米MRI資金消失で被害対策弁護団 (日本経済新聞2013年5月1日)

MRIインターナショナルのことは、カテゴリ:MRIインターナショナルに書いています
                     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
MRIで検索して来られた方は、ポチッとどうぞ^^↑

ただ、私は被害者ではないので、しっかりと見られていません
ブログで記事を書かれている方を紹介させていただいてます
私が書いた人以外にもたくさんの方が記事に取り上げてらっしゃいますので、情報が欲しい方はそちらをご覧下さい

日記には、書いておりませんでしたが、MRIインターナショナルでも被害対策弁護団が立ち上がるようですね

8日に記者会見、12日に出資者を対象に説明会、ということだそうです
明日の午後ですね
また、情報が入りましたら日記にします m(__)m


日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG01021_R00C13A5CC0000/
---
米MRI資金消失で被害対策弁護団

2013/5/1 12:30

米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題を巡り、東京の弁護士らが被害対策弁護団を立ち上げる方針であることが1日、関係者の話で分かった。8日に記者会見を開いたうえで、12日に出資者を対象に説明会を行う予定。集団訴訟などを通じて同社に出資金の返還を求める。

 関係者によると、弁護団は弁護士約20人で結成。既に参加弁護士の一部に出資者から「自分が投資したお金は返ってくるだろうか」との相談が複数寄せられている。

 MRIを巡っては、顧客の出資金1300億円超を実際には運用せず、大半を消失させた疑いが発覚。証券取引等監視委員会が4月26日に強制調査し、実態解明を進めている。
-----

「MRI被害者の会」と「MRI インターナショナル 被害者の会」

米MRI資金消失で被害対策弁護団 (日本経済新聞2013年5月1日)
2013-05-07(09:16) 
今朝、遅ればせながら、MRI被害対策弁護団のニュースのことを書きました


そんな中、こんなラブレターをいただいています(笑)
いつも、ありがとうございます (*^_^*)


☆☆☆☆☆

MRIは発起人が名乗りを上げたようです

某氏絡みで、最近、見に行くようになった「したらば掲示板」

そこに、「MRI被害者の会」というスレが立っていました。

> ●MRI被害者の会
> https://sites.google.com/site/mrihigaisha/

ホームページの趣旨によると
-------------------------------------------
今回の、MRIインターナショナルの投資で被害にあわれた方を集め【被害者の会】を結成し
集団にて訴訟(この部分は弁護団)・政府への被害者の財産の原状回復・税制面での寛大な処置を求め行動を起こしたいと考えホームページを立ち上げました。
 周りには,言えず一人で無き寝いりしてはMRIの幹部の思うがままです。
皆で一致団結し戦わなければならないと強く考えます。
被害にあわれた方は、何卒ご連絡をください。一緒に戦いましょう!
人数が多ければ多いほど、強力な発言力を有します。
ご連絡、お待ちしています。
------------------------------------------

名古屋市在住の一木という名前があり、連絡先として ↓ のように書いてあります。
( HPの別ページによれば、一木 堅太朗という方のようです )

------------------------------------------
連絡先
住所:新しく決まり次第公表します。
電話番号:080-4968-9511
メールアドレス:mri.higai@wh.commufa.jp

※昼間は、会社員として働いておりますので電話にすぐ出る事が難しいと思いますが
できるだけ早く折り返します。
------------------------------------------

別に、「MRIインターナショナル被害者の会」というのもあるようで、こちらは弁護団説明会の告知が載っています。
( 名古屋の「MRI被害者の会」のほうも、HPによれば発起人氏は弁護士と相談していると受取れる記述があります )

☆☆☆☆☆


このホームページ見にいきました

昨夜見た時は上記でしたが、今現在の連絡先は、次のとおりです
---
郵便物郵送先:愛知県名古屋市天白郵便局
電話番号:080-4968-9511
メールアドレス:mri.higai@wh.commufa.jp
---


一木 堅太朗 様、あなたのこと、尊敬いたします

私が見た後にもHPは更新されてますし、寝る時間もないでしょう

きっと、この為に新しく携帯も購入されたかもしれませんし、昼間はお仕事をされてます
御自分の名前を出すということは、いろんなところからの影響がありますし…
このGW中も休む間もなかったでしょうね
おそらく、今頃は携帯にジャンジャン電話があるけど、仕事は仕事だし…
今夜からも、寝る間も惜しんで・・・というのが目に見えるようです
ご苦労お察しいたします m(__)m
現在おひとりで活動されているようですので、お近くの方など協力の声をあげられてはいかがでしょうか
近ければ、私がお手伝いに参りたいくらいです
前に立つことはできないけど、お手伝いならできるという人もおられますよね

被害に遭った時、被害者が声をあげなければ動きません
その声も個別にあげるだけでなく、たくさんの人の声が集まることによって大きな力となります

「MRI被害者の会」が先に被害者の会を名乗られたようですが、一木さんという方がおられて大変心強いと思います
(安愚楽牧場被害者としては羨ましく思います)


●一木さんの「MRI被害者の会」はコチラです
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://sites.google.com/site/mrihigaisha/


■「MRI インターナショナル 被害者の会」はコチラです
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://mrihigai.seesaa.net/
MRI インターナショナル 被害者の会
米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が日本の顧客から預かった資産を消失させた疑惑により被害が拡大している。
詐欺被害の専門弁護士による被害者の会の設立が待たれている。MRIの悪質な手口と被害救済や返金の方法をまとめる。


---

さて、安愚楽牧場の場合、民事再生法が申請され、詐欺だということが報道にもならなかったせいか、たくさんの被害者がおりながらも「被害者の会」なるものが立ち上がらないまま、今日まで来ました
1年9ヵ月、経ちました

こういった被害の場合、まず被害者の会が立ち上がって弁護団という運びになることも多いとか、どこかに書いてありました
以前、ネットの中で個人で弁護士に相談に行くという人がいらしたように思いますが、そういう方は今どうされているのでしょうか?

全国弁護団は人数が多いので、リーダーとなってくださる方がいらっしゃると思うのですが…
このブログにコメント下さる方の中では、そのような話題に触れたら気を悪くされてコメントを下さらなくなった方や、自分はそんな器ではないから事務局とかお手伝いならできるけど…と思っている方が多そうです
ブログを書いてくれてる人も、みんな関東じゃない人ですしね
自分のことを棚にあげて言うのはなんですが、私にできることは何でもします
みなさま、どうぞ宜しくお願いします


長くなりましたが、続きは一木さんのHPの今現在の「ニュース5月7日up」です

お若い方ですから、まだ平気でしょうが、睡眠はとって下さいね(*^_^*)

続きを読む

財務・金融相、MRI問題「行政調査としては終了」(日本経済新聞2013年5月7日)

ということだそうです

詐欺をはたらいたものは、罰せられなければならぬ !!!

そして、このようなことが二度と起こらないように、行政は考えなければならぬ !!!


日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL070MA_X00C13A5000000/
---
財務・金融相、MRI問題「行政調査としては終了」
2013/5/7 11:10

 麻生太郎副総理・財務・金融相は7日午前の閣議後記者会見で、米金融業者MRIインターナショナルによる巨額資金の消失問題に関し「今の段階で行政調査としては終わった形になる」と述べた。そのうえで「これが犯罪ということになれば、司法の手に入ってくる形になる段階だと思う」との見解を示した。

 米当局との連携については「いろいろやっているが、これくらいの(被害)額だと言える段階まで詰まっている訳ではない」と説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
-----


★追記★ 
社会人サークルリプラス情報収集組合~不動産投資・倒産・過払い金・被災被害者情報
に記事がありましたので、追記します

http://re-plus.seesaa.net/article/359418885.html
---
2013年05月07日

財務・金融相、MRI問題「行政調査としては終了」~まず被害を回復しようという志が最終的な戻りを大きくする結果に。

続きを読む

最初から日本人を狙った詐欺会社だったMRIインターナショナル(闇株新聞)

MRIのことについて書かれた記事を紹介します

闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く
刺激的金融ブログ
http://yamikabu.blog136.fc2.com/


この闇株新聞記事のことを取り上げたブログもありました

Birth of Blues
アベシンゾー相手に死闘を繰り広げる進歩的文化人や報道機関を熱烈応援する地球市民派ブログ

2013年05月07日
闇株新聞「MRIインターナショナルは日本人専用取り込み詐欺」
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51427860.html

こちらには、安愚楽牧場の記事もありました


闇株新聞 より
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-757.html
---
最初から日本人を狙った詐欺会社だったMRIインターナショナル
2013年05月07日

最初から日本人を狙った詐欺会社だったMRIインターナショナル

(お断り)
 連休前に発覚した事件で、先週の「闇株新聞 プレミアム」で取り上げました。本誌でも警鐘の意味を込めて、ぜひその後の経過を掲載したかったのですが、何しろ進展が全くありません。結局、先週の「闇株新聞 プレミアム」の記事を再編集しての掲載となりました。「闇株新聞 プレミアム」の読者様にとっては「どこかで読んだような記事」だと思いますが、どうしても警鐘の意味で掲載したかったので、ご理解いただきたいと思います。

(以下本文です)
連休前の4月26日、米国のMRIインターナショナル(以下、MRI)が日本人投資家から集めた1300億円余りの資金を「そっくり」消滅させたとの報道がありました。

 MRIは米国の会社なので「遠慮がちに」報道されているのですが、これは「外国(多分米国)の詐欺集団が」「最初から日本人投資家を騙す目的で」「体裁だけ整えたスキームで」「首謀者は資金の大半を持ってとっくに消えている」ケースです。

 日系人らしい本社代表の名前が出ていますが、詐欺集団の首謀者が表に出るはずが無く、多少の報酬で雇われて代表になっていただけの「おじさん」です。

 残念ながら、消滅した資金の行方は「絶対に」解明出来ず、もちろん「絶対に」戻って来ず、首謀者も「絶対に」出てきません。代表の日系人も、日本で起訴できるかどうかは微妙です。

 今となっては、出来ることはこのMRI事件を出来るだけ正確に理解して再発防止に努めることしかありません。他にも「予備軍」がいるような気がするので、警鐘の意味を込めて書いています。

 まずMRIとは、昨年(2012年)発覚したAIJ投資顧問や1998年に発覚したプリンストンのような運用失敗による巨額損失事件とは全く違い、最初から資金を騙し取るためだけのスキームだったはずです。

 MRIは、投資家から集めた資金で医療機関から診療報酬請求権を買い取り、民間の保険会社から保険金として回収して投資家へ還元する運用を「している」ことになっています。

 確かに米国では、この診療報酬請求権を安く買い取って保険会社から回収するビジネスはあるのですが、非常にリスクが高い限界的な市場で、投資家に高利回りを安定的に支払える「はず」がありません。

つまり「成り立つ可能性の非常に低いスキーム」なので、MRIは最初から投資家の資金をこのスキームに回すつもりはなく、ただ「日本人を騙しやすい」ので選んだだけです。

 投資家がラスベガスの本社や、債権を買い取っている医療機関への無料ツアーに招待されていたそうですが、本社はともかく医療機関は「全く関係のないその辺の医療機関に案内されて関係ない人間が出てきて説明しただけ」だったはずです。

 だから詐欺集団は海外を仕掛けに使うのです。もっともMRIは何から何まで海外(米国)にあったのですが、大半の日本人にとって「普段見たことのない」「簡単に見に行けない」「見に行っても確認できない」など、典型的な詐欺に使われるスキームです。

 報道ではMRIは1998年に「運用」を始め、少なくとも2011年からは投資家の入金はすべて配当と経費に充てられていたので、首謀者にとってMRIは2011年にはとっくに「御用済み」であり、代表の日系人と日本のスタッフだけが取り残されていたことになります。

 MRIは2008年に日本で「金融商品取引業者」の登録を行っています。これは新たに金融商品取引法が施行され、金融商品の募集・販売・運用・取次などにかかわる業者は、すべて金融庁に登録することになったからです。実際には簡単な資格(最低資本金と役職員の業務経験など)だけで自動的に登録され、現在は2000社近くが登録されています。

 MRIが2008年に金融庁に登録されたことが、1998年から行っている「資金集め」にどの程度のメリットを与えたのかは分かりません。しかし新たな「運用資金」が集まって延命させた効果はあったはずです。

 その金融庁は4月26日に「財産の分別管理が行われていない」「財産が配当や償還金に流用されている」「勧誘に際し虚偽の説明をしている」「虚偽に事業報告書を提出している」などの理由から、同日付でMRIの登録を取り消しましました。

 これは金融庁に監督責任のある登録業者から、金融庁に何の責任もない「詐欺会社」に変更しただけです。さらに証券取引等監視委員会の刑事告発を担当する特別調査課が強制捜査に取り掛かっていますが、捜査権限はあくまでも日本にあるMRI日本支社と日本人スタッフに及ぶだけで、米国代表者の日系人をはじめ首謀者や資金の流れの特定は、すべて米国証券取引委員会(SEC)の管轄となります。

 残念ながらこれ以上は何の進展もなく、そのうち忘れられてしまいます。

 だから繰り返しですが、自衛するしかないのです。これも繰り返しですが「予備軍」も、海外の会社とは限らず、かなりいるはずです。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。
-----

今思う、MRI MARS約10年以上前 LAから.VEGAS への転居の理由(Yahoo!知恵袋)

Yahoo!知恵袋より、見つけました


http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n176860
---
今思う、MRI MARS約10年以上前 LAから.VEGAS への転居の理由

ライター:bachkeitohさん(最終更新日時:11時間前)投稿日:11時間前
ナイス!:0 閲覧数:17

投資を信託.する事はマイリスク ユアリターン。。。当たり前。。
手数料等に利益は消える。。利益が出ればの話だが。。

他人の経験ではなく歴史に学ぶ。。


MRI 約.10数年まえ。友人にパンフをもらい薦められた・・10年で二倍とのこと。

.酒とそれに関わるものは一切やらず。。投資とギャンブルのみの友人だった。

LAS VEGAS ATLANTIC CITYにも良く行っていた。。なにやら招待とか。。

すごい男だ。。。バブル崩壊を90年.に予言もしていた。


カジノホテルの招待と思っていたのだが、、今考えるとMRIだったのだな。。

勧誘された時点で当時のMRIの LA事務所を知人に調べてもらった。


すると。。

住所は存在するが人はおらず。印刷所のような気配。。答えは”SUSPICIOUS"

はじめから 日本人のみを対象うんぬんで当然信用等できず加入拒否。


程なく高級なVEGAS 東京支店も高級ホテルへと移転。。

東京支店では責任者と話も出来ず。。バイト女性らしきの対応のみ。。


日本人のみ対象の金集め。。LAは日系人も多い

私のように調査した人もかなりいたはず。。

そんな事務所??には案内できず

開業数年でかなりの金を集め。。その金で高額な家賃のオフィスに移転したのだなあ??


今は、あってもいない友人 10年二倍で。逃げ切ってくれたことを望む。。

ただし。。LAS VEGAS の誘惑.に勝っていれば。。。???
-----

どうせ返ってこない1300億円【YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)】

とかなんとか言っちゃって~

ちゃっかり、油公をPRしているのも、なんだかなぁ~

本日、ついさっき届いた、メールマガジンざんすw

本当に切ないyo・・・・・


---
タイトル:どうせ返ってこない1300億円【YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
YUCASEE MEDIAメールマガジン                2013/05/07
                       http://media.yucasee.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)編集部です。
最新アクセスランキングをお知らせします。
※このメールはYUCASEE MEDIAメンバーにご登録の方にお届けしています。

今回お届けする内容は
◆新着トピックス :ごぼうで夢を実現させた男
◆最新アクセスランキング :中卒で100億円の資産を築いた組立工(前編)
◆編集後記

━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月5万円のコツコツ長期積立で1億円をめざせる「いつかは ゆかし」が好調
デビュー直後から、あらゆるメディアで注目をいただき、たくさんのお申込を
頂いています。
「いつかは ゆかし」の実現性を理解してもらえて大変嬉しく思っています。
1億円の自分年金を積立てるなら> http://itsukaha-yucasee.jp/?oa=iyc10098  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】新着トピックス

・ごぼうで夢を実現させた男
http://media.yucasee.jp/posts/index/13392?oa=ymm5312

・【海外不動産】マレーシア不動産は本当に買いか? 利害関係者大激論
http://media.yucasee.jp/posts/index/13229?oa=ymm5312

━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これぞ邸宅!1億円超の新築ハイグレードマンション特集。
贅を紡ぐ、プレミアムライフ。ワンランク上のあなただから叶えられる。
http://f.msgs.jp/r/c.do?74o_3XGA_8zf_bpp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】最新アクセスランキング

1位 中卒で100億円の資産を築いた組立工(前編)
http://media.yucasee.jp/posts/index/2642?oa=ymm5312

2位 「完璧すぎる美女」史上最高のミス・チャイナ
http://media.yucasee.jp/posts/index/9230?oa=ymm5312

3位 中卒で100億円の資産を築いた組立工・大根田勝美氏(後編)
http://media.yucasee.jp/posts/index/2648?oa=ymm5312

4位 売りたくないのも納得の? 東電病院
http://media.yucasee.jp/posts/index/13196?oa=ymm5312

5位 1億円以上失った投資家が続出?のMARS投資
http://media.yucasee.jp/posts/index/13364?oa=ymm5312

6位 「マネーの虎」堀之内氏の「生活創庫」が不渡り
http://media.yucasee.jp/posts/index/13388?oa=ymm5312

7位 下品すぎる中国二代目富豪の金と女の応酬「乱交パーティー」
http://media.yucasee.jp/posts/index/13324?oa=ymm5312

8位 ももクロ百田夏菜子さん実家が税金滞納で一時差し押さえ
http://media.yucasee.jp/posts/index/13383?oa=ymm5312

9位 元リーマン女CFO「仕事以外に生活はありますか?」
http://media.yucasee.jp/posts/index/13211?oa=ymm5312

10位 MRIインターナショナル社長が豪邸を売り出しに
http://media.yucasee.jp/posts/index/13380?oa=ymm5312

=================================================
【編集後記】MARS投資(マース投資)を運用する、MRIインターナショナルが
金融庁から行政処分を受けました。

次々と出資者が名乗り出ており、連休中にも一部の出資者に話を聞くことがで
きました。「他の出資者を知っていたら紹介してくれないか。集団訴訟とかで
きるだけのことはやりたい」と語っていました。

ただ、印象的だった言葉は「でも返ってはこないだろうけどな」という一言で
した。

本当に切ない一言でした。

ちなみに、そうした中でMRI社長が自宅を売りに出していたり、逃げの準備を
していました。

http://media.yucasee.jp/posts/index/13380?oa=ymm5312
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
◆登録内容の変更や配信停止は 下記ページからお願いいたします。
http://f.msgs.jp/webapp/form/10531_bpp_74/index.do?oa=ymm5011#mm
なお、変更の際には登録時にご指定いただいたメールアドレスが必要です。
不明な点は http://media.yucasee.jp/contact/ からお問い合わせください。
◆広告掲載のお問い合わせはこちらから
http://abraham-marketing.com/inquiry/index.html?oa=amm6007
………………………………………………………………………
運営元:アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-12-1 虎ノ門ワイコービル5F
Copyright (C) Abraham Group Holdings Co.,Ltd. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----

涙を流すエピソード(MRIインターナショナル被害者)

今日はもうMRIのことは終わりにしようと思ったけれど

本日はMRIdayということで・・・(^_^;)


昨晩、これを見て泣きました

今までに、何度涙を流したでしょう

ことあるごとに、自分の不甲斐なさに落ち込む日々でした

被害者でない人にとっては、メシウマな話ですので自己責任の一言で片付けるでしょう

投資は自己責任というけれど、詐欺ならば、そうは言えないでしょう

初めから、騙す意思を持って、ヤツラはやってきた!


そんな奴らのために、命をささげることはありません
もし、辛くて死にたいのなら、遺書はもちろんのこと、そのことをマスコミや行政など、ありとあらゆるところにお知らせしてから…お願いします

子どものためにと死なれた日にゃ、その先、どれだけ子供が苦しむことか・・・
本当に子供のことを思うなら、未来の子どものために、同じ被害に遭う人がいなくなるように、伝えて下さい

死ぬまで生きてください
そのうち、寿命で死にますから・・・・・・

この先、長いかも短いかもしれないけれど
まぁ、自分らしく生きられたかな^^と、思って死ねたらいいですね

安愚楽牧場の被害者もたくさんの人が苦しんでいます
ただ、その声が、世間に届かない
当事者にしかわからないことがあるけれど、当事者がそれを伝えることをしていない
伝えなければ思いは伝わらない、と思います

もちろん、行動している人はおりますよ~\(^o^)/

声をあげること、私はここにいます、と伝えること・・・
それが大事かと思います

命を無駄にしないで下さい
それでも死にたいのなら、伝えてから・・・お願いしますm(__)m

もし、そんなニュースが流れたら、私、泣きますよ・・・


続きは、「MRI被害者の会」より、その涙を流すエピソードです

続きを読む

MRI資金問題 弁護団結成ニュース(2013年5月8日)

弁護団の記者会見がありました


■47ニュース
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013050801001623.html
---
MRI社長を詐欺容疑で告訴へ 資産消失疑惑で被害弁護団

 記者会見する、被害弁護団長の山口広弁護士(中央)ら=8日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 米資産運用会社「MRIインターナショナル」による巨額資産消失疑惑で、被害弁護団は8日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長を近く詐欺容疑などで捜査当局に告訴する方針を明らかにした。

 弁護団は消費者問題に詳しい弁護士ら約50人で結成。12日に都内で被害者説明会の開催を予定している。東京・霞が関の司法記者クラブで8日に会見した弁護団長の山口広弁護士は「多くの人に参加してもらい、被害回復に尽力したい」と話している。

 同社をめぐっては、金融庁が4月、金融商品取引業者としての登録を取り消した。証券取引等監視委員会も金融商品取引法違反容疑で強制調査。

2013/05/08 18:29 【共同通信】
-----


■TBSNews
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5326820.html
---
MRI資産消失、“豪華接待”の裏に“不自然な実態”

 日本の投資家から集めた1300億円もの資産を消失させたとされるアメリカの投資会社「MRIインターナショナル」の問題で、被害対策弁護団が結成されました。2億5000万円を投資した女性が語ったMRIの巧妙な手口。その実態に迫りました。ビデオでご覧ください。

(08日17:02)
-----


■徳島新聞web
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldFlash/2013/05/2013050801001540.html
---
MRI社長を刑事告訴へ 2013/5/8 17:34

MRI巨額資産消失疑惑で、被害弁護団は米国本社の社長を詐欺容疑などで刑事告訴する方針を表明。
-----


■スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130508-OHT1T00101.htm
---
MRI社長を詐欺で刑事告訴へ

 米資産運用会社「MRIインターナショナル」による巨額資産消失疑惑で、被害弁護団は8日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長を近く詐欺容疑などで捜査当局に告訴する方針を明らかにした。

 弁護団は消費者問題に詳しい弁護士ら約50人で結成。12日に都内で被害者説明会の開催を予定している。東京・霞が関の司法記者クラブで8日に会見した弁護団長の山口広弁護士は「多くの人に参加してもらい、被害回復に尽力したい」と話している。

 同社をめぐっては、金融庁が4月、金融商品取引業者としての登録を取り消した。証券取引等監視委員会も金融商品取引法違反容疑で強制調査。刑事告発に向け、詳しい経緯を調べている。同社は顧客から計約1300億円を預かったとしている。

 説明会は12日午後1時~3時に東京都千代田区の大手町サンケイプラザで。会場費と資料代は1000円。問い合わせ先は弁護団事務局、電話03(5363)5667(9日午前10時から)。

(2013年5月8日18時27分 スポーツ報知)
-----


■NHK NWSWEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130508/k10014436151000.html
---
MRI資金問題 弁護団結成
5月8日 18時15分
K10044361511_1305081822_1305081833.mp4
エムアールアイインターナショナルが集めた1300億円を超える資金が失われたとみられる問題で、東京の弁護士などが弁護団を結成し、今月12日に、東京で説明会を開いて、実態の把握を急ぐことにしています。

東京・千代田区に事務所を置くアメリカの債権回収会社「エムアールアイインターナショナル」は、アメリカの医療関係の事業への投資として、日本の個人客などから1300億円を超える資金を集めたとしています。
しかし、関係者によりますと、客の資金を管理するアメリカの銀行口座には、資金はほとんど残っておらず、大半が失われたとみられることから、投資した人を救済するため、東京などの弁護士50人余りが、弁護団を結成しました。
会見で山口広弁護団長は、「救済のためには、日米両国で一刻も早い対応が必要になる」と述べ、今月12日に、東京で説明会を開いて、実態の把握を急ぐとともに、今後の救済策について、説明することにしています。
また、弁護団は、9日から投資した人の相談に電話で対応することにしています。
電話番号は、東京03ー5363ー5667で、平日の午前10時から午後4時まで受け付けています。
この会社に対しては、証券取引等監視委員会が、先月、うその広告で投資を勧誘した疑いがあるとして、強制調査を行っていて、弁護団は今後、刑事告訴も検討しているとしています。
-----

MRI 二次被害にご注意を!!!

「MRIインターナショナル」の件
もう既に、インターネットなどで被害救済をかたる勧誘に応じ、金銭をだまし取られる二次被害も起きている、とのこと・・・


被害に遭った方の気持ちは十分すぎるほどわかりますが、ここはひとつ、深呼吸・・・

はい、大きく息を吸って~~~ すぅ~~~~
吐いて~~~ ふぅ~~~~^^

落ち着いて考えて…といっても無理かもしれませんが、誰かに話してみましょう
「こんな話があるんだけど・・・」


■時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013050800870
---
MRI被害で弁護団結成=説明会開催、刑事告訴も

米資産運用会社「MRIインターナショナル」による顧客資産消失問題で記者会見する山口広弁護団長(右)ら=8日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 米資産運用会社「MRIインターナショナル」による顧客資産消失問題で、消費者被害に詳しい弁護士約50人が8日までに、被害弁護団を結成した。9日から電話相談に応じ、12日には東京都内で被害者説明会を開き、今後の活動方針などについて説明する。
 弁護団によると、MRI本社のあるネバダ州の弁護士と連携して調査を進めるほか、日米の金融当局などに働き掛け、資産凍結を目指す。エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)らについては、近く詐欺容疑などで刑事告訴する方針。
 インターネットなどで被害救済をかたる勧誘に応じ、金銭をだまし取られる二次被害も起きているといい、注意を呼び掛けている。(2013/05/08-19:49)
-----


★時事通信 情報誌の写真あり

http://www.jiji.com/jc/p?id=20130508172448-0014497666
---
投資家「まだ信じられぬ」=資金消失

MRIインターナショナルの金融商品に出資してきた愛知県の70代女性は約1億円を投じた。「きちんとした会社だと思っていた。(資金消失を)まだ信じられない」と嘆く。写真は同社の情報誌を手にする70代女性。 【時事通信社】
-----


★国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130502_1.html
---
現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > MRIインターナショナルに関する二次被害トラブルにご注意ください!

【ここから本文】

[2013年5月2日:公表]

MRIインターナショナルに関する二次被害トラブルにご注意ください!

 2013年4月26日に、関東財務局は、「MRI INTERNATIONAL,INC.」(MRIインターナショナル)に対し、顧客からの出資金を他の顧客に対する配当金・償還金の支払いに流用する行為等を行っていたとして、金融商品取引法に基づく登録の取消し等の行政処分を行いました。

 近年、こうした投資被害にあわれた消費者に対して、「被害を取り戻す」などとかたって別の投資商品を勧めたり、手数料を求めるなどの詐欺的な勧誘が多く見受けられますので、ご注意ください。
•「被害を取り戻す」「隠し財産が見つかった」「債権を買い取る」「公的機関から委託を受けた」などという業者のセールストークをうのみにせず、絶対に契約しないでください。
•トラブルにあったら、すぐにお近くの消費生活センター等に相談してください。


参考
MRI INTERNATIONAL,INC.に対する行政処分について(金融庁)
平成25年4月26日 関 東 財 務 局
-----

MRI資産消失、被害弁護団が刑事告訴へ 12日には初の被害者説明会(MSN産経ニュース)

★被害弁護団説明会

日時:5月12日 午後1時~

場所:東京都千代田区の大手町サンケイプラザ

会場費と資料代:千円

問い合わせ:弁護団事務局(電)03・5363・5667
(平日午前10時~午後4時)


■産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130508/crm13050820030013-n1.htm
---
MRI資産消失、被害弁護団が刑事告訴へ 12日には初の被害者説明会
2013.5.8 20:03
 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑で、消費者問題に詳しい弁護士約50人が被害弁護団を結成し、8日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を詐欺罪などで近く告訴する方針を明らかにした。

 弁護団は東京3弁護士会所属の弁護士を中心に結成。12日に初の被害者説明会を開く。弁護団長の山口広弁護士は東京・霞が関の司法記者クラブで8日会見し「多くの人に参加してもらい、被害回復に尽力したい」と述べた。

 説明会は12日午後1時から、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで。会場費と資料代は千円。問い合わせは弁護団事務局(電)03・5363・5667(平日午前10時~午後4時)。
-----


■毎日新聞 
http://mainichi.jp/select/news/20130509k0000m040047000c.html
---
MRI疑惑:社長を詐欺容疑で刑事告訴へ 被害弁護団

毎日新聞 2013年05月08日 20時10分

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が日本の顧客から預かった資産を消失させた疑惑で、被害者救済に向けて結成された「MRI被害弁護団」が8日、東京都内で記者会見し、米国在住のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を詐欺容疑などで捜査当局に刑事告訴する意向を明らかにした。12日には都内で初の被害者説明会を開く。

 弁護団は、消費者問題に詳しい弁護士約50人が2日付で結成。米国の弁護士とも連携し、MRI社の資産流出を防ぐ措置を講じるという。弁護団長の山口広弁護士(第二東京弁護士会)は「米国の金融用商品が日本の個人にだけ売られ、資産の回収ができない状況。日米両国で連携した被害者救済が必要だ」と訴えた。

 MRIを巡っては、証券取引等監視委員会が4月末、金融商品取引法違反(誇大広告)容疑で日本支店などの強制調査に着手。刑事告発を視野に入れ、米証券取引委員会(SEC)とも連携して実態解明を進めている。同社は約8700人の顧客から約1300億円を預かったとしている。

 弁護団による被害者説明会は12日午後1〜3時、東京都千代田区の大手町サンケイプラザ4階で開催される。会場費と資料代は1000円。問い合わせや相談は弁護団事務局(03・5363・5667、平日午前10時〜午後4時)。【川名壮志】
-----


■日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0803R_Y3A500C1CR8000/
---
米MRI問題で刑事告訴検討 被害対策弁護団
2013/5/8 20:28

 米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題で、消費者問題に詳しい弁護士らでつくる被害対策弁護団が8日、東京都内で記者会見し、米本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を詐欺容疑などで近く刑事告訴する方針を明らかにした。

 弁護団は弁護士約50人で2日に結成。12日に都内で出資者向け説明会を開き、現状や今後の方針について説明する。

 弁護団はフジナガ社長が顧客の出資金を運用せず、事業費に充てるなどして消失させた疑いがあるとして、月内にも詐欺と金融商品取引法違反(広告等の規制)の容疑で刑事告訴する構え。米当局やネバダ州の弁護士への協力も要請し、残余資産の保全や訴訟による被害回復を目指す。

 弁護団長の山口広弁護士は、被害回復をうたって出資者に契約金を払わせる悪質な勧誘がみられ、二次被害の恐れが生じているとして「一刻も早く被害を食い止める必要があると感じた」と説明。資産保全の見通しについて「とにかく模索しながらやっていくしかない」と話した。

 説明会は12日午後1時から大手町サンケイプラザ(東京・千代田)で開く。会場費・資料代として1000円かかる。弁護団事務局の窓口は(電)03・5363・5667。電話は平日午前10時から午後4時まで受け付ける。

-----

【MRI被害弁護団】と【全国安愚楽牧場被害対策弁護団】と【MRI被害者の会】と【 】

◆ 「MRI被害弁護団」のサイトです
http://www.mri-higaibengodan.jp/


http://www.mri-higaibengodan.jp/news/356/
---
2013年5月12日(日)午後1時から被害者説明会を開催します!

2013.05.08

当弁護団では、MRI被害事件について、緊急に被害者説明会を開催いたします。被害者説明会では、MRI被害事件の概要、当弁護団の活動方針、被害者の方が当弁護団にご依頼する場合の費用等のご説明、質疑応答等を予定しています。

【開催日時・場所】

日時:2013年5月12日(日)午後1時~午後3時
場所:大手町サンケイプラザ4階(東京都千代田区大手町1-7-2)
会場費及び資料代:1000円
(弁護団には現在何の活動原資もありません。当日の会場費等として1000円
を頂きますのでよろしくお願いします。)

※交通等は、下記公式サイトをご覧下さい。
URL:http://www.s-plaza.com/access/index.html
-----


弁護団の構成を見ましたら、ぱっと見ただけでも知った名前が・・・

副団長 塚田裕二(第一東京弁護士会)
紀藤正樹(第二東京弁護士会)
山口貴士(東京弁護士会)

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の弁護団長、副団長、事務局次長の名前がありました

資料と比べてみていませんので、他にもいらっしゃるかもしれませんね^^

弁護士の皆様、大変お疲れ様です m(__)m
いつも、ありがとうございます
どうか、お体には十分お気をつけ下さいませ



◆「MRI被害者の会」のホームページはこちらです
https://sites.google.com/site/mrihigaisha/

毎日、見にいってますが、一木様はスゴイ方だなぁと思います

タラレバはない話だけれど・・・
安愚楽牧場の被害者にも彼のような方がいたら、少しは違っていたかもしれませんね

陰ながら、応援しております m(__)m

「全国安愚楽牧場被害対策弁護団」団長紀藤正樹弁護士が「MRI被害弁護団」の弁護団員に(*^_^*)

先の日記でも書きましたが、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の弁護士さんが何人か、MRI被害弁護団の団員となられたようです

また、弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版 が更新されています


2013.05.09
ブログ更新!>2013年5月9日 「MRI被害弁護団」が結成記者会見。都内で12日に説明会を開きます! #MRI
  ↑ ↑ ↑ 
記事はこちらで読んでいただきたいと思います

ここでは安愚楽牧場に関連すると思う内容の抜粋のみ・・・

---
今、僕は、安愚楽被害の救済の関係で超多忙ということもあり、平の弁護団員として参加し、被害者の救済のために、国内外を問わず、情報収集等に努めていきたいと思っています。


 インターネットなどで被害救済をかたる勧誘に応じ、金銭をだまし取られる二次被害も起きているといい、注意を呼び掛けている。

東京投資被害弁護士研究会にも、MRIの被害相談があいついでいました。

全国安愚楽牧場被害対策弁護団 (←※注
 安愚楽牧場の被害は、2011年8月に発覚した、被害額4300億円、被害者数7万3000人という、我が国史上最大の消費者被害ですが、まだ詐欺として立件されていません。
 MRIの被害者の皆さんとも連動して、我が国が詐欺天国とならないよう、被害者を救済し詐欺を犯した者をきちんと処断し、違法な収益を被害者に吐き出させるという活動をしていければと思ってます。


・国際化する詐欺については、僕のtwitter 参照。

 国内の対策が遅れているために、日本は狙われていると思います。

国際詐欺団"ブラッドリ・グループ"への注意喚起=2013年03月20日(水) posted at 15:41:29

スペインの詐欺業者警告サイト=英語だが、日本の会社がずらり。日本の投資詐欺会社が海外の人をだましている。そして海外の詐欺会社が日本人を。詐欺も国際化=2013年03月20日(水) posted at 00:01:22

---

※注) 紀藤弁護士ブログでは、全国安愚楽牧場被害対策弁護団 のところを押しても「このページは表示できません」となっています
ホームページだと勝手に判断してここでは飛んでいけるようにしています
http://http//agurahigai.a.la9.jp/ で前部分が余計かと…
ご了承下さい m(__)m

テレビ映像と「MRIインターナショナル」エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長の写真

MRI関連ニュースを昨夜できるだけタイムリーにと書いていきましたが、映像に関してはあったものが見られなくなってたり、見られなかったものが見られたりしています

情報にはスピードが重要なときがある、ということですね
それだけに文字だけでないテレビの映像などは、ぼかすところをぼかしてなかったり、見る方に誤解を与えるようなことには十分注意しなければなりません

私も以前取材を受けた時、言ってたとおり個人が特定されるような映りではありませんでしたが、知ってる人が見たら体型など雰囲気でわかったかもしれません
後に送ってもらったDVDを見たら、顔なしでも映らんかったらよかった、と思いました(笑)
もしテレビ局側のミスで個人情報が出てしまったりしたら取材協力どころの話ではありませんよね

私に今、家族がいなくて天涯孤独なら、きっと顔出しでマスコミの取材を受けてることでしょう
怖いものなど、なにもありませんからね・・・

そんなことで、自分を出して活動されてる方には頭が下がります m(__)m


さて続きは、昨日日記に載せた時から更新されているテレビニュースです

TBS Newsiで、最初のは映像がすぐに見られなくなったものです
なくならずに、また見ることができてよかったです
NWES23とあったので、最初に見たのはなんだったのでしょうね?

その映像によりますと、MRIの社長の顔が映っておりまして・・・
私の日記でもそれらしき人の写真を載せておりますが、間違いはないのかと思いました
だって~、おんなじブルーのネクタイしてるんですもの^^
初めて見たときから、このネクタイが青一色なことが印象的でした
映像では2分41秒あたりから足少しと上半身も写ってます

ラスベガス6日間ご招待(MRI エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長)
2013-04-28(12:53)
 ↑
コチラの写真はちょっと知的に見えない感じがしましたので、本物かな?と思いましたがJNNの映像の人物と似ているでしょう
 ↓
Nwes23MRI社長

TBS Newsi
http://news.tbs.co.jp/20130508/newseye/tbs_newseye5326820.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5326820.html
 最終更新 2013年5月9日(木)0時14分
---
MRI資産消失、“豪華接待”の裏に“不自然な実態”

 日本の投資家から集めた1300億円もの資産を消失させたとされるアメリカの投資会社「MRIインターナショナル」の問題。8日に会見した被害対策弁護団はMRIの社長を刑事告訴する方針を明らかにしました。その巧妙な手口とは?ビデオでご覧ください。(08日23:36)
-----


この4分46秒の映像はいろいろ映ってました
旅行やお手紙のことなど…
なんだか安愚楽牧場に似ています
眼鏡なし、スーツ・ネクタイなど違う時の写真もあります
今なら、見られると思いますので、NWES23を見逃した方は、どうぞ!


続きは、今日のまだ記録してなかったニュースです
弁護団の記者会見の様子も映っています


★追記★
---
TBS Newsi 記事消えてました

きゃあ~、早くも映像は消えてなくなってました。ふぅ~~。
一番新しい最後のを除いて次のメッセージが出ました。ふぅ~~。
記事ごとですので、もちろん映像も見られません。orz

404 Not Found
ファイルがみつかりません

2013-05-09(16:37) : 記録roko URL : 編集
---

★私の日記と同じ写真はYouTube映像にもありました

■MRI出資金不明問題 大口出資者をラスベガス旅行に招待し優遇(13/04/30)
http://www.youtube.com/watch?v=rFCSRv-ZqXM

---
TBS Newsi 記事ありましたので追記します

ひとりでお騒がせして申し訳ありません m(__)m
日にちが変わったからか、移動したようです

2013-05-09(17:41) : 追記roko URL : 編集
---

続きを読む

YouTube「MRIンターナショナル」ニュース動画

テレビ映像と「MRIインターナショナル」エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長の写真
2013-05-11(12:25)

ニュース動画を見つけたものは、コメント欄等にできるだけ追記したつもりですが
記録されてないものがあるかもしれません
ご了承ください m(__)m


ニュース等を編集された動画をYouTubeで見つけました

内容はMRIインターナショナルのことですが、以下に記録するのと映像は別ですのでご覧になってください
最初はMRIのことについて写真や図解がありました
あとはNNNニュースが何本か…です

いや、もう、前からなんやけど、テレビ局の名前はわからんのんyo^^
JNN・FNN・ANN・NNN・って、わからん
どこ放送や? 系列とかもあるし、何チャンネルや?


http://www.youtube.com/watch?v=bQtVnNifpR4
---
MRIインターナショナル 1300億円不明に 顧客に嘘の説明も
h5aly2tnp8iu·457 本の動画

公開日: 2013/04/28

アメリカに本社がある資産運用会社で
顧客から集めた資産およそ1,300億円が
不明になっている問題で、顧客にうその説明をして
勧誘していた疑いで、証券取引等監視委員会は
関係先の強制調査に乗り出した。

顧客から集めた1,300万円余りの大半を
消失させた疑いがあるとして
証券取引等監視委員会は26日、アメリカに本社がある
資産運用会社
「MRIインターナショナル」の強制調査に入った。

投資した人は、「(夫婦)2人で5,000万円かけるくらい。
投資した人にどうしてくれるのか」
「びっくりしたよ。まさかと思った。
(どれくらい投資を?)うちは7,000万円」などと語った。

会社には、26日朝からニュースなどで
知ったという投資家などが、次々に訪れた。

MRIインターナショナルのパンフレットでは
150万円を出資すると年6.5%
1,500万円を出資すると年8.5%という
高い利回りをうたっていた。

投資した人は「『普通の投資より安心できますよ』と。
アメリカの本社を2回ほど見に行ったが
不信感は全く感じなかった」と語った。

日本の顧客およそ8,700人から
1,300億円余りを集めたとされるMRIインターナショナル。

2011年までは、期日に配当が支払われていたというが
2012年から配当が遅れ始めたという。

投資した人は「(MRIインターナショナル側の説明は?)
アメリカで監査が突然入ったと。
それで入金手続きが遅れたと。資金繰りの問題かなと。
ことし満期だから、解約しようと思っていた矢先でした」と語った。

2年前、会社の担当者と話したという人は
「(わたしは)『こんなに高利回りで、確定をうたうような
金融商品はありえないでしょ?』と。

(すると担当者は)『MRIの回収能力に対して
信頼を置いてください』と。『それに対して
自信を持っています』と」と語った。

資産の運用に自信を見せていた日本の担当者。
ところが、証券取引等監視委員会によると
少なくとも2011年以降、集めた資金を運用することはなく
顧客への配当金や、償還金の支払いに充てていたという。

一方、金融庁は26日、MRIインターナショナルの
金融業者としての登録を取り消す行政処分を行った。

また、証券取引等監視委員会では
顧客にうその説明をして勧誘していた疑いもあるとして

今後、刑事告発も視野に、調べを進める方針。


顧客から集めた約1300億円を消失させた疑いがある
資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)が
昨年3月から、顧客向け冊子に著名人のインタビューを
掲載していたことがわかった。

証券取引等監視委員会の調べでは
MRIは2011年以降、資産の運用実績がない。
資金繰りに困る中※出資者を安心させる方策だった可能性がある。

 冊子は、年4回発行の会報「VIMO(ヴィーモ)」。
「Valuable Information for MRI Member Only」の略で
「貴重な情報をメンバーの皆様だけに」との意味だという。

////////////////////////////////////////­////////////////////////////////////

MRIインターナショナルとは 
米ネバダ州に本社を置く金融商品取引業者。
設立は1998年で、2008年に関東財務局に登録している。
米国で医療機関が保険会社に対して持っている
診療報酬の請求権を買い取り
回収して利益を上げる事業を行っていると説明していた。
同社のホームページによると昨年末時点で
約8700人の投資家から1365億円
(12年度末の預かり金)を集めているという

カテゴリ
ニュースと政治
ライセンス
標準の YouTube ライセンス
-----


続いては、もしかしたらどこかに書いたかもしれないけど、FNNは記憶がないので載せます

http://www.youtube.com/watch?v=xZwuqlm2unY&NR=1&feature=endscreen
---
顧客資産1,300億円不明問題 証取委、MRI社社長を事情聴取(13/04/28)
FNNnewsCH·1,339 本の動画

公開日: 2013/04/27

資産運用会社「MRIインターナショナル」の資産およそ1,300億円が不明になって­いる問題で、MRI社の社長が、証券取引等監視委員会の事情聴取を受けていたことがわ­かった。

http://www.fnn-news.com/news/headline...
-----

MRI出資金消失問題、被害弁護団説明会に1500人超(ニュース映像あり)

本日のMRI被害弁護団の説明会のニュース見ましたよ~

私がテレビで見たのはNHKですが、どこも映像が見られます
夜7時のニュースを見て、「あ~、会場にカメラ入ってるし~!!」と思いました
弁護団長さんの声も入ってました

なんだか、報道の姿勢が安愚楽牧場とえらい違いです

参加された方、弁護団さま、お疲れ様ですm(__)m
4回に分けたようですね
たしかに500人入れるところとかで、大丈夫か?という声があったけど…
4回も説明されて大変なことでしたでしょうね
このうち、何人の方が委任されるのかしら・・・


ちなみに、NHK記事に文字はないですが、映像内の弁護団長さんの言葉を・・・

最大の問題はアメリカで企画された事業が日本の消費者だけをターゲットに勧誘し
日本の消費者が被害に遭う
被害が回復できる実例をつくらなければならない

日本国内だけではなく、ただちにアメリカでも活動しなければいけない
一日も早く被害ができるだけたくさん回復するように
できることは何でもやっていかないといかんと…


■NHK 映像あり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/k10014519051000.html
---
「投資の資金回復を」 弁護団が説明会
5月12日 18時38分 K10045190511_1305121930_1305121943.mp4
エムアールアイインターナショナルが集めた1300億円を超える資金が失われたとみられる問題で、12日、弁護団が投資した人を集めて今後の対応について説明しました。

東京・千代田区で開かれた弁護団による初めての説明会には見込みを大幅に上回るおよそ1500人が集まりました。
アメリカの債権回収会社「エムアールアイインターナショナル」を巡っては、アメリカの医療関係の事業への投資として日本の個人客など8700人から集めたとする1300億円を超える資金の大半が失われたとみられています。
説明会では弁護団が、今回の問題について、アメリカの会社なのに日本でだけ資金を集めており、日本とアメリカの法制度の隙間を狙った巧妙で詐欺的な手口だと指摘しました。
そのうえで、今後、アメリカに弁護士を派遣し、会社の財産を保全するよう現地の弁護士や当局に支援を求めるほか、詐欺などの疑いで刑事告訴することを検討していると説明しました。
これに対して集まった人たちからは資金を管理していたアメリカの銀行や、州政府の責任を追及できないのかとか、いまの会社の状況がどうなっているのかといった意見や質問が出されました。
弁護団はアメリカで情報を収集したうえで、裁判を起こすなど対応を決めたいとしています。
山口広弁護団長は「多くの声を結集して日本の政府関係者やアメリカの当局に支援を呼びかけていきたい」と話していました。
参加した投資をした人たちは
説明会に訪れた人たちからは預けた資金が返ってくるのか、不安の声が聞かれました。
母親と合わせて1500万円を投資したという37歳の会社員の男性は「今あるお金をすべて出してしまい、暮らしにも事欠くほどです。弁護団を信頼しているので少しでもいいので資金が返ってきてほしい」と話していました。
また、2年前、妹の勧めで300万円を投資したという埼玉県に住む66歳の女性は「客の資金が入る銀行の口座は厳重に管理され、社長でも引き出せないと言われたので信じていました。妹は5000万円ほど投資していたので心配です。弁護団に頑張ってもらって元金だけでも取り戻してほしいです」と訴えました。
およそ5000万円を投資したという茨城県の50代の会社員の男性は「老後の資金にしようと考えていた。不安と怒りの両方があるが、個人で動いてもしかたがないので弁護団にお願いしようと思っています」と話していました。
-----

続いては、同じニュースです(テレビ、新聞社)

続きを読む

MRIインターナショナルがスラップでseesaaブログ閉鎖「個人向け社債ウォッチ!」

ようやく本来のブログにもどられたようですね(*^_^*)

個人向け社債ウォッチ!
個人向け社債の起債情報をウォッチするブログ。個人向け社債の購入方法に関する記事や個人向け社債のランキング、個人向け社債の利率などの記事。初心者歓迎。3年物の個人向け国債の金利推移もウォッチ



ブログ閉鎖とスラップ「個人向け社債ウォッチ!」
2013-04-28(00:42)
コメント欄に記録しましたが、その後のゴールデンウィーク特集のまとめです

MRIインターナショナルが批判したブログを閉鎖に追い込んだときのお話です

shasaiwatchさま、お疲れ様でした
興味深いお話、ありがとうございましたm(__)m

みなさん、ピコーンと飛んで、見て下さいね~(*^_^*)


■【特集】実録!MRIインターナショナル vs 個人向け社債ウォッチ! 詐欺ファンドが批判したブログを閉鎖に追い込んだやり口【前編】
http://shasaiwatch.blog.fc2.com/blog-entry-1118.html
2013/04/28(日) 17:37:49 | 金融詐欺・社債詐欺 | トラックバック (0) | コメント (21)

■【特集】実録!MRIインターナショナル vs 個人向け社債ウォッチ! 詐欺ファンドが批判したブログを閉鎖に追い込んだやり口【中編】
http://shasaiwatch.blog.fc2.com/blog-entry-1119.html
2013/04/29(月) 20:15:25 | 金融詐欺・社債詐欺 | トラックバック (0) | コメント (46)

■【特集】実録!MRIインターナショナル vs 個人向け社債ウォッチ! 詐欺ファンドが批判したブログを閉鎖に追い込んだやり口【後編】
http://shasaiwatch.blog.fc2.com/blog-entry-1121.html
2013/05/03(金) 13:53:00 | 金融詐欺・社債詐欺 | トラックバック (0) | コメント (55)

(注:コメント数は、5月12日0時頃記録しました)


続きは、記事全文コピペしました

最後の質問についてですが、先月、刑事さんと話した時、言われました
詐欺集団を捕まえても、そのまた上(裏)には闇勢力があって、当然ヤツラは姿を現さないし、下っ端のやつらはソイツを知らないので捕まえることができないんだそうです
悪賢い奴め!!

■MARS関係でコメント欄の質問に回答
http://shasaiwatch.blog.fc2.com/blog-entry-1122.html
2013/05/06(月) 13:30:37 | 金融詐欺・社債詐欺 | トラックバック (0) | コメント (53)

続きを読む

MRI資産消失問題 投資経験者も被害 そのワケは…(テレビ東京5月13日)

昨夜、テレビ東京のアンサーニュースの映像を見ました
5分50秒の映像です

被害者の会、代表の一木さんが顔出しでインタビューを受けてらっしゃいました
いや、もう、頭が下がります m(__)m

その他にも被害者が数名、取材を受けていらっしゃいました
40代女性は、スタイルのいいステキそうな方でしたね

コールセンターの対応が安愚楽牧場の時とそっくりで笑った、、、
(マニュアルめくりながら対応しているんだよん^^)


◆テレビ東京 5月13日
MRI資産消失問題 投資経験者も被害 そのワケは…
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_41096

被害者の特徴、投資や金融に詳しい人が多くいた
投資に詳しい日本の富裕層が海外から狙われた疑いのあるMRI巨額資産消失問題
金融庁はなぜ事前に見抜けなかったのかという被害者の声があがっている
テレビ東京の取材に対して金融庁は
平成19年にあらたに証券取引法の規制対象となり、限られたマンパワーの元で検査監督に努めてきているところです



rokoのように勉強しないアホな奴が引っかかるならわかるけど…
人一倍投資に対して研究している人が被害者になっているとはどういうこと?


一木さんの「MRI被害者の会」ホームページはこちら
→ https://sites.google.com/site/mrihigaisha/
---
ニュース5月15日up
2013年5月15日11時30分
新しいコンテンツを増やしました。
【弁護団と当被害者の会の関係について】を増設いたしました。
---

https://sites.google.com/site/mrihigaisha/bengohigaisha
---
弁護団と当被害者の会の関係について

多くの問い合わせが殺到しているので
新たに東京の弁護団と当会の関係についてのページを設けます。

○弁護団と当被害者の会は関係ありません。
(個人としては弁護団への依頼は致します)
ですが、当会の5月3日に出している【署名趣旨】と弁護団の【要望書】はほぼ同じ内容です。
目的は被害者のお金を早くMRIから回収できる事で目的は共有しております。

弁護団の【要望書】と被害者の会の【署名趣旨】は同じなので署名は送る意味があるのか?
弁護団の要望書だけを書けば被害者の会の署名は必要ないのではないか?
という疑問がでてきます。

 弁護団の【要望書】は被害者本人のみですが当会の署名は被害者以外にも広く一般の方にも署名を書いて頂けるので被害者本人のだけの要望書とは違い国民全体の声でもあるので似て非なるものなのです。

署名が多ければ多いほど、国民全体の声として行政は受け取り前向きに検討していかなければならない状況になります。
そのためには、弁護団の【要望書】だけではなく当会の署名も書いて頂くのが一番最良なのです。

要望書と署名が同時にくる事があれば必ず行政は重い腰をあげます。

今回の件で、弁護団への着手金さえ支払うのが難しい方も大勢居られます。
資産の凍結が早く終わったとして分配されるのにどれだけ時間が掛かるか分かりません。
せめて、税金の償還などできれば手元のお金に少しでも困らないのです。

皆様、何卒署名にご協力お願い致します。

MRI被害者の会

一木 堅太朗
電話番号:080-4968-9511
メールアドレス:mri.higai@wh.commufa.jp
ホームページ:https://sites.google.com/site/mrihigaisha/

-----

MRI、米で赤字申告 日本では「順調」、課税逃れか(朝日新聞2013年05月15日)

朝日新聞 2013年05月15日04時59分
MRI、米で赤字申告 日本では「順調」、課税逃れか
を見ましたが、ニュースが出るたびにヒドイ会社だなぁとわかります

最後のほうだけ抜粋します
http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY201305150021.html
---
 (前略)
 12日には、MRI被害弁護団が東京都内で初めての被害者説明会を開き、予想を大幅に超える1500人の出資者が集まった。これとは別に、電話での資料請求も14日までに約2千件寄せられているという。

 弁護団は今月中にも、国内の捜査機関に刑事告訴するとともに、MRI本社に元本の支払いなどを法的に請求する方針。米国に弁護士を派遣し、MRIに残っている資産の保全も早急に進めるという。問い合わせは弁護団事務局(03・5363・5667)へ。

 監視委も米証券取引委員会と連携し、顧客資産などの実態解明を進めている。
-----

電話での資料請求も14日までに約2千件、とのこと…
いったい、被害者の数は何人にのぼるのでしょうか?

☆☆☆

続いて、MRIを検索して見つけたブログを二つ紹介します

近藤駿介 In My Opinion
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来た近藤駿介の政治・経済・金融市場等に関する放談ブログです。
http://opinion21c.blog49.fc2.com/

個人投資家が狙われる ~「MRIインターナショナル」事件は「行き過ぎた規制緩和」の副産物である
「金融庁は26日、米ネバダ州に本店がある資産運用会社『MRIインターナショナル』が顧客から預かった資産の大半を消失させた疑いがある問題で、同社の金融商品取引業の登録を取り消したと発表した」AIJ投資顧問事件が起きてから1年2ヶ月、また投資詐欺が疑われる事件が明らかになった。AIJ投資顧問事件では厚生
opinion21c.blog49.fc2.com/blog-entry-602.html

MRI事件が浮かび上がらせた、日本を代表する経済紙のレベル
これが日本を代表する経済紙の記事なのだろうか。28日付日本経済新聞は「米MRI、投資家の中途解約制限 資金流出防ぐ?」との見出しで、次のように報じている。「米金融業者MRIインターナショナルによる顧客資産の消失問題で、同社が投資家の中途解約を制限する規定を設けていたことが27日、関係者の話で分かった
opinion21c.blog49.fc2.com/blog-entry-604.html

☆☆☆

会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)
新しい会計基準や内部統制など経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。「ページ内検索」や「記事カテゴリー」の機能も活用してください。
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/

米MRI社長を月内に告訴 弁護団「解決に尽力」(日経より)
2013年5月13日 ... 米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題で、被害対策弁護団が12日、 東京都内で投資家向け説明会を開いた。1500人を超える投資家が参加し、当初2時間 の予定だった説明会は約5時間にわたった。参加者から「いつ資金を ...
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/6028.html

国内顧客資産1300億円消失か 監視委、処分勧告へ(朝日より)
2013年4月26日 ... 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)が、日本国内の顧客から 預かった資産約1300億円を運用せず、財務局にもうその事業報告書を提出していた 疑いがあることが25日、証券市場関係者の話でわかった。資金の大半 ...
ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/5998.html


MRIのことがあるので…と調べましたら、安愚楽牧場のことも書かれていました

安愚楽牧場:東京地裁が財産保全命令 負債総額619億円(毎日より ...
2011年8月11日 ... 安愚楽牧場:東京地裁が財産保全命令 負債総額619億円 「和牛オーナー」制度の「安愚楽牧場」が、民事再生法の適用を申請し、財産保全命令を受けたという記事。 「東京 商工リサーチ宇都宮支店によると、同社は全国40カ所の自社牧場 ...
ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/4810.html

安愚楽牧場・民事再生に重大な疑義(NETIBNEWSより) | 会計ニュース ...
2011年9月9日 ... 安愚楽牧場・民事再生に重大な疑義 6日に民事再生手続きの開始決定を受けた(株)安愚楽牧場が会社法の会計監査人監査を受けていなかったらしいという記事。 「ある『 疑義』とは、同社が会社法で義務付けられている『会計監査法人(公認 ...
ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/4856.html

安愚楽牧場、口蹄疫や震災以前からビジネスモデル破綻か(産経より ...
2011年9月26日 ... 安愚楽牧場、口蹄疫や震災以前からビジネスモデル破綻か 破綻した安愚楽牧場が、 遅くとも5年前には新たな出資金で既存の出資者向けの配当などを調達していた疑いが 強いという記事。 「和牛オーナー制度は、安愚楽が雌の繁殖牛を1頭 ...
ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/4882.html

安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋め(日経より) | 会計 ...
2011年12月11日 ... 安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋め 9日に破産手続きを開始した安愚楽牧場の経営実態を取り上げた記事。 「8月に安愚楽牧場が申し立てた民事再生 手続きで同牧場の財産評定を担当した監査法人の報告によると、同社 ...
ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/5066.html

---

追記(2013.5.23)

会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)
MRI関連記事、その後も出ていますので、コチラ←でご確認ください

今現在の追加記事
■2013/5/20
「「ど素人」でも業者登録可能 MRI事件誘発の構造問題(ダイヤモンドオンラインより)」
■2013/5/22
「不正が揺るがす金融市場の信頼 事件を再発させるな(Sankeibizより)」 

MRI 「事実認定争う」一部払い戻し??

MRIインターナショナルの件で、被害者の会 一木氏のHPでこんな情報がありましたが、どういうことでしょうね?

◆MRI被害者の会
https://sites.google.com/site/mrihigaisha/home/news
---
ニュース5月16日up

2013年5月16日16時00分

【緊急速報追加しました】
一部の被害者に返金があったそうです。皆様ご自分の口座を確認してください。
また、返金の有無をメールにてお知らせください。
-----


どうしたことか、MRIが「事実認定争う」などと言っているようですが、、、
それ関連ですかね…以下、今日のニュースです


■朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0516/TKY201305160023.html
---
2013年5月16日10時27分
MRI「事実認定争う」 金融庁の改善命令に

 【ロサンゼルス=藤えりか】顧客資産約1300億円を消失させた疑いがある資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)は15日、日本の金融庁の業務改善命令に対し、「事実認定を争う」との声明を出した。同時に日本の投資家向けに無料のコールセンターを開設した。

 声明で、同社は「過去14年間、常に投資家のために全力を尽くし、支払いが滞ったこともない」と強調。そのうえで、投資家には予定期日に従い、一部精算に応じるなどとしている。投資家向けコールセンターの番号は、0120・717・874。MRIによると、日本時間16日未明現在、3件の問い合わせがあったという。
-----


■毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130516k0000e040189000c.html
---
MRI:日本の顧客向けにコールセンター開設
毎日新聞 2013年05月16日 11時40分(最終更新 05月16日 12時46分)

 【ロサンゼルス堀山明子】米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が日本の顧客から預かった資産を消失させた疑惑で、ラスベガスの本社は15日、日本の投資家向けにコールセンターを開設し、投資額に応じて一部支払いに応じる方針を表明した。

 「金融庁の行政処分に対する反応」と題する声明で明らかにした。支払いの規模や時期は明示していない。コールセンター(0120・717・874)で投資家に個別に対応し、契約を継続する投資家には、あらかじめ決めた支払期限までに投資額の一部支払いに応じるという。

 また「MRIには支払い能力が残っており、これまで10年以上行ってきたように、投資家に支払いを続ける」として、これまでの債権回収を続けながら支払い計画を立てる考えを明らかにした。

 4月26日に金融庁が金融商品取引業の登録を抹消したことについて「事実認定に異論があり、あらゆる法的選択肢を追求する」と反論。一方で、投資家への説明を求めた命令には従う意向を示した。
-----


■TBSNewsi (映像あり)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5333605.html
---
MRI「事実認定争う」 金融庁の処分に反論

 アメリカの投資会社「MRIインターナショナル」による資産消失問題で、MRIが金融庁の処分について「事実認定を争う」との声明を出しました。顧客への弁済についても「支払い能力はある」と主張しています。

 MRIはアメリカでの診療報酬回収ビジネスへの投資として日本人の顧客から集めた1300億円を消失させたとされ、先月、金融庁から金融商品取引業の登録取り消しなど行政処分を受けています。

 声明で、MRIは金融庁の処分について「事実認定を争い、法的手段を検討している」と反論し、今後の弁済計画についても「支払い能力はあり、コールセンターで投資家の質問に応じる」としています。

 MRIについては、証券取引等監視委員会が刑事告発を視野に資産状況などの調査を進めています。(16日13:14)
-----


■日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1601Y_W3A510C1CC0000/
---
一部払い戻し「近く始める」 米MRIが声明
2013/5/16 13:28
 【ロサンゼルス=共同】日本の投資家から集めた巨額の資産を消失させた疑いが出ている米資産運用会社「MRIインターナショナル」(ネバダ州ラスベガス)は15日、投資家への一部払い戻しを近く始めるとの声明を発表した。声明は「MRIには支払い能力がある」と強調したが、投資額に対して払い戻す割合などの条件は明らかにしていない。

 MRI被害弁護団の五十嵐潤弁護士は「弁護団の調査では、払い戻しは昨年末から止まっていたことが判明している。このタイミングで本当に支払いができるとは思えない」と話した。
---


★roko★
後に出た関連ニュース等は、随時コメント欄等に追記します

続きを読む

MRIインターナショナルの被害者のブログ(*^^)v

MRIインターナショナルの被害者のブログを見つけました

他にもありますが、更新されてないので…


takiji2012のブログ
MRIインターナショナルの被害者のブログです。情報を交流しましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/takiji2012 


安愚楽牧場が破綻したとき、被害者ブログはすぐに立ち上がりませんでした
後にできたブログも、途中で消されてしまったものもありました
ミクシーなどでコミュニティーというものがあったようですが、ミクシーもツイッターもやってなかった私はどこにも心の拠り所を見つけることができませんでした
ただ、破綻してすぐに偶然たどりつけたブログ、A BUG's Pensieve 2のmove2600さんに救われたのです
そして、その3ヵ月後にどういうわけか私もブログを開設いたしました

今、MRIの被害者の方は、被害者の会も被害者ブログもあり、心強いと思います
やはり、若い人の力は偉大です

被害は違いますが、詐欺の被害者を私は応援します
たたかう被害者はなおさらです

騙される人が悪いのでなく、騙す奴のほうが悪い!
これだけは、はっきりしています(^_^)v


安愚楽牧場被害の場合は、未だに被害者の会はありません
当初リーダーとなれる人が前に出てくれていたら…と思わずにはいられません
しかしながら、そうして今まで来てしまったという事実はかえようがありません

弁護団の先生方には大変お世話になっておりますm(__)m

被害者には年配の方が多く、ネット環境にない方も多いです
私も、若くないし(笑)ブログ初心者ですが、なんとか今日までこられました
詐欺被害者は、みんな苦しんでいます
これからの日本が、私たちのように苦しむ人が少しでも減って、今よりよい国となりますよう願っています

みなさんのコメントに支えられ、1年半ブログを続けることができました
あらためて、ありがとうございます m(__)m


さて、takiji2012さんのブログより、「安愚楽牧場の被害者の話し」です

元が取れてたそうで、よかったですね^^
不幸中の幸いです
けれど、そのお金は、泣きをみた被害者の大事なお金だったのだと考えてみて下さい
金銭的には元が取れてても、友人関係など大事なものを失われてたとしたら、それも被害であり辛いことですね
なんにしても、安愚楽牧場は加害者です
悪いことした者には、しっかりと、罪を償ってもらいましょう!!


http://blogs.yahoo.co.jp/takiji2012/53723046.html
---
あぐら牧場の被害者の話し

2013/4/29(月) 午後 10:11
日記

10年くらい前ですが、私の勤めている会社であぐら牧場に投資をしている社員(仮にAさんとします)がいました。
今は私が別の支店にいるため、ほとんどお会いしませんが、あぐら牧場の投資をを勧められたことを思い出しました。
10年前のあぐら牧場は、6%くらいの金利をだし、さらにはお肉まで送ってくれたそうです。
20万円くらいからできるのでどうかと勧められました。
Aさんは、私を陥れるつもりはなく、親切心から勧めたんだと思います。当時の私は飲み会やいろんな浪費に明け暮れていて、25なのに貯金がほとんどなく20万円すら出せませんでした。
Aさんがいうのには、お肉ももらえるし、貯金の大切さもわかるとのことでした。

ご承知の通り、2011年に破綻したわけです。
Aさんがいうには、Aさんに最初に勧めた友達が落ち込んでいるらしく、逆に申し訳ないといっていました。

Aさんは200万の投資で、20年やっていたのでもとはとれたそうです。
口蹄疫問題の辺りから実は危ないと感じていたそうですが、あぐらを信じていたらしく畜産業の発展のためにと預けていたそうです。
騙された直後も、畜産業の発展に貢献できたからいいと、どことなく満足げでした。
しかし元はとれたとはいえ、利子はほとんど生活費で消えています。200万が消えたことには変わりません。

やはり投資は回りに勧めない方がいいと思いました。
-----

MRIインターナショナルインクに関する投稿

前にも見たことのある某サイト・・・
MRIのおかげで、すごい盛況だ
口コミがいっぱいで、今現在、投稿件数258件となっている
3週間でこれだけの件数・・・
私が知る限りでは、「MRIインターナショナルインク」が最高なんじゃないかな?
「安愚楽牧場」のことでは、口コミ投稿件数:0件 だよ(笑)

気軽に書けるところがないことと、今まで会社名だけ変えて、同じことをバンバン書き続けていたから検索に引っかかりやすいということなんでしょうね
個人でブログを立ち上げたところは、まだ検索で上位にいかないだろうし…

私のブログも1年半やっていても、通常の検索じゃ、出てこない
検索されないように、タイトルをひらがなの「あぐら物語日記」にした
ランキングも興味ないから参加する気もないし…
最初の頃は、安愚楽牧場に見つかるのが怖くて、安愚楽の名前を出さなかった
というか、漢字で安愚楽などという文字をブログ名につけるなんて苦痛だし…
「あぐらかいてる女の日記」というカンジが私にはあうだろう^^
最近になって、ようやく「安愚楽牧場被害者の日記ブログです」とブログ名の下に付け足したのです

ネットに詳しい人か、小さい時からネット環境になれている若者くらいしか見つけられない
知る人ぞ知る、、、かも(笑)
ホンマかいな・・・(笑)


さて、~安愚楽牧場の被害者&弁護団を応援するブログ~の不知火さんが、MRI関連の話を記事にされてます

2013年05月18日
ホットな話題
http://agura.mediacat-blog.jp/e90690.html


続きは、某サイトより、前回見たところより後で印象に残った投稿を抜粋しました
MRIインターナショナルインクに関する投稿です

続きを読む

MRI被害弁護団、会見と声明とニュース(2013年5月20日)

MRI被害弁護団Newsが更新されてます


http://www.mri-higaibengodan.jp/news/502/
---
当弁護団では、MRIによる平成25年5月15日付けプレスリリースを受け、弁護団声明を出しました。

2013.05.20

当弁護団では、MRIによる平成25年5月15日付けプレスリリースを受け、平成25年5月20日に弁護団声明を出すとともに、同日、記者会見を開きました。

平成25年5月20日付弁護団声明

平成25年5月20日

弁 護 団 声 明

MRI被害弁護団
  団  長   山  口     広

 当弁護団は,ネバタ州に本社を置くMRI International, Incが我が国で惹起した投資被害を救済するため,平成25年5月2日に弁護士60人余で結成された弁護団であるところ,同社の平成25年5月15日付けプレスリリースを受け,下記のとおり声明を発表する。



 MRI International, Inc.(以下「MRI」という。)は,平成25年5月15日付けプレスリリースにおいて,MRIが顧客の投資資金を分別管理していなかったとの事実認定を基礎に関東財務局がMRIに対して行った登録取消処分につき,不当であり争うとの意見を表明した。

 このプレスリリースは,MRIから各マスコミの米国ロサンゼルス支局等にファックスされただけということであり,日本語によるプレスリリースもなく,ましてや投資者本人への直接の郵送や説明もなく、本件に関するMRIの投資家無視の杜撰な姿勢を象徴している。

 さらに,当弁護団が事実関係を確認したところ,平成25年4月26日から今日までMRIが金銭を返済した顧客は極めて少数に限られ,その額も極く少額であって,多くの顧客に対する支払遅延状況は一向に改善されておらず,これらの支払いはむしろ偏頗的な弁済であることが伺われる。そればかりか,MRIは顧客に対する説明を十分に果たさないまま赤坂にある日本支社を閉鎖し,その看板を撤去していることが確認されている。かかる事実関係を総合考慮すれば,当弁護団としては,MRIの意見の正当性には極めて強い疑義を有している。

 そもそもMRIは昨年末から延滞状態にあり,かつ,プレスリリースにおいて同社が返済計画の策定を表明していることに鑑みれば,同社が支払に窮していることは明らかである。

 当弁護団は,MRI米国本社,日本支社及び代表者であるエドウィン Y フジナガ氏らに対し,即時の支払を求め,公正かつ適切にその資産を配当するよう強く要請するものである。

                                                      以上
-----


それにともなう、ニュースです(日本経済新聞・テレビ東京・毎日新聞)

続きを読む

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否〈1〉(zakzak)

zakzakで見たMRIの記事です

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否
★(1) 2013.05.19

うわぁ、女副社長の薄笑い、中町啓子副社長ですか~
女性ですね(ーー;)

安愚楽牧場の社長は、三ヶ尻久美子,,,(ーー)


> MRI社をめぐってはネット上で一部ブロガーが信頼性に疑問の声を上げていた。
> それに対し同社がとったのは訴訟攻撃。

私が知っているスラップ話は、こちらに書きました
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログ閉鎖とスラップ「個人向け社債ウォッチ!」
2013-04-28(00:42)
MRIインターナショナルがスラップでseesaaブログ閉鎖「個人向け社債ウォッチ!」
2013-05-14(16:54)


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130519/dms1305190709002-n1.htm
---
【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否
★(1)
2013.05.19

 日本の個人客から集めた巨額の出資金は海の向こうに消えてしまったのか-。証券取引等監視委員会は4月26日、米国ラスベガスに本社を置くファンド運用会社MRIインターナショナルを舞台とする「1300億円消失」の疑惑に本格的なメスを入れた。太平洋をまたぐ金融スキャンダルの真相を追跡した。

 「すばらしい金融商品ですから、ぜひ投資を」

 取材を切り上げようとすると、MRI社日本支店の中町啓子副社長は薄笑いを浮かべ、慇懃にそう言い放った。隣に座る男性幹部2人は堅い表情のままだ。3月中旬、東京・永田町のMRI社応接室。法律に定められた事業報告書の閲覧を求めると、同社は渋々それを出してきた。ただしノートへの書き写しは断固拒否するという。押し問答を続けたが、相手が認める気配はなく、退散するしかない。何事かを隠したがっている様子がありありと伝わってきた。

 「MARS投資」をうたうMRI社の設立は1998年7月。MARSとは、病院が保険会社に請求する診療報酬債権のことを指す。MRI社は米国でMARSを割安に買い集めて現金回収を行うことでファンド出資者に配当を分配するとしていた。出資金集めの窓口に選んだのはなぜか日本支店だった。

 期間2~5年で配当は年6・0~10・32%の固定利率。全国紙や経済誌に広告を打ち、会報誌には歌舞伎役者ら著名人が登場。米国への視察旅行や大型ホールでの演奏会などイベントも華やか。昨年9月時点での募集実績について、同社は8562名・約1350億円と喧伝していた。

 一方でMRI社をめぐってはネット上で一部ブロガーが信頼性に疑問の声を上げていた。それに対し同社がとったのは訴訟攻撃。ヒステリックな企業姿勢からは逆に異質さばかりが漂った。

 「配当が遅延している」

 監視委に情報が寄せられたのは昨年12月。それを受け、立ち入り検査が始まったのは今年3月4日のことだ。米銀に開設された信託口座を洗うと、MRI社が意のままに資金を動かしている実態が見つかった。少なくとも11年以降、出資金に見合うMARS投資も行われていない…。

 そんな中でもMRI社は春期募集を強行する構えだった。冒頭の取材もその頃だ。当局とのせめぎ合いで募集開始日は3月15日から29日に延び、さらに4月15日へと再延期されていた。事態を見かねた監視委と金融庁は強権発動に傾く。金融商品取引業の登録取り消し処分と、刑事告発に向けた強制調査の開始は、そうして断が下された。

 閉鎖されたMRI社の事務所前で60代の男性は心配顔だった。「本当のことが知りたい。それだけです」-。謎を解くカギはやはり米国にある

 ■高橋篤史(たかはし・あつし) 1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒、東洋経済新報社などを経て2009年からフリーランスのジャーナリスト。著書に『凋落 木村剛と大島健伸』『兜町コンフィデンシャル』など。
---

http://megalodon.jp/2013-0520-2255-04/www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130519/dms1305190709002-n1.htm

【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前〈2〉(zakzak)

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否〈1〉(zakzak) 2013-05-21(00:20)
の続きです


zakzakで見たMRIの記事です

【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前
★(2) 2013.05.21


米内国歳入庁(IRS)という言葉がでてきますね
アホrokoは知りませんので、すみません(^_^;)

記事を書かれているジャーナリストさん、そうとう調べられているのでしょうから、おまかせしますm(__)m

それにしても、航空機や車両の購入書類や、2009年の事務所家賃620万ドルに関する書類、さらに04年10月になされたアンティーク家具店への支出30万ドルなど、すごいお金の使い方、、、
資金の動き・・・
ま、自分のお金じゃないからなんとでもできたのでしょうが・・・

安愚楽牧場の社長、三ヶ尻久美子が住んでいた豪邸も、会社名義でございました
私財をなげうって…なんてぬかしながらも、自己破産で出てきたお金は私の貯えより少なかったですw
もっとも、私の貯えはほとんど安愚楽牧場に持っていかれましたけど…www

それから、MRI社と銀行破綻との間に思わぬ関係があった可能性・・・
・・・とは興味深いことですね


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130521/dms1305210708000-n1.htm
---
【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前
★(2)

2013.05.21

 MRIインターナショナル日本支店に対する証券取引等監視委員会の検査に先立つこと約1カ月半。実は米国でも当局が全容解明に向けひそかに動き出していた。

 1月28日、米内国歳入庁(IRS)はMRI社やその代表者エドウィン・Y・フジナガ氏に対する税務調査を進めるべく、取引先のファースト・フィナンシャル銀行の反面調査に着手していた。動きを察知したフジナガ氏は裁判所に不服申立を行い抵抗。が、IRSは追及の手を緩めず、3月22日にはフジナガ氏本人の召喚手続きに着手。4月2日には日本の顧客からの送金先となっていたウェルズ・ファーゴ銀行の口座記録を洗うため手続きをとった。

 フジナガ氏は現在66歳。ラスベガス中心部から北西に行った閑静な住宅街に邸宅を構える。経歴などについては謎が多い人物だ。が、MRI社の資金移動について、絶対的な権限を持っていたとみられている。同氏が起こした裁判の記録を見ると、IRSが資金の流れのいかなる部分に重大な関心を持っているかが浮かび上がってくる。

 MRI社を設立する5カ月前、フジナガ氏は「クレイムズ・サービシング・オブ・アメリカ」なる会社を設立している。MRI社とは何らかの契約関係にあり、資金のやりとりもなされていた模様だ。ほかにも同氏の周辺には多数の会社が存在し、それらは病院経営などに関わっている。中でも調査対象に挙がっているのが「フォー・シーズンズ・サージェリー・センターズ・オブ・アナハイム」(カリフォルニア州)や「メッドヘルス・メディカル・サプライズ」(ネバダ州)など5つの有限責任会社や有限責任組合だ。

 IRSの調査はさらに広範囲に及ぶ。航空機や車両の購入書類や、2009年の事務所家賃620万ドルに関する書類、さらに04年10月になされたアンティーク家具店への支出30万ドルなど。また、フジナガ氏の別宅とみられるラスベガス市内の邸宅にも関心を寄せる。

 前出のウェルズ・ファーゴ銀に開設されたMRI社のファンド用信託口座にプールされた出資金は不当に流用されていた疑いが濃い。監視委のこれまでの調べによると、出資金受け入れの信託口座に入ったカネは別の信託口座に大半が移動していた。そこから日本の顧客への配当や元本の支払いに還流していたほか、MRI社の別口座にも送金されていたという。

 IRSが真っ先に調査をかけたファースト・フィナンシャル銀は、09年9月に資産5億ドルを抱え破綻したアーウィン・ユニオン銀行(ケンタッキー州)の承継銀行だ。IRSが関心を寄せるのはむしろ破綻前の取引記録。MRI社と銀行破綻との間に思わぬ関係があった可能性もある。

 ■高橋篤史(たかはし・あつし)1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒、東洋経済新報社などを経て2009年からフリーランスのジャーナリスト。著書に『凋落 木村剛と大島健伸』『兜町コンフィデンシャル』など。
-----

(追記)
http://megalodon.jp/2013-0522-1307-34/www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130521/dms1305210708000-n1.htm

【追跡MRI問題】巨額資金集めの小道具 投資を勧めるMRI社のパンフレット〈3〉(zakzak)

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否〈1〉(zakzak) 2013-05-21(00:20)
【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前〈2〉(zakzak) 2013-05-22(11:30)
の続きです


zakzakで見たMRIの記事です

【追跡MRI問題】巨額資金集めの小道具 投資を勧めるMRI社のパンフレット
★(3) 2013.05.22


日本支店を主導していた代表の鈴木順造氏とそのファミリーについて書かれていますね
鈴木氏は金融業界の出身ではなく、旅行代理店業をしていた人らしい
息子の鈴木ポール武蔵氏、中町啓子副社長も鈴木氏の家族らしい
ファミリービジネスそのものですか・・・

安愚楽牧場も社長と増渕専務は姉弟だったよね
亡くなった、先代の弟も役員だった
社長の息子も一時 安愚楽で働いていたけど、辞めて今は何をしているのやら…

サトシ君っていうんだけど、鈴木ポール武蔵氏の場合は、なんて呼ぶんだろう?
「ヘイ、ポ~ル」か? 「ムサシ君」か?
日本語も英語もしゃべれるのだろうか?
そういえば、今日はスカイツリーオープンから1年だった
高さ634メートルなんだ、「634むさし」
それにしても「パンフレット」はどこにいったのだろう?

あ、、すみませんすみません、すぐにへんなとこに気がいくものですから…orz

超高層マンションを複数購入しかも現金購入、、、
サイドビジネスにお熱だそうで、目的欄は不動産売買、投資ファンド運用、ets…ということで、、、

オメーの金ちゃうぞ !!!
このクソ!! ボケ!! ドアホ!! 金返せ!!

あら・・・ちょっとお下品だったかしらん orz


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130522/dms1305220708000-n1.htm
---
【追跡MRI問題】巨額資金集めの小道具 投資を勧めるMRI社のパンフレット
★(3)

2013.05.22
 MRIインターナショナル創設者のエドウィン・Y・フジナガ氏が来日することはめったになかったようだ。巨額の出資金集めに狂奔した日本支店を主導していたのは、代表の鈴木順造氏とそのファミリーだった。

 「話術がうまくて、証券会社にいた人なのかなと思いました」

 1999年に大手新聞の広告を見て、MRI社に投資した都内の60代男性は鈴木氏の印象をそう振り返る。

 「信じるか信じないかはあなたの判断です」-。鈴木氏の自信ありげな言葉に、男性は早期退職金の一部を恐る恐る投じてみた。以来10年余り、今日の事態は頭の片隅にあった不安が的中した形だ。

 信用調査会社によると、鈴木氏は金融業界の出身ではない。48年生まれで、出身はハワイ。かつて現地の高級ホテルで「スズキエンタープライズ」なる旅行会社を経営していた。日本では96年4月に「ソネット」なる有限会社を都内の下北沢駅近くで設立。同社の登記簿を見ると、やはり旅行代理店業を目的欄の筆頭に掲げている。

 鈴木氏とフジナガ氏がどこでどう結びついたかはよく分からない。MRI社が米国で設立されるとほぼ同時に鈴木氏は東京・麹町のマンションの一室に日本事務所を開いた。出資金集めはすぐに軌道に乗ったのか、永田町の複合ビル内にある現在の事務所に移転したのは99年9月のことだ。

 前出の男性が鈴木氏に会ったのは最初の一度きりだった。その後、セミナーや昼食会に招かれ行ってみると、出てくるのはいつも息子の鈴木ポール武蔵氏だったという。筆者が今年3月に行った取材に応じた中町啓子副社長も関連登記簿の記載内容から推測して、鈴木氏の家族と見て間違いない。ファミリービジネスそのものである。

 MRI社の日本支店幹部も多額の出資金を投じていたとされるが、鈴木ファミリーの羽振りはずいぶん良かったようだ。2006年11~12月にはJR田町駅前の超高層マンションを複数購入している。前出のソネット名義で35階の139平方メートル、鈴木ポール武蔵氏の名義で26階に89平方メートルの物件を、それぞれ現金で購入しているのだ。

 サイドビジネスに熱を上げていた様子もうかがえる。MRI社からほど近い赤坂の雑居ビル4階にはソネットのほか「M,sコンサルティング」や「ジュジュベハワイインターナショナル合同会社」といった会社が入居している。M,s社の登記簿によると、設立は08年9月で代表取締役は鈴木ポール武蔵氏。目的欄には旅行代理店業や不動産売買、投資ファンド運用など20以上もの事業項目が並んでいる。

 MRI社の問題発覚後、鈴木ファミリーの“隠れオフィス”は扉が固く閉じられたままだ。

 ■高橋篤史(たかはし・あつし) 1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒、東洋経済新報社などを経て2009年からフリーランスのジャーナリスト。著書に『凋落 木村剛と大島健伸』『兜町コンフィデンシャル』など。
-----

(追記)
http://megalodon.jp/2013-0522-1310-32/www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130522/dms1305220708000-n1.htm

MRI資産消失疑惑:弁護士会が兵庫・姫路市で相談会(毎日新聞・神戸新聞2013年05月22日)

MRI資産喪失問題で、兵庫県弁護士会姫路支部は
5月25日、支部会館で説明・相談会と電話での被害相談をされるそうです


◆説明・相談会

25日 午後1〜3時 兵庫県弁護士会姫路支部にて

兵庫県弁護士会姫路支部会館 アクセス

姫路市北条1-408-6
電話番号 079-282-8458

JR姫路駅南出口から東へ徒歩10分ほど(神戸地方裁判所姫路支部西隣)。
来客用駐車場は数台分ございますが、できるかぎり公共交通機関をご利用下さい。



◆電話での被害相談110番

25日 午後2〜5時 電話番号 (079・284・6350)


続きは、毎日新聞と神戸新聞の記事です

続きを読む

「ど素人」でも業者登録可能 MRI事件誘発の構造問題(週刊ダイヤモンド2013年5月13日 )

週刊ダイヤモンドの記事です

以前にMRIに取材を申し込んだけれど「基本的に取材は受けない」と門前払いされたらしい

週刊ダイヤモンド2007年6月16日号特集「金融商品の罠」でMRIのことを書かれてたようです


【第807回】 2013年5月13日 週刊ダイヤモンド編集部
http://diamond.jp/articles/-/35765
---
「ど素人」でも業者登録可能
MRI事件誘発の構造問題


マンパワー不足で金融庁の監視の目もおろそかに
Photo by Satoru Okada

「不思議としか言いようのない金融商品がある」――。こんな書き出しで週刊ダイヤモンド2007年6月16日号特集「金融商品の罠」が、名指しで疑問を呈したものがある。

 その商品の名は「MRIシリーズ・セレクトA」。そう、1000億円にも上る顧客資産が消失した恐れがあるとして、証券取引等監視委員会(SESC)が強制調査に乗り出した米MRIインターナショナル(本店・ネバダ州ラスベガス)が販売したものだ。

 円建ての元利確定で年利6~8%と夢のような高利回り。本誌では、為替リスクがほとんど無視されていたこと、デフォルトリスクの中身が不透明なこと、こうした有利な商品をわざわざ日本の個人投資家に販売していることの三つの疑問点を指摘したうえで、MRIに取材を申し込んだ。

 結果は「基本的に取材は受けない」と門前払いされたため、「問題のある商品」とは断定できなかったが、投資家にはこうした疑問点を会社にただしたうえで判断するよう勧めていた。

 それから6年後に発覚した今回のスキャンダル。日本の当局は米証券取引委員会(SEC)の協力を得て米国の口座も調べたが、少なくとも11年以降は集めた資金を運用せずにそのまま出資者への配当や償還金に充てる自転車操業だったことが分かった。

 今回の被害者の多くは、日本の富裕層だが、なぜかくも簡単にだまされたのか。信用を高めるため、当初は配当を続けるというのは、AIJ投資顧問の事件でも見られた常套手段。それ以外にも「手口の巧妙化が目立つ」と、あるファンド経営者は解説する。

 今回の商品は米国の医療機関による患者の加入する保険会社に対する診療報酬請求権をファンド化し、運用したものだ。「診療報酬なら取りっぱぐれはない。表面的には実にうまいスキームに見える」とこのファンド経営者は語る。マスコミで派手な広告を展開し、特に高額の出資者は、本店があるラスベガスへの旅行に招待するなど、手厚くフォローもしていた。

12金融庁“お墨付き”を宣伝

 だが、そもそも制度の不備が後押ししたことも見逃せない。鈴木順造・日本支店長らはSESCの調査に応じているが、「金融の知識がなく、財務諸表も読めないど素人」(金融当局関係者)。にもかかわらず、金融商品取引法に基づく第2種金融商品取引業への登録要件はきわめて甘く、取り扱う商品内容の審査はない。

 投資被害に詳しい弁護士は、「不正を働く業者は登録の事実を、逆に金融庁のお墨付きを得たと宣伝に使うケースもある」と話す。

 当局側も、業者の増加に対応しきれず「日常的な監視や検査のためのマンパワーは圧倒的に足りない」(関係者)と打ち明ける。SESCや所管の関東財務局がMRIの出資者から直接、被害の情報を得たのは昨年12月のことだ。

 アベノミクスによる株高で、個人投資家の投資熱はかつてなく高まっており「知識のない高齢者を狙って、不正な業者がまたぞろ動き出す」という懸念が高まる中で、政府は同様の被害防止のため、法改正も含めた規制のあり方を検討すべき時がきている 。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)
-----

MRI被害弁護団がラスベガス入り~破産になるのも時間の問題。被害者(出資者)自身も刑事告訴をすることが早期の解決(リプラス情報収集組合)

本日のテレビ東京のニュースです

いよいよ、MRI被害弁護団は、今日にもMRIを日本の捜査当局に刑事告訴する予定、とのこと…

なんでも、早いほうがいいです


テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_41794
---
MRI被害弁護団がベガス入り 5月23日

アメリカの資産運用会社・MRIインターナショナルが顧客から集めた資産の大半を消失させたとされる問題で、被害者側弁護団は、MRIの、実態を把握するため、本社のあるアメリカ・ラスベガスに入りました。被害者側の弁護団は22日、アメリカのラスベガスに入り、現地で協力してくれる弁護士と面会し、MRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長らが保有する資産や、MRIや関連会社が保有する不動産や金融資産などの、保全と回収の方法について打合せをしたとみられます。この問題は、MRIインターナショナルが、日本の顧客、およそ8,700人から集めた、1,300億円を超える資産の大半を失わせたとされるもので、日本の証券取引等監視委員会が、先月強制調査に乗り出していました。被害者側の弁護団は、きょうにも、MRIを日本の捜査当局に刑事告訴する予定です。
----- 


このニュースに関しての社会人サークルリプラス情報収集組合さまの記事を、そっくりそのままいただいてきちゃいました

http://re-plus.seesaa.net/article/363097255.html
---
2013年05月23日

MRI被害弁護団がラスベガス入り~破産になるのも時間の問題。被害者(出資者)自身も刑事告訴をすることが早期の解決

MRI被害弁護団がMRIの活動拠点であるラスベガスに入ったということです。
 ここではMRIの経営者のフジナガ氏の資産を調査するということです。

 結局のところMRIは配当する資産どころか運用する元本も消失したというのですから、破産になるのも時間の問題です。
そうなると、資産を別途保全するところはフジナガ氏とMRIの役員の資産ということになります。その他MRIが回収していない売掛金(債権)やMRIからのお金の流れの行き着くところも当然調査すべきものとなるでしょう。
 
 お金が戻ってくる「希望的観測」はどこにあるのか。それは「お金の行き着くところ」になります。その属性が仮に保険会社とかそういった大企業であれば、そのお金がそこに到達するまでの経緯を調べ「違法・不正」であるならば、そこを叩き出せばよいということになります。それ以降の経緯は問題にする必要はないかと思います。

 とにかく「無い袖は振れない」というのがこういった投資被害事件の定石にもなっているので、なんとしてでも「お金のチャンネル」(お金の経路・通り道)はいち早くたどっておくべきです。これは雪道の「轍(わだち)」のようなものと同じであって、時間が経てば経つほどその道は薄くなっていきます。
-----


★追記

テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_41810
---
MRI きょうにも刑事告訴  5月23日

アメリカの資産運用会社・MRIインターナショナルが顧客から集めた、1,300億円を越える資産の大半を消失させたとされる問題で、被害者側の弁護団は、MRIの本社があるアメリカ・ラスベガスに入りました。社長らの資産の保全や、回収方法などについて、関係者と協議した模様です。弁護団はきょうにも、日本の捜査当局に刑事告訴する予定です。
-----

【追跡MRI問題】金融自由化が落とした影 AIJ事件に続きMRI問題も事件化必至〈4〉(zakzak)

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否〈1〉(zakzak)
 2013-05-21(00:20)
【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前〈2〉(zakzak)
 2013-05-22(11:30)
【追跡MRI問題】巨額資金集めの小道具 投資を勧めるMRI社のパンフレット〈3〉(zakzak)
 2013-05-22(12:05) の続きです


zakzakで見たMRIの記事です

【追跡MRI問題】金融自由化が落とした影 AIJ事件に続きMRI問題も事件化必至
2013.05.23 ★(4)


星★何個までいくのでしょうか^^
星の色と位置が変わったので、これで終わりか?わかりませんが…

以前、サギ夫君のことで資料提供した時の関東財務局の方は賢そうな方でした
お二人と話をしたのですが、みなさんお忙しい感じでした
それぞれ頑張っていて下さるけど、やることが多すぎて追いついていかないということでしょう

この前、少し書いたMJホールディングスですが、情報提供してから1年近く経って関東財務局がMJホールディングス株式会社に警告書を出したみたいですね
関連会社の名前もありましたから、私以外の情報提供はもっと前からあったかもしれません
それに警告書を出しただけでは、どってことないのじゃないかなぁ?

今の体制では、手が足りない、時間が掛かる、国民を守れないということでしょう

無知な私にとっては、金融自由化と言われてもはっきり人に説明できません
なんでも自由にすればいいってもんちゃうと思うけど…
行政に十分な監視態勢が整っていないのに、自由にしすぎたということなんでしょうか

たくさんの被害者を出した責任は大きいと思います
こうしているまに、別の被害者が増えているかもしれません


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130523/dms1305230713009-n1.htm
---
【追跡MRI問題】金融自由化が落とした影 AIJ事件に続きMRI問題も事件化必至
2013.05.23
★(4)

 MRIインターナショナル日本支店は金融商品取引法に基づき第二種金融商品取引業の登録を関東財務局に対して行っていた。2008年6月のことだ。同社は一定の合法性をまとっていたのである。

 が、ファンド運用など第二種業者の実態は有象無象の集まりだ。資本規制が課せられる証券会社など第一種業と異なり、第二種業の登録は形式要件さえ満たせば個人でもできる。現在、業者数は全国で1300近くにも上る。現行法の下、さらに簡単な手続きで済む「特例業務届出業者」というのも存在する。金融機関などプロ投資家だけを相手にできる業者だが、いまや全国でその数は3000を超す。

 MRI社は巨額の出資金を集めたと豪語しながら、監査法人による会計監査を受けていた形跡がない。関東財務局に提出していた事業報告書の貸借対照表によれば、資本金181億円、総資産1000億円超などとしていた。が、これは30代前半の若者らが経営する都内の行政書士事務所が、会社側から提供された情報をうのみにして所定の様式に合わせて代書していただけの代物だ。

 こうした現状に対し、金融当局のチェック態勢はまったく追い付いていない。MRI社に対する検査は登録後5年近くたった今回が初めて。その事実は野放しの現状を端なくも物語る。一方で「登録」や「届出」といったお墨付きが投資家に過度の信用を与えているきらいは否めない。そして、それを逆手にとった確信犯的業者もまた多い。

 このところ、登録業者や届出業者による悪質な資金集めが金融当局によって毎週のように摘発されている。4月24日には1900人から40億円を集めた第二種業者のライツマネジメント(東京都中央区)が登録取り消し処分となった。実在しない証券会社の営業員を騙って顧客に出資させる劇場型勧誘を行っていた。3月22日には届出業者のF-SEED(名古屋市中区)に対し、違反行為の禁止を裁判所に申し立てる異例の行政処分を行っている。架空収入などウソだらけの情報で顧客を勧誘していたからだ。

 当局による検査の密度を考えれば、これらはおそらく氷山の一角。「やりがいはあるが、疲弊しているのも事実」-。検査の最前線に立つ幹部は自嘲気味に話す。

 金融自由化により許認可制を柱とする事前規制型行政は、原則参入自由の事後チェック型行政へと大きく舵を切った。が、それに見合う監視態勢が整っているとはとても言えない。約2000億円もの年金資産が消えたAIJ事件が発覚したのはまだ去年のこと。そして、今度はMRI問題。

 「何を信用したらいいのか」。被害者の素朴な嘆きに金融行政は耳を傾け、態勢や枠組みの見直しに生かすべき時期だ。

 ■高橋篤史(たかはし・あつし) 1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒、東洋経済新報社などを経て2009年からフリーランスのジャーナリスト。著書に『凋落 木村剛と大島健伸』『兜町コンフィデンシャル』など。
-----

なぜ、MRI問題が防げなかったのでしょうか?(テレビ東京WBS2013年5月23日放送)

昨日のテレビ東京の「WBS」で、MRIのことをやっていた
〝消えた〟1300億円 捜査と金の行方は?

お風呂から出て、違うことをやっていたら…
思い出してテレビをつけた時には、ほとんど終わっていた(ーー;)

元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士が話している途中から見ました

==司法にとって国境の壁は高い
それをうまく使い犯罪的な行為をする人が出てくるので今後も増える
難しい案件だけれどもやらないといけない==

「なぜ、MRI問題が防げなかったのでしょうか?」

そのあと、掲示された日本の金融当局である金融庁の回答がこれ↓
(テレビ画面の写真です)↓ ↓ ↓
監督体制について金融庁からの解答(WBS)
---
監督体制について金融庁からの解答

MRI社のようなファンドを取り扱う
第2種金融商品取引業者については、
もともとは証券取引上の規制はありませんでしたが、
平成19年の金融商品取引法制定時に新たに規制対象とされたものであり、
金融庁・証券取引等監視委員会(「監視委員会」)としては、
限られたマンパワーのもとで、検査・監督に努めてきているところです。

こうした中で、昨年12月、
当社の投資家より、当社の配当が遅延しているという、
当社の運営状況に係る具体的かつ重要な情報が当局に寄せられました。

これを踏まえ、監視委員会と監督当局は、緊急に連携し、
直ちに検査に向けた準備を行い、米国SECにも協力を求めつつ、
本年3月4日に、監視委員会が立入検査を開始しました。
検査の結果、重大な法令違反が認められたとして、
監視委員会は4月26日(金)、
行政処分を行うよう金融庁に勧告を行い、
金融庁では、同日、直ちに、当社の登録を取り消しました。

さらに、監視委員会は、同日、
金商法違反の嫌疑で強制調査に着手しており、
今後、刑事告発を視野に犯則調査を進め、事業の実態解明に
全力を挙げていきます。
---

WBS「MRI問題」

限られたマンパワーのもとで、検査・監督に努めてきているところです。

ファンドを取り扱う登録制の第2種金融商品取引業者、全国に1300社
それを監督する担当者、関東には4人

実質、定期的な検査も行えないような体制で
被害があってから動くので、後手にまわるケースがほとんどとなっています

-----

★roko★
たった1分間しか見られなかった、、、(ーー;)
前のほうは、何を放送されたんでしょうか?

限られたマンパワーのもとで、検査・監督に努めてきているところです。
どこかで聞いたなぁと思っていたら、ありました

MRI資産消失問題 投資経験者も被害 そのワケは…(テレビ東京5月13日)
2013-05-15(12:34)


(追記)
☆放送内容が載っていました
http://www.kuunel.jp/word.html?p=14813081 より
--- 
番組名 ワールドビジネスサテライト
放送日時 2013年5月23日 23:00 ~ 23:58
放送内容
MRIは年に数回、投資家たちをラスベガスツアーに招待し羽振りの良さを見せていて、このツアーに参加したことのある男性がツアー内容について話した。また投資家たちは信じて疑わなかったというが、日本の金融当局によるとMRIはここ2年間は運用した形跡がなかったとした。さらに問題点について大和総研の専門家の男性が話し、この疑問点を実際に抱き、MRIに尋ねた50代の投資家の男性が話した。そして刑事告訴されることになった代表の男についてアメリカの捜査協力は容易ではないと弁護士の男性が話した。またアメリカの金融当局は代表の男を脱税容疑を視野に調査している模様だ。しかし、代表の男の資産がアメリカの金融当局に没収されれば日本側が取り返すのが困難なため、弁護団はアメリカで被害金の保全の協力を要請した。
---
日本人投資家”狙い” 消えた1300億円 2013年5月23日 23:00 で
他にも載っています^^


☆テレビ東京 映像ありました
私が見ていないところのようです(7分38秒)

狙いは日本の投資家 消えた1,300億円 5月23日
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_41837

投資経験者も狙われた MRI その実態とは?(テレビ東京5月24日)

テレビ東京は、MRI問題のニュースをよく放映されてますね

この日記ではこちらに↓
MRI資産消失問題 投資経験者も被害 そのワケは…(テレビ東京5月13日)
MRI被害弁護団、会見と声明とニュース(2013年5月20日)
MRI被害弁護団がラスベガス入り~破産になるのも時間の問題。被害者(出資者)自身も刑事告訴をすることが早期の解決(リプラス情報収集組合)
なぜ、MRI問題が防げなかったのでしょうか?(テレビ東京WBS2013年5月23日放送)

安愚楽牧場の時は、どうだったんでしょうね
あの2011年8月、私はネット上から情報をさがす方法さえ知りませんでした

でも、たぶん、テレビではほとんど取り上げてくれませんでしたね~
今、MRIの投資者は情報が無い、進展が無い、等々思ってらっしゃるかもしれませんが、安愚楽牧場に比べたらどんだけマシ~~と思っているrokoです

午後2時半、弁護団が協議のため警視庁に入っていくところを映してました
先のニュースでは、今日にも…なんて言ってたけど、すぐにOKになるわけもなく
30日にMRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長を刑事告訴したい考えだ、とのこと
昨日の日記、昨日見たテレビ東京でも言ってましたが、どうなることか・・・

なんにしても、弁護団の動いて下さってる姿や、マスコミがアメリカで取材されるなど、映像で見られるのは被害者にとってはありがたいものである

こういうのがほとんどなかった安愚楽牧場被害者の気持ちはいかばかりか・・・
これまで、いくつもの弁護団が告訴告発をしていますが、まだ立件されていないという状況です
今回のMRI報道を見て、マスコミの取り上げ方など違いを感じているわたくしです
なかったことにはさせません


MRI事件の真相解明と、少しでも早い皆様の被害回復を祈っております
そして、同じようなことが起こらないようなしくみに変えて欲しいと思います


NEWSアンサー:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_41917
---
投資経験者も狙われた MRI その実態とは?   5月24日
アメリカの資産運用会社・MRIインターナショナルが、顧客から集めた巨額の資産を消失させたとされる問題。テレビ東京はアメリカ・ラスベガスを取材、虚構ともいえるMRIの実態が浮かびあがってきました。
---

MRI被害者の会による「MRI請願書(仮)」(5月29日まで意見募集)

MRI被害者の会 https://sites.google.com/site/mrihigaisha/

署名用紙・(仮)請願書ダウンロード  より 仮の請願書を記録します

---
5月29日までご意見を募集又はこの文言を入れて欲しいなどあればお気軽に電話・メールください。

MRI被害者の会

一木 堅太朗
電話番号:080-4968-9511

FAX 052-720-3456
メールアドレス:mri.higai@wh.commufa.jp
ホームページ:https://sites.google.com/site/mrihigaisha/

---

続きを読む

【MRI資金消失】資金返還は4人のみに総額90万円 コールセンター、マニュアル棒読み 強制調査1カ月(2013年5月25日 産経新聞)

うん、安愚楽牧場の時も、お兄ちゃんがペラペラとマニュアルめくる音が聞こえたよ
コールセンターには一回しか掛けてないけどね
少し、問い詰めると、ちょっとわかってるふうの女が電話口に出たよ
ま、テキトーに聞いておいたけど…
私はたまにアグラ本社に掛けてた…


さて、あれから1ヶ月…
MRI被害者で、コメントを下さったのは、たきじさんお一人だけですが・・・(^_^)
それでも、前より訪れて下さる人が増えているように思います
コメントはしないけど、見てますって方もありがとうございますm(__)m
ようこそ、いらっしゃいました\(^o^)/

今も大変な状態であろうことは想像がつきます
安愚楽牧場被害者にとってのこの1年10ヶ月…
まだ立件されてないしぃ、、、(ーー;)
アタシなんて未だにアグラ病にかかってます^^

人によって状況が違うので一概に言えませんが、傷ついてない人なんていないはず

あなたが被害者本人ならば、自分で乗り越えるしかありません
家族に言えず、ひとりで苦しんでいる人もいるでしょう
私も未だに、無くなったお金のことを話してはいません
毎日、こうしてブログを書いていることも家族には内緒です^^
パソコンにハマってしまったヤバイかあちゃん、と見られていますw

あなたが家族であるならば、見守ってあげて下さい
忘れようとか、禁句にするのではなく、話を聞いてあげてください
傷をなめあったっていいんです
苦しいけれど、事実を見つめて今後にいかしていかねばなりません
心を寄せてくれる人がいるということを感じられたなら、それが救いとなります

私がいくら書いても、なんの慰めにもならないでしょう
言葉が届かないかもしれません
とにかく自分で立ち直るしか道はないのです

だれにも言えない、言える人がいないという方、気軽にコメントくださいね
私はいつでも、このブログのむこうにいますから…

死ぬまで、生きてください


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130525/crm13052523480019-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130525/crm13052523480019-n2.htm
---
【MRI資金消失】
資金返還は4人のみに総額90万円 コールセンター、マニュアル棒読み 強制調査1カ月
2013.5.25 23:47 (1/2ページ)
 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑は、証券取引等監視委員会が強制調査を行ってから26日で1カ月を迎える。MRIは日本支店を閉鎖し、一部出資金を顧客に返還。一方で金融庁の処分については事実認定を争う方針を示すなど対決姿勢を強めている。監視委はこうした動きを「その場しのぎの対策」とみて、金融商品取引法違反(偽計)罪での告発や、捜査当局による詐欺容疑での立件も視野に実態解明を急いでいる。

 MRIは15日に声明を出し、投資額に応じて顧客の一部支払いに応じる方針を表明。コールセンター(フリーダイヤル0120・717・874)を設置し、投資家に個別に説明するとした。金融庁による登録取り消し処分については「事実関係に誤りがある」と反論した。

 だが、声明の送付先は米ロサンゼルスに支局を置く一部マスコミだけ。約750万円を投資した兵庫県に住む50代男性はネットニュースで声明を知り、電話で返還手続き方法を聞いたが、アルバイト女性が「確認中でお答えできない」と繰り返した。問いただすと「日本支店幹部が書いた返答マニュアルを読み上げている」と話したという。

(2/2ページ)
 東京都内の日本支店はすでに閉鎖。入り口は施錠され「本店からの連絡を急がせている」などとする貼り紙が残されたままだ。

 MRI被害弁護団によると、15日以降、約8700人とされる出資者のうち、4人の顧客にのみ返金があった。だが、総額はわずか約90万円。MRIの対応について弁護団は「被害者の団結を妨げる方便」、監視委も「その場しのぎの一時的な弥縫(びほう)策にすぎない」とみている。

 被害弁護団は30日にも捜査当局に対し、金商法違反(偽計)罪と詐欺罪で告訴する方針だが、MRIをめぐる調査は当面、強制調査を行った監視委が担う。

 両罪は、ともに顧客をだます故意性の立証がポイントとなる。MRIは、少なくとも平成23年1月時点で、顧客の出資金を直接配当に回す自転車操業に陥っていたことがすでに判明。監視委は犯意の裏付けのため、MRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)が関与していたMRI以外の複数の企業を含め、関連口座の出入金を調査。さらに自転車操業が始まった時期を特定した上で、捜査当局と告発に向けた協議に入るとみられる。
-----

「信じた自分がばかだった」参加者切実な訴え、姫路で相談会(産経新聞2013年5月26日 )

MRI資産消失疑惑:弁護士会が兵庫・姫路市で相談会(毎日新聞・神戸新聞2013年05月22日)
2013-05-23(09:24)

ここのコメント欄に昨日、相談会の新聞記事は載せておりますが、「あぐら物語日記」のコメント欄までは見ていないという方へ、本文最後にもう一度記録しておきます
(神戸新聞、毎日新聞)

後に何か出てきたり気付いたことがあると、過去に書いた日記のコメント欄に、その都度記録したりしています
同じことについて書かれた新聞記事も各社それぞれなので、それを全部あわせてみるとわかってくることもあります

情報がなくて…とか、今はなんでも知りたい、何かを見ていたいと思う方は過去の日記をコメント欄までご覧になると時間が過ぎます(笑)
いやいや、時間がどれだけあっても足りませんのでお勧めはしませんが、心の安定のために読むということも「あり」かなぁなんて思います
MRIのことはカテゴリ「MRIインターナショナル」にまとめるようにしておりますが、やはり私は安愚楽牧場の被害者ですので、それ以外のカテゴリに入ってしまうこともあります

私も未だに自分を責めております
「信じた自分がばかだった」

事実を受け止め、今後の自分にいかしていきましょう、ネ(^_-)-☆


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130526/wec13052622460002-n1.htm
---
【MRI資産消失】
「信じた自分がばかだった」参加者切実な訴え、姫路で相談会
2013.5.26 22:46

参加者から切実な訴えが相次いだMRI被害者相談会=姫路市北条
 米資産運用会社「MRIインターナショナル」による巨額資産消失疑惑を受け、兵庫県弁護士会姫路支部は25日、西日本で初となる被害者相談会を姫路市北条の同支部会館で開いた。県内外から被害者約50人が参加し、「どうしたらいいのか分からない」「夜も眠れない」などの切実な悩みを訴えた。

 MRIは約8700人から計約1365億円を預かったと公表したが、資金運用せず配当金払いに流用した疑いが浮上。金融庁は4月に金融商品取引業の登録を取り消し、証券取引等監視委員会も金融商品取引法違反容疑で強制調査した。

 相談会は同支部消費者問題対策委員会の弁護士が企画。同様の相談会は地方では新潟県に次いで2例目という。

 相談会では、弁護士がMRIによる流用疑惑や過去の先物取引に関する訴訟事例などを説明。参加者からは資金の回収方法や受け取っていない利益に課される税金対策などについての質問が飛んだ。

 参加した神戸市西区の男性(70)は「一流ホテルで説明会を開くなどしていたMRIを信用した自分がばかだった。弁護団には米国での実態調査をもっと進めてほしい」と話していた。
-----

続きを読む

【追跡MRI問題】被害者弁護団の団長は名うての山口氏 捜査当局は詐欺罪も視野か〈5〉(zakzak)

【追跡MRI問題】女副社長の薄笑い 事業報告書の書き写しを断固拒否〈1〉(zakzak)
 2013-05-21(00:20)
【追跡MRI問題】米当局、全容解明に着手 証券取引等監視委検査の1カ月半前〈2〉(zakzak)
 2013-05-22(11:30)
【追跡MRI問題】巨額資金集めの小道具 投資を勧めるMRI社のパンフレット〈3〉(zakzak)
 2013-05-22(12:05)
【追跡MRI問題】金融自由化が落とした影 AIJ事件に続きMRI問題も事件化必至〈4〉(zakzak)
 2013-05-23(17:25) の続きです


zakzakで見たMRIの記事です

弁護団の山口団長は霊感商法問題の第一人者。ほかにも、バブル期に会員権を乱売した茨城カントリークラブ事件や、エビ養殖投資をうたったワールドオーシャンファーム事件など、資金が海外に流出した複雑な事案の被害回復に取り組んできたその道のプロがそろう。
弁護団の弁護士さんということです

アップするのが遅くなりましたが、高橋篤史氏の記事はこれで最後のようです


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130524/dms1305240710010-n1.htm
---
【追跡MRI問題】被害者弁護団の団長は名うての山口氏 捜査当局は詐欺罪も視野か
2013.05.24 
★(5)

 MRI被害弁護団(団長・山口広弁護士)が12日に東京・大手町で開催した被害者説明会には1500人を優に超す老若男女が駆けつけた。

 「昨年1月以降に出資した人は手を上げてください。詐欺に遭った可能性が高い人たちです。すぐに刑事告訴の手続きをしたいと思います」

 壇上の山口弁護士がそう呼びかけると、会場のあちこちで手が上がる。告訴手続きのため連絡先を記入する赤い用紙が事務局スタッフにより配られ、用意した300枚はすぐになくなった。

 MRIインターナショナルが「8562名・1350億円」とした出資募集実績について、金融当局は実際それほど多くないとの感触を持っているフシがある。が、この日の人だかりを見ると、被害が相当広がっていることは間違いない。

 弁護団の山口団長は霊感商法問題の第一人者。ほかにも、バブル期に会員権を乱売した茨城カントリークラブ事件や、エビ養殖投資をうたったワールドオーシャンファーム事件など、資金が海外に流出した複雑な事案の被害回復に取り組んできたその道のプロがそろう。

 今回のMRI問題は刑事・民事両面で極めて難しいケースだ。被害者である日本の顧客は米国に直接送金しており、不透明な資金の流れはすべて海の向こうだからだ。

 強制調査に乗り出した証券取引等監視委員会だが、その犯則嫌疑は異例のもの。金融商品取引法37条の誇大広告違反を初めて適用したのである。

 当局者は「まだ事案の全体像や根本的な発生原因がよく分かっていない」と打ち明ける。埃を被ったような条文をあえて持ち出したのは、被害拡大を防ぐ緊急的側面が強かったからだ。

 入り口となった誇大広告違反は懲役6月以下の微罪。監視委や、この後に告訴・告発先となる検察や警察は詐欺罪(懲役10年以下)も視野に入れるものとみられる。が、米国居住者を取り調べたり身柄拘束するとなると、日米犯罪人引渡条約に基づく外交手続きなどが必要になる可能性が高い。全容解明の早期化にはその分支障が出る。

 被害回復のための民事手続きも困難が予想される。被害弁護団は被害者から2万~4万円の着手金を募り、1億円程度を用意したいとする。米国の弁護士を雇ったり日本から調査員を派遣するには相応の実費が必要だからだ。前述の茨城カントリーなどの事件では米当局の協力を得て40億円前後の被害金が返還された。今回、残余財産がどの程度あるかはまだ雲をつかむような状況だが、費用だけは先にかさんでいく。

 「日本の消費者がバカにされては困る。それを今回、諸外国に示す必要がある」。山口団長がそう話すように、官民の当事者たちにとってMRI問題は大きな試金石だ。=おわり

 ■高橋篤史(たかはし・あつし) 1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒、東洋経済新報社などを経て2009年からフリーランスのジャーナリスト。著書に『凋落 木村剛と大島健伸』『兜町コンフィデンシャル』など。
-----

最近何をしていた? 証券取引等監視委員会の特別調査課(闇株新聞)

最初から日本人を狙った詐欺会社だったMRIインターナショナル(闇株新聞)
2013-05-07(15:34)

ここで、闇株新聞 http://yamikabu.blog136.fc2.com/
の記事を紹介しました

再び、MRIインターナショナル事件の名前が出ていましたので、記録します

証券取引等監視委員会の特別調査課というところがどんなところかなど全く知らないので、とても面白い記事でした

安愚楽牧場の場合、証券取引等監視委員会は関係ないと思いますが・・・
全国で告訴告発されてますが、どうなっているのでしょうか?
頑張ってくれてるんでしょうか?
破綻から1年10ヶ月が経とうとしています

大阪の被害対策弁護団が全国の被害者に先駆け府警に告発状を提出したのが2012年2月
告発を告訴に切り替え、詐欺容疑に絞ったのが2012年4月
それからでも1年1ヶ月以上が経ちます
その後も、全国の弁護団が告訴・告発しています

動いてくれんことには、どうもならんわい !! (ーー;)


(参考)
2012.02.03 大阪弁護団 社長、役員2人を詐欺・出資法違反・預託法違反容疑で告発
2012.04.06 大阪弁護団 社長、役員2人を詐欺容疑に絞って告訴
2012.05.07 東海弁護団 社長、役員2人を詐欺容疑で告訴
2012.07.03 栃木弁護団 社長、増渕元専務を詐欺容疑で告訴・安愚楽、社長、専務を預託法違反で告発
2012.07.30 千葉弁護団 社長、増渕元専務を詐欺容疑で告訴
2012.10.12 埼玉弁護団 社長、役員2人を詐欺容疑で告訴
2013.01.08 群馬弁護団 社長、元役員を詐欺容疑で告訴・社長、元役員を預託法と出資法違反で告発
2013.04.02 兵庫弁護団 社長、役員2人と同社を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で告発

続きを読む

【追跡MRI問題】難しい事件程「被害者」の行動が必要(リプラス情報収集組合)

★【追跡MRI問題】被害者弁護団の団長は名うての山口氏 捜査当局は詐欺罪も視野か〈5〉(zakzak)
2013-05-28(00:00)

zakzakの記事より、リプラス情報収集組合さまが記事を書かれています

2013年05月27日
【追跡MRI問題】被害者弁護団の団長は名うての山口氏 捜査当局は詐欺罪も視野か~難しい事件程「被害者」の行動が必要。

まだ、続きは出ていませんが、後に記録します


MRIの件では問題発覚してまもなく、一木 堅太朗 氏がMRI被害者の会 を立ち上げられたので被害者にとっては心強いと思います

初めて、ホームページを見たときには驚きました
安愚楽牧場にもこのような方がいらしたら、なにかが変わっていたかもしれないと思いました
一番最初に、一木氏のことを書いたのはコチラ↓
「MRI被害者の会」と「MRI インターナショナル 被害者の会」
2013-05-07(14:59)

一番最初の安愚楽牧場債権者集会の時、人々は恥ずかしいのか、カメラを向けられると顔をふせるとか、カバンで顔を隠す方までおられました

一木氏は、名前も顔も出して、お一人で被害者の会を運営されてます
手際の良さや立ち向かう姿勢に、とても優れた方だなぁといつも感心しています

私、はじめて見たときから、一木ファンになりましたのよ(*^_^*)
でも、心配しています
【時間を決めて集中的に戦う事】には賛成です
戦う残り時間は、どれだけですか?
全てを一人で…というのは大変でしょう
自分以外の人が入ると・・・というのもわかります
一番大変なのは最初の頃だとは思いますが、無理なさらず、お体だけは大切に・・・
睡眠はとってくださいね


安愚楽牧場の時は、当初ツイッターで本名顔出し(たぶん)で呟いておられた方が男女一名ずついらしたのですが、消えてしまいましたね
女性は、なにかしらのことがあって追い詰められ、アカウントを消されました
男性のほうは、消えてないかもと思いますが?、たまのツイートだったし私が追っかけてなかったのでわかりません(^_^;)
安愚楽は、怖かったですからね
ブログも消えたし…
私がネットの中で見た人が、お元気でいてくださればよろしいのですが…
もしかしたら私が知らないだけで、このブログを見ていてくださるかもしれませんね(^_-)-☆

みなさま、安愚楽牧場のことは忘れず、日々の生活をお大事に・・・・・

続きを読む

MRIからコンサル報酬 中原元金融庁顧問(朝日新聞2013年5月29日)

なんだか昨日から急に雨っぽくなって、、、
既に梅雨入りした西の地方に続いて、近畿地方、東海地方も梅雨に入ったようです

一度も新聞写真を載せていませんでしたが、MRI関連記事はけっこう載っています

安愚楽牧場もいろいろな方と関係があったようですが・・・紙新聞には載りません


本日(2013年5月29日 水曜日)の朝日新聞です

朝日新聞(2013年5月29日)
近畿は平年より10日早い梅雨入り
新型車両のイメージは、北陸新幹線の列車名公募


朝日新聞デジタル ニュース>朝刊(2013年05月29日)より
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201305280734.html
---
2013年5月29日
MRIからコンサル報酬 中原元金融庁顧問

 日本銀行審議委員や金融庁顧問を歴任した中原伸之氏(78)が、顧客資産約1300億円を消失させたとされる「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)のコンサルタントを3月末まで務めていたことがわかった。証券市場関係者によると、MRIは報酬として月に約50万円を支払っていたという。中原氏は朝日新聞の取材に、コンサルタントだった点は認めたが、報酬などは「コメントできない」としている。

 関係者によると、中原氏がMRIのコンサルタントだったのは、3月末までの数カ月間とみられる。MRIをめぐっては昨年12月、証券取引等監視委員会が出資者から「配当が滞っている」との情報をつかみ、今年3月に検査に入った。

 その結果、MRIは米国での資産運用による高配当を宣伝しながら、少なくとも2011年以降は運用実績がなく、新規顧客から得た資金の大半を、別の顧客への配当や償還金に流用していたことが判明した。中原氏への報酬も、顧客にうそを言って集めた資金の一部だった可能性がある。

 中原氏は朝日新聞の取材に対し、「知人を介して依頼があり、引き受けた。経営コンサルタントの仕事で、口頭でアドバイスをしていた。3月末に辞めた」と説明。一方、コンサルタントを始めた時期や報酬受領の事実関係、返済の意思などについては「状況に鑑み、何もコメントできない」と文書で回答した。

 中原氏は、東亜燃料工業(現東燃ゼネラル石油)社長などを経て、1998年4月から02年3月まで日銀の審議委員を務めた。小泉政権下の02年10月から05年5月までは金融庁の顧問で、「金融分野緊急対応戦略プロジェクトチーム」のメンバーとして不良債権問題に取り組んだ。安倍晋三首相の金融ブレーンとしても知られる。

 MRIは、日本の顧客から集めた資金で米国の医療機関から診療報酬の請求権を安く買い取り、差額で利益を得るビジネスを展開。出資金に対して年利6・0~8・5%を配当すると宣伝していた。
-----


追記(2013.06.02)
FNNニュース 映像より 中原伸之氏(今年2月)
中原伸之

出資金1,300億円不明 金融庁元顧問、「MRI社」とコンサル契約
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00246949.html
(記事はコメント欄に)

MRI被害弁護団は各捜査機関に告訴状、告発状を持参しました(2013年5月30日)

MRI被害弁護団
http://www.mri-higaibengodan.jp/news/546/
---
当弁護団では各捜査機関に告訴状、告発状を持参しました。
2013.05.30

平成25年5月30日、当弁護団では、東京地検と警視庁に告訴状(被告訴人:MRI社の代表者であるエドウィンヨシヒロフジナガ。罪名:詐欺罪)を、東京地検に告発状(被告発人:エドウィンヨシヒロフジナガ。罪名:金商法違反)を持参し、司法記者クラブで記者会見を行いました。

これにより関係者の摘発に向けた当弁護団と捜査機関との間の協議がいよいよ本格化することになります。一日も早い関係者の摘発と、これによる、さらなる事実関係の解明が進むことが期待されます。
-----


2013年5月30日 20:08に「MRIインターナショナル」のニュース検索した結果

MRI社長を告訴 被害弁護団が詐欺容疑で
東京新聞 - ‎5 時間前‎
米資産運用会社「MRIインターナショナル」による巨額資産消失疑惑で、被害弁護団は三十日、虚偽の説明で顧客の出資金をだまし取ったとして、詐欺と金融商品取引法違反の疑いで、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を警視庁と東京地検に告訴・告発した。 弁護団の山口 ...

MRI被害弁護団、フジナガ社長らを告訴・告発
日本経済新聞 - ‎5 時間前‎
米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題で、投資家6人が30日、虚偽の説明で出資金をだまし取られたなどとして、米本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)について、詐欺容疑で東京地検と警視庁に告訴状を提出した。被害対策弁護団が同日、東京都内で ...


MRI資金消失、フジナガ社長を弁護団が告訴
読売新聞 - ‎7 時間前‎
米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」による投資資金消失問題で、被害弁護団は30日、同社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)に対する詐欺や金融商品取引法違反(偽計、虚偽報告)容疑での告訴・告発状を東京地検と警視庁に提出した。 告訴・告発状では、 ...


MRI社長を刑事告訴 被害弁護団、詐欺などの疑い
中国新聞 - ‎7 時間前‎
米資産運用会社「MRIインターナショナル」の巨額資産消失疑惑で被害弁護団は30日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)が顧客の出資金をだまし取ったとして、詐欺と金融商品取引法違反の疑いで警視庁と東京地検に告訴・告発状を提出した。法人としての同社 ...


MRI社長を告訴=詐欺容疑で出資者6人—民事提訴も検討・弁護団
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - ‎7 時間前‎
米資産運用会社「MRIインターナショナル」による顧客資産消失問題で、虚偽の説明で現金をだまし取られたとして、出資者6人が30日、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)について、詐欺容疑で警視庁と東京地検に告訴状を提出した。 被害弁護団も、フジナガ社長と法人 ...


詐欺罪などで社長を刑事告訴 被害弁護団
MSN産経ニュース - ‎8 時間前‎
資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑で、被害弁護団は30日、記者会見し、顧客6人から計7750万円をだまし取った詐欺罪と金融商品取引法違反(偽計など)罪で、同社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)に対する告訴・告発状を ...


MRI社長を告訴 被害弁護団、警視庁と東京地検に
朝日新聞 - ‎8 時間前‎
資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)が顧客の資産約1300億円を消失させたとされる問題で、被害弁護団は30日、同社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長を、詐欺の疑いで警視庁と東京地検に告訴した。 この問題では、証券取引等監視委員会が4月26 ...


巨額資産消失疑惑 MRI社長を刑事告訴
テレビ東京 - ‎7 時間前‎
資産運用会社MRIインターナショナルが、顧客から集めた資産の大半を失わせたと見られる問題で、被害者側の弁護団はきょう、告訴状を提出しました。MRIは日本人の顧客から集めた、およそ1,300億円の資産の大半を失わせたと見られていて、証券取引等監視委員会が、 ...


MRI社長を弁護団が告訴・告発
NHK - ‎8 時間前‎
K10049506311_1305301226_1305301229.mp4. エムアールアイインターナショナルが集めた1300億円を超える資金が失われたとみられる問題で、投資した人たちの弁護団は、資金をだまし取られたとして、30日、アメリカ人の社長を詐欺などの疑いで告訴、告発しました。


“MRI資金消失”出資者が社長を刑事告訴
読売テレビ NEWS&WEATHER - ‎5 時間前‎
アメリカの金融業者「MRIインターナショナル」が顧客の出資金を消失させた疑いがある問題で、出資者が30日、MRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長を刑事告訴した。MRIは8700人の顧客から約1300億円を預かったと公表しているが、その大半が消失した疑いが出ている。


巨額消失のMRI“詐欺”で米本社の社長を告訴・告発
テレビ朝日 - ‎7 時間前‎
告訴・告発されたのは、MRIインターナショナル、アメリカ本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長です。出資者6人は、フジナガ社長が「元本の保全を独自の仕組みで整えた」などと嘘が記載されたパンフレットを送るなど、合わせて7700万円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いで ...


米MRIの資産消失問題、顧客らが詐欺で容疑告訴-弁護団
ブルームバーグ - ‎7 時間前‎
5月30日(ブルームバーグ):米資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米国)が日本人顧客の投資資金を運用せず消失させたとされる問題で、被害者弁護団は30日午前、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長について、詐欺と金融商品取引法違反の疑いで警視庁と東京地検 ...


MRI社長を刑事告訴、資産差し押さえ手続きへ
TBS News - ‎7 時間前‎
MRIインターナショナルによる資金消失問題で、被害対策弁護団が顧客から出資金をだまし取った詐欺などの容疑でMRIの社長を警視庁と東京地検に告訴・告発しました。 MRIは、アメリカでの診療報酬回収ビジネスへの投資として、日本人の顧客から集めた1300億円を消失 ...


「MRI」出資金不明問題 出資者が社長を詐欺容疑などで刑事告発
FNN - ‎6 時間前‎
「MRIインターナショナル」の多額出資金不明問題で、出資者が、MRI社の社長を詐欺容疑などで刑事告訴した。 出資者の弁護団は「告訴状・告発状は、いわゆる捜査の出発点という受け止めで、もちろん、これで終わったということではなく、これからスタートする」と話した。 MRI社 ...

-----


★roko★ ニュースより抜粋

弁護団は記者会見し、山口広団長は「きょうはあくまで出発点で、今後、積極的に捜査を進めてほしい」と話しました。

会社側は、今月、投資家に対して一部支払いに応じる方針を示し、弁護団によりますと、これまでに5人の投資家に合わせて90万円が支払われたということです。

被害者団への参加人数は5月28日現在1472人だが、弁護団では3000人程度まで増えるとみている。集計途中の現在で把握している被害総額は523人で148億1000万円、1人平均では2831万円に上る

「とにかく、1日も早く着手して立件していただきたい」(被害対策弁護団)

6月中には出資者数十人が、MRIに約1億円の損害賠償を求める民事訴訟も起こすという。


★こちらに記事あります

MRI インターナショナル 被害者の会
米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が日本の顧客から預かった資産を消失させた疑惑により被害が拡大している。
詐欺被害の専門弁護士による被害者の会が設立され、詐欺被害の相談が開始した。MRIの悪質な手口と被害救済や返金の方法をまとめる。


2013年05月30日
MRIインターナショナル社長の告訴と資産保全の訴訟


★ニュースのうち一番先頭にある東京新聞が一番長いのでコピペします^^

続きを読む

MRIインターナショナル社長を告訴 MRI被害弁護団が詐欺容疑で~告訴はいつやるか「いまでしょう」。(社会人サークルリプラス情報収集組合)

2013年05月30日、MRI被害弁護団が詐欺容疑でMRIインターナショナル社長を告訴したニュースを受けてリプラス様が記事を書いておられます

MRI被害弁護団は各捜査機関に告訴状、告発状を持参しました(2013年5月30日)
2013-05-31(00:00)  に、元ニュースは載せてあります

でもこの「告訴」の件にノミネートされなかったからと言って「落胆」はしないでください。私は「容姿が今一つだから」とか、「頭が悪いから」と自身ですぐ思いこみ、落ち込む方もいらっしゃるかと思いますが・・・には、まいりました(*^_^*)


安愚楽牧場の時に書いていただいたのは、この日記ではコチラ↓
リプラスさま「安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その4」12月4日
2011-12-04(14:49)

この時、私はまだピコーンとワープする技を身につけておりませんでした
お粗末な日記ですみませんm(__)m

リプラス氏の本物は、こちらです↓
安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その4(警視庁及び各都道府県警での暗黙の被害者オーディションはもう始まっている)
2011年12月04日


http://re-plus.seesaa.net/article/364598739.html
---
2013年05月30日
MRIインターナショナル社長を告訴 MRI被害弁護団が詐欺容疑で~告訴はいつやるか「いまでしょう」。

MRIインターナショナルの件。MRI被害弁護団が「詐欺」と「金融商品取引法違反」ということで告訴したということです。
 よく記事では「告訴」(こくそ)と「告発」(こくはつ)というのが混同されてつかわれることが多いのですが、「告訴」は当事者(被害者)が行う刑事処罰の申告で、「告発」はそれとは関係の無い第三者が行うこととされています。

 今回の記事の場合は「告訴」と書いてありますので、その被害者つまりMRIに出資した被害者(現時点では「自称被害者」ともいえますが)ということになります。実際にはこの「告訴」がどのような形でなされているのかはわかりませんが、この記事の表現が正しいと考えると、被害者の数人(弁護団に委任して選抜された男女6人)の告訴を代理で弁護士(代理人)がおこなったということになります。
 ですから、弁護士が「告訴」ということはありえません。弁護士が自身の判断で行う時は「告発」となります。しかし、現時点でもっとも情報を握っていると思われる「金融証券取引委員会」が「告発」していないのに、被害者弁護団の弁護士が独立して告訴するだけの「詐欺罪」の認識はないと思います。
 したがって、今回の告訴の件は刑事告訴したい(ぜひ刑事告訴させて下さいという)出資者がいて、その中から「告訴」するのに適している被害者を選抜した結果、男女6人の被害者がノミネートされたのだと推察されます。

 以前にもこういったことを類似した事件(安愚楽牧場等)でお話したことがあるのですが、告訴する側もそれなりの「条件」を備えていなければなりません。出資する人は、MRIの投資商品に基本的に「パンフレット」や「重要事項説明書」を読んで判断するのが普通です。当然ですがそれを読まないで投資する人も少なくありません。単に友達に勧められたとか、パンフレットの利率をみて「これは美味しいぞ」とか、家族の名義でやってその名義の人は「ただ名前を貸しただけ」という人もいらっしゃることでしょう。そういった要件の人を除いた、正当な考え方や申込準備をして申し込んだ被害者つまり「正当な被害者」がここでは、刑事事件の被害者になり得るのです。

 どういった選考方法で行ったかは定かではありませんが、一つの方法として、委任するための資料を精査するつまり「書類審査」をして、その審査に通った人がいわゆる「適格者(合格者)」となります。そして、電話連絡などにより、実際に面談をして、この人は刑事事件に充分立証が可能かどうかを見て、合格者を決めるという形となります。

 でもこの「告訴」の件にノミネートされなかったからと言って「落胆」はしないでください。私は「容姿が今一つだから」とか、「頭が悪いから」と自身ですぐ思いこみ、落ち込む方もいらっしゃるかと思いますが、この件に関して、容姿や知能とか、学歴や門地や保有資産内容は関係がありません。それにでもらいが少なくなるとかそういったことはありません。あくまでも刑事事件の被害者として適格かどうか公判になった時に被害者として最後まで非がなかったかどうかをみるものであります。ただノミネートされた被害者は、それなりのしっかりした考えで申し込んだわけですから、言い方は妥当ではないですが「優秀な被害者」だともいえます。


 通常こういうことを弁護団が早期の段階で行うのは珍しいです。被害者が独自(又は被害者自身が「被害者の会(被害者団)」をつくって行う事が多いのですが、今回被害者弁護団が早期におこなったのは、他の投資被害事件と比較して非常に早いし、刑事事件においても早期の証拠収集と全体の被害者においてのキャスティングボードを握る目的もあるものとの目論見もあるのではないかとの話す人もいます。
 あと、こういう事にいずれはやってくることは法的な倒産(つまり「民事再生」や「破産」)です。これが来てしまうと、もうMRIインターナショナルに直接賠償請求(民事訴訟)は出来なくなり、再生債権届や破産届で指をくわえて待たなくてはならなくなります。
 そういった考えられる事態を考えれば、アクションを「いつやるか」といえば「いまでしょう。」というという結論に達したのかもしれません。
-----

MRI日本幹部「運用実態把握せず」公表へ(日本経済新聞2013年5月31日)

いやいや~~、日本支店幹部らが「米本社の運用実態を把握していなかった」などとする見解を公表する方針、って笑わしてくれるやん(笑)

すっごいお金を集めて動かしていた会社の幹部が、何も知らんわけないでしょう^^
大笑いやわ!!

たくさんお給料をいただいてただけ、、、と申されるのでしょうか?
曲がりなりにも、幹部ならば自分のお仕事してる会社のことを知らんでどないすんのん!ってこっちゃわな
アホちゃうのん!?

まぁ、これで逃げとおそうと思っているのはミエミエやけど・・・
ホンマに知らんかっても、アホちゃうのん…ですけどネ(*^^)v

安愚楽牧場の役員が社長三ヶ尻久美子に責任を押し付けているのとそっくりやん!


日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3005A_Q3A530C1CC1000/
---
MRI日本幹部「運用実態把握せず」公表へ
2013/5/31 2:00

 米金融業者MRIインターナショナルによる顧客資産の消失問題で、同社の日本支店幹部らが「米本社の運用実態を把握していなかった」などとする見解を公表する方針であることが30日、同社関係者への取材で分かった。近くインターネットなどを通じて公表するとみられる。

 同幹部ら日本支店の社員が5月に入り、米本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)に解雇されていたことも判明。証券取引等監視委員会はフジナガ社長が日本支店に事情を隠し、資金の移動など経営の全権を握っていたとの見方を強めているもようだ。

 同社関係者の話によると、日本支店幹部は監視委の強制調査が実施された4月26日以降、フジナガ社長に電話で運用実態などについて説明を求めているが、明確な返答はなく、最近は連絡が取れない状態という。運用実態に関する認識や解雇の状況に加え、こうした強制調査後の具体的な行動についても、今後公表する見解で言及する方針だ。

 監視委で検察などへの告発を担当する特別調査課はこれまでに幹部らから複数回、参考人として事情聴取。新規顧客の投資金を既存顧客への償還金や配当に流用する「自転車操業」の認識の有無を中心に調べている。幹部らは「資産が運用されているという米本社の説明を信じてしまい、資金流用は知らなかった」などと説明しているという。

 一方、投資家6人と被害対策弁護団は30日、フジナガ社長について、詐欺と金融商品取引法違反(偽計)の容疑などで東京地検などに告訴・告発状を提出。日本支店幹部らについても告訴・告発を検討しているが、詐欺や同法違反での立件には幹部らが運用実態を把握していたことが不可欠となる。
-----
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク