姉弟で“ワンマン”…「和牛商法の元祖」安愚楽の実態
「将軍さまと呼べ!」冗談メールまで質され…8億円振り込んだアニキの怒り
「京大病院医師」「年収8千万円」…5つの“ヅラ”で女性を虜にした結婚詐欺師

最終更新:7月3日(水)12時27分
-----


安愚楽牧場 虚偽報告を使い分け 消費者庁、矛盾見逃す
産経新聞(2013年7月3日08時05分)
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_snk20130703125

続きを読む

子牛高騰、肥育農家ピンチ 佐賀県、繁殖支援を強化へ [佐賀県](西日本新聞 2016年3月5日)

昨日、公園で訊かれてしまった^^
「おばちゃん、毎月食費どれくらいかかってる~?」

今、全く家計簿をつけていない私(^^ゞ
「♀ちゃんくらいの頃はつけてたけど、今1回買い物行けば5000円くらいは使うからなぁ…」
「そやろ~。使うやん…」

色々と話しました
「お金貯めるのは、子供の小さいうちやで、教育費もかかるし…」

「♂ちゃんはお肉食べたいやろ…けど、牛肉なんて高こうて買えへんわ」
若者がこう言ってます
昨日は鍋にするって言ってましたが、入れるのは鳥肉と豚肉ですって^^


家計簿もつけてないのにって言われるかもしれませんが、じわじわと物価は上がっているように思います

今はクレジットカード支払いが多いので、お札を出すことが少ないですが、レシートを見ると結構な金額で、前はそんなじゃなかったような気がする
現金で支払うと1万円札がヒラヒラと飛んでいくカンジ
ウチのような年寄りはもういいけど(笑)、若い人は食べなきゃだし…

子育てしてる若者世代の家計、切実ですよね。。。


おまけ
春3月 "桜と梅”でラッキーセブン"7777"フィーバー\(^o^)/
 2013-03-02(15:07)


この時は日用品とお酒やお菓子を買ったので7777円でしたけど(笑)

写真から、早3年…ヽ(^o^)丿
安愚楽牧場のことで、未だに良い話は聞けてないような・・・??(笑)
さっさと詐欺罪で裁かれよyo(*^。^*)
世の中に安愚楽牧場の実態を知らせyo(^o^)丿




ということで、本日のタイトル記事です

「安愚楽牧場」と書かれた部分は…

 10年の口蹄(こうてい)疫発生で大量の肉牛が殺処分された宮崎県や東日本大震災被災地でも繁殖農家が激減。繁殖牛オーナー制度が行き詰まった「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県)の破綻も拍車を掛けた。


口蹄疫の初発は安愚楽牧場だと言われているのに・・・(>_<)

続きを読む

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク