安愚楽牧場HPに載せられた管財人就任のご挨拶

管財人 弁護士 渡 邊 顯 様 本当に本当に期待しております
よろしくお願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                           平成23年11月4日
債権者 各位
           管財人就任のご挨拶
                       再生債務者 株式会社安愚楽牧場
                           管財人 弁護士 渡 邊 顯

前略
当職は、この度、株式会社安愚楽牧場の再生手続について東京地方裁判所から発せられた管理命令に伴い、同裁判所より管財人に選任されました。
この管理命令は、これまでの民事再生手続を継続しながら会社の財産の管理処分についての決定権限を、現経営者から管財人に移すよう命ずるものであり、これによって安愚楽牧場と債権者の皆様との関係は何の影響も受けませんし、安愚楽牧場の事業も当面継続されます。
ただし、安愚楽牧場の現経営陣が、本年8月東京地方裁判所に申し立てた民事再生手続は、元々、会社自体の再建を目指したものではなく、会社の牧場事業や牛・牧場などの資産を売却し、それを債権者に分配して、将来的には株式会社安愚楽牧場という会社自体は整理する予定でした(清算型)。
管財人としても、今後早急に会社の現状を詳細把握すべく対応致しますが、従前監督委員として調査し、会社から報告を受けた限りでは、現状のまま、長期間にわたって事業継続することは困難ではないかと考えられ、今後、牛や牧場の管理を継続しながら出来るだけ早期に換価業務を行うことに注力し、年内を目途に主要な事業や資産の譲渡を終了するべく努力したいと考えております。

なお、管理命令については、安愚楽牧場のホームページ(http://www.agura-bokujo.co.jp/)におきまして、Q&Aを公表しておりますので、そちらもご参照ください。また、問い合わせについては、次のコールセンターにご連絡頂ければと存じます。

株式会社安愚楽牧場コールセンター
電話 0120-130-560
FAX 03-3274-2447
以上、取り急ぎご挨拶申し上げます。
草々

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安愚楽牧場HPに載った 管理命令にあたってのQ&A

これって、TY弁護士さんの最後のお仕事なのかしら?
それとも管財人さんかな?
TYさんは お役ごめんで何もなくなるのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安愚楽牧場・管理命令にあたってのQ&A
Ⅰ.管理命令の背景事情は?

Q1.管理命令とは何か?
A1.本件民事再生手続を続行しながらも、民事再生法第64条及び第66条に基き、申立会社の財産の管理処分についての決定権限を、現経営者から管財人に移すよう命ずるものである。
Q2.民事再生手続中に管理命令が下される事例はあるのか?
A2.民事再生は現経営者によって進められるいわゆるDIP型を原則とし、例外的に管理型とすることも認められるが、その例は多くはない。
Q3.管理型に変更された事情・理由は何か?
A3.管理型を要望する債権者数が約5,000人に昇ったこと、申立会社も管理型を相当と判断するに至ったこと等である。
Q4.あぐらの経営者の業務執行に違法性があったのか?
A4.民事再生手続開始後の業務執行につき、そのような事実があったとは認識してない。
Q5.あぐらの経営陣が自主的な再生を放棄したのか?
A5.先ず誤解のないように願いたいのは、本件民事再生手続は、申立の当初から再建型ではなく清算型であったということである。
管財人としても、本件が清算型となることはやむなしと認識しているが、清算型である以上、現経営陣がやることも管財人がやることも変りがない
ので、管理命令の発令が現経営陣の責任放棄を意味するものではない。

Ⅱ.今後の当面の手続実務は?
Q6.管理型にするメリットは何なのか?
A6.第三者である管財人が牛や牧場の処分を行うことで、その処分の透明性と公正さが増すことになる。債権者の期待もそこにあると認識している。
Q7.社長等の権限は停止されるのか?
A7.申立会社の一切の財産管理・処分の権限は管財人に帰属するので、取締役等の権限は全面的に停止する。
ただし、牧場の管理など現場の実務を遂行する上で、余人をもって変え難い立場の執行役員・管理職については、管財人の指揮・命令下に入って業務を継続することになる。
Q8.今まで申立会社との間で取引してきた業者は、今後も取引を継続するのか。
A8.本件民事再生手続は続行するから、取引の継続をお願いする。具体的には、今後、個々の業者とご相談させていただきたい。
Q9.管財人が事業全体を掌握することによって経営陣の不正行為などが明白になるのか?
A9.管財人の職責の第一は、本件民事再生手続を粛々と進めることにある。その過程で何らかの不正行為が発覚することがあれば、然るべく措置を講ずることもあり得る。
Q10.安愚楽牧場にはオーナー契約数に見合う牛が存在しているのか?
A10.今までの調査では、オーナー契約数に対応する頭数の牛が存在している
との報告を受けている。また、同様の資料が提出されている。
具体的には、10月15日現在で、下表のとおり、合計13万3386頭の牛を管理しており、これらの牛のうち、オーナー牛は10万9612頭、申立会社の所有牛は2万3774頭であるとの報告を受けている。
 単位:頭  オス  メス     合計
 繁殖牛   ―   66,720   66,720
 肥育牛  16,191 19,974  36,165
 子 牛   17,228 13,228  30,456
 種 牛     45  ―      45
 合計 33,464 99,922 133,386
Q11.エサ代等の多額なコストを要するなら、むしろ破産させることもあり得るのではないか?
A11.管理命令下においても、本件民事再生手続については、牛や牧場の管理を継続して、適宜に換価業務を行うことに注力していく予定である。
もちろん、必要経費と処分によって得られる利益とのバランスを注視しつつ、管財人業務を遂行することは当然のことである。

Ⅲ.中長期的な課題などは?
Q12.管理型によって債権者への配当が早期化して、増額も期待できるのか?
A12.管財人としては、早期の手続終結及び配当原資の確保に向けて最大の努力を傾注する。しかし、牛は生きものであり、工業製品のように確実性のある見通しを立てることが困難な事情がある。また、福島原発による牛肉買控えの市況が好転する時期如何や、東電との損害補償の交渉の成果如何もあるので、予断は許さないと認識している。
Q13.場合によっては時間を要するということだが、資金繰り等の問題はないのか?
A13.牛と牧場を売却して、牛の飼育費等の管理費用及び配当原資を確保することが管理業務の基本となるので、牛肉の市況、飼料代の趨勢、牧場用不動産の需要に関心を払うことになるが、現状は楽観視できるものではないと認識している。
Q14.本年5月頃にはオーナーへの返戻金に不足が生じていたと言われているが、民事再生申立時の直近にオーナーを募集したのは詐欺だと言う説もあるようだが・・・・・・
A14.今後調査を進めなければならないポイントの一つと認識しているが、今、直ちに具体的なコメントをすることは困難である。
Q15.肉牛の相場・市況は良くないが、オーナーへの配当はどの位になりそうか?
A15.現時点で将来的な見込みをコメントするに足る確たる知見を有しないので、具体的なコメントは困難である。ご指摘のとおり市況状態は極めて悪化しており、早期の回復は期待できないと言わざるを得ない状況にある。
Q16.エサ代がかかり、牛肉が安価にとどまっていれば、オーナー債権者への配当すら望めないという状況になるおそれがあるのか?
A16.エサ代が削減できず、牛が売れない状況が続けば、かゝる懸念なしとしないが、これを回避すべく最大限の努力を傾注する所存である。
Q17.エサ代等のコストは一頭あたりの平均で、1ケ月ではどれ位になるのか?
A17.エサ代等の概要は以下のとおりである。
① エサ代は一頭あたり 月額約15,000円、
② 預託されている牛一頭あたりの預託料は 月額約4,500円から約15,000円程度(預託農家が飼料代を負担するか否かによって変動)である。
Q18.そうすると、1ケ月に必要な経費の総額はいくらか。
A18.最も負担が多いのはエサ代であり、現在数の約13万頭を飼育しつづければ約20億円ということになる。
Q19.本件手続をこのまま維持することができなくなると、どうなるのか?
A19.民事再生手続を維持することが困難であると認められた場合には、手続廃止となり、破産に移行することになる。
Q20.オーナー債権者は救われないということになるのか?
A20.現段階では不確定要素が多く、将来の見通しは困難である。
管財人としては、牛の早期売却によるエサ代の削減を優先して業務の遂行にあたるが、楽観視する訳にはいかないと自戒している。

Ⅳ.オーナー牛の取扱いは?
Q21.管理命令が出たことにより、オーナー牛の取扱いは変わるのか?
A21.管理命令によっても、オーナー牛の飼育環境が変更されることはない。ただし、売却適齢期にあるオーナー肥育牛や、飼育費用が牛の市場価格を上回るオーナー繁殖牛の数が多数あり、これらについては早期売却が価値保全につながるとも言え、飼育を継続することによりかえってオーナー牛の価値を損ねる可能性なしとしない。管財人としては適宜適切な対応をもってオーナー牛の価値保全に努める所存であるが、牛は生きものであり、工業製品のように確実性のある見通しを立てることが困難な事情があることから、予断は許さないと認識している。
Q22.オーナー牛を引き取ることは可能か?
A22.管財人としては、オーナー牛はオーナーの(譲渡)担保がついた牛であるとの理解であり、また、牛の早期売却によるエサ代の削減が、オーナー牛の価値保全という観点からも最優先課題であると認識している。したがって、現時点では、オーナー牛の引取は想定していない。
Q23.オーナー債権者に対する説明会は開催しないのか?
A23.現在、申立会社の現状把握を鋭意進めている最中であり、その結果を踏まえて今後の進行方針を決定して行きたい。現時点では直ちに説明会の開催を行うことは予定していないが、オーナー債権者に対しては、ホームページの活用などによる適宜の方法で情報開示は行う予定である。
Q24.現在送付されている債権届出書はどうなるのか?
A24.管理命令によっても債権届出の手続に変更はない。お手元の債権届出用紙をもって、債権の届出をしていただきたい。

Ⅴ.預託農家への対応は?
Q25.今後も預託料は支払うのか。
A25.本件民事再生手続は続行するから、預託の実態がある以上、民事再生手続開始後の預託料は共益債権として扱われることになる。
Q26.預託牛の売却に際し、商事留置権を行使したい。
A26.預託牛の売却に際しての、商事留置権の行使については、個々の預託農家とご相談させていただきたい。

Ⅵ.従業員への対応は?
Q27.管理命令後も雇用は確保されるのか?
A27.管理命令下においても、本件民事再生手続については、牛や牧場の管理を継続して、適宜に換価業務を行うことに注力していく予定であり、雇用も継続される。ただし、牛の処分状況等に鑑み、労働環境に変化が生じた場合には、適宜、雇用継続につきご相談申し上げることもある。
Q28.健康保険等の取扱につき変更はあるか?
A28.変更はない。
Q29.従来通り、エサや必要資材の発注は行って良いのか。
A29.管理命令下においても、本件民事再生手続については、牛や牧場の管理を継続するため、エサや必要資材の発注を含め、現場保全に注力してもらいたい。
Q30.管理命令により、決裁者に変更はあるのか。
A30.会社財産の管理処分に関する最終権限は、社長から管財人に移ることとなるが、現場の指揮命令系統は従前通りである。なお、不明な点については、遠慮なく管財人又は管財人代理に問い合わせて頂きたい。
以 上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保全管理人就任のご挨拶 案愚楽牧場HPより

保全管理人就任のご挨拶 愚楽牧場HPより (2012.02.24タイトル訂正)

よろしくお願いします、と思いながら 保存です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                           平成23年11月8日
債権者各位

           保全管理人就任のご挨拶

                          株式会社安愚楽牧場
                      保全管理人 弁護士 渡 邊 顯

前略
当職は、この度、株式会社安愚楽牧場(以下「安愚楽牧場」といいます)の民事再生手続が廃止されたことに伴い、東京地方裁判所から発せられた保全管理命令により保全管理人に選任されました。
この保全管理命令は、これまでの民事再生手続が廃止され、安愚楽牧場について破産手続の開始決定がなされるまでの間、安愚楽牧場の財産を保全するよう命ずるものです。財産の保全を目的とするものであるため、安愚楽牧場と債権者の皆様との関係は何の影響も受けませんし、安愚楽牧場の事業も当面継続されます。
民事再生手続の廃止の経緯については次のとおりです。
当職が、平成23年11月4日に東京地方裁判所から発せられた管理命令に基づき、管財人として安愚楽牧場の財産状況を調査したところ、安愚楽牧場の資金繰りが逼迫しており、早期に牧場および牧場内の牛を売却しなければ、早晩資金ショートする可能性があり、安愚楽牧場の財産保全はおろか、大量の牛が餓死し、社会問題となりかねない状況にあることが判明いたしました。
このような状況では、再生計画案の立案は極めて困難であり、手続を続行することは断念せざるを得ないと判断し、裁判所に対して民事再生手続の廃止を求める上申書の提出を行い、廃止決定を受けました。
今後は、破産手続に入ることを前提とした保全管理による早期の牧場及び牧場内の牛の処分という手段を講じることになりますが、この方が資産処分を迅速化することができ、債権者の利益に資するものと思料します。
債権者の皆様におかれましては、かかる状況につきご理解たまわり、宜しくご高配を賜りますようお願い申し上げます。

なお、保全管理命令については、安愚楽牧場のホームページ(http://www.agura-bokujo.co.jp/)におきまして、Q&Aを公表しておりますので、そちらもご参照ください。また、問い合わせについては、次のコールセンターにご連絡頂ければと存じます。

株式会社安愚楽牧場コールセンター
電話 0120-130-560
FAX 03-3274-2447
以上、取り急ぎご挨拶申し上げます。
草々
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保全管理命令にあたってのQ&A 案愚楽牧場HPより

まだ ちゃんと読めてないけど保存、保存

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安愚楽牧場・保全管理命令にあたってのQ&A

Ⅰ.保全管理命令の背景事情は?

Q1.保全管理命令とは何か?
A1.本件民事再生手続を終了(廃止)し、あらたに破産手続の開始決定がなされるまでの間、安愚楽牧場の財産を保全するよう命ずるものである。

Q2.民事再生手続中に廃止決定がなされるのはどのような場合か?
A2.民事再生手続が廃止される主要な理由について、法律上、次のように定められている。
① 決議に付するに足りる再生計画案の作成の見込みがないことが明らかになったとき
② 裁判所の定めた期間(伸長した期間内)に決議に付するに足りる再生計画案の提出がないとき
③ 再生計画案が否決されたとき
なお、本件では主に①が理由である。

Q3.再生計画案の骨子はどういう内容だったのか?
A3.具体的な再生計画案が示されるには至っていなかった。

Q4.安愚楽牧場サイドの計画案の概要は?
A4.牧場・牛を然るべく処分して、その売得金で債権者に配当するというものである。

Q5.民事再生手続が廃止された具体的な事情・理由は何か?
A5.当職が、平成23年11月4日に東京地方裁判所から発せられた管理命令に基づき、管財人として安愚楽牧場の財産状況を調査したところ、安愚楽牧場の資金繰りが逼迫しており、早期に牧場及び牧場内の牛を売却しなければ、早晩資金ショートする可能性があり、安愚楽牧場の財産保全はおろか、大量の牛が餓死し、社会問題となりかねない状況にあることが判明した。
このような状況では、再生計画案の立案は極めて困難であり、手続を続行することは断念せざるを得ないと判断した。

Q6.あぐらの経営者の業務執行に違法性があったのか?
A6.民事再生手続開始後の業務執行に違法性があったか否かについて、現時点で判断できるものではなく、今後の手続の中でこの点も含めて調査していくことになる。

Q7.牧場または牛の処分が進まないということか?
A7.管理命令を受け、管財人として調査したところ、現存する牛はまだ若く、今後相当の日数をかけて飼育する必要があり、安愚楽牧場が考えている再生計画を立案かつ遂行することは極めて困難であろうと判断した。

Q8.飼育を継続すると何が問題になるのか?
A8.飼料代・預託料・管理コストが多額に昇ることが予想される。他方では、牛肉の市況は極めて悪化していること、また繁殖牛はミンチ用にしか売れない場合もあり、あまり多くの収入は期待できないというのが実情だと認識している。

Ⅱ.今後の当面の手続実務は?

Q9.安愚楽牧場は破産するのか?
A9.民事再生手続を維持・続行することができなくなった以上、破産手続に入ることになる。

Q10.安愚楽牧場の手続きは保全管理命令の後どうなるのか?
A10.保全管理命令は、破産手続の開始を前提とした命令であるから、安愚楽牧場は、いずれ破産手続の開始決定を受けることとなる。破産手続開始決定までの期間は約1か月である。その間、牛や牧場の管理を当面継続しながら、適宜事業や資産を処分していくことにより、牛や牧場の価値を最大限保全する。
そもそも本件の民事再生は清算型であるから、最終的には破産手続によった場合と結果は同じになり、その意味ではどちらの手続によったとしても大差はない。

Q11.今まで安愚楽牧場との間で取引してきた業者は、今後も取引を継続するのか?
A11.保全管理期間中は、従来通り事業を継続するので、取引の継続をお願いする。具体的には、今後、個々の業者とご相談させていただきたい。

Q12.破産手続を前提とする保全管理命令が出たことにより、餌の確保が出来なくなるなど、牛の飼育に影響がでるのではないか?
A12.餌の確保については、現在、業者と交渉中であるが、保全管理人としては、牛を死なせずに出来るだけ高く売却することが、安愚楽牧場の財産保全の基本であると認識しており、最大限の努力を払う所存である。
なお、現時点で、餌の確保について一定程度の目処がたっている。

Q13.保全管理命令によって何か変るのか?
A13.資産を保全し、債権者に有利な清算を進める実務処理に変りはない。これによって、債権者をはじめとする関係者に特段の損害が発生することはないと考えている。

Q14.再生手続のスケジュールはどうなるのか?
A14.破産手続に入ることになるので、再生計画案を債権者に諮る手続ではなく、破産管財人による配当が実施されることになる。

Q15.安愚楽牧場が民事再生で進めることができると言っていたのに、事態は悪化しているのではないか?
A15.安愚楽牧場としては何とか善処したかったのであろうと推測するが、市況の悪化等の悪材料が予測を越えていたのではないか?

Q16.破産手続を前提とする保全管理命令が出たことにより、経営陣の不正行為などが明白になるのか?
A16.保全管理人の職責の第一は、安愚楽牧場の財産保全にある。その過程で何らかの不正行為が発覚することがあれば、然るべく措置を講ずることもあり得る。

Ⅲ.中長期的な課題などは?

Q17.保全管理命令によって債権者への配当が早期化して、増額も期待できるのか?
A17.一般に、民事再生手続と破産手続とを比較すると、財産の換価処分という観点からは、破産手続の方が早期の換価に適する手続であるといえる。保全管理人としては、所有資産を出来るだけ高く売却する予定であるが、本件のように、早期に牧場及び牧場内の牛を売却しなければ、早晩資金ショートする可能性があるという局面においては、保全管理命令及びその後の破産手続の中で、牧場及び牧場内の牛を早期に処分し、継続的に発生している飼料費用等の支払いを少しでも早く減らすことが、財団の維持・増殖につながり、債権者の利益にも資するものと考えている。

Q18.民事再生手続よりも破産手続の方が迅速に進むというのは何故か。
A18.民事再生手続は、再生計画案を提出して債権者の多数の同意を取り付ける必要があるが、本件のように、債権者が7万人以上もいる事案では、その多数の同意を取り付けるのには相当の日時とコストを伴うことが予想され、破産手続と比べれば、手続進行の迅速性に劣ると言わざるをえない。

Q19.牧場及び牧場内の牛につき売却方針はあるか?
A19.早期の換価処分という観点から、牧場及び牧場内の牛を一括して買い受けてくれる買受候補者と優先して交渉したい。また、従業員の雇用や預託農家との委託契約の継続に協力してもらえるか否かについても重視する方針である。

Q20.肉牛の相場・市況は良くないが、配当はどの位になりそうか?
A20.将来の配当金について、現段階で云々することは適当ではなく、また不可能である。
但し、市況状態は極めて悪化しており、あまり多くの収入を期待できないと言わざるを得ない状況にある。

Q21.すでに提出した債権届出書はどうなるのか?
A21.民事再生手続においてなされた債権届出は、破産手続においても、債権の届出がなされたものとして取り扱う方向で検討することになる。

Ⅳ.オーナー牛の取扱いは?

Q22.保全管理命令が出たことにより、オーナー牛の取扱いは変わるのか?
A22.保全管理命令によっても、オーナー牛の取扱いが突然変更されるわけではない。ただし、これまで述べてきたとおり、安愚楽牧場が牛の飼育を継続すればするだけ飼育費用が発生し続け、結果的に牛の価値を上回る飼育費用を負担せざるを得ないことになるものが多数あるうえ、安愚楽牧場の資金繰りが回らなくなれば大量の牛が餓死し、牛の価値がなくなるどころか、社会問題となりかねない状況にある。保全管理人としては適宜適切な対応をもってオーナー牛の価値保全に努める所存であるが、基本的にはオーナー牛も、すべて売却をしていかざるを得ないものと認識している。

Q23.オーナー牛を引き取ることは可能か?
A23.オーナーが、そのオーナー牛を受け取るという話は、話としてはあり得るところであるが、現実的ではない。牛の早期売却によるエサ代の削減が、オーナーの利益に資するという観点からも保全管理人の手によって早急に処分することが最優先課題であると認識している。したがって、現時点では、オーナー牛の引取に応ずることはしない。

Q24.破産手続を前提とするとのことであるが、オーナー債権者は破産手続上どのように扱われるのか。
A24.オーナー債権者はオーナー牛の一種の担保権者との理解であるが、A23.で回答したとおり、オーナー牛の担保としての価値を保全するためには、大半のオーナー牛については、売却を余儀なくされるものと認識している。

Q25.オーナー債権者に対する保全管理人としての説明会は開催しないのか?
A25.現時点では直ちに説明会の開催を行うことは予定していない。オーナー債権者に対しては、ホームページの活用などによる適宜の方法で情報開示は行う予定である。

Ⅴ.預託農家への対応は?

Q26.今後も預託料は支払うのか。
A26.保全管理期間中は、従来通り事業を継続するので、預託の実態がある以上、民事再生手続開始後の預託料は、破産手続上も財団債権として扱われることになる。
ただし、今後、牧場及び牧場内の牛の売却処分が進捗によっては、適宜、預託料の取扱い等につき、ご相談申し上げることもある。

Q27.預託牛の売却に際し、商事留置権を行使したい。
A27.預託牛の売却に際しての、商事留置権の行使については、個々の預託農家とご相談させていただきたい。

Ⅵ.従業員への対応は?

Q28.保全管理命令後も雇用は確保されるのか?
A28.保全管理命令後も雇用は継続される。ただし、安愚楽牧場は今後、清算に向かっていくため、牛の処分状況等に鑑み、労働環境に変化が生じた場合には、適宜、雇用継続につきご相談申し上げることもある。

Q29.従業員の給料、退職金の支払原資は確保されているのか?
A29.給料については確保している。退職金についても、適切な財産保全及び換価処分により、支払原資も確保されている。目減りせぬよう最大限の努力をする所存である。

Q30.従業員の退職が増えているのではないか?
A30.残念ながら、安愚楽牧場が民事再生手続を申し立てた際に、本社の方針が現場の末端にまで徹底されていなかったために、不安にかられた一部従業員が退職したのは事実であるが、少なくとも管理命令が発令されて以降は、落ち着いているようである。
今後、保全管理命令の趣旨についても徹底を図り、従業員の不安を払拭するともに、従業員の雇用の場を確保するため、最大限の努力をする所存である。

Q31.牛が続々と死亡しているのでは?
A31.十分に手が回らなくなっているのが現状であるが、牧場ごとまとめて買い入れてくれる業者にサウンドを開始するなど、現状の改善に努めている。

以 上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安愚楽牧場が消費者庁からの行政指導内容を全面的に認めた模様

もし、安愚楽牧場HPが なんかしてたらイヤなので

またまた いただきます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

----------------------------------------------------------------------

■安愚楽牧場HPより(12月2日)

景品表示法に基づく措置命令について

 この度、弊社は、消費者庁から、不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令(平成23年11月30日付け)を受けました。このため、同命令に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次のとおりお知らせいたします。

 弊社は、「黒毛和種牛売買・飼養委託契約」と称する契約に基づき、一般消費者に提供した役務の表示において、例えば、平成23年7月21日を発売日とする「あるじゃん」平成23年9月号に掲載した広告において、「これは、安愚楽牧場の繁殖牛、つまり、子牛を出産させるために飼育している母牛のオーナーになってもらう制度です。繁殖牛が子牛を産むと、安愚楽牧場が買い取り、買取代金から牛のエサ代などを差し引いた金額を『利益金』としてオーナーの方にお支払いします。」、「万一、契約期間中にオーナーになっていただいた牛が死亡した場合は、安愚楽牧場が保有する代替牛を提供しますから、ご安心ください。」、「1年目に1頭目の子牛誕生。」、「2年目に2頭目の子牛誕生。」等と記載するなど、遅くとも平成19年3月頃以降、あるじゃん、週刊ダイヤモンド、レタスクラブ等の雑誌において、オーナーは契約期間を通じて繁殖牛の所有者となる旨を表示しておりました。

 しかし、実際には、遅くとも平成19年3月頃以降、各事業年度末において、弊社が飼養する繁殖牛の全頭数は、オーナーの持分及び共有持分を合計した数値に比して、下表のとおり過少でした。

 この表示は、弊社が「黒毛和種牛売買・飼養委託契約」と称する契約に基づき、一般消費者に提供した役務の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、不当景品類及び不当表示防止法に違反するものでした。

第26期 (平成19年3月末)
第27期 (平成20年3月末)
第28期 (平成21年3月末)
第29期 (平成22年3月末)
第30期 (平成23年3月末)
(A)オーナーの持分及び共有持分の合計(頭)
92,023
97,249
91,249
100,622
97,986
(B)全飼養繁殖牛(頭)
51,428
60,760
63,380
69,970
65,572
(B)/(A)の比率(%)
55.9
62.5
69.5
69.5
66.9

平成23年12月1日
栃木県那須郡那須町大字高久丙1796番地
株式会社安愚楽牧場
代表取締役 三ケ尻 久美子

----------------------------------------------------------------------

よし この期に及んで変なことたくらむなよ

2011-12-02(01:32)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「破産手続開始通知書」が送られてきました

破産管財人 弁護士 渡邊顕様より 【会社破産についてのお知らせ】
と表に書かれた郵便はがきが届きました。

安愚楽牧場の被害者にしか通じない話で申しわけありませんが
これを見ていてくれるあなたには届きましたか?

アグラのHPを見て、こんなのが来るんだ~、私にはまだだなぁと思っていたのですが
ちゃんと届きました。

「ここからお開け下さい。」と書かれているところをペロッとめくるやつだよ。

再生債権届出書が送られてくるときは
安愚楽牧場が、送付を一月程もわざと?遅らせたものだから
毎日、郵便屋さんが待ちどおしくて
音がしたら、すぐポストに行ったものですが、今回は違いました。

私はネットを通じて知っていたけれど、何も知らない人だと
だれかに教えてもらったり、何かで知ったらいいけれど
こんなハガキ一枚で、安愚楽牧場は破産したのだと知らされるわけで・・・
今頃、コールセンターにはジャンジャン電話がかかっているのではないだろうか。

アグラにひっかかってから、たまたま、そこにしか情報が無かったものだから
インターネットの世界にハマッテシマッタ私ですが
この詐欺事件が、ソレが無い時だったとしたら、どうしていただろうか、、、。

あぐら被害者は、平均年齢が50歳くらいで老人も多く
パソコンを触ったことの無い人のほうが多いかもしれない。

ネットを使える人と使えない人との差は、なんであろうか。

使えない、または使わない人は従来どおりなだけで、不公平というわけではないみたいだ。

使う人、または使える人は、自分で何が正しいかを取捨選択しなくてはならないけれど
ひとりでは到底得ることの出来ないいろんな世界を見せてもらえる。

このハガキが来たことで、こんなことを思った私でした。

今朝ハガキの存在を知るまでは、違うことで日記を書こうと思っていたのに
最近の私はこんなことばかりで、ボツになった日記が私の頭の中でたまっていく。

ときどき、私は何が書きたかったんだ~?と思うので困ったもんなんだが
今、この時、私が思ったり経験したことを、そのまま書いていくんだと思う。

前にも言ったけど、これは私の日記であって
ここに嘘を書く意味はなんにも無くて、本当の私しか書かないでしょう。
「息を吐くように嘘を吐く」やつらと違って、私には嘘を書くほうがむずかしいのです。
一度ウソをつけば、それを補うために、またウソをつかなくてはならない。
そのウソは、いずれ破綻する。
安愚楽も、そのうちに、、、、、だ! (もうつぶれてるけどね)

もし、嘘を書いてしまうことになるときはダマル(文字にしない)と思う。
ただ、公開している日記だから、言葉にできない人に言えない私の心の中全部はお見せできない。



「破産手続開始通知書」についてはアグラのHPをご覧下さい。
これ以外にも、8月からの安愚楽牧場で起こった出来事が載っています。
あぐら側の人が言ったこと以外は、たぶん本当だと思います。

株式会社 安愚楽牧場 ニュース一覧
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/index.html


・・・・・・・・・・・・・・

日記追加 (2012-01-14(16:00))

安愚楽が支払い不能という通知を送ってきた夏から
公な報道記事というもので、ブログを続けてきてくださった方がいます。

当初、そこを教えてもらうまでは、その存在に全く気付いていなかった私でした。
知ってからも、そこを見にいくと情報量の多さなのかパソコンもなかなか動いてくれず
他のところで示してくれるところを見るほうが多かったように思います。

世の中で起こっていることで、なにが正しいのかということを考える時
やはり、週刊誌の?マークや!マークがついた記事よりも
ネットが無かった時代からの新聞というものを、人は信じるでしょう。
きっと、そこで日々仕事に勤しむ人も、いろんな矛盾や苦しみを抱えながら
それでも、仕事に誇りを持ってやってらっしゃることと思います。

そこで、この日記を見てくださった被害者である人もそうでない人も
安愚楽牧場のことで本当のことを知りたいと思う人は
こちらのブログを見てもらったら、本当のことがわかると思います。
私もいっぱい見ていない記事がありそうで、大変です。

「安愚楽牧場の和牛オーナーですた。ああぐらぐら」
http://aaguragura.blogspot.com/

・・・・・・・・・・・・・・・


5月30日 債権者集会についてのお知らせに関するQ&A (安愚楽HP )

2012年4月16日 安愚楽牧場のホームページ が更新されました。

「債権者集会についてのお知らせに関するQ&A」 だそうです。

5月30日開催予定の債権者集会についてです。

午後1時30分より開催予定でしたが
午後4時30分からと
午後7時00分からを追加して
計3回、同じ場所にて説明会を開催することにしたようです。

まだ私に この通知は届いておりません。
今日4月16日にQ&Aを載せたのですから、これから順次届くのでしょう。

原則として債権者のみ出席可。
本人確認のため、本通知書持参のこと。
録音、録画、写真撮影、飲食は禁止。
当日配布資料はホームページに掲載予定。

以上。

債権者からの主な質問に対する回答(安愚楽牧場HP 2012年6月8日)

安愚楽牧場HP が更新されています
破産管財人さま、ありがとうございます m(__)m

とりあえず、記録します


(参考)
ペンギンまま日記 さん
安愚楽牧場HPに、債権者集会時の質疑応答がUPされました

続きを読む

第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会についてのお知らせに関するQ&A(2012年12月14日)

ペンギンままさん、お疲れ様(^_^) 
ごめんm(__)m 
ありがとう!!\(^o^)/

記事、いただいちゃいます (*^_^*)


ペンギンまま日記
うしさんのごはん?悪党のお小遣い?になったへそくりを、取り戻すべく頑張る!…泣かないもん(´Д`)

2012年12月15日 (土)
安愚楽牧場ホームページに、来年1月22日債権者集会についてのファイルがアップされました。その1
安愚楽牧場ホームページに、来年1月22日債権者集会についてのファイルがアップされました。その2

★合体バージョン★

安愚楽牧場ホームページ
2012年12月14日
第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会についてのお知らせに関するQ& A
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/121214.pdf より 
--------------------------------------------
=第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会についてのお知らせに関するQ&A=

Q1. この通知は何ですか?

A1. 平成25年1月22日午後1時30分より開催される債権者集会について、多数の来場が見込まれ、会場の収容定員の関係で来場された債権者の方全員は入場して頂けないということが生じる可能性があります。そこで、破産管財人において、別途午後4時30分より、同じ場所にて説明会を開催させて頂くことをお知らせすると共に、時間に都合のつく方は、午後1時30分からの債権者集会よりも、できるだけ午後4時30分からの説明会にご参加頂けるよう協力をお願いするものです。
 なお、前回の第1回債権者集会では、破産管財人主催の説明会を2回開催しましたが、今回は第1回債権者集会及び同日に開催された破産管財人主催の2回の説明会の参加者数を踏まえて、破産管財人主催の説明会は1回のみとさせて頂きます。

Q2. 通知が届いたのが他の債権者より遅かったのは何故か?
通知が未だ届かないがどうしてか?

A2. 通知をお送りさせて頂く債権者が約7万3000名おり、事務の関係で一斉の通知はできず、順次お送りさせて頂いております。通知が届かない方は、12月中に発送を終えるため、通知が届くまでしばらくお待ち下さい。

Q3. 債権者集会と破産管財人の説明会で違いはないのか?

A3. 基本的に違いはありません。破産管財人の説明会は裁判所の主催ではありませんが、債権者に提供される情報に不平等が生じないよう裁判所主催の債権者集会で開示された情報と同じ内容を破産管財人において説明するとともに質疑応答を行う予定です。

Q4. 平成25年1月22日に開催される第2回債権者集会ないし破産管財人主催の説明会には必ず出席しなければならないのか?

A4. 必ず出席して頂く必要はございません。また、出席しなかった方を不利益に扱うこともございません

Q5. 第2回債権者集会ないし破産管財人主催の説明会には、同伴者を連れて行ってよいか?

A5. 債権者集会及び破産管財人主催の説明会には、お身体の不自由な方の付き添いを除き、原則として債権者ご本人しか出席できません。 

Q6. 第2回債権者集会ないし破産管財人主催の説明会に参加するに際し、必要なものはないか?
会場での注意事項等はないか?

A6. 第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会の参加に際しては、本人確認のため、本通知書をご持参下さい。
第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会の会場では、録音、録画、写真撮影、飲食は禁止となります。

Q7. 第2回債権者集会ないし破産管財人主催の説明会に参加しない場合に、配布資料を後日送ってもらうことはできますか?
配布資料をホームページに掲載しますか?

A7. 当日の配布資料をホームページに掲載する方向で検討しております。郵送等での送付には原則として応じる予定はございません。

---------------------------------------------------------------------------------------

ぺ★(´・ω・`)ふ〜、疲れた〜。
PDFファイルだから、コピペ出来ないのよね(:_;)
原始的ですが、紙に書き写してから、携帯でぽちぽちしてます。
途中ですが、ひとやすみ〜(#^.^#)

その2に続くよ〜(^O^)/


ぺ★以上です。
今月か来月頭には送られてくるようです。
全国弁護団委任者は、多分今後送られてくる予定の、弁護団通信に同封されるのではないかと思います。

それにしても…携帯ユーザーからすると、PDFファイルだと不便…。
普通に文章をのせて欲しいのが、本音です(´・ω・`) ショボーン

あ!誤字脱字は一応チェックしたけど、見落としがあったらゴメンね(^人^)


ロ★
ペンギンさん、カンペキ!!
いただくだけのrokoチンは楽チンです^^
すいません、すみません m(__)m

助詞?、句点、ひらがなを漢字に、下線を追加しました
「不公平」→「不平等」
あと、、、忘れました
でも、全く問題なし、でっす!

本当に、尊敬しちゃいますぅ(*^_^*)
先日、ある方から、1年ぶりくらいに携帯にメールがありました
怖くて、メールできなかったんですって、、、rokoが怖い???・・・(笑)
久々に返信メールをしたら、入力がなかなかできなくて…
使わないと忘れてしまいますネ(^^ゞ
もう、お返事、短めで止めときました(^_^;)

アタシだったら、ここポチッと押してねぇ~で済ませちゃうとこですよん(笑)

本当にありがとう! \(^o^)/

平成25年1月22日開催の「債権者集会資料」抜粋

2013年01月23日、安愚楽牧場ホームページに
平成25年1月22日開催の債権者集会資料 が出ているのですが・・・
PDFというものらしく、技のない私にはコピペで簡単に持って来れないの(^_^;)

それで、PDFをテキスト化して下さった方がいらっしゃいます
なんでも貰っちゃうrokoでございます(^^ゞ

PDFテキスト化様、ペンギンさん、ありがとうございました (=^・^=)


ペンギンまま日記 2013年1月25日 (金)
安愚楽牧場第2回債権者集会 ツイッターより のコメント欄からいただきました m(__)m
-----
>『情報量が大きすぎて開けないよ〜(涙)』

「債権者集会資料」抜粋

報告事項
第1回債権者集会後の主な管財業務の概要は以下のとおりである

1、消費税還付請求

 国税当局と継続的に協議した結果、2011年12月9日期においてオーナー牛課税仕入、仔牛課税仕入として計上した合計約4490億円(税込)に係る仮払消費税約213億円を還付対象とすることができた。その結果、預かっていた仮受消費税約41億円を差し引いた約172億円が還付されるに至った。

2、東京電力の原発事故に伴う損害賠償請求

 既に賠償を受けた約6500万円以外の損害について、原子力損害賠償紛争解決センターにおける和解仲介手続きが進捗中であり、原則として、同種請求の一般的な基準とされる全国農業協同組合中央会が採用する基準(JA基準)に則しているが、破算者特有の主な争点は以下のとおりである。
(1)、対象となる地域的範囲(稲藁の放射能汚染による風評被害が認められる17道県に限るか否か)
(2)、損害額の根拠とされる牛(特に生体で売却された繁殖牛)の価値の評価方法
(3)、市場売却された肥育牛に関する損害額の評価

上記(1)については、17道県外の請求については困難であると判断している。上記(2)(3)については、仲裁委員の判断を仰ぎながら手続をすすめていく方針である。

3、財団換価
 不動産その他の財産の処分、債権の回収等を引き続き行った。換価の状況については、別紙財産目録及び収支計算書参照。

4、関連会社の調査と破算申立等
 すでに破算手続中の関連会社について及び破産申立予定だった会社についても破算申立て等を完了し、各破産管財人により調査等が進められている。

以上


なお、こちらのほうが重要だと仰るかもしれませんが・・・・・
「別紙財産目録及び収支計算書」については、当てにしないで下さいませ。


投稿: PDFテキスト化 | 2013年1月26日 (土) 00時40分
----------

平成25年1月22日開催の「債権者集会資料」財産目録

きゃあ~ すごいすご~い!!\(^o^)/

平成25年1月22日開催の「債権者集会資料」抜粋
に続きまして、財産目録もテキスト化して下さいました

PDFテキスト化さま~、カッコイイ☆(^_-)-☆

ただただ、感激(*^_^*) 感謝するのみですm(__)m

またまた、断りなくrokoは盗んでまいりました (*^_^*)


ペンギンまま日記 2013年1月25日 (金)
安愚楽牧場第2回債権者集会 ツイッターより コメント欄から
-----
「株式会社」、「有限会社」の名称、住所、会社名・個人名の一部を省略しています。


財産目録   簿価に続く括弧書は評価額です

1 現金     6,746,678(6,746,678)  手許現金
2 預金  801,766,942(799,278,305) 金融機関45 口座数80 相殺2,488,637
3 売掛金 318,380,116(318,380,116) 出荷売掛金 196,764,214
               食品等売掛金 121,615,902 全額財団組入
4 仕掛品(牛) 105,000,000(105,000,000) 財団組入
5 預け金       889(889) 財団組入
6 立替金    757,578(10,515,079) 財団組入
               破産決定後の事業譲渡に伴う一時的な立替金の回収
7 未収入金
 Y商事      1,000,967,739(1,000,967,739) 財団組入
 安愚楽宮崎   724,664,915(0) 相殺 破算手続中
 バンナ牧場   476,130,730(0) 簿価の内42,000,000は相殺 通常清算手続中
 安愚楽の里   257,108,462(0) 破算手続中
 安愚楽東日本 194,399,238(0) 簿価の内183,126,375は相殺 破算手続中
 レストラン安愚楽北霧島 124,347,476(0) 破算(異時廃止)
 安愚楽西日本    119,390,819(0) 簿価の内74,825,250は相殺 破算手続中
 エーシーエフ       77,761(0) 破算手続中
 M.J子        50,000,000(50,000,000) 財団組入
 三ヶ尻久美子     9,204,010(0) 破算手続中
 M.S郎         902,542(-)   交渉中
 M.S          634,992(634,992) 財団組入
 S本店        35,450,000(35,450,000) 財団組入
 J社           86,815(86,815) 財団組入
 S牧場         795,600(795,600) 財団組入
 その他         970,000(1,020,000) 評価額は財団組入

H23年12月10日以降の入金額 1,495,042,833(1,583,479,442)
            補填金・補助金等 1,255,804,825

8 仮払金       6,321,771(6,321,777) 財団組入
9 税金還付金     151,603(17,285,543,036)
          消費税還付金 17,274,989,075 その他源泉所得税還付金等

10 有形固定資産(簿価は固定資産評価額、財団組入には固定資産税精算金等を含む)
 足寄牧場(北海道足寄町)   1,528,625(203,724,500)  評価額は財団組入
 マンション(横浜市青葉区)  2,374,190(5,270,623)  評価額は財団組入
 マンション(横浜市神奈川区)  113,404(-)  評価額は調査中
 マンション(那須塩原市)   7,494,618(4,045,753)  評価額は財団組入
 ハイム安愚楽(山形県川西町) 2,000,000(3,714,772)  評価額は財団組入
 別荘分譲地(那須町)     2,758,000(7,249,769)  評価額は財団組入
 稲村荘(那須塩原市)     2,316,223(22,929,306) 評価額は財団組入
 川南埋却地(児湯郡川南町)   296,785(50,000) 評価額は財団組入
 川南埋却地(児湯郡川南町)   643,049(-)  評価額は調査中
 高鍋埋却地(児湯郡高鍋町)   867,748(0)  譲渡済

11 株式
 レストラン安愚楽北霧島     19,600,000(0) 破算(異時廃止)
 栃木テレビ           10,000,000(8,000,000) 譲渡予定
 アグラ             1,000,000(0) 休眠会社
 安愚楽の里           5,000,000(0) 破算手続中
 安愚楽宮崎           3,000,000(0) 破算手続中
 バンナ牧場           3,000,000(0) 通常清算手続中
 安愚楽東日本          3,000,000(0) 破算手続中
 安愚楽西日本          3,000,000(0) 破算手続中

12 出資金
 北きりしまリゾート牧場     15,400,000(0) 小林市に対し無償譲渡
 足寄町農協           9,000,000(0) 相殺
 音更町農協           2,578,000(997,246) 1,580,754は相殺
                      相殺後残高は財団組入
 那須野農協           1,056,000(1,064,448) H25.6 入金予定
 こばやし農協           450,000(0) 相殺
 尾鈴農協             308,400(309,608) H25.6 入金予定
 横浜食肉売参事業協同組合     130,000(130,000)
 いわい東農協           102,000(0) 相殺予定
 大田原信金             50,000(50,000) 財団組入

13 貸付金
 安愚楽の里       2,066,031,549(0) 破算手続中
                 前回記載の35,000,000は同社管財人に返還
 安愚楽クリエイテイブフード   32,298,000(0) 休眠会社
 安愚楽宮崎    2,958,769,463(0) 簿価の内19,712,971は相殺 破算手続中
 安愚楽西日本     1,068,403,215(0) 破算手続中
 安愚楽東日本      874,849,272(0) 破算手続中
 レストラン安愚楽北霧島  616,857,988(0) 破算(異時廃止)
 N食品          14,272,617(14,272,617) 財団組入
 バンナ牧場         1,144,900(0) 通常清算手続中
 S.A郎           15,000,000(10,000,000) 残額について交渉中
 M.S郎           6,443,451(-) 交渉中
 M.S            2,219,283(-) 交渉中
 S.M一           2,000,000(500,000) 残額について交渉中
 増渕 進          1,000,000(0) 破算手続中

14 差入保証金
 全農岩手県本部       400,000,000(0) 相殺
 足寄町農協          13,000,000(0) 相殺
 岩佐鉄工所          9,462,952(0) 相殺
 下野ビル           7,953,540(0) 相殺
 その他             535,000(0) 倒産等のため回収困難

資産合計   13,916,607,781(21,486,529,104)


負債の部  届出額に続く括弧書は評価額

1、財団債権 
 公租公課       960,849,276(0) 全額支払済
 労働債権       447,422,804(0) 全額支払済
 その他        740,003,842(0) 全額支払済

2 優先的破産債権
 労働債権        142,402,010

3 普通破算債権
 オーナー債権者   419,558,841,026   H25.1.10時点
 その他債権者     5,072,869,628  H25.1.10時点

4  破産管財人報酬
 中間       300,000,000(300,000,000)

負債合計   427,222,388,586(300,000,000)

以上

転記ミスがあると思いますが、御容赦下さい。
なお、収支計算書は当てにしないでお待ち下さい。


投稿: PDFテキスト化(2) | 2013年1月26日 (土) 23時56分
----------

平成25年1月22日開催の「債権者集会資料」収支計算書

やっぱ すごぉ~い!!\(^o^)/

平成25年1月22日開催の「債権者集会資料」財産目録 に続きまして
収支計算書もテキスト化して下さいました

PDFテキスト化さま~、すてき!☆カッコイイ!☆(^_-)-☆
いつもありがとうございます(*^_^*)

またまた、いただいてまいりました m(__)m

大変だったでしょう 肩こり等されてませんか?
ありがとうございました(=^・^=)-☆


ペンギンまま日記 2013年1月25日 (金)
安愚楽牧場第2回債権者集会 ツイッターより コメント欄から
-----

収支計算書


収入の部

1 現金                 6,746,678
2 預金                799,278,305 金融機関数45 口座数80
3 売掛金               318,380,116 (注 入3)
4 仕掛品(牛)             105,000,000 
5 預け金                   889
6 立替金                10,515,079 (注 入6)
7 未収入金             1,088,955,147 (注 入7)
8 補填金・補助金等         1,255,804,825 (注 入8)
9 仮払金                6,321,771
10 税金還付金           17,285,543,036 (注 入10)
11 不動産等売却           246,984,723 固定資産税精算金を含む
12 出資金               1,177,246
13 貸付金               24,772,617 (注 入13)
14 出向料               180,153,571
15 民事再生申立予納金         23,440,079
16 破算申立予納金還付金(関連会社)   14,243,353
17 保険解約返戻金           16,399,047
18 預託料                3,737,355
19 東電賠償金             64,896,116
20 賃料収入               910,671
21 預り金               10,503,104 H24.5.30時点清算済
22 受取利息               402,339
23 再生債権              3,394,695 再生債務者植田食品(株)
24 雑収入               9,594,286 (注 入24)

収入総合計            21,477,155,048


支出の部

1 公租公課(財団債権)                960,849,276
2 労働債権(財団債権)                447,422,804 (注 出2)
3 履行補助者費用                  81,136,684
4 管財人事務所賃料・管理費用             38,046,001
5 不動産管理費用                    986,496
6 原状回復費用(廃棄費用を含む)            2,577,547
7 肉用牛~(通称マルキン)積立金         129,323,270
8 牛飼育・販売費用(別除権受戻のための費用を含む) 101,612,138 (注 出8)
9 会計士・税理士等報酬               52,710,000
10 破算申立予納金(関連会社)            19,000,000
11 立替金                     9,300,079 (注 出11)
12 委託費                     7,736,824
13 水道光熱費                   3,838,981
14 旅費交通費                   3,603,656
15 事務経費                   19,507,652 (注 出15)
16 賃借料                     1,570,769
17 預り金                     1,097,350
18 未払金                      300,000
19 雑費                       197,885
20 破産管財人報酬(中間)             300,000,000

支出総合計                   2,180,817,412

差引残高                    19,296,337,636
 
以上


入3  出荷売掛金 196,764,214 食品等売掛金 121,615,902
入6  破算決定後の事業譲渡に伴う一時的な立替金の回収等
入7  牛及び牧場代金 1,037,317,739 その他未収入金 51,637,408
入8  肉用牛肥育経営安定特別対策事業(通称マルキン)補填金 1,195,437,000
入10 消費税還付金 17,274,989,075 その他源泉所得税還付金等
入13 前回記載の 35,000,000は(有)安愚楽の里の管財人に返還
入24 肉用牛~(通称マルキン)積立金過誤払返金等

出2 給与 213,963,511 退職金 233,459,293
出8 粗飼料費、濃厚飼料費、衛生費、燃料費、預託費等
出11 破産決定後の事業譲渡に伴う一時的な立替払い
出15 債権者に対する通知印刷費用等

----------------------------------------------------

転記ミス等は御容赦下さい

投稿: PDFテキスト化(3) | 2013年1月27日 (日) 16時22分
----------

三ヶ尻久美子の子供・関係者 と 「住所変更をされた債権者の皆様へ」

株式会社 安愚楽牧場のHP が更新されてます
といっても今は、破産管財人さまからです

■2013年10月28日  転居等の住所変更をされた債権者の皆様へ
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/131028.pdf

「最後配当の御通知」と「振込送金依頼書」が戻ってきてるんだって…
それで、届いてない人はコールセンターに連絡してくださいって話

もちろん、債権者届けを出してる人の話です
2ちゃんで、バカ言ってる人は対象外です


■2013年07月17日  平成25年7月16日開催の債権者集会資料
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/130716.pdf

4ページの財産目録に「三ヶ尻聡」とあるでしょう
三ヶ尻久美子の息子、長男?かな 子供は二人よね?
それで、第一回債権者集会の資料では、「三ヶ尻諭史」とありましたので
どちらが本当か?よくわかりませんでした
第2回の資料では、「聡」に変わっていました

でも、後の報告に名前を変えてくるということは、間違っていたからなのかな…と?
それで、前回の日記で「聡」と書きました
もしかしたら、改名でもしたか??
まさか、通称名というわけでもないでしょうに、、、?

けどやっぱり、コールセンターに聞いてみないといけませんかねぇ^^
三ヶ尻ボンの結婚式に出られた人なら、ご存知でしょうが、、、
とても盛大な結婚式だったとかw
結婚式の名簿が見たいものです…

どなたか、ご存知の方お教えくださいませんか?
もちろん、安愚楽で働いてた時もあるサトシ君のことですから
元社員さんでも大歓迎です(*^_^*)
くまtoうし」に資料あったかしらん?

長女の順子(ヨリコ)さんは、披露宴中止だったようで、ご愁傷様です
安愚楽の破たんよりもっと前に結婚しとかなきゃぁね~
サトシくんとえらい違いやな
これから、大変よね
でも、30歳そこらでカレーを作る会社の社長さんになれてるのだから、ま、いっか
お給料いくらもらってるの?いっぱい?
離婚しても子供がいなくてよかったね~
それに、短期間だから旧姓に戻ってもよさそうなものが、斉藤(サイトウ)を名乗るわけ?
あ、そうか!結婚したのは、三ヶ尻姓を捨てるためか?
考えてるやん^^

と、ネチネチ言うおばさんになってみました(笑)
これからも、たまにはコエーおばさんになるかもしれません
かわいそうに・・・うん子のおかげで、これから大変だね
いい人見つかればいいけど・・・私はしりませんよ
わっはっは\(^o^)/


最後に載せるのは、安愚楽牧場のことを書いてくれているブログです

agu-raな日々
日本国内の豊田商事・ふるさと牧場・ココ山岡、安愚楽牧場から

いろいろ、かわりましたけど、同じ人なんだろうと思います^^
これまで、ありがとうございました<(_ _)>
これからも宜しくお願いします(*^_^*)

http://agu-ra.seesaa.net/article/378857139.html
---
2013年10月29日
三ヶ尻久美子の子供・関係者

安愚楽牧場の三ヶ尻久美子社長の娘

斉藤順子(ヨリコ) (旧姓:三ケ尻久美子の長女)
三ヶ尻諭史(サトシ) (三ヶ尻久美子の息子)
大石 ヤスエ (大石勝也・妻)
三ヶ尻勲氏 (三ヶ尻久美子氏の配偶者の実の弟)

増渕進氏(三ヶ尻久美子氏の実の弟) 
-----

★あなたは、ご存知なの?本当の名前・・・

(株)安愚楽牧場HP 平成26年3月12日付の任務終了計算報告集会資料と破産手続終結決定証明書

2014年3月12日の(株)安愚楽牧場 第4回債権者集会が終わりました

これで(株)安愚楽牧場の破産手続きは終了しました

それにより、HPも更新されました

ニュース一覧だけになり、このHPも来年の3月末までということです

このブログに記録してあるものもありますが、テキスト化できなかったものもあります
2015年4月からは見られなくなるので、資料が気になる方は印刷して記録に残しておいてくださいね

ちなみに、コールセンターは今年2014年5月31日までです


今回の新しく出されたニュースです

2014年3月13日 平成26年3月12日付の破産手続終結決定証明書
破産手続終結決定証明書

2014年3月13日 平成26年3月12日開催の任務終了計算報告集会資料
任務終了計算報告集会資料

続きを読む

破産者 株式会社安愚楽牧場「収支計算書」(期間 平成23年12月9日~平成26年3月12日)

(株)安愚楽牧場のHPより、2014年3月13日
平成26年3月12日開催の任務終了計算報告集会資料を記録しました

報告事項(1頁)はコチラに↓
(株)安愚楽牧場HP 平成26年3月12日付の任務終了計算報告集会資料と破産手続終結決定証明書
2014-03-15(14:56)

収支計算書 (2頁から3頁)です

---

平成23年(フ)第17300号
破産者 株式会社安愚楽牧場
破産管財人弁護士 渡邊 顯

収  支  計  算  書
(期間 平成23年12月9日~平成26年3月12日)

収入の部  (単位:円)

番号  科目   金額     備考
1  現金 6,746,678
2  預金 799,278,305   金融機関数:45、口座数:80
3  売掛金 318,380,116
    出荷売掛金196,764,214円、食品等売掛金121,615,902円
4  仕掛品(牛)105,000,000
5  預け金 889
6  立替金 10,515,079   破産決定後の事業譲渡に伴う一時的な立替金の回収等
7  未収入金 1,089,135,794
    牛及び牧場代金1,037,317,739円、その他未収入金51,818,055円
8  補填金・補助金等 1,256,010,913
    肉用牛肥育経営安定特別対策事業(通称マルキン)補填金1,195,437,000円
9  仮払金 6,321,771
10 税金還付金 17,391,118,842
    消費税還付金17,379,387,704円、その他源泉所得税還付金等
11 不動産等売却 266,518,625   固定資産税精算金等含む
12 株式 8,000,000
13 出資金 2,551,302
14 貸付金 354,768,656
15 出向料 180,153,571
16 民事再生申立予納金 23,440,079
17 破産申立予納金還付金(関連会社) 18,277,453
18 供託金還付金 400,000
19 執行官予納金還付金 46,740
20 保険解約返戻金 16,399,047
21 預託料 3,737,355
22 東電賠償金 2,432,522,020
23 賃料収入 2,310,671
24 預り金 10,503,104   平成24年5月30日時点精算済
25 受取利息 4,660,696
26 再生債権 3,394,695   再生債務者植田食品㈱
27 損害賠償金 53,611,284
28 雑収入 20,122,899
    肉用牛肥育経営安定特別対策事業(通称マルキン)積立金過誤払返金等、
    コンサル料等返還金10,000,000円
   収入総合計  24,383,926,584


支出の部

番号  科目   金額     備考
1  公租公課(財団債権) 962,099,156
2  労働債権(財団債権) 447,422,804
    給与213,963,511円、退職金233,459,293円
3  公租公課(優先的破産債権)に対する配当 44,200
4  労働債権(優先的破産債権)に対する配当 142,399,380
5  オーナー債権(普通破産債権)に対する配当 21,235,165,775
6  その他債権(普通破産債権)に対する配当 171,525,829
7  履行補助者費用 81,136,684
8  管財人事務所賃料・管理費用 82,341,643
9  不動産管理費用 1,075,896
10 原状回復費用(廃棄費用を含む) 2,577,547
11 肉用牛肥育経営安定特別対策事業(通称マルキン)積立金 129,323,270
12 牛飼育・販売費用(別除権受戻のための費用を含む) 101,612,138
    粗飼料費、濃厚飼料費、衛生費、燃料費、預託費等
13 会計士・税理士等報酬 60,850,000
14 破産申立予納金(関連会社) 19,000,000
15 立替金 9,300,079   破産決定後の事業譲渡に伴う一時的な立替払い
16 委託費 7,736,824
17 水道光熱費 4,366,387
18 旅費交通費 3,920,406
19 事務経費 112,935,664   債権者に対する通知印刷費用等
20 賃借料 1,733,939
21 預り金 1,097,350
22 未払金 300,000
23 執行官予納金 70,000
24 供託金 400,000
25 和解金 5,230,300
26 雑費 261,313
27 破産管財人報酬 800,000,000
   支出総合計  24,383,926,584
   差引残高  0
-----

【安愚楽牧場HP】債権者説明会議事録(2011年9月2日)

株式会社 安愚楽牧場のニュース一覧しかないページも2015年3月末でなくなります

■2011年 8月1日 通知書
■2011年 8月9日 監督命令決定正本・弁済禁止の保全処分決定正本
■2011年 8月10日 ご通知並びに債権者説明会のご案内
■2011年 9月2日 債権者説明会資料
・・・・・と続きます

このブログを見ていてくださる方は、それぞれ気になるところは印刷して残していらっしゃると思います

しかし私はブログを創めたのが2011年11月で、安愚楽牧場の破綻から3ヵ月後のことですので、それまでのことはあまり記録もできていない状態です

ブログを書いてる私は、テキストとして残しておくべきものは残そうと考えています
なかなか、すぐにとはまいりませんが、ボチボチと記録していきますので、今後の文書検索などにご利用ください

いずれ、カテゴリ名でわかるようにしますが、全部を記録しないかもしれませんし日付順にもならないと思います
そこは、私のきまぐれ、気分しだい、指しだい…ということで、よろしくです^^



まず、一番記録しておきたいのは、債権者説明会の議事録からです

2011年8月1日、支払い停止という「泣きっ面に蜂」のお手紙が「債権者様」宛てに届く
1ヵ月内に調査を済ませ、今後について報告するといいながら
さっさと、8月9日に、民事再生申請
債権者説明会は8月17日と19日で、通知が入場券となり、なかなか届かず、気をもんだ

牛さんに餌もやれないくせに、民事再生という言葉を使って(清算型なのに)
自分たちが主導で逃げ道を考え(資産も動かす)、時間稼ぎをした頃のことです

今なら、わかるでしょう
安愚楽牧場の経営者ならびに代理人弁護士の言葉の数々・・・
大嘘つきも甚だしい、、、
こういうのを、いけしゃぁしゃぁと…というのでしょうかね
いえ、「息を吐くように嘘をつく」ですか、、、

その気になったら、読み返してくださいませ^^
腹がたつこと確実でっす^^
でも、笑えることもありますので大丈夫ですw

この時の記録は破産管財人さんでなく、安愚楽側の顧問弁護士、または申立代理人である栃木義宏、柳沢憲 両弁護士がしっかりと書かれたものですから確かなことだろうと思います

ホーム > ニュース一覧 
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/index.html
---
■2011年 9月2日 債権者説明会資料

当日配布資料
3期連続比較損益計算書(PDF)
3期連続比較貸借対照表(PDF)
よくあるご質問へのご回答(PDF)
今後の弁済方針(PDF)
民事再生手続の流れ(PDF)

議事録
債権者説明会議事録(PDF)
債権者説明会質疑応答議事録神戸1回目(PDF)
債権者説明会質疑応答議事録神戸2回目(PDF)
債権者説明会質疑応答議事録東京1回目(PDF)
債権者説明会質疑応答議事録東京2回目(PDF)

※なお,上記資料中の申立代理人による説明部分は,あくまで申立代理人限りの見解に基づくものであり,その内容について裁判所や監督委員の確認・承諾を経ているものでは ありませんのご注意ください。
-----


議事録
債権者説明会議事録(PDF)

続きを読む

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ① (西日本会場1回目)

【安愚楽牧場HP】債権者説明会議事録(2011年9月2日)

に続きまして、質疑応答議事録① を記録します


http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/110902_gijiroku_kobe_01.pdf
★-----

株式会社安愚楽牧場
    債権者説明会質疑応答議事録 ①
           (西日本会場1回目)


【開 催 日】 平成23年8月17日(水)
【開催場所】 グリーンアリーナ神戸(神戸市須磨区緑台 神戸総合運動公園内)
【開催時間】 午前10時00分 ~ 午後0時25分
【来場債権者】 297名

続きを読む

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ② (西日本会場2回目)

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ① (西日本会場1回目)

に続きまして、質疑応答議事録② を記録します


http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/110902_gijiroku_kobe_02.pdf
★-----

株式会社安愚楽牧場
    債権者説明会質疑応答議事録 ②
           (西日本会場2回目)


【開 催 日】 平成23年8月17日(水)
【開催場所】 グリーンアリーナ神戸(神戸市須磨区緑台 神戸総合運動公園内)
【開催時間】 午後2時00分 ~ 午後4時00分
【来場債権者】 603名

続きを読む

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ③ (東日本会場1回目)

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ② (西日本会場2回目)

に続きまして、質疑応答議事録③ を記録します


http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/110902_gijiroku_tokyo_01.pdf
★-----

株式会社安愚楽牧場
    債権者説明会質疑応答議事録 ③
           (東日本会場1回目)


【開 催 日】 平成23年8月19日(金)
【開催場所】 両国国技館(東京都墨田区横綱一丁目3番8号)
【開催時間】 午後1時00分 ~ 午後3時38分
【来場債権者】 1598名

続きを読む

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ④ (東日本会場2回目)

安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録 ③ (東日本会場1回目)

に続きまして、質疑応答議事録④ を記録します


http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/110902_gijiroku_tokyo_02.pdf
★-----

株式会社安愚楽牧場
    債権者説明会質疑応答議事録 ④
           (東日本会場2回目)


【開 催 日】 平成23年8月19日(金)
【開催場所】 両国国技館(東京都墨田区横綱一丁目3番8号)
【開催時間】 午後6時00分 ~ 午後8時10分
【来場債権者】 2297名

続きを読む

2011年8月1日「通知書」

債権者説明会議事録
に続いて、株式会社 安愚楽牧場のHP ニュース一覧より記録します

遡りますが、一番最初、安愚楽牧場が破綻した2011年8月1日付の通知書を記録します


通知書「泣きっ面に蜂」(8/1) と 債権者説明会のご案内(8/10)
こちらに載せた写真の広げてある紙↓が一枚だけ入った封書でした

通知書

2011年 8月1日 通知書
通知書(PDF)
http://www.agura-bokujo.co.jp/110801.pdf
★-----
通 知 書
 
平成23年8月1日  
債 権 者 各 位
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目22番13号 
  秋山ビル3階  栃木・柳澤法律事務所  
  株式会社安愚楽牧場代理人 
  弁護士  栃 木 義 宏  
  弁護士  柳 澤   憲  

 当職らは、この度、株式会社安愚楽牧場(本店:栃木県那須郡那須町大字高久丙1796番地、代表者:代表取締役三ヶ尻久美子、以下「安愚楽牧場」といいます。)より依頼を受け、同社の代理人として、債権債務の調査の任にあたることとなりましたので、その旨ご通知いたします。
 安愚楽牧場は、昭和56年に設立され、今日までの30年間に亘り、畜産事業の分野において邁進を続け、黒毛和牛の畜産、黒毛和牛委託オーナー制度の運営、食肉加工品の製造販売等により、全国に契約農家・牧場を有する一大畜産企業へと成長を遂げました。
 ところが、昨年の宮崎県の口蹄疫問題を皮切りに、本年3月11日の東日本大震災以降、福島第一原子力発電所の放射線漏れ事故による牛の放牧制限、放射性セシウムの検出による福島県産牛肉の出荷制限等と、同社の経営は大きな制限・打撃を受け、さらに「泣きっ面に蜂」が如く、その風評被害による食肉市場全体での牛肉消費の落ち込みは、その経営状況を一気に悪化させました。
 そこで、まずは安愚楽牧場の資産及び負債の現状を正確に把握し、今後の方針を早々に決定する必要から、誠に申し訳ない次第ではございますが、安愚楽牧場から債権者の皆様へのお支払いは、目下停止させていただいている次第でございます。
 その資産・負債状況の調査は1ヶ月内に終了することとし、その調査が終了し、今後の方針が決定いたしましたら、改めてご通知する所存でおります。
 債権者の皆様には、ご心痛をおかけいたしますが、以上の安愚楽牧場の現状に対して、何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

  【本件に関するお問合せ先】
     栃木・柳澤法律事務所 安愚楽牧場コールセンター
     電 話 番 号 050-5505-3720
    (受付時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時)


-----★


追記(2014.05.04)
こちらに通知書のテキスト載せてましたね^^
「泣きっ面に蜂」通知書(2011年8月1日付)

その他、破綻前に安愚楽牧場より送られてきたもので私の手元にあるものは、カテゴリ「安愚楽牧場資料」の中に載せています

2011年8月10日「ご通知並びに債権者説明会のご案内」

2011年8月1日「通知書」
に続きまして、株式会社 安愚楽牧場のHP ニュース一覧より記録します


安愚楽牧場が破綻した2011年8月1日付の通知書にはこう書かれていました
その資産・負債状況の調査は1ヶ月内に終了することとし、その調査が終了し、今後の方針が決定いたしましたら、改めてご通知する所存でおります。

8月1日に郵送された8月1日付の通知書で支払い停止という通知をし
その8日後の、8月9日には民事再生を申請したのです

8月10日付の「ご通知並びに債権者説明会のご案内」はなかなか郵送されませんでした
私は15日から何日かにわたり届きましたね(家族名義があり複数)
西日本会場は17日開催でしたから、2日前の「ご案内」到着です
ネットで情報を得ていた人にはわかりましたが、説明会は急だったので予定がつかなかった方も多かったでしょうね
それに、この時はまだまだ安愚楽牧場を信じてる人がほとんどでしたから・・・

この時の郵便に、以下の「監督命令決定正本」「弁済禁止の保全処分決定正本」の両面印刷1枚と、後に記録します「ご通知並びに債権者説明会のご案内」両面印刷1枚の計2枚の紙が入っていました


安愚楽牧場側に、栃木柳沢弁護士に、うまくやられましたね


2011年 8月9日 監督命令決定正本・弁済禁止の保全処分決定正本
監督命令決定正本(PDF)
弁済禁止の保全処分決定正本(PDF)

通知書「泣きっ面に蜂」(8/1) と 債権者説明会のご案内(8/10)
 2012-08-18(13:22)
この写真の上部に折りたたんだままのものが以下の文書です
両面印刷の1枚でした
 ↓↓↓
通知書
(クリックで拡大)

2011年 8月10日 ご通知並びに債権者説明会のご案内
ご通知並びに債権者説明会のご案内(PDF)
http://www.agura-bokujo.co.jp/110801.pdf
★-----
ご通知並びに債権者説明会のご案内
平成23年8月10日 
債 権 者 各 位
栃木県那須郡那須町大字高久丙1796番地
 株 式 会 社 安 愚 楽 牧 場
 代表者代表取締役 三 ヶ 尻 久 美 子
東京都港区虎ノ門一丁目22番13号
  秋山ビル3階 栃木・柳澤法律事務所
   上記代理人弁護士 栃 木 義 宏
   同 弁護士 柳 澤 憲

 当職らは、平成 23 年8月1日付通知書にてご通知したとおり、㈱安愚楽牧場の資産・負債の現状を調査した上、同社の今後の方針を決定次第、債権者の皆様へ改めてご通知することにしておりましたが、今般、その方針を「民事再生手続」による法的整理と決定いたしました。十数万頭にも及ぶ和牛の存命を図りつつ、債権者の皆様への弁済(配当)を増やすため、「民事再生手続」を志向・選択した次第です。
 そこで、昨日平成 23 年8月9日、東京地方裁判所に対して民事再生手続開始の申立てを行いましたところ(事件番号:平成 23 年(再)第 61 号事件)、別添のとおり、直ちに弁済禁止命令が発令されると共に監督委員(渡邊 顯弁護士)が選任されて、「民事再生手続」の第一歩を踏み出したところです。
 したがって、今後は、債権者の皆様への当面の弁済は法的に禁じられ、再生計画案が認可され確定した暁に、その計画(弁済率・弁済期)に基づいて公平に弁済(配当)されることになります。また、和牛「オーナー」の皆様からの解約受付につきましても、裁判所から後日送付・通知される「債権届」の期限(送付後約2ヶ月後になる見込み)に合わせて、同期限までとさせていただく予定でおります。
 つきましては、民事再生手続申立てに至った事情や今後の同手続の進行等についてご説明いたすべく、後記要領にて「債権者説明会」を開催いたします。この「債権者説明会」は、上記認可の可否を諮るために後日債権者の皆様方に通知して開催される裁判所での「債権者集会」とは別の任意的な説明会であり、その場で何かを決議するわけでもなく、「債権届」も前述の通り後日提出していただきますので、ご出席いただけなくとも何ら不利益はありません。また、そこでお配りした資料やご説明した内容につきましては、早々に㈱安愚楽牧場(http://www.agura-bokujo.co.jp/) や当事務所(http://tyl.dip.jp/index.html)の各ホームページに掲載する予定でおります。
 なお、債権者の皆様に対するご通知は、㈱安愚楽牧場にお届けいただいているご住所に宛ててお送りしておりますが、そのご住所に不都合がおありの場合には、「送達場所」あるいは「代理人」をご指定いただければ、そちら宛にお送りすることも致しますので、ご希望の方は、その旨を書面にて㈱安愚楽牧場(〒325-0033栃木県那須塩
原市埼玉2-37)までお届けください。
 以上のような次第となりましたことを、ここにご通知申し上げます。

 【本件に関するお問合せ先】
栃木・柳澤法律事務所 安愚楽牧場コールセンター 
電 話 番 号 050-5505-3720 
(受付時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時)

【債権者説明会の開催会場・日時】
○ 東日本会場
  と き:平成23年8月19日(金)
       【1回目】午後1時~3時(受付開始:午後0時)
       【2回目】午後6時~8時(受付開始:午後5時)
  ところ:「両国国技館」
       最寄駅:JR総武線各駅停車「両国駅」西口徒歩2分
           都営大江戸線「両国駅」A3徒歩5分
       住 所:東京都墨田区横綱一丁目3番8号
       電 話:03(3623)5111

○ 西日本会場
  と き:平成23年8月17 日(水)
       【1回目】午前10時~午後0時(受付開始:午前9時15分)
       【2回目】午後2時~午後4時(受付開始:午後1時15分)
  ところ:「グリーンアリーナ神戸」
       最寄駅:神戸市営地下鉄西神・山手線「総合運動公園駅」徒歩15分
       住 所:神戸市須磨区緑台 神戸総合運動公園内
       電 話:078(796)1155

 ※ 東日本会場におきましては2回開催いたしますが、原則として、【1回目】は関東近辺以外の債権者の方を対象とし、【2回目】は関東近辺の債権者を対象とさせていただきますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
  ※ 西日本会場におきましても2回開催いたしますが、原則として、【1回目】は関西近辺以外の債権者の方を対象とし、【2回目】は関西近辺の債権者を対象とさせていただきますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 ※ 東日本会場は約 10,000 席、西日本会場は約 5,000 席の座席がありますが、満席につき立ち席(立ち見)になる場合、あるいは満杯につきご入場をお断りする場合もありますので、予めあしからずご承知ください。
 ※ 会場へは、なるべく電車・バス等をご利用くださるようお願いいたします。
 ※ ご来場の際は、債権者でいらっしゃることを確認させていただくため、本書の郵送に使用された封筒をご持参くださるようお願いたします。

-----★

安愚楽牧場HP、必要な人はファイルなど印刷やダウンロードをおすすめ(*^^)v

あいかわらず抜けているようで、、、^^;
って、あほrokoチンのことですyo^^

「破産者 株式会社 安愚楽牧場 第4回債権者集会」の件について
弁護団公式HPの詳細を記録していなかったようです

安愚楽牧場の破産手続は、平成26年3月12日に終結し、コールセンターも同年5月末日をもって閉鎖

これを書いたところ、「A BUG's Pensieve 2 」のコメントの指摘でわかりました
自分が集会に参加していると戻ってきてからその報告だけで精一杯、たくさん書いていると見てるけど同じこと書いているからOK?などと詳細を略してしまいました
申し訳ありません
でも、安愚楽牧場の破産管財人のホームページにも 、HPが来年3月31日までということは載ってなかったように思います

けど、今に書かはるやろ^^
あとで予告がなかったと指摘されるのはイヤでしょうし、何ヶ月前には文書で告知しなければならないとか決まりはないのかな?


「弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版」で任務終了計算報告集会の件はコチラ
 ↓↓↓
速報:本日2014年3月12日 安愚楽牧場の破産手続が終了しました。全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新!

「あぐら物語日記」の中には、ココにありま~す
 ↓↓↓
(株)安愚楽牧場HP 平成26年3月12日付の任務終了計算報告集会資料と破産手続終結決定証明書

第4回債権者集会は、←こちらのカテゴリにありまぁす(ってシツコイ?)


印刷だけでなく、ダウンロードできる人はしてくださいね^^

あはは…rokoもダウンロードというものをしてみないといけませんね~^^;
私は文書の取り扱いとかイマイチわかってないんだ(汗)
ファイルとかフォルダとか…入れたものの整理ができていないし^^
まだこのPCに文書作成のソフトも入れておりません orz
メールとブログと検索ができればOKと思ってたので…^^;
いつもテキトー 大雑把な性格w いろんなところがグッチャグチャ(ーー;)
自慢にもならないけど、勉強してないアホrokoでした(^_-)-☆
みんなも、がんばろな^^


moveさん、いつもありがとうございます(*^_^*)
[安愚楽詐欺]安愚楽牧場社長らの詐欺・不起訴処分に対する弁護団声明(全国安愚楽被害対策弁護団20131011)
コメント

■No title
安愚楽牧場の破産手続は、平成26年3月12日に終結し、コールセンターも同年5月末日をもって閉鎖
今日の TOPページ | 株式会社 安愚楽牧場 の 一番下の部分です
     
     お知らせ
 株式会社安愚楽牧場の破産手続は、平成26年3月12日に終結し、コールセンターも同年5月末日をもって閉鎖致しました。
 債権者様におかれましては、破産管財手続の円滑かつ迅速な進行へご協力賜り、感謝申し上げます。

このページも2015年3月末でなくなります

-----
いつなくなるか、書いてたっけ?
明日にもなくなるかもしれないので、
被害者の人は必要ならファイルなど
今のうちにダウンロードおすすめ

2014-06-03(02:42) : 空欄さん URL : 編集


安愚楽牧場の破産管財人が運営している現在のホームページ

>いつなくなるか、書いてたっけ?

TOPページ | 株式会社 安愚楽牧場 の 一番下の部分には書かれていませんが集会では破産管財人さんが言われました。
ということは、このサイトの中にはないように思います。

「あぐら物語日記」の中には何箇所かに書いてあると思いますが、こちらでご覧下さい。

全国安愚楽牧場被害対策弁護団公式ホームページ
http://agurahigai.a.la9.jp/#20140312
---
2014/3/12 速報:安愚楽牧場の破産手続が終了


 本日、安愚楽牧場の最後の債権者集会(任務終了計算報告集会)が終了し、破産手続が終了しました。

 三ケ尻久美子元社長が、初めて個人破産、会社破産を通じて、出頭しましたが、被害者らから質問が続出しましたが、納得いく説明は得られませんでした。

 安愚楽牧場の破産管財人が運営している現在のホームページは来年3月31日まで、ホットラインは本年5月31日までで終了するとのことでした。⇒安愚楽牧場の破産管財人のホームページ

   ⇒ 本日配布資料=平成26年3月12日付 第4回 債権者集会資料
 
 参考
 ⇒ 平成24年5月30日付け 第1回 債権者集会資料
 ⇒ 平成25年1月22日付 第2回 債権者集会資料
 ⇒ 平成25年7月16日付 第3回 債権者集会資料
 
---
2014-06-03(10:20) : 空欄さん URL : 編集

安愚楽牧場HPは今月末までで見られなくなります(*^^)v

3月もあと1週間を残すのみというのに、寒の戻りらしく、とっても寒いです
今朝、家の周りだけは雪がうっすらと積もっていました(笑)
関係ないですが、昨日髪を切りました(寒い?^^)
みなさん、体調にはご留意くださいませ(*^^)v


さて、本題・・・
破産手続任務終了の債権者集会から1年が経ちました
この時のことはコチラ→第4回債権者集会

以前にも書いてますが…

(株)安愚楽牧場HP 平成26年3月12日付の任務終了計算報告集会資料と破産手続終結決定証明書
安愚楽牧場HP、必要な人はファイルなど印刷やダウンロードをおすすめ(*^^)v

安愚楽牧場の破産管財人が運営している現在のホームページは2015年3月31日までです

TOPページ
http://www.agura-bokujo.co.jp/index.html



破産管財人さんは、これでもう終了~って気分かもしれないですけどぉ
弁護団の先生方には、これまで報酬はないも同然、ホンのわずかのようですよ
訴訟費用(印紙代)と弁護団の通信費だけでもバカになりません
管財人さんは少数精鋭、短期集中で8億円です^^


[安愚楽詐欺]あぐら事件第一部「債権者への弁済」編 まとめ(A BUG's Pensieve 2) から抜粋

その中の紀藤弁護士談
---
管財人の努力に感謝。管財人が得られた証拠は、裁判(役員訴訟・国賠訴訟・海江田氏・消費者庁)など継続されるので、保管していただきたい。裁判その他についても管財人にご協力いただきたい。今回の報酬は、そういう未来のことも考慮した上で裁判所が決定したと弁護団では理解している。
---

私の記憶力はたいしたことありませんが、
証拠を保管する仕組みも考えていただきたい、というようなことを言われたと思います
(またこの時、あぐら代理人柳澤弁護士へ抗議の発言もしておられました)

上記の紀藤弁護士の言葉を受け、管財人が答えられました
とても、明るく、大きな声で、はっきりと、おっしゃったのが印象的でした

「うけたまわりました」


渡邊管財人さま、今後とも宜しくお願いします m(__)m

弁護団と管財人、いい関係が築けているのだなぁと感じました
これまでの両者のご努力に感謝いたします



あの時の債権者集会で、渡邊様は、しっかりと仰いましたよね^^

これからも、弁護団にご協力願えますよう…m(__)m

これからも情報提供等、宜しくお願いいたします(*^_^*)

株式会社 安愚楽牧場 ホームページ

TOPページ | 株式会社 安愚楽牧場 (2015年3月末まで)
 http://www.agura-bokujo.co.jp/


安愚楽牧場HP(上)
安愚楽牧場HP(下)
スクリーンショット(2014年5月1日 記録)


TOPページ から、項目をクリックしても2011年8月のもの以外はニュース一覧にとびますので、そちらを記録します

また、HPは終了しましたので、古いものから昇順にしています

ブログ内でテキスト化したものは、後に テキスト と記しますのでクリックして下さい



安愚楽牧場HP > ニュース一覧

安愚楽牧場HP(ニュース一覧)

 2011年 8月1日   通知書
 通知書(PDF) テキスト

 2011年 8月9日   監督命令決定正本・弁済禁止の保全処分決定正本
 ・監督命令決定正本(PDF)
 ・弁済禁止の保全処分決定正本(PDF)

 2011年 8月10日   ご通知並びに債権者説明会のご案内
 ご通知並びに債権者説明会のご案内(PDF)

 2011年 9月2日   債権者説明会資料
 当日配布資料
 3期連続比較損益計算書(PDF)
 3期連続比較貸借対照表(PDF)
 よくあるご質問へのご回答(PDF)
 今後の弁済方針(PDF)
 民事再生手続の流れ(PDF)
 
 議事録
 債権者説明会議事録(PDF) テキスト
 債権者説明会質疑応答議事録神戸1回目(PDF) テキスト
 債権者説明会質疑応答議事録神戸2回目(PDF) テキスト
 債権者説明会質疑応答議事録東京1回目(PDF) テキスト
 債権者説明会質疑応答議事録東京2回目(PDF) テキスト

  ※なお,上記資料中の申立代理人による説明部分は,あくまで申立代理人限りの見解に基づくものであり,その内容について裁判所や監督委員の確認・承諾を経ているものではありませんのご注意ください。

 2011年 9月7日   東京地方裁判所が民事再生手続の開始を決定しました。
 平成23年9月6日付民事再生手続開始決定正本(東京地方裁判所)(PDF)
 平成23年9月6日付監督命令変更決定正本(東京地方裁判所)(PDF)

 ※ 再生手続開始決定では,債権届出期間が平成23年12月6日と定められています。㈱安愚楽牧場では,現在,オーナーの皆様のお手許に「債権届出書類」を速やかにご送付すべく準備を進めておりますが,債権者数が極めて多数にのぼっている関係で,一度にすべての書類を発送することが困難です。そこで,㈱安愚楽牧場では,上記書類を平成23年9月末頃にかけて順次発送するよう手配しております。その結果,オーナーの皆様のお手元に「債権届出書類」が届く時期に差が生じることが予想されますが,届出期間内に余裕をもってお届けをいただけるよう送達に万全を尽くす所存ですので,何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 ●平成23年10月6日追記
 債権届出書類は,準備が整い次第順次発送の予定となっておりますので,
 恐れ入りますが,今しばらくお待ちいだだきますようお願い申し上げます。

 2011年 11月4日   東京地方裁判所が管理命令を発令しました。
 管理命令の発令と今後の手続きにについて(PDF)
 管財人就任のあいさつ文(PDF)
 管理命令にあたってのQA(PDF)
 安愚楽牧場管理命令正本(PDF)

 2011年 11月8日   民事再生手続廃止決定及び保全管理命令発令について
 保全管理人就任のご挨拶(PDF)
 保全管理命令にあたってのQ&A(PDF)
 民事再生手続廃止決定及び保全管理命令(PDF)
 包括的禁止命令(PDF)

 2011年 11月11日   支払先口座通知について
 支払先口座通知について(PDF)

 2011年 11月17日   昨日の一部報道について
 昨日の一部報道について(PDF)

 2011年 12月1日   消費者庁の措置命令について
 消費者庁の措置命令について(PDF)

 2011年 12月1日   景品表示法に基づく措置命令における周知について
 景品表示法に基づく措置命令における周知について(PDF)

 2011年 12月9日   破産手続開始決定書
 破産手続開始決定書(PDF)
 破産管財人からのご連絡(PDF)
 破産決定に関するQ&A(PDF)

 2011年 12月27日   破産手続開始通知に関するQ&A等
 破産手続開始通知に関するQ&A(PDF)
 支払明細書の不送付についてのご連絡(PDF)

 2012年 1月24日   ご注意(二次被害トラブルについて)
 ご注意(二次被害トラブルについて)(PDF)

 2012年 4月16日   債権者集会についてのお知らせに関するQ&A
 債権者集会についてのお知らせに関するQ&A

 2012年 5月31日   平成24年5月30日開催の債権者集会資料
 平成24年5月30日開催の債権者集会資料

 2012年 6月8日   債権者からの主な質問に対する回答
 債権者からの主な質問に対する回答

 2012年12月14日   第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会についてのお知らせに関するQ& A
 第2回債権者集会及び破産管財人主催の説明会についてのお知らせに関するQ& A

 2013年01月23日   平成25年1月22日開催の債権者集会資料
 平成25年1月22日開催の債権者集会資料

 2013年02月20日   債権届出期間及び債権調査期間の通知書に関するQ&A
 債権届出期間及び債権調査期間の通知書に関するQ&A

 2013年07月17日   平成25年7月16日開催の債権者集会資料
 平成25年7月16日開催の債権者集会資料

 2013年10月28日   転居等の住所変更をされた債権者の皆様へ
 転居等の住所変更をされた債権者の皆様へ

 2013年12月18日   振込送金依頼書を未提出の債権者の皆様へ
 振込送金依頼書を未提出の債権者の皆様へ

 2014年3月13日   平成26年3月12日開催の任務終了計算報告集会資料
 任務終了計算報告集会資料

 2014年3月13日   平成26年3月12日付の破産手続終結決定証明書
 破産手続終結決定証明書 


安愚楽牧場HP TOP(2015年3月30日)
スクリーンショット(2015年3月30日 記録)



おまけ 
2011.08.18 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版 より
栃木・柳沢法律事務所のホームページから突然削除された「Q&A」 
2011年8月17日の説明会で配布された「よくあるご質問へのご回答」

続きを読む

プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク