『和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~』 購入いたしました(^_^)v

『和牛詐欺』 購入いたしました

最近の本屋さんって、スゴイですね
メモっておいた紙を渡したら、調べることもせず(バイトの若い子?)
「入りましたらお電話します」って・・・
そしたら、翌々日には電話がありました^^
今日の夕方、お店に行きました

もっぱら本は図書館で借りる、という私ですが、安愚楽関係のこととなると
それを書いて下さった方にお礼の意味をこめて、購入しています
取り上げて下さっただけでも、ありがたい、有難い、という気持ちです
正直言って、この金額はイタいです
牛肉は買わず、安い鶏肉と豚肉ばかり買う生活をしています
あと、魚と野菜と豆製品と・・・

この本が、少しでもたくさん人々に届くよう祈っております
ありがとうございます m(__)m


和牛詐欺


和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~

斎藤友彦 著 (共同通信社会部記者)
講談社 ¥1,365- 2012年9月13日発売

負債総額4300億円 被害者総数7万人。
戦後最大の消費者被害事件となった「安愚楽牧場事件」の真相とは?

“詐欺専門”の異名をとる記者が調べ尽くした詐欺犯罪のすべて

第一部 安愚楽牧場事件
1・戦後最大の詐欺事件? 
2・暴かれた疑惑 
3・放漫経営の末に

第二部 ふるさと牧場事件
4・騙したのは誰だ 
5・そして巨悪は逃げおおせる

第三部 詐欺犯罪はなぜなくならないのか
6・詐欺師たちを追いかけて 
7・それでも被害者は悪くない

和牛詐欺

★本書カバー裏 から
被害者のあなたは悪くない!
詐欺の被害者に対して「自業自得」という批判も的外れだろう。株式など、詐欺ではない投資も一定のリスクを伴う。年金制度の存続に対する不振も強い。老後の自分の身を守るため、生活費を少しでも増やそうとしたところへつけ込まれた。責めを負うべきは被害者ではなく、弱みにつけ込んだ詐欺師にあるのは当然だ。(本文より)


★本文 から
詐欺の被害に遭い、財産を奪われただけでなく人生を狂わされ、精神的に大きなダメージを受ける。加害者に対する刑罰は軽い上、それ以前に捜査機関はなかなか重い腰を上げようとせず、罪に問われることすらまれだ。

最後にもう一度強調しておこう。
現代の詐欺は生命犯罪に限りなく近いのである。


★おわりに から
安愚楽牧場については、執筆している2012年8月現在、捜査機関は強制捜査などに乗り出していない。動くことを期待しているが、たとえ動かないとしても、このままうやむやになることだけは避けなければならない。


★-----

斎藤友彦さま、ありがとうございました

ここまで書くだけでも、こみ上げてくるものがあり、いけません・・・

私も安愚楽の詐欺は生命犯罪に限りなく近い、と思います
体も心も傷つきました
なんでも、当事者になってみないことにはわからないものかもしれません


まだ、全く読めておりませんが、一人でもたくさんの方に読んでいただきたいと
とにかく、日記にしたしだいです

この本に関係して下さった皆様、ありがとうございます m(__)m

続きを読む

私は安愚楽牧場に投資をしたつもりはない!! 「安愚楽商法は、投資であろうと詐欺!!」

『和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~』 購入いたしました(^_^)v
2012-09-14(18:45)
で書いた本のことですが、どうにか、、、
第1部 安愚楽牧場事件 までは、頑張って読みました(^^ゞ

はい、わたくし、実は本当に本を読むのが遅いのです(^_^;) マンガも^^
わからんこともあるしね(汗)


★ペンギンさんは、私より先にネットで予約、後に届いても、早く読んでるしぃ~^^
感想とかも、ちゃんと書かれてるしぃ~で、こちら
 ↓ ↓ ↓ 
2012年9月11日 (火)
安愚楽牧場関連の本が発売されます
2012年9月14日 (金)
「和牛詐欺〜人を騙す犯罪はなぜなくならないのか」まだ届かないよ〜(:_;)
2012年9月15日 (土)
「和牛詐欺〜人を騙す犯罪はなぜなくならないのか」やっと届きました〜(^O^)/

私もペンギンさんの感想と一緒な気持ちですので、見にいって下さいね^^


★『和牛詐欺』の37ページで、紹介されている
ホンネの資産運用セミナー」のゆうきさんのブログはこちら
 ↓ ↓ ↓ 
■安愚楽牧場・和牛委託オーナー制度詐欺事件の真相 (09/13)
http://genuinvest.net/?eid=1785
■安愚楽牧場・和牛オーナー制度は詐欺か?評判は? (11/28)
http://genuinvest.net/?eid=183
このコメント欄はただいま140とか・・・
たしかに元社員とか、いろんな人からのコメントがあったカンジでした

あたしもね、いつだったか破綻後にここのブログを知りましたが・・・
投資というものに全く興味なし、パソコンを使うのはたまにだし、見るのは実在の本物を知っているごくわずかのブログのみ・・・という私だったんですから
有名ブロガーったってそんなもん知りませんよ、オホホ・・・・・あ、失礼・・・orz
今も、全く興味ありませんから、このブログを長いこと見てませんでしたわ^^
投資と考えている人は調べるでしょうが
長い年月を使って飼いならされてしまった一般オーナーは
ワタクシのような人が多いのではないでしょうか

やっぱり、若い人はスゴイですね!と思ったしだいです m(__)m

参考までに「あぐら物語日記」では
ネットで検索して 思うこと 2011/11/24
のコメント欄に「ホンネの資産運用セミナー」のことが出てきます


さて前からどうも、投資、とうし・・・と言われることに、こだわりを感じておりました

破綻までは、預託という言葉でバカみたいに、安愚楽牧場を信じていました

やっぱり、情弱ということは・・・でございましたネ (ToT)

そんなことで、6月30日に書いた日記に出番が無かったのですが
ここで、吐き出してしまいます…^^

続きを読む

和牛詐欺著者:詐欺事件こそ調査報道だと指摘(週刊朝日 2012年10月26日号)

まだですか?

経営陣が立件されれば戦後最大の詐欺商法事件に発展する。


朝日新聞出版 dot.(ドット)より
http://dot.asahi.com/ent/publication/reviews/2012101700005.html
--------------------------------------------------
《話題の新刊 (週刊朝日) 》

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか 斉藤友彦著

by 江田晃一 (更新 2012/10/17 17:49)


和牛詐欺(9/13発売)
和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか
斉藤友彦
定価:1,365円(税込)
amazon.co.jp

 繁殖牛の権利を販売する和牛オーナー制度で出資を集めた安愚楽牧場が経営破綻したのは記憶に新しい。オーナーから募った総額は4200億円。経営陣が立件されれば戦後最大の詐欺商法事件に発展する。ただ、立件されても疑問は残る。なぜ今まで杜撰な経営が放置されてきたのか。本書は共同通信記者である著者が取材体験をもとに詐欺事件がなくならない構造を解き明かしている。
 著者は詐欺事件こそ調査報道だと指摘する。安愚楽牧場の件でも貸借対照表や損益計算書を眺めるだけで矛盾がぼろぼろと出てくるという。公開資料だけで詐欺の内側に迫れるのだ。逆に地道な情報の積み重ねが必要であるからこそ、記者は取材に取り組まず、警察も詐欺事件を敬遠しがちだ。似たような詐欺が繰り返される理由も警察の捜査効率にある。
 興味深いのは著者の本職が事件取材ではない点だ。詐欺事件を取材してきたのは仕事の合間。政治家の腐敗追及も大事だが、消費者の視線に立ち続ける「詐欺専門記者」が一社に一人はいてもいいかも。

週刊朝日 2012年10月26日号

---------------------------------------------------------------------------------

追記(2012.10.20 14:17)
A BUG's Pensieve 2 に同じことの記事がありました
コメント部分のみ追記します

続きを読む

【読書】和牛詐欺 斉藤友彦〈著〉(朝日新聞2012年10月21日)

和牛詐欺 斉藤友彦〈著〉 
 が、本日の朝日新聞で紹介されています


さらば東京タワー 東海林 さだお〈著〉 
 お隣さんも、なんだか面白そうなので ご紹介^^
 サダ夫・小林さん つながり、ということで・・・(^_^)v
 「ふれあいたい」「東北へ行こう!」「老人よ性欲を抱け!」 


和牛詐欺 斉藤友彦〈著〉(朝日新聞2012.10.21)
朝日新聞 【読書】 2012年10月21日 


朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/TKY201210200271.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201210200271
--------------------------------------------------
2012年10月21日03時00分

和牛詐欺 斉藤友彦〈著〉

 マネー雑誌や節約雑誌には、長きにわたって「安愚楽牧場」の広告が掲載されていた。金融商品がリスキーなマネーゲームと化していく中で「安愚楽」のシステムは、懐かしい実体経済の色合いを残し異彩を放った。出資者は、実在の牧場で草をはむ母牛の飼い主となる。配当として牛肉が贈られるコースもあった。泥と草いきれの匂い。黒い巨躯(きょく)の手応えと体温。だが、その実体感こそが、負債総額4300億円、被害者7万人という戦後最大の消費者被害事件を生み出す基ともなった。

 共同通信記者の著者は「安全で有利」の看板の裏で金集めに追われた「安愚楽」の“虚業”ぶりを、さまざまな証言を集めてあぶり出していく。(講談社・1365円)
--------------------------------------------------------------------------------


追記(2012.10.24)
ペンギンまま日記
2012年10月23日 (火)
和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか 斉藤友彦著 ★書評と感想★

いろいろ集めて載せて下さってます
その中に、『【和牛詐欺 [ 斉藤友彦著 ] 』 講談社刊の104〜105が載っています
「あぐら物語日記」には、まだありませんので、ぜひご覧下さい

「あぐら物語日記」では、カテゴリ「和牛詐欺」です


追記(2012.10.28)
新聞の下部に書いてある ブック.アサヒ.コム です
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2012102100013.html

安愚楽牧場のことを書いてくれる人(自分自治体:PET様)

ペンギンまま日記 さんのブログに安愚楽牧場のことを書かれた記事を取り上げられておりました
2012年12月21日 (金)
あの詐欺事件はいかにして起きたのか - 日経ウーマンオンライン

私も読みました
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20121220/142321/#bottomProfile

取材・構成/土田 みき
で、語った人はこの人ということでいいんだよね?
 ↓ ↓ ↓
小林麻実(こばやし・まみ)
アカデミーヒルズ六本木ライブラリー・アドバイザー
早稲田大学法学部卒業、同大学院国際経営学修士(MBA)課程修了。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。同博士課程中退。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、米国ユナイテッド・テクノロジーズ社において、世界15万人の社員による情報・知識の交換および創出を目指し、ヴァーチャルライブラリーを推進。「ライブラリーとは、個人が持つ情報を他者と効果的に交換し、イノベーションを生む場である」というコンセプトを構築し、2002年に六本木ライブラリーディレクター就任。著書『図書館はコミュニティ創出の「場」ー会員制ライブラリーの挑戦』(勉誠出版、2009)他。

この人は、多分すっごくカシコイ人なのだろう・・・

>足し算ができれば誰にでもわかります。記者として、ここまで数字に弱くていいのかなと思いました。

誰にでも簡単にわかることなら、どうして7万3000人もの人が債権者になってしまったのか…
足し算はできるであろう元オーナー全員に「アンタ、アホ!」って言ったも同じ…
たしかに私、アホやけど、それは認めるけど、、、
電卓あれば足し算できるし、暗算もヒトケタくらいならできるyo…(^^ゞ

---

さてさて、昨日の日記に続きまして、なんちゃらバンクとかのことやなんやかや…
で、今月初めに下書きのまま紹介できていなかったブログを記録しておきます

今年中に書いておかないと、本当に忘れてしまいそうでいけません
まだまだ、思っていてもできていないことが多くあります
アホrokoには、困ったもんです (^_^;)


自分自治体
インデックス投資をベースに、急がずまったりと資産形成を目指すサラリーマンのブログ。
---
プロフィール
Author:PET
積立&長期インデックス投資をメインに行い資産形成を目指すサラリーマン。趣味でFP資格を取得、マネーの基本を勉強・人に伝えたいです。戦略・ウラを読む・考えるのが好きで、詐欺やボッタクリ商品の販売について考え、詐欺撲滅を目指してます。
---

安愚楽牧場のことを書いてくださり、ありがとうございました
アグラが破綻してからネットの世界にふれた私ですので、知りえませんでした
自分で深く勉強しなかったということは、少し悔いています・・・
一番ダメだったのは、私に投資をしたという感覚がなかったことかと思います

安愚楽牧場のこと以外も、面白そうなブログです
時間が許す限り、読ませていただきたいと思います m(__)m


http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-656.html
-----
2012-12-02(13:48)
和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか 斉藤友彦

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか
斉藤友彦
講談社
発売日:2012-09-13
ブクログでレビューを見る»

被害者は悪くない。騙す人間の方が悪いに決まってるってのはクラピカもそう言っております。 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

2011年に破綻した和牛商法による安愚楽牧場をめぐる事件について顛末が述べられています。一般の方に是非読んでほしいと思います。小難しい部分は飛ばしてもいいですから。(自分も全部はわかってない)


色々な「優良な投資」を聞いてきた方には、似たり寄ったりの売り文句が多々出てくると思います。長期間、配当遅延なしを謳う会社がいきなり破綻し、出資金も殆ど戻ってこない。過去はあくまでも過去(しかも無理やり作られた実績) それは将来を確約しないのです。

自転車操業・経営の実態も取材結果から述べられており、非常に興味深いです。最初から詐欺行為を行おうと思っていたのか、最初は真っ当に(ハナから回らないビジネスモデルだったようですが)やろうとして、後々厳しくなり詐欺まがい→詐欺の道に走ったのか。

ちなみに、当時からここの危なさを認識出来た個人投資家はどの程度いるのでしょうか。そのあたり、自分の目利きの能力と自覚するのもいいかと思いました。少なくとも今色々と勧誘されているビジネス・出資なども、似たような匂いが沢山あります。「詐欺だ」というのは簡単ですが「どの点が詐欺だと推定出来るか」までおおよその数字込みで考えてみるのも頭の訓練になるかもしれません。

P37に、自分も巡回しているブロガーさん「ホンネの資産運用セミナー」が紹介されてまして、ちょっとビックリしましたが、「まず、プロ(金融機関・機関投資家)が参加していない市場=素人(個人投資家)だけのマーケット(金融商品)に手を出してはいけないという大原則に立てば ~」(一部抜粋) とあります。大口からまとめて出資してもらう方が双方効率がよいのに、そうしない案件であるということですかね。ビジネス視点がない人が出資をすると、ただ搾取されるだけの可能性が非常に高いと思います。

※そういえば、数年前に案件を聞いたことがありますが、月3%の配当が出るという、スポーツの賭けによる裁定取引で利益を得る投資案件、どっか1社がダメになったと聞いたが、その後どうなったのだろうか...確か1年縛りと聞いていましたけど...元金はちゃんと戻ってきたんでしょうかね

また、勧誘手法等じゃなく、会計・財務諸表の視点からも、粉飾の疑い・おかしい点などが述べられています。これは、勝間和代氏の「決算書の暗号を解け」を読んでたから、非常に興味深く読めました。私も...5年くらい前でしょうか。当時、同社の資料を取り寄せて決算書を見た上で見送ったりしていたのでなかなか勉強になります(検討はしていたのか、って話ですが) 少なからず財務分析はそれなりに引っかかる所もあったので、まるっきりバカな読み取りをしていたわけでもなく、少し安心しました。

そういえば、配当(出資金元金だったかな?)が遅延したとブログで載せられた事があって「遅延は事実ですか?」と聞いたら無反応だったので、数日後に同じアドレスで「私は出資を検討しますが、質問があります(超適当な質問)」と書いて送ったら、ご丁寧に回答が返ってきたので、ちょっとウケましたが。

そういえば、破綻前後の時、ブログに少し書いていました。

2011-07-07(20:06) 安愚楽牧場はどうなったのか
2011-08-01(20:09) とうとう安愚楽牧場が...

第二章は、筆者が追いかけていた類似事件「ふるさと牧場」の件がまとめられています。なんていうかやっぱり「詐欺だらけだが、ここだけは信頼出来る」って感じで出資する(当たり前か...)方が多いのですね。良質な投資案件があったとして、「一般人」が「事前」に「外部から理解出来る」か? という点がポイントと思います。

プロ・機関投資家が入っていない案件は既にそれ自体が美味しくないと考えて良いと思います。規模が小さすぎて入る余地が無いのであれば別ですが、その場合は多数の個人出資者を募ったりしないでしょうから。

全部の案件がダメ・詐欺かと言えばそうではないのは確かかもしれませんが、洗浄されていない市場での案件は玉石混交であることも十分に踏まえ、ビジネスモデル・会計的観点からも必ず考えて、仮に投資案件が破綻しても自分の生活が破綻しない事を考えて意思決定する必要があります。

まぁぶっちゃけて言うと、「自分がカモるくらいの自信がなければやめとけ」って事と思います。



詐欺をした、お前を騙した、なんて言ってお金を取る人間は三流の詐欺師と思います。そんなバカなやり方する人は殆どいません。「騙すつもりはなかった」人の頭の中まではわからない。詐欺罪で逮捕させるのも難しいし、その出資金が戻るかも非常に怪しい。この本で述べられている詐欺師の言い訳・謳い文句、貴方が聞いている謳い文句と酷似していませんかね。読んだ人はドキッとするんじゃないかな。

騙すほうが悪いのは確かですが、いらぬトラブルを避けるためにも、自分での意思決定と、よくわからない商品に手を出さない・自分の人生が破綻しない程度に留める、という事は徹底したいものです。
----------


(参照) PET様のブログよりその他記事

2011-07-07(20:06)
安愚楽牧場はどうなったのか
http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-351.html

2011-08-01(20:09)
とうとう安愚楽牧場が...
http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-372.html

株主優待Getちゃんのブログ
ネット上のおもろい事を書く日記
安愚楽牧場が終了に近い
2011-06-07 22:19:39
http://ameblo.jp/yuutaiqueen/entry-10916435545.html

YAHOO!知恵袋
安愚楽牧場満了金遅延(カテ違いかも?)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1365593743

安愚楽牧場のことを書いてくれた人(くらげネコ様・烏賊す社長様)

安愚楽牧場のことを書いてくれる人(自分自治体:PET様)
に続きまして、「和牛詐欺」を読んだという方を紹介させていただきます

-----

38歳独身手取り11万円の一人暮らし
時給850円の介護職はじめました。残高ゼロが人生の終わりです。

プロフィール
名前:くらげネコ
年齢:38歳
職業:介護ヘルパー
役職:貧困男子代表
メアド:crycat08●yahoo.co.jp
金なし友達なし彼女なし
コミュ力なし生きる価値なし
私の詳しい経歴など
ひとり旅日記目次


2012年12月21日22:45
カテゴリ介護職中の話読んだ本
http://crycat.blogo.jp/archives/7641518.html
和牛詐欺

----------


話はチェンジ・・・
昼ズバ!地方の中小企業経営者の時事直言
2012-11-19(16:20)
烏賊す社長さんを紹介しましたが、最近の記事も少しお借りします

---
2012年12月21日

よく返せるよ。反対に立派。

返せと言われて
はいなーっと返せるだけ、すごいと思ったなー。
内部留保あるんだねー。
もらい過ぎだって世間は批判してるけどさ、
払う方も払う方で、ずさんだったと思うし、
長年馴れ合ってきたんだろうけどさ。
それでもさ、こんな大金よく返せる。

三菱電機、防衛省などへの過大請求で773億円返納へ 山西社長が陳謝
産経新聞 12月21日(金)19時3分配信

(以下略)

-----

安愚楽も金返せよ!
どっかに、カネ隠してるんじゃないの?
勝ち逃げして儲けた人、返してくれよ!(笑)
って、rokoは、ちょっと、お下品??? m(__)m

全く関係ない話やけど・・・
大昔、私、三菱電機の仕事したことあるわ~って思い出した
仕事から戻ると、もうお風呂屋さんは開いてない時間で(汗)
アパートの流しで体拭いてた、、、(^_^;)
この仕事、私にとってはすっごく大変な仕事で…
おかしくなりそうだったことを覚えている(笑)
今に繋がる面白い話もあるのだけど、いつか書けるときがあったら、書きますね
いや、でも、オモロイと思うのは私だけかもしれないし
私の記憶の中だけのほうがいいかもしれないが・・・・・

今思うと、自分の生きてきたこと全てが無駄ではなかったんだと思える

烏賊す社長さん、思い出させてくれて ありがとう^^


まだ、少ししか読んでないのだけど・・・
くらげネコさんのブログを見ていたら、偶然、稲葉家の写真を見つけたよ(笑)
前回、烏賊す社長さんを紹介させていただいた時も稲葉さんのことがきっかけw
これって、すごくね!?

2012年09月07日20:30
カテゴリお散歩
夏の九州の旅8日目 臼杵と中津

アタシ、臼杵の石仏が好きだったな・・・
まだ、首がゴロゴロと地面に転がっていた頃の旅です・・・
暑い夏だったけど、じぃ~~と石仏を眺めてた・・・
前に、日記に書いたっけ?? 忘れた~~(^^ゞ

きれいになってからも1度だけ行ったけど・・・

くらげネコさん、なにもかもが、繋がっていると思わせてくれて ありがとう^^

生きていること全てが無駄ではないと思わせてくれて ありがとう^^


いろいろと情報を発信されているアナタは、スゴイと思いますよ! (*^_^*)

---

またまた、関係ないけれど、今「たかじんのそこまで言って委員会」に民主党の松原議員出てるよ!
「なんで、大臣辞めさせられたんですか?」って訊かれてたw
この人も、比例で当選したんだってね
ふ~~ん。これも知らんかったわ(笑)

けど、今日のテレビ、画面がずれて、言葉が聴き取れなくなるのはどうして??

ぴーーとは違う、、、う~~ん、、、???

続きを読む

[書評]和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか : 投資十八番 (2012/12/03 記)

さっきの日記を書く時に、和牛詐欺のところを見ました
そしたら、下書きのまんまの日記がいくつかあって・・・

そういえば、書いたけど、どうして公開しなかったのか自分でもわからない(汗)
でも、非公開では自分で載せたことさえ忘れてしまうので、公開します

この前のところは既に日記にしています
ここは安愚楽牧場被害者 rokoの日記ブログです。\(^o^)/
2012-12-03(18:03)

ぼちぼち記事を転載させていただきま~す (^o^)丿
と書きながら、その時間より前に書いたことは、下書きのまんまでした
2012年12月03日は何かあったのだろうか?
でも、今は見にいくのを止めとこう
また、何をしようとしていたのかを忘れそうだから・・・(笑い事にもならん^^)

では、一年近く前の日記、そのままです
ぐっち様、ありがとうございましたm(__)m


記 2012年12月03日 
★---

投資十八番 というブログをみました

管理人:ぐっち
2007年4月にブログ開始。
FC2ブログから 2011年5月7日にライブドアに移転した。
投資関係、ビジネス全般、お金にまつわること、本が好物。

※当ブログの記事の引用は自由ですが無断転載は禁止しています。ルールさえ守っていただければ煮るなり焼くなりdisってもOK。

ということですので、いただいちゃいました (*^_^*)

FC2ブログからライブドアに移転されたんですね
そちらのブログのほうがいいと思われたんでしょうか?
それとも、続けられなくなったの?
実はアタシ、パソコンを買い換えるとき、お店の人と仲良くなって
訊かれたものだからFC2ブログです、って答えました
後日、めずらしいですね…と言われて、へぇ?って思ったことがあったな
ま、アタシの場合、moveさんがやってたのがFC2だったから、比べることもしなかったんだけど・・・(^_^;)
moveさんも、つぶされたとき用に別のを準備されてましたけど・・・
他のブログも見ておかないといけないのかなぁ・・・?
だいぶ慣れたのになぁ・・・・・

そうそう「disっても」って、初めて聞きました
ネット初心者(?1年たったけど(^^ゞ)の私には、まだまだ知らないことが多すぎて…
どういう意味か調べてしまいましたよ…検索結果のとこだけだけど…(^_^;)

いえいえ、disるなんてとんでもないですぅ~^^
あんな記事がかけるなんて、尊敬します^^
安愚楽牧場のことを書いてくださる人は、ステキな人だと思っていますのよ、私^^

他にもおもしろい記事がありましたので、また取り上げさせてくださいね(*^_^*)

勉強になります
ありがとうございます m(__)m


http://gw07.net/archives/7607708.html 
----------
[書評]和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

和牛詐欺
和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

2011年の夏、被害額という観点でみれば戦後最悪の"詐欺"事件が発生した。
負債総額は4,300億円超、被害者が全国で約7万人になるという「安愚楽牧場」の破綻である。本書は自他共に“詐欺専門記者”と認める共同通信社記者の斉藤友彦氏が、取材をもとにして2つの牧場詐欺事件(「安愚楽牧場」と「ふるさと牧場」)の実態をリアルに描いたうえで、最終章で「詐欺犯罪はなぜなくならないのか」という問いかけに対する著者なりの回答を行っている。


「和牛商法(和牛預託商法)」というビジネスモデルは安愚楽牧場が30年前に"発明"したものだ。数頭程度の牛の飼育から始まったこのスキームは、新規参入業者が増えるとともに拡大を続け、最盛期の90年半ばには15社以上が存在したという。
ところが、大半の会社には牛がおらず、詐欺事件として警察の手が入り、ほとんどが消滅していく。この時点でパイオニアである安愚楽牧場とふるさと牧場だけが生き残った。一応この2社には牧場があり牛もいる。そして、長年に渡って配当金の滞りもない、ということでさらに多くの資金が集まり、結果的に被害額が膨れ上がっていった。
先に逝ったのが、ふるさと牧場。本書の著者である斉藤氏が取材をもとに2007年12月5日付けで「和牛商法、配当困難に 社長『違法』認める 預託金、3000人で100億超」という共同通信発の記事を配信したことがトリガーとなったと思われる。その結果、安愚楽牧場だけが残った。

なぜ多くの人々が和牛商法に惹きつけられたのだろうか。これに関して、安愚楽牧場に30年投資し続けたオーナーのコメントが興味深い。
ほかの和牛商法よりも、配当される利率というんでしょうか、これはそれほど高くもなかったので、かえって安心でした。それから、安愚楽からは契約後に、牛の耳につけられた番号札「耳標」のある「自分の牛」の写真が送られてもきていましたし。
利率がそれほど突出したものでもないのに、順調に契約数が伸びていったのは「都会と農村を結ぶ」という理念だったと著者は指摘する。多くの人々を、「銀行に預けるよりも、畜産農家を応援するつもりで出資しよう」という気持ちにさせたのだ。
理念よし、財テクとしても預貯金よりもはるかに優れている、しかも過去30年に渡って配当遅延なし。こういう”事実”に誘因されて、出資者はますます増えていった。

結果的に、和牛商法というビジネスモデルは、安愚楽牧場から始まり安愚楽牧場で終わりを告げることになる。
本書ではさすが詐欺専門記者らしく、取材を通して"詐欺師"や被害者の生の声を拾い上げ、なぜ警察がなかなか動かないかという事情にも触れられている。

著者は被害者に対して以下のようなスタンスを取っている。

詐欺の被害者に対して「自業自得」という批判も的外れだろう。株式など、詐欺ではない投資も一定のリスクを伴う。年金制度の存続に対する不信も強い。老後の自分の身を守るため、生活費を少しでも増やそうとしたところへつけ込まれた。責めを負うべきは被害者ではなく、弱みにつけ込んだ詐欺師にあるのは当然だ。
最も悪いのは詐欺師だというのは当然のことだ。ただ、強要されたわけではなく、あくまで自分自身で最終的な投資判断を下した結果であることは忘れてはならない事だと思う。詐欺師が悪いんだと声高に叫ぶことで精神的に多少は癒されるかもしれないが、現実問題としてお金が戻ってくるわけではない。投資商品はまず自分で調べてみて、納得した上で投資するのが鉄則である。じっさい、安愚楽牧場について言えば、契約書をみただけで胡散臭い事は容易に分かる。
黒毛和牛委託オーナー投資の問題点(1)
黒毛和牛委託オーナー投資の問題点(2)
安愚楽牧場、ついに倒産間近
もし調べてみてよくわからなければ投資をしないという選択肢があったのだ。投資の鉄則を怠ったつけは自分で払わなければならない。詐欺師が悪いというだけでは、こうした事件はいつまでも無くならないと思う。

余談だけど、本書のP60に安愚楽牧場のH20年3月期の法人税申告書別表五(一)が掲載されていたのを見てびっくりした。
本書のP60に安愚楽牧場のH20年3月期の法人税申告書別表五(一)

これは税務署に提出するものであり、表にはまず出てくるはずが無い書類だからである。官庁への開示請求の対象にならない個別情報なので、著者がどうやって入手したか興味があるところ。内容としてもかなり興味深い。
マニアックな話になるので詳細には書かないけど、法人税別表五(一)というのは税務上の貸借対照表と言われるものだ。差引合計にある最下段の数字を見ると、期首でマイナス67億円、期末でマイナス40億円となっている。つまり、税務上の純資産は大幅にマイナスであると自ら認めていることになる。
一方で、オーナー向けに公表される会計上の貸借対照表上では20億円のプラスとなっている。実に興味深い。

September 02, 2012
--------------------

---★

失敗事業か?ポンジーか?:和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか [社会](本読みの記録 2014年5月5日)

久々に『和牛詐欺』の本についての感想が書かれたものを見つけました

2012年9月発売の本ですからね
早くも1年7ヶ月が過ぎました


本読みの記録
http://book-sk.blog.so-net.ne.jp/
自分の読んだ本の備忘と紹介を兼ねて綴るブログ。小説は歴史小説・ミステリ中心。実用書は経済・マネー系が多くなると思います。


記事の最後に「他のBlogの反応はこちら」とありますので、いくつか読めると思います

その中で、「A BUG's Pensieve 2」の記事はこちらのほうがいいかと思います
 ↓↓↓
[安愚楽]安愚楽牧場被害者はこの本を読もう

「ペンギンまま日記」は、こちらのほうが面白いかも~^^
 ↓↓↓
「和牛詐欺〜人を騙す犯罪はなぜなくならないのか」やっと届きました〜(^O^)/
ペンギンままの妄想〜安愚楽牧場乗っ取り計画かも…。


私のブログのことは載っておりませんが、たくさんありますのでコチラ→『和牛詐欺

ひとつ選ぶとしたら、これでしょうか?
『和牛詐欺~人を騙す犯罪はなぜなくならないのか~』 購入いたしました(^_^)v

もういっちょ^^
私は安愚楽牧場に投資をしたつもりはない!! 「安愚楽商法は、投資であろうと詐欺!!」


こちらに、A BUG's Pensieve 2 の[安愚楽]安愚楽牧場被害者はこの本を読もう
がコピペしてあります
安愚楽牧場被害者はこのブログを読もう!(^_^)v (2012/9/22 記)
 2013-11-11(18:24) 


私は一度もトラックバックというのを使ったことがないのだけど・・・^^;
勉強してなくて、やり方わからへんし・・・orz


では、book-sk さんの記事です
記事を書いて下さりありがとうございましたm(__)m

続きを読む

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク