安愚楽牧場の獣医師「診察せず投薬指示」 口蹄疫隠蔽は否定

本当に、ごめんなさい。

いつも、いろんなところから情報をいただいて、お断り無く載せさせていただいています。

ただ、口蹄疫での被害者も今回の詐欺での安愚楽牧場被害者も真実を知りたいという気持ちは共通だと思います。

ですから、こうして勝手に記事を載せてもおしかりにならないと思っています。



私自身、今回のことでは、お金を取り戻したいということもあったのですが

意外なことに、そんなことはもうどうでもいいや、今生きてるし・・・ぐらいな気分なんですよね。

それより、本当のことを知りたい。

そして、それが、これからの未来に繋がっていく姿を見届けたいと思っているのです。



以下の記事は「べぶろぐ(山崎牧場日記)」さんの本日の記事です。

もう全部コピペしてしまいましたが、私が特に見ていただきたいと思ったのは

※メモ・独り言 の部分です。



私は これからも 自身の日記として 自分の思うとおりに

書きたいことは 何度でも 書いていきます

そして できるだけ 長く 続けていきます

継続は力なり ですね

昔から いつも感じてた言葉 です

日記ですから 生きてる限り ネタは つきません




「べぶろぐ(山崎牧場日記)」より
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/02/post-a54f.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「診察せず投薬指示」 安愚楽牧場の獣医師 
         口蹄疫隠蔽は否定 県警事情聴取

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=43743&catid=74&blogid=13&catid=74&blogid=13
宮崎日日新聞 2012年02月11日

 本県で発生した口蹄疫に絡み、破産した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県)の男性獣医師が川南町の同社直営農場で牛を自ら診察せずに医薬品投与などを繰り返した疑いがあるとして口蹄疫被害農家から獣医師法違反の疑いで告発された問題で、獣医師が県警の調べに「電話で従業員に投薬を指示した」と認めていることが10日、関係者への取材で分かった。
 獣医師法は原則、獣医師が診察しないで投薬することを禁じている。県警は慎重に捜査を進めている。
 関係者によると、獣医師への事情聴取は昨年末までに行われた。獣医師は、口蹄疫発生前の2010年4月ごろ、感染疑い7例目となった同社直営農場(川南町)の農場従業員から「風邪の症状を示す牛がいる」と相談を受けた際、牛を直接診察することなく、電話で全725頭に投薬を指示したことを認めているという。
(以下転載)
 県畜産・口蹄疫復興対策局は、同農場からの通報時、全725頭のうち半数の牛に異変があったことを重視。このような事態は投薬で済ませるのではなく、獣医師法に対する農林水産省の見解では診察をするべき「特別の変状」に当たるのではないかとして、11年11月、獣医師を文書で指導している。
 県の口蹄疫対策検証委員会は11年1月にまとめた最終報告で、10年3月下旬には同農場の牛が風邪や食欲不振の症状を示していたことなどから、感染の初発となった可能性に言及していた。
 ただ、獣医師は「症状が出ていない牛に風邪がうつるといけないので、予防の意味を込めて全頭に投薬を支持した。当時はまだ口蹄疫の発生前なので、感染を隠そうとする意図もなかった」と強調しているという。
 口蹄疫被害農家の男性2人が11年10月、高鍋署に告発状を提出し、同署は同年11月に受理した。告発状によると、獣医師は10年3月から4月にかけて、同社直営農場の牛を直接診察することなく、従業員に投薬を支持した疑いがあるとしている。
 同署と県警生活環境課は、同社本社や本県内外の直営牧場を家宅捜索したほか、獣医師や当時の従業員ら関係者から任意で事情を聴いている。


※メモ・独り言

 1月20日に「安愚楽牧場を家宅捜索」のニュースが流れた。

 その後、どうなっているのか気になっていたが、昨日(2/11)の宮日に記事が。
 獣医師は、電話での指示は認めているが隠蔽に関しては否定しているとのこと。
 
 昨年12月20日に、口蹄疫の被害農家などでつくる「口蹄疫の真相を究明する連絡会議」が公開質問状を県に提出している。
 
 口蹄疫発生前の去年2月、高鍋町内の牛を診察した獣医師から、県の家畜保健衛生所に、口蹄疫疑いの通報があったらしい。(質問状では、その際、PCR検査で口蹄疫の感染の有無を確認しなかった理由を質している)
 
 これに関してはFLASH(2012年1月31日号)に『宮崎口蹄疫 公式発生2ヵ月前 県庁が握りつぶした「感染牛」』という記事が載せられている。

 記事によれば、高鍋町のある農場で口蹄疫発生前の2月15日に口腔内に腫瘍のある牛が見つかったが、県の家畜保健衛生所が検体を送らなかったという。

 この高鍋町の口蹄疫疑いの牛がいた農場に隣接しているのが安愚楽牧場で、元従業員は「2月ごろ、『(牛が)元気がなくて、よだれが出ている』という報告があり、口蹄疫を疑いました。しかし、幹部は場内だけで事態を収拾しようとしていたのです。じつは担当の獣医師も口蹄疫を疑い、県に報告しようとしてたのですが、幹部に阻止されました」と証言しているという。

 公的に(国の調査で)1例目とされた水牛農家の担当獣医師は、ここ(安愚楽牧場)から質問状にある高鍋の農場に口蹄疫がうつったのではないかとみている、という。

 まぁ、当ブログ的には、はっきりしない事には「・・・という」という書き方しかできないわけだが・・・。

 何度でも書く。

 感染源がはっきりしないがために、再開できない農家がいる。
 不安で不安でたまらない人たちがいる。

 感染源とされた農家が悪いわけではない。

 感染してしまったことは、しょうがないのだ。

 被害を広げないために通報した農家は、賞賛されるべきだ。
 決して非難されてはいけない。

 通報を怠った農場関係者は、感染源特定のためにも、
 どうか本当の事を話してほしい。
 もう「あなたたち個人」を責める人はいないと思うから。
 

関連
口蹄疫・安愚楽牧場を家宅捜索
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-7e2d.html
口蹄疫・安愚楽牧場を家宅捜索2
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-aa3b.html
口蹄疫・安愚楽の獣医師への告発受理
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/11/post-62a9.html
安愚楽牧場・口蹄疫被害で安愚楽の獣医師告発へ
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/10/post-e936.html
安愚楽牧場・口蹄疫被害で安愚楽の獣医師告発へ
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/10/post-e936.html
口蹄疫・被害農家らが公開質問状
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/12/post-2945.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安愚楽牧場から口蹄疫は発生したんだと思うよ、たぶん

あいかわらず、あたしんちにはプリンターがない。

壊れたまんまで、買っていない。

だから印刷はできないけど、見てみた。

口蹄疫の感染拡大の状況を、時系列的に追いながら見られるように複数枚の図版を作成したブログを見ました。


バカな私が見ても、口蹄疫が、安愚楽牧場を中心に広がっているように見える。

その他、安愚楽に関する口蹄疫時系列についても、moveさんのブログで詳しく読めます。



安愚楽牧場が、口蹄疫に関係する日本の人々を騙して苦しめたのだ
                    ということを知ってもらいたい。

安愚楽牧場は、詐欺で日本の1700人に一人を騙して苦しめたのだ
                    ということを知ってもらいたい。

安愚楽牧場が、日本中の人々を騙して苦しめたのだ
                    ということを知ってもらいたい。



プリンターはないけど、ポチッ技を習得いたしました。



口蹄疫 拡大の経過を地図で辿る

http://innerpanther.iza.ne.jp/blog/entry/1615286/


大規模農場(安愚楽牧場)に関する口蹄疫時系列を整理します(2010年10月22日)

http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-2583.html

安愚楽牧場の獣医師 同法違反容疑で10日に書類送検

安愚楽牧場は経費をうかすため、たったひとりの獣医師にたくさんの牛を見させ

当然ひとりでは十分見ることができないから、資格を持たない従業員に投薬させたらしい。

そういうことは常態だったそうだ。

安愚楽元社員さんが言ってたような気がする。


その件で、獣医師が同法違反容疑で10日に書類送検された。


朝日新聞デジタルニュース           
http://www.asahi.com/national/update/0213/SEB201202130019.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年2月13日21時9分

安愚楽牧場の獣医師書類送検 無資格者に投薬させた疑い

 破産手続き中の安愚楽(あぐら)牧場(本社・栃木県那須塩原市)の獣医師が、資格を持たない従業員に投薬させた獣医師法違反の疑いがあるとして、宮崎県の畜産農家2人が宮崎県警に獣医師を刑事告発していた問題で、県警が獣医師を同法違反容疑で10日に書類送検していたことが、県警などへの取材でわかった。

 告発状は、この獣医師について、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の発生が確認される直前の2010年3月13日と4月17日、同県川南町にある安愚楽牧場の系列牧場から「風邪の症状を示す牛が発生した」との連絡を受けたにもかかわらず、直接診察せず、従業員に電話のみで抗生物質の投薬を指示した疑いがある、としていた。

 4月の投薬については、宮崎県が昨年11月、獣医師を文書で指導している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「安愚楽牧場」児湯地区13農場全体を一人で担当していた専属の森山良幸 獣医師

いやん、もう、のせんわけに いかへんやんか~(^_^)


「県職員、DVで逮捕 妻への傷害容疑--三重署 /大分」

こんな記事が毎日新聞に書かれていたみたいやで。

破産手続きが進められている安愚楽牧場の専属獣医師である
60代男性の 森山良幸 という人は
2003年12月9日 妻に暴力をふるって
1週間後の16日に被害届を出された
容疑を認めている

・・・・・らしいでぇ。
ふ~ん、そうなんやって~。
弱いものに暴力は あかんって。
あたい 暴力ふるうヤツは きらいやねん。

このDV男
口蹄疫が発生した時に

「安愚楽牧場」児湯地区13農場全体(1万5千頭)を一人で担当していたんやで。

どう思う~?
子供ひとり見るだけでも大変やのに
口のきけへん牛さん1万5千頭やで~。
まぁ、こいつも悪いやっちゃけど

こんな ぎょうさんの牛さんを一人に任せてたっちゅう「安愚楽牧場」という会社
どないなってるんや(怒怒)っちゅう話やな(笑)

みんな、怒ってるぞ~!
みんな、わろてるぞ~!
みんな、こわいぞ~!
安愚楽牧場~、こわい会社やぞ~!

あ~ぐ~ら~ぼ~く~じ~ょ~うww

もいっかい、ゆうたるわ~

みんな、怒ってるぞ~!!
みんな、わろてるぞ~!!
みんな、こわいぞ~!!
安愚楽牧場~、こわい会社やぞ~!!

見とけよ、おまえら!!


そんなことで、情報はmove2600さんのブログのコメント欄よりいただきました
コメントくださった方、ありがとうございます

「安愚楽牧場の獣医師、宮崎県警が書類送検(読売新聞2012年2月14日)」
http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-2593.html#comment5334
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No title

>書類送検されたのは、破産手続きが進められている「安愚楽牧場」の60代の男の専属獣医師です。

>児湯地区13農場全体(1万5千頭)を一人で担当していた専属の森山良幸獣医師は、

今から8年前のログから。
安易に同一人物と断定はできませんが(と、前置きして)年齢的には近いですね。

http://logsoku.com/thread/food2.2ch.net/sake/1025951421/615

615 : 呑んべぇさん : 04/01/08 21:51

県職員、DVで逮捕 妻への傷害容疑--三重署 /大分

 三重署は6日、三重町市場、県畜産試験場中小家畜部副部長、森山良幸
容疑者(56)を傷害容疑で逮捕した。

 調べでは、森山容疑者は昨年12月9日午前2時ごろ、妻が泊まりに行って
いた近くの親せきの家に行き、寝ていた妻(52)の顔をひっかいたり、体を
蹴るなどして1週間の軽傷を負わせた疑い。

妻は「以前から、酒を飲んで帰ってくると暴力をふるうことがあった」と
話しており、1週間後の16日に被害届を出した。容疑を認めているという。

 森山容疑者は73年に県職員として採用され、99年から現職。

(毎日新聞)[1月7日]

2012-02-20(00:28) : 空欄さん URL : 編集

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この獣医師及び口蹄疫に関して 私の日記でもっと~は以下にあります
安愚楽牧場の獣医師「診察せず投薬指示」 口蹄疫隠蔽は否定
安愚楽牧場の獣医師 同法違反容疑で10日に書類送検
安愚楽のいう「日本一の畜産会社」の実態は「1万5千頭の牛を一人の専属獣医師が健康管理」
安愚楽牧場から口蹄疫は発生したんだと思うよ、たぶん

口蹄疫拡大蔓延の張本人の安愚楽牧場が自社HPニュースで6月17日に公開した文章をとくとごろうじろ!

昨日(2012年4月20日)、宮崎で口蹄疫が確認されて丸2年だそうです。
関連ニュースは、べぶろぐさんが書いてくださってます。
口蹄疫・発生から2年 
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/04/post-d27f.html

その口蹄疫の初発が安愚楽牧場ではないかということを聞きますが
当時から、すべてにおいてアグラは隠蔽体質だったようです。
moveさんが、その頃の安愚楽牧場HPニュースを載せて下さってますのでお借りします。

口蹄疫拡大蔓延の張本人の安愚楽牧場が自社HPニュースで6月17日に公開した文章をとくとごろうじろ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
----------------------------------------------------------------

■安愚楽牧場HPニュース(2010年6月17日)

2010年 06月17日 口蹄疫における防疫対策と現場の状況について

4月20日、宮崎県で10年ぶりに口蹄疫の発生が確認されました。 同県内には自社牧場及び預託農家があるため、発生直後より自社内はもちろんの事、預託農家及び牧場出入り業者に、防疫・消毒マニュアルを配布し、車両・人・機材・工具に至るまで防疫を徹底して参りました。

現在、少しずつ終息への兆しも見えつつございますが、今後も防疫対策を徹底し、拡大防止に努めて参ります。あわせて、生産現場の声をお伝えさせていただきます。

宮崎支店 生産現場より

4月20日、発症の知らせを受けて、私たち生産現場にも緊張が走りました。
口蹄疫は、われわれ偶蹄類の家畜を養う者が最も恐れる伝染病だからです。
その日からこれまでに無いレベルの防疫体制となりました。
「牛を守る」われわれ現場は、その一念をもってウイルスと戦う覚悟を決めました。
口蹄疫は伝染力の強い恐ろしいウイルスです。
物理的な損失は勿論ですが、風評によって精神的にも追い込まれていくという思いもかけなかった事態に困惑し、改めてその恐ろしさと防疫の大切さを痛感しております。
そのような中にも、関係する多くの方々には励ましをいただき、その温かさに現場を預かるものとして心が救われる思いです。
未だ、全面終息には至ってないものの、少しずつ兆しが見えつつあり、殺処分対象になっている牛たちは、今日も元気に餌を食べています。
「守ってあげることができなかった」・・・そんな思いに苛まれます。
感染防止の理由から自宅待機している職員からは、「処分のその日は、出勤させてほしい。最後まで見届けてやりたい。」といった要望もあります。
我々現場の思いは一つです。「守りきれなかった牛たちの命を無駄にしないこと。」
今回の件で学び得たことを今後に活かし、立ち上がることが供養であると信じています。
----------------------------------------------------------------

ゴルァ

当該地区1万5千頭の牛の健康管理をたった一人の専属獣医師に長年任せてた言語道断の安愚楽牧場が、なにを言うのか

口蹄疫拡大蔓延の張本人は、おまえじゃないか

口蹄疫発生直後(わずか4日後)の4月24日に県が安愚楽第七牧場に立ち入り検査したところ、自社内大蔓延だった事実を世間から一切隠し、6月17日に、なにを言うのか

県が安愚楽に立ち入り検査することを通告する電話を4月24日朝(強制立ち入り調査の直前)に安愚楽にかけた際に、ようやく、しぶしぶ、「実は」と自社内感染疑いを通達したんだったよな おい安愚楽、おまえ、なにか、間違ってないか? しかも、その日に、自社内口蹄疫大蔓延じゃないのw

しかも、おまえ、4月23日の市からの電話調査に対して「異常なし」と返答したんだよなw おまえ、気でも狂ってるのか?w


なにが、「わかりませんでした 見逃しました 見誤りました」だよ

いいかげんにしろ 安愚楽牧場

くたばれ 安愚楽牧場

経営再開断念した宮崎県当該地区の4割の畜産農家は、激怒しているぞ

その怒りを、思い知れ

2012-01-20(14:51) : 未分類 : コメント 2 : トラックバック 0

--------------------
No title

安愚楽に家宅捜索がはいったNewsは 我々オーナーにとって朗報ですね。 別件であっても。
弁護団の動きは牛の歩みのように遅いと感じていましたが 一歩一歩が牛のように力強いものであることを信じています。 Fight !!
何かしらの突破口になればと期待してます。

2012-01-20(15:40) : 雲竜 URL : 編集

--------
No title

>弁護団の動きは牛の歩みのように遅いと感じていましたが 一歩一歩が牛のように力強いものであることを

お、いいこと仰る

そうそう

牛歩は、一方で、力強いんだよな 

2012-01-20(15:54) : move2600 URL : 編集

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他にも、口蹄疫のことを詳しく書いてらっしゃるブログを見つけましたので
こちらも紹介させていただきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの小部屋 様です。
http://blogs.yahoo.co.jp/sonosono159/folder/1800306.html
たくさんの記事なので、全部を読めておりませんが参考にさせていただきます。

みなさま ありがとうございます。

4月20日は何の日? 「口蹄疫を忘れない日」

先日 口蹄疫拡大蔓延の張本人の安愚楽牧場が自社HPニュースで6月17日に公開した文章をとくとごろうじろ!
で口蹄疫から2年ということを書いた。

しかし、私ん家に届く朝日新聞には 口蹄疫に関する記事はなかったような気がする。
最近は隅から隅まで読むことをしていないので
もしかして載ってたのかもしれませんが その時はお許し下さい。
けれど、毎日いろんなニュースがあるし、なにをどれだけ載せるかってこと新聞社も大変なんでしょうね。

どんなに大きな出来事でも、人々が忘れてしまうと
そんなこともあったね・・・と過去のことにされる。

正しいことが世の中に伝わるということもむずかしいようですね。

ですがさすが!地元、宮崎!
宮崎日日新聞では、たくさんの記事が載ってたようです。
宮崎日日新聞では、4月20日を「口蹄疫を忘れない日」と提唱している。

日本農業新聞は、全国で導入が進んでいる家畜防疫システムの紹介をしています。

べぶろぐ(山崎牧場日記)さんのところ 口蹄疫・発生から2年(2) に記事があります。

べぶろぐ様 いつもありがとうございます。

学校給食に牛さんを提供された記事とか、とても興味深く拝見させていただきました。
子供たちからもらった寄せ書きなどは、しまっておかずにどこかに貼っておくほうがいいと思いました(笑)
モノってしまっておいても忘れてしまうんですよね。
どこか、いつも見るところにあれば、励みになるんじゃないでしょうか。
私なんて、今必要なものも、ウーン、と、と、何処にいったかな?と捜してばかりですw

これからも、いろいろな情報をお待ちしています。m(__)m
知らないことを知る、のは面白いことです。

ただ、rokoの頭では処理しきれませんww
日記にできるだけ思ったこととか書きたいとは思っているのですが・・・。
まぁ、その時はカンベンして下さいね。

まさか未だに口蹄疫の原因は水牛なんて思ってる人いないよね?(べぶろぐ(山崎牧場日記))

8月の終わりに書いた以下の日記
ネットIBニュース記事に写真を載せるのを忘れておりましたので追加いたしました
あの、ブルーシートと白い作業着と白煙と黄色い重機のコントラストには
ただただ・・・

【倒産を追う】 宮崎県における安愚楽牧場の実態(前)~口蹄疫で訴訟 (NETIBNEWS 2011年8月29日)
2012-08-29(10:44)
【倒産を追う】 宮崎県における安愚楽牧場の実態(後)~進出から破綻まで (NETIBNEWS 2011年8月30日)
2012-08-30(07:00)

安愚楽牧場の実態について書かれています


口蹄疫につきましては、ほとんど書けていない私ですが・・・
私は、全くこのことを知らず、アグラにひっかかったと知ってから、本当のことを知ることとなりました
それで、記事として載せたい気持ちはあるのですが、よくわかっておりませんので、口蹄疫について書いて下さっている方の記事を紹介することぐらいしかできません

以前にコメントまで下さったみのる様のところも、なかなか見にいけていません
本当にもう、頭がもう少しあれば回っていくのかもしれませんが・・・


本日、べぶろぐさんが口蹄疫のことを記事にされてますので、紹介させていただきます

べぶろぐ(山崎牧場日記)
2012/09/08
まさか未だに口蹄疫の原因は水牛なんて思ってる人いないよね?

この記事と、中に書かれている関連記事を見に行けば、ある程度わかると思います
世の中は、なかなか本当のことが伝わらないようにできているのかもしれません
人の口と頭の怖いところ、とでもいえるでしょうか

けれど、事が起こった時、本当のことを開示して
その上で人の英知を発揮していくべきだと思います
隠したままでは同じことが繰り返され、進歩がありません
失敗から何を学ぶか・・・
学習能力の高さが人類のウリだろうに・・・

しっかりせんかい、政治家たちよ!
いつも思うのだが、政治家ってぇのは、一番に何を求めてなってるんだろう?
やっぱ、お金か???
よほど、政治家ってぇのはお金が儲かるらしいけど
あの世には持っていけないのにさ・・・
地獄の沙汰も金次第、ってか?^^
あたしゃ、六文銭なんて見たことないしぃ~^^
最近テレビで見る政治家たちのビジュアルの悪さよ、、、
もうちょっと、いい顔したヤツおらへんの?
あ、この人ステキ!キラッ!(^_-)-☆ って人、いいひんもんね~^^
揚げ足取りのオタンコナスばっかでさぁ~
国民に見透かされてることもわかってないのだろうか?
アホちゃう~ってカンジ~^^

ああ、こんだけ書くとちょっとスッキリしたわ \(^o^)/

では、べぶろぐさんのところにピコーンととんで、見に行って下さいね~^^

日本の今後のために、詐欺師には厳罰! 国には監視責任! 口蹄疫についての調査をもう一度やりなおしてほしいぞ!

★ A BUG's Pensieve 2
[安愚楽]安愚楽問題で国賠訴訟検討(産経20121003)
http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-3267.html
2012-10-03(01:01) より抜粋
-----

日本の今後のためにも、詐欺師には厳罰、国には監視責任、をきちんとする上で、大きな意義があると思う

安倍ちゃんと同じようにキトタンにも在日系工作員の攻撃が激化するから被害者なら守ってやれよ

ついでに、国には、口蹄疫についての調査をもう一度やりなおしてほしいぞ

農水には、その責任も大きいんだからさ

シカトしてるんじゃないっての

なんで安愚楽経営者のパスポートチェックしなかったんだよ 回答してほしいぞ

なんで4月24日の安愚楽第七牧場口蹄疫大蔓延の強烈事実を新聞報道および国民から隠蔽したんだよ 回答しろよ

なんで安愚楽第七牧場を中心に口蹄疫が同心円上に拡大蔓延していってる様子を示す時系列疫学地図を公表しないんだよ 回答せよ

現時点ではコメントを差し控えさせていただきますじゃねーぞ

ろくな仕事してないくせにそんな小細工ばかりするんだな?

農水省、なにやってんの?

農水と消費者庁の業務不履行によって2009年3月以降、2011年7月までにふくれあがった消費者被害額(差額およそ1400億円(=4300-2900))をどうしてくれる?

さらに、農水と消費者庁がきちんと2009年3月に業務遂行していれば、あの、2010年4月の宮崎口蹄疫もなかったはず。

それに、そもそもの長年の監督指導義務を2009年まで放棄していたことにもなるわけで、それ考えると、被害総額は全額の4300億円だよ。

農水と消費者庁の責任が極めて重いことは明白。

農水は安愚楽とグルなの? 安愚楽ってのは東電とも異なり、犯罪者集団(組織的詐欺集団)だぞ? かばうのかい? 破廉恥だな

----------


★ べぶろぐ(山崎牧場日記)
安愚楽問題 国家賠償を検討
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/post-2b23.html
2012/10/04 より抜粋
-----

ただ、今回の場合は

農水省が安愚楽牧場の不備を見つけ指導し、消費者庁に引き継いだが、肝心の消費者庁は安愚楽牧場側が「定期報告しようか?」と申し出たにも関わらず「必要ない」と調査しなかった。

という問題が絡んでくるのだ。
これを抜きにして一方的に弁護団を非難するのもまた、おかしな話。

----------


★ あぐら物語日記
安愚楽牧場から口蹄疫は発生したんだと思うよ、たぶん
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
2012-02-13(18:30) より抜粋
-----

口蹄疫の感染拡大の状況を、時系列的に追いながら見られるように複数枚の図版を作成したブログを見ました。

バカな私が見ても、口蹄疫が、安愚楽牧場を中心に広がっているように見える。

その他、安愚楽に関する口蹄疫時系列についても、moveさんのブログで詳しく読めます。

----------


★ A BUG's Pensieve 2
大規模農場(安愚楽牧場)に関する口蹄疫時系列を整理します(2010年10月22日)
http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-2583.html
2012-02-13(13:55) より抜粋
-----
<参考>

口蹄疫 拡大の経過を地図で辿る
2010/05/22 09:00
http://innerpanther.iza.ne.jp/blog/entry/1615286/
(6が水牛農家、7が某大規模、8~9もその関連らしい、9例目はえびの市)

■779 :名無しさん@お金いっぱい。:2010/04/28(水) 09:54:01
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100428_1.html
 
7~9例目  すべて関連牧場

9例目は 預託

農場の名前はプレスリリースはされていないが

地元の人間は みんな知ってる 

----------

口蹄疫記録のDVDと写真誌、西都市が作成(2012年10月10日読売新聞)

読売新聞の記事をそのままコピペです


九州発>地域版>宮崎
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/20121010-OYS1T00356.htm
--------------------------------------------------
口蹄疫記録のDVDと写真誌、西都市が作成

 県内で約30万頭の牛や豚が犠牲になった2010年の口蹄疫の様子を収録したDVDと写真の記録誌を西都市が作成した。殺処分や埋却時の映像や写真、防疫作業に携わった人たちの証言などを紹介。牛が殺処分される生々しい場面なども含まれている。同市は「口蹄疫の終息から2年が過ぎた。再発防止に向けた思いを新たにするきっかけになれば」と話している。

西都市が作成した口蹄疫写真記録誌(右)とDVD
西都市が作成した口蹄疫写真記録誌(右)とDVD

 DVDは「口蹄疫~130日間の戦い」のタイトルで収録時間は32分。西都市での最初の感染確認や蔓延まんえんする経過を紹介しながら、殺処分で薬剤を投与された牛が息絶える場面なども収録。防疫現場の凄惨せいさんな様子を克明に伝えている。

 また、防疫作業を指揮した同市の橋田和実市長のほか畜産農家、獣医師ら4人のインタビューも紹介。県内で感染が広がっていた当時のことを市内の農家が「飯がのどを通らなかった。(感染拡大の)火元にはなりたくなかった」と語ったり、農家に殺処分を伝える獣医師が葛藤を抱えながら業務に従事していたことを振り返ったりしている。

 口蹄疫写真記録誌「西都市2万412頭の命」には約100枚の写真を掲載、殺処分された牛を重機で埋却する様子などを紹介している。

 口蹄疫は10年4月20日、国内で10年ぶりに発生、川南町など県東部5町を中心に広がった。西都市では同5月20日、牛農家で最初の感染が確認され、計2万412頭の牛や豚が殺処分された。

 西都市は「口蹄疫を風化させてはいけない」と、今年6月頃から写真記録誌とDVDの作成に着手。同市が撮影した約1000枚の写真や映像資料を基に市内の制作会社が記録誌200冊、DVD50部を作った。

 県内26市町村や畜産関連団体などに提供したほか、農家を対象にした研修会などで上映し、再発防止に役立てるという。橋田市長は「口蹄疫は今も海外で発生している。教訓として伝えることで、殺処分の痛みを忘れず、高い防疫意識を保ちたい」と話している。

(2012年10月10日 読売新聞)


口蹄疫 最新記事

口蹄疫記録のDVDと写真誌、西都市が作成 (2012年10月10日)
種牛の分散管理施設が起工、家畜伝染病のリスク軽減 (2012年8月21日)
口蹄疫後の子牛出荷開始、畜産農家復興に手応え (2012年5月11日)
口蹄疫、種牛農家が県提訴「殺処分の補償額低い」 (2012年5月4日)
宮崎県警が安愚楽牧場捜索、獣医師法違反疑い (2012年1月20日)
安愚楽牧場獣医師に文書指導、十分診察せず薬指示 (2011年11月15日)
口蹄疫宝くじ苦戦、宮崎やきもき「半分残りそう」 (2011年10月22日)
口蹄疫復興宝くじ発売、収益は被害の九州4県に (2011年10月15日)
安愚楽牧場の獣医師告発、無診察投薬疑いで (2011年10月5日)
安愚楽牧場の獣医師、無診察投薬疑いで告発へ (2011年10月5日)

口蹄疫
-----------------------------------------------------------------------------

江藤拓 農水副大臣へ抗議 (2012年10月18日)

べぶろぐ(山崎牧場日記) をご覧ください

■2012/10/18
口蹄疫・農水副大臣「まだ菌生きている」口蹄疫で事実誤認発言
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/post-bb30.html

■2012/10/19
口蹄疫・農水副大臣「まだ菌生きている」口蹄疫で事実誤認発言2
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/post-6ca7.html


・吉田公一副大臣は国立宇都宮大学農学部畜産学科卒
「私も実は農学部畜産科を出ておりますもんですから、」って、、、
なんべんゆうとんじゃい! このボケ!^^
あら、いやだ^^ おほほ、お下品 (^^ゞ
酪農学科卒業のお間違いでは~?

rokoは、高卒ですが、それがなにか~、、、(-_-)



さて、その件で、江藤拓 氏が 「農水副大臣へ抗議」というタイトルのブログを書かれています

江藤拓 氏は、衆・自民/党の環境部会長代理 という方だそうです


アタシもご意見のところに書かれている方と同じことを思いましたけど、、、

文章って、むずかしいですね
まぁ、政治家さんはもっとお勉強したら…
なんていう人がいっぱいいらっしゃるようですが・・・


BLOGOS より
http://blogos.com/article/48624/
---------------------------------------------------
記事 口蹄疫宮崎県

農水副大臣へ抗議

江藤拓     2012年10月18日 17:43

16日に行った宮崎県の西都市長や児湯郡の各町長の陳情の際、2回目の発生となった宮崎県の口蹄疫に対して「宮崎じゃ初めてでしょう」と農林水産省の吉田副大臣が発言し、その後2回目と説明とすると「じゃあ菌が生きてんな」という不適切な発言に対し、自民党農林部会長の立場で抗議文を作成し、有志の議員とともに抗議してまいりました。

 終息宣言から漸く2年が経過し、現在再生に向け必死の努力を続けている宮崎県ですが、この発言は家畜の処分をせざるを得なかった農家や他県への広がりを防ぐために「ワクチン接種」をも受け入れた畜産農家の心情を著しく傷つける発言であり、とても看過できるものではありません。

更なる風評被害を招く恐れさえあります。

江藤拓ブログよりいただきました

------------------------------------------------------------------------------

▼ 意見
----------
yahoo user 3DCSW

この書き方だと、誤解が出るような気がします。

「2回目の発生となった」という言葉だけを見て、宮崎で口蹄疫が再発
したのかと一瞬あせってしまいました。

私のオツムの中だけで起こった勘違いであればいいのですが。

口蹄疫が出たのが、そのまんま氏が知事をしていた頃なので、かなり
前の印象がありましたが、新燃岳の被害を含めても宮崎県はダメージが
大きいですね。

10月18日 21:42
----------

がります

フランスのコメディアンの軽はずみな失言(言葉狩りみたいな)に比べると、この吉田公一氏の発言はまさに救いようがない。
現状を何も理解していない。
民主党は実力がなく、現実的に執行能力がないことを自覚しているはず。
早期に解散をするか、実力のある体制を整えないと、せっかくの野田さんの実績が水泡に帰すること間違いない。

10月19日 04:23
----------

「全国和牛能力共進会」宮崎の和牛4部門で日本一

宮崎県勢のみなさま、おめでとうございます!m(__)m

以下のところに、記事があります
他は知らないんですけどネ・・・(^^ゞ


■べぶろぐ(山崎牧場日記)
2012/10/29
第10回 全国和牛能力共進会結果
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/10-84b3.html

■気ままにウロンコロン
第10回 全国和牛能力共進会 最終結果
October 28 [Sun], 2012, 22:26
http://yaplog.jp/uronnkoronn/archive/554


■読売新聞 ホーム>九州発>最新ニュース特集
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20121029-OYS1T00277.htm
---
宮崎の和牛4部門で日本一「口蹄疫復興アピール」

口蹄疫

首席が決まり、手を挙げて喜ぶ永友さん。右の牛が「ただふく6の2」(28日午後1時44分、長崎県佐世保市で)=関屋洋平撮影

 長崎県佐世保市で開かれている「全国和牛能力共進会」の審査会が28日行われ、2年前の家畜伝染病「口蹄疫こうていえき」で畜産業が大打撃を受けた宮崎県勢が、4部門で日本一の首席に輝いた。

 種牛の体格や肉付きを競う部門では、宮崎県都農つの町、永友浄しずかさん(68)の雌牛「ただふく6の2」が首席に選ばれた。

 「孫との約束を果たすことができ、支えてくれた皆に恩返しできた」。孫の茜あかねちゃんはバレーボールが好きで、「私はバレーでトロフィーを取るから、おじいちゃんは牛で取って」と約束していた。だが、5年前に11歳で急死した。

 永友さんは口蹄疫で、飼育していた牛全39頭の殺処分を余儀なくされた。2010年11月に飼育を再開し、特別な思いで参加した共進会。この日の最終審査には茜ちゃんの写真を懐にしのばせて臨み、首席が決まると、片手を挙げて誇らしげな表情を浮かべた。高齢のため、同共進会への出品は今回が最後。「茜のおかげで首席が取れた。口蹄疫からの復興を全国にアピールすることができた」と満足そうに話した。

(2012年10月29日 読売新聞)
-----

肉質4等級、脂のってます (=^・^=)

安愚楽牧場の検索から、2ちゃんねるで
【食品】王者宮崎牛が半値以下 首都圏で大盤振る舞い[12/11/14]
というのがあって・・・

3 :名刺は切らしておりまして:2012/11/14(水) 10:36:08.01 ID:tdv4leKh
宮崎牛もうまいけど食った中で一番うまかったのは飛騨牛だったな。

それで、コレを・・・

roko肉質4等級

roko肉質4等級 (=^・^=)

キャハハ、もうヤバイヤバイ、、、(^_^;)
間食をたくさんした結果は、2,3ヵ月後に現れるのは確かだ・・・
おかげさまで、アグラダイエットに成功して?
夏までは、結構いいカンジだったんだけどなぁ・・・(^^ゞ
リバウンドどころか、、、ぎゃあ~~、でも食欲がぁww


ところで、なんでこんなのをrokoが持ってるのかっていうとぉ…
roko尻
roko尻 \(  )/ 
の写真を撮った10月7日、山を降りてから立ち寄ったお店でもらったの

「写真撮ってもいいですか~?」 って撮らしてもらってたら
「これは撮らなくていいのか」 とお兄さんが掲示してある紙を指差して
「あ、じゃあ、撮らせてもらいます」 とか言いながらなんだかんだとやってたら
「持ってけ^^」 って、2枚あるうちの1枚をはずしてくれて・・・
「え~^^いいんですかぁ」 といいつつ、ちゃっかり もらってきちゃった(笑)
テヘッ(^^ゞ


売ってるお肉だよ~

飛騨牛


4等級ということで、お話をきいたら5等級じゃ脂がのりすぎて人気がないそうです
ここのお店は1頭まるごと仕入れてくるので、いろんな部位を売ってるし
なんといっても、安いと思う

そして、この日の夕食は、な、なんと飛騨牛のすき焼きでした (*^_^*)
食べたのは、この写真のとは違うと思うけど、徳用のお肉で十分でした
飛騨牛、おいしいよ~\(^o^)/

それに、人んちで頂くすき焼きは、なにもしなくていいし・・・
美味しかったぞなもし~^^
だれか、ウチでも作ってくれまいか
・・・嫁さん、欲しい!(希)

わっはっは (^o^)/
     <|  |
      |  \

続きを読む

安愚楽牧場の獣医師を起訴猶予 宮崎地検「悪質性ない」(2012年11月20日 )

今から一年以上前のことを書いた一年近く前の日記・・・・・
やっと警察が 安愚楽 獣医師への告発を受理しました!
2011-11-26(10:35)

2011年10月4日の夜、テレビの「NEWS23クロス」を見ていたら、突然速報として安愚楽のことをやった

「安愚楽牧場の専属獣医師が、牛を診察せずに薬を投与していたのは、獣医師法違反に当たるとして、畜産農家2人が告発状を提出」

2011年11月25日 警察がやっと受理した
この間 約50日、、、こんなにかかるのね、、、

と書いた。

そして、昨日、宮崎地検が、悪質性はないとして起訴猶予処分とした、そうです。

あれから、1年が経とうとしています。

安愚楽牧場事件については、これから、まだまだ長い日々が続くのでしょうね・・・。

ニュースは共同通信提供のものらしくて、どこもそんなにかわりません。

これ以外にも何社もありましたが、とりあえず・・・。

あと、あぐら物語日記での関連は→獣医師でブログ内検索 をクリックして見て下さい


(追記)
■ペンギンまま日記
2012年11月21日 (水)
告訴から一年ちょっと経ち…ようやく安愚楽牧場の獣医師に起訴猶予処分

家宅捜索等、獣医師関連記事を載せてくれてます m(__)m


(追記 2012.11.22 10:51)
■べぶろぐ(山崎牧場日記)
2012/11/21
口蹄疫・安愚楽牧場の元獣医師、起訴猶予

宮崎日日新聞等、ニュース記事あります

■徒然
口蹄疫:「安愚楽牧場」の元獣医師「悪質とは言えない」と不起訴:それでいいのか?
[ 2012/11/22 03:23 ]

(以下ニュース記事以外を載せます)
/*投与を指示した薬は危険なものではなく、悪質とは言えない*/
それでいいのだろうか?
/*薬は危険なもの*/か、どうかが問題ではなく、
/*無資格の作業員に医薬品を投与させた*//*獣医師法違反(無診察による医薬品投与)容疑*/
つまり、自分で診断して、口蹄疫であるかどうかを見極めなかった事が問題になってんじゃないのか?
また、その事と、口蹄疫が拡大した事をどう見るのかが問題じゃあないのか?
/*牛を直接診察せず、作業員に抗生物質の投与を指示するなどした結果、口蹄疫(こうていえき)感染を拡大させたとして*/ って言ってるわけだろう。
告発は2人のようだが、
「ここで押さえとかないと、また似たような事(口蹄疫の大感染)が起きかねない」
という、おそらく事情を知っているものなら誰もが憂慮する事だろう。
そういう意味では、他の畜産農家も代表した意味を持つ告発ではないのか。
-----

(追記 2013.03.16)
■A BUG's Pensieve 2
[安愚楽]安愚楽牧場専属獣医師は宮崎口蹄疫の3ヶ月以上前からずっと現場に顔を出していなかった
2013-03-14(19:03)

(コメント部分のみ、抜粋)
これを忘れてた
べぶさんからのコピペですみません
地検の判断はグダグダだけど、いろいろな事実が少し明らかになっただけでもGJ
安愚楽がとんでもない畜産会社だったってことがよく解る
安愚楽は鬼だな
実態はこれなのに、当時の安愚楽の言い分は「口蹄疫は単なる見逃し見誤り」
「見」てすらいねーーじゃねーか!!
いい加減にしろ
この会社は糞で鬼
これのいったいどこが、「日本の畜産への貢献」なんだ?
あと、この判断を見るに、宮崎地検までグルっぽいなw
被害者の人、わかる? こういうことです
ま、とりあえず、安愚楽の悪の実態を少しずつでもいろいろ暴いてやろうよ
まだまだ連中のグルサポーターは多いみたいだけどさ
グルサポーターによるサポート悪事の事実も、歴史に少しずつ刻まれていくわけで
地検も巻き込んでるから極めてタチが悪い
4000億パワーってすごすぎる
-----

続きを読む

口蹄疫殺処分巡り東国原氏告発、宮崎の畜産農家ら(読売新聞2012年11月27日)

読売新聞
ホーム>九州発>最新ニュース特集
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20121127-OYS1T00415.htm
----------
口蹄疫殺処分巡り東国原氏告発、宮崎の畜産農家ら

 宮崎県で2010年に起きた口蹄疫こうていえき問題を巡り、県内を含む14都道県の畜産農家ら計43人が26日、宮崎県が県有種牛を移動させたり、殺処分しなかったりしたのは家畜伝染病予防法違反に当たるとして、東国原英夫前知事や県幹部ら計3人についての告発状を宮崎地検に提出した。

 告発状によると、県は10年5月13日、同法に基づく家畜の移動制限区域内にあった県家畜改良事業団の種牛55頭のうち、主力級の6頭を制限区域外に移動したが、その後、うち1頭が感染。同一農場の家畜は全て殺処分すると同法で定めているにもかかわらず、残り5頭を殺処分しなかった。

 宮崎県の措置は特例として国の承認を得ていたが、告発状は「県は牛が発熱するなどの異常を隠して国の承認を取り付けており、意図的で計画的な違法行為」と主張。43人の代表を務める同県川南町の染川良昭さん(59)は「県が自らの利益のため、県有種牛だけを生かそうとした」と指摘している。

(2012年11月27日 読売新聞)
--------------------


(参考)
A BUG's Pensieve 2
宮崎口蹄疫で殺処分を巡り東国原氏を告発
2012-11-27(11:15)

(追記 2012.11.30)
べぶろぐ(山崎牧場日記)
2012/11/27
口蹄疫・家伝法違反で前知事ら告発
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/11/post-14d1.html

「口蹄疫・家伝法違反で前知事ら告発」に思う

口蹄疫殺処分巡り東国原氏告発、宮崎の畜産農家ら(読売新聞2012年11月27日)
2012-11-27(15:38)
の件に関しまして、べぶろぐ(山崎牧場日記)さんが書かれることはわかっていましたので、追記をすればいいかなぁと思っていたのですが、なかなか見にいくことができていませんでした

すみません スミマセン orz

そしたら、しっかり当日に記事にされてたんですね^^
さすがです!
いつもありがとうございます m(__)m

この日記も前に書いていたのですが、なかなか載せることができませんでした


2012/11/27
口蹄疫・家伝法違反で前知事ら告発
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/11/post-14d1.html

こちらに、ばびゅーん、と、とんでってくださいまし~(*^_^*)

やはり地元 宮崎日日新聞さんは、2012年11月22日に関連記事を書かれているようです
その他、記事をたくさんあげて下さってますし
※あくまでも個人的なメモ も書かれていますので、どうぞ^^

口蹄疫問題の頃の私はなにをしていたか、と申しますと・・・
お勉強のため、平日はスクールに通っておりました
昼間のワイドショー番組?今は情報番組というのか?も見てなかったし
新聞も読めてなかった・・・
夜のテレビニュースで聞くことぐらいで、なんにも知らなかったなぁ・・・


当事者でないと、見過ごしてしまうことが多い、と今あらためて思う m(__)m



★追記(2013年5月27日)

不起訴となりました
べぶろぐ(山崎牧場日記)
2013/05/27
口蹄疫・家伝法違反で前知事ら告発2(前知事ら不起訴)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2013/05/post-be95.html

私にはわからないことばかりですが、半年もかかって不起訴なんですか…
そんなに時間のかかることだったのかしら?と思いましたね

> 農家たちの代理人の後藤好成弁護士は、「いずれも不当な法解釈だ。事実関係に争いがないのに処分に半年もかかったのは、時効直前にして検察審査会にかけられなくしたとしか考えられない」と話していました。

口蹄疫について知りたいなら…(宮崎県の調査報告・国の疫学調査結果)

べぶろぐ(山崎牧場日記)さん
2012/11/29
11月29日は いい肉の日 でございます!!!

時間が経ってしまいましたが、コメント欄を記録しておきます

---
(前略)

口蹄疫に関する情報、特に研修生に関しては噂が先行しており、
水牛農家でも安愚楽牧場でも研修生を受け入れていた事実はありません。
口蹄疫について知りたいのなら、下を参照してください。

特に宮崎県の調査報告、国の疫学調査結果、この二つは何度でも読み返して下さい。
マスコミもそうでしょうが、ネット上の根拠のない噂も困ったものです。

口蹄疫ウイルスの侵入経路(JASV口蹄疫終息記念セミナーの講演より)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/jasv-d75a.html

2010年に宮崎県で発生した口蹄疫の対策に関する 調 査 報 告書
(二度と同じ事態を引き起こさないための提言)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000151738.pdf

口蹄疫の疫学調査に係る中間取りまとめ
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/ekigaku_matome.pdf

投稿: センム | 2012/12/03 20:56
-----


それにしても、美味しそうなお肉だこと・・・^^

お料理の大根はちゃんと面取りされてるし、えらいなぁ~って思いました(^^ゞ

あと、べぶさんちのワンちゃんの顔が笑ってるみたいで・・・

ウチのバカチンの誕生日と近いです(笑)関係ないか(^_^;)


見るたびに写真を・・・しばし見つめるrokoでありました(=^・^=)

いつもありがとうございますm(__)m

口蹄疫・発見遅れで県を提訴(時事通信2012/12/17)

口蹄疫殺処分巡り東国原氏告発、宮崎の畜産農家ら(読売新聞2012年11月27日)
がありましたが、口蹄疫関連の記事です

その前に一言・・・
東国原氏って、宮崎県知事を辞めた後、東京都知事選に出たと思ったら
今回の総選挙では、ちゃっかり衆議院議員になってたんですね
比例の上のほうにいる人って、いいですよね
rokoは、開票の日まで知りませんでした(お笑い)(^_^;)


その他記事につきましては、べぶろぐ(山崎牧場日記)さんが書かれておりますので
こちらまで・・・m(__)m
 ↓ ↓ ↓
2012/12/21
口蹄疫・発見遅れで県を提訴


時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012121701149
-----
「口蹄疫発見遅れ損害」=畜産農家、県を提訴-宮崎地裁

 宮崎県で2010年に家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫が発生した際、県の発見が遅れ牛76頭の殺処分を余儀なくされたとして、同県川南町の畜産農家の男性(64)が17日、県を相手に150万円の損害賠償を求める訴訟を宮崎地裁に起こした。
 口蹄疫は10年4月20日に発生が確認され、同年8月27日の終息宣言までに、宮崎県内で約29万頭の家畜が殺処分された。
 訴状によると、県は10年2月中旬から4月上旬に感染の疑いがある牛の通報を複数受けたが、いずれも感染の可能性を否定した。原告側は、通報時に適切な検査が行われていれば、より早期に防疫対策がとられ、原告の牛が感染することはなかったと主張している。

(2012/12/17-17:28)
----------

いかぴ と のーすいばかぼんとノーキョー

おいそが氏だったのか、ずぅ~っと呟いてなかったいかぴ様が戻ってこられた
うれぴー\(^o^)/
って・・・アタシ、この人のファン?だからさ・・・(^_^;)

なにが好きって、オモロイとこ・・・
たとえば「のーすいばかぼんとノーキョー」っていうところとか
へんな絵描いちゃうところとか…
だれが最初に言ったのか知らないけれど、「のうすいばかぼん」って
「ノウノウスイバカナボン」って意味でしょ? 違う?

アタシ 今でも旅先などに行くと、天才バカボンの歌を思い出すの・・・
♪西からのぼったお日様が 東へしず~む~♪
太陽の沈む方角を見て、この逆だから・・・
ん~~と、こっちが西か~なんてネ
子供の頃から、ちっとも進歩しないんだな、これが、、、(^_^;)
はい、脳の薄いrokoですが、それが、なにか・・・

♪それでいいのだ~ それでいいのだ~ 天才バカボン ばかぼんぼん♪


それでなんとなく、イカピ様の昨日のツブヤキ1コだけど、記念に記録します(*^_^*)

ikaPeeHybrid‏ @ikaPXXXXXX
そして、いつまでも中間であるところの宙ぶらりんのまま見える筈の無いものを見つけたフリだけする @のうすいばかぼん (農林水産省/口蹄疫疫学調査チーム http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/ekigaku_team.html …


口蹄疫といえば安愚楽牧場、だから、HPも記録しておきますネ^^

農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/ekigaku_team.html
---
ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 家畜の病気を防ぐために(家畜衛生及び家畜の感染症について) > 口蹄疫に関する情報 > 口蹄疫疫学調査チーム
--------------------------------------------------------------------------------
ここから本文です。

更新日:平成22年12月16日
担当:消費・安全局動物衛生課

口蹄疫疫学調査チーム

平成22年4月20日の宮崎県における口蹄疫の発生を受けて、農林水産省は、4月26日、「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、疫学及びウイルス学等の専門家で構成される「口蹄疫疫学調査チーム」を設置しました。
口蹄疫疫学調査チームでは、感染要因を分析するため、検査結果や現地調査で得られたデータに基づき疫学調査を進めています。


■口蹄疫疫学調査チーム検討会の概要

  -  口蹄疫の疫学調査に係る中間取りまとめ(平成22年11月24日公表)
     中間とりまとめの概要(PDF:86KB)
     中間取りまとめ(PDF:1,779KB)

第6回 (平成22年10月12日開催)
     検討会の概要(PDF:56KB)

  -  口蹄疫の疫学調査に係る中間的整理(平成22年8月25日公表)
     中間的整理(PDF:505KB)

第5回(*) (平成22年8月24日開催)

第4回 (平成22年7月23日開催)
     検討会の概要(PDF:85KB)

第3回 (平成22年6月24日開催)
     検討会の概要(PDF:68KB)

第2回 (平成22年6月7日開催)

第1回 (平成22年4月29日開催)

(*)(※ 第15回牛豚等疾病小委員会との合同開催)


■口蹄疫疫学調査チームの概要
メンバー
委員

 明石 博臣(あかし ひろおみ)
    (国)東京大学大学院農学生命科学研究科教授
 黒木 昭浩(くろき あきひろ)
    宮崎県延岡家畜保健衛生所衛生課主幹
 末吉 益雄(すえよし ますお)
    (国)宮崎大学農学部獣医学科准教授
○津田 知幸(つだ ともゆき)
    (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所企画管理部長
 筒井俊之(つつい としゆき)
    (独)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所疫学研究チーム長
 森田 哲夫(もりた てつお)
    (国)宮崎大学農学部畜産草地科学科准教授

    (敬称略、五十音順、○:疫学調査チーム長)


消費・安全局動物衛生課 
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385
-----

『浮世風呂』日本の垢を落としたい…糞で垢は落とせない(ーー;)

前の日記の続きです

浮世風呂
日本の垢を落としたい。浮き世の憂さを晴らしたい。そんな大袈裟なものじゃないけれど・・・

「安愚楽牧場」「口蹄疫」が出てくる記事を紹介します

2012年12月27日の記事ですので、3ヶ月ちょっと前の記事です
韓国で大量に発生しているノロウィルス・口蹄疫

記事は、冒頭部分と「安愚楽牧場」「口蹄疫」のところを最後に抜粋しました


わたくし以前の職場で、戦後生まれのヘビ年ヤローにきいたことがあります

「自分が子供の頃は、家の裏の川にクソが流れていた」と・・・
え~~!そんな~!と思ったけど、ウチよりもっと北の県境ド田舎に住んでいたし
日本の中でも場所によっては、そんな時代もあったのだろうネ

私の子供の頃は、畑の肥やしにまいていたよ
私も肥汲みをやったことがあるわ~(^_^;)
まだその頃は、ぼっちゃん便所じゃない、、、
普段はたいしたことなくても、汲み取るときはもー、すっごい臭くってね~
注意してても、ぴちょん!とハネたりして、ギャオ!って、、大変だったyo(汗;)
あ~、こんなこと書くと、rokoはいつの時代の人かと思われるね(笑)
その後は、バキュームカーに汲み取りに来てもらってたな・・・
水洗トイレになったのは、今の家を建て替えたときだからもう何十年も前のこと…

その昔、ヨーロッパのどこかでも人糞がそこかしこにあったとか…?
家の窓から投げ捨てられる?とか見たことがあります…

それにしても、記事の中にある
「糞尿で顔を洗わせられる韓国軍」写真には びっくらこいたyo !!!
あの写真が本物だとしたら、いったいいつの写真なんだろうか?

ブログ主様は、日本の垢を落としたいと思ってらっしゃるのですが
もし、糞尿で顔を洗わせられたら、絶対、きれいになるものもならないよね
う~~、、吐き気がします、、、

日本は水に恵まれた国です
きれいなお水をふんだんに使って顔を洗えます
私は日本に生まれてよかったなと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

その他、韓国の糞に関することや、テレビ報道の件など
知らないことも載ってましたので、たいへん勉強になりましたm(__)m


「安愚楽牧場」関連以外の最近の記事では、過去の経歴に「ピースボート」主宰というものがある辻元議員について書かれてました
辻元清美 2013年04月03日
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/056d5fb4d8f4b5c756f057667a9f40dd


みなさん、ポチッと見に行かれるときは、写真にご注意下さいネ
でも、怖いもん見たさっていうのもあり…かも~^^ orz


★追記(2013.04.08)
「口蹄疫」ということで、最新のA BUG's Pensieve 2 より全文コピペ
---
[安愚楽]安愚楽牧場は宮崎口蹄疫の初っ端から

宮崎児湯地区の安愚楽第七牧場内で口蹄疫がすでに超大蔓延w

日本人国民の皆様、知ってました?

知っておいてね

当時の民主党政府が国民から隠蔽してたみたいだから、ほとんど、知られてないけどさw

どうするよw

2013-04-04(13:04) : 安愚楽詐欺 : コメント 0 : トラックバック 0
-----

続きを読む

安愚楽牧場元社長ら逮捕、契約農家「翻弄された」(読売新聞九州発2013年6月19日)

安愚楽牧場が口蹄疫の初発牧場だということは、ほぼそうだろうという話だ

その宮崎の畜産農家の安愚楽牧場に対する思いはいかばかりかと・・・

逮捕は当然、と思っていても、今までそれがなされなかった

口蹄疫のことだって、未だに正しい報告はなされていないのでしょう・・・


読売新聞 九州発>地域版>宮崎
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/20130619-OYS1T00259.htm
---
安愚楽牧場元社長ら逮捕、契約農家「翻弄された」

 破産手続き中の安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)の旧経営陣3人が特定商品預託法違反容疑で逮捕された18日、県内で同社から和牛の飼育を委託されていた契約農家からは「無理な運営で翻弄された」などと批判の声が上がった。

 県によると、県内には同社の直営牧場が15か所、契約農家は23戸あった。新富町で和牛約100頭の飼育を委託されていた伊藤成年さん(52)は同社の経営破綻後、預かっていた牛を全て売却されたという。

 伊藤さんは昨年3月、別会社の委託で牛100頭の飼育を再開したが、飼料の高騰や枝肉価格の低迷などで、この会社も事業を撤退することになり、今月から飼育頭数はゼロになった。現在、新たに委託契約を結んでくれる企業を探している。

 脱サラ後、畜産農家に転身した伊藤さんは、2010年の口蹄疫で所有する豚200頭と委託された牛50頭を殺処分されたが、農場に消毒ゲートを新設するなどして再び畜産を始めた。

 「無理なオーナー制度で運営しなければ事業は続き、我々契約農家も牛を飼育し続けられたはず。逮捕は当然のことでしょう」と話していた。

(2013年6月19日 読売新聞)
-----


★べぶろぐ(山崎牧場日記)さんが、記事を書かれています

2013/06/18
安愚楽牧場 強制捜査(2013年6月)

「安愚楽牧場経営破たんとその前年の宮崎口蹄疫事件」★阿修羅♪

保存


★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/

六道輪廻サバイバル日記
To uncover the fiction of all, to pursue the truth,
I want to stare at those who are the heart of true peace

http://ameblo.jp/souldenight/entry-11558488668.html
---
安愚楽牧場経営破たん その前年の宮崎口蹄疫事件の補償の優遇受けていた可能性がある

2013-06-23 02:54:10NEW !
テーマ:失態・疑惑・追求

安愚楽牧場経営破たん
その前年の宮崎口蹄疫事件

http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/870.html
JP 870 2013/6/23 01:43:00
投稿者: taked4700
安愚楽牧場経営破たんとその前年の宮崎口蹄疫事件

2011年8月、安愚楽牧場が経営破たんした。
その後、今年6月経営陣の詐欺容疑での逮捕がされた。

刑事責任の追及がされることはよいことだと思う。
しかし、反面、後味の悪さもある。

まず、安愚楽牧場の経営陣の自転車操業による被害だけでなく、その被害を取り戻したいという投資家の希望に付け込んだ2次被害が既に発生してしまっていたことだ。

つまり、警察による介入がされた時点ではこの事件の被害者はある意味しゃぶり尽くされてしまっていたということ。

その意味で、警察による介入が
もっと早く行われていたらと言う残念さがある。

しかし、今回の安愚楽牧場事件では
もっと重大なことがある。

それは2010年の宮崎口蹄疫事件で安愚楽牧場は
かなり重要な役割を果たしていたはずだからだ。
2010年の宮崎口蹄疫事件では約1000億円を超す被害が出た。

それだけ大規模な感染拡大が起こっていたのだが、
その感染拡大の原因として
一部マスコミで報じられたのが安愚楽牧場だった。

つまり、
安愚楽牧場での口蹄疫発症が隠された結果、
それが感染拡大を招いたというものだ。

確かに、安愚楽牧場での管理は
かなりいい加減なものであり、

またはっきりと口蹄疫感染が分かった後も
その隠ぺいが行われ、
その結果感染拡大が起こったのは一面の事実だろう。

しかし、問題は、実を言うともっと深刻だ。

つまり、宮崎県での感染拡大の真の原因は
安愚楽牧場による口蹄疫感染隠ぺいに
あるわけではないからだ。

真の原因は行政の対応にある。

口蹄疫は潜伏期間が1週間ほどある。

しかし、ウィルスの吐き出しは
感染の翌日から始まる。

つまり、
症状があらわれたときには既に1週間程度ウィルスの
吐き出しが行われ相当程度に感染拡大してしまっているのだ。

だから、口蹄疫感染の第一例が確認されたら、その牧場の全家畜を即刻処分して、かつ半径20キロとかまたは50キロ程度の牧場に立ち入り検査をして血液検査をし、発症前に感染を確認して、感染した家畜がいた牧場の全家畜を発症する前に即刻処分することが必要だったのだ。

しかし、2010年の宮崎では、
発症前の立ち入り検査は
ほぼまったく行われなかった。

牧場からの発症の報告を待ってから処分が行われたのだ。
行政はただ単に各農場へ電話をかけ、
発症しているかどうかの確認をしていただけだという。

同じ宮崎の2000年の口蹄疫発症の時は
発症前の立ち入り検査がセオリーどおりに行われ、

ほとんど被害を出すことなく収束したのだから
2010年の感染拡大はある意味故意に
行政が放置した結果だとさえ言えるのだ。

しかも、被害補償が不透明に行われた。

つまり、どこの牧場がどの程度の金額の補償を受けたのかは全く公表されていないし、そもそも、補償された家畜全体で、その明細が非常に大まかにしか公表されていない。

本来なら例えば肥育牛での評価ランクが何通りあり、それぞれのランクごとの金額とその頭数までは公開されてしかるべきだったが、単に肥育牛何頭、乳牛何頭と言う発表しかされていない。

また、行政に対して裁判が起こされているが、それは宮崎県が県所有の種牛を不法に移動したというものであり、感染確認に関する不作為の責任を問うものではなかった。

今、改めて2010年宮崎口蹄疫事件を振り返ってみると、
見事に情報コントロールがされていたなと思う。

宮崎で感染拡大が進んでいてもなかなか全国規模での報道はされなかったし、全国規模での報道がされたのちも行政による発症前の感染確認についての不作為は全く報道されなかった。

そして、そういう状態で写真週刊誌による
安愚楽牧場での発症隠しが報道されたのだ。

宮崎県内だけでなく全国的に、
あの1000億円もの被害を出した感染拡大の責任は
安愚楽牧場にあると思われている人たちが多く居るはずだ。

安愚楽牧場はそういった悪名を引き受けることにより
ある程度の補償の優遇を受けていた可能性がある。


低金利は既に10年以上続いている。
また、牛の出荷価格の低迷も
相当前から始まっていたはずだ。

だから、安愚楽牧場による出資募集が
ほぼ詐欺に近いものになっていたのは
少なくとも10年程度前にははっきりしていたはずだ。


本来ならこの時点で監督官庁が経営に介入して、
営業停止などをさせておけば
今回のように日本史上最大と言われる
数千億円もの被害を出すことはなかったはずだ。

2010年の宮崎口蹄疫事件は行政による不作為だけでなく、宮崎大学の獣医学部、農学部、宮崎県内の獣医師、宮崎県内のマスコミ、そして同じく全国の関係者全体が何が本当はおかしいかを知りながら放置した結果起こったものだ。

直接の関係者である行政の責任が最も重いが、
その他の関係者もその責任を
果たしていたとはとても言えないだろう。

そして、その結果、多くの家畜の命が無駄に失われ、多くの地元農家の方が苦しみ、更に、1000億もの税金が費やされたという意味で全国民が被害を受けたのだ。

今、福島第一原発事故についても
ほぼ同じようなことが繰り返されている。

原子炉の地震時の監視カメラ映像や
4号炉の爆発時の映像などが隠ぺいされているし、

原発作業員の人件費や除染費用の危険手当など
年に数百億円を超える規模で誤魔化しが行われていて、
それがきちんと追求されていない。

2010年宮崎口蹄疫事件は
一応その影響が県内にとどまったが

福島第一原発事故はその放射能漏れの影響は
全国どころか地球規模になっている。

しかも、地震によってかなりの程度原子炉が
壊れたことはほぼ明白と言っていいが
ほとんどそのことについては無視されている。

だから、このまま次の原発事故が
近い将来起こってしまうだろうことはほぼ確実だ。

宮崎の事件ではその関係者の多くは
本当に起こっていることが
何かを理解していただろう。

そしてその上で自分はあまり被害を
被らないからと知らん顔をしたはずだ。

しかし、福島第一原発事故では、低線量被曝の影響が何年も遅れて表面化することから既に自分が被害を受けていることに多くの関係者が気がつかれていない。

また、このままでは
次の原発事故が避けられなことについても
その可能性があまりに甘く見られている。

そもそも、東電の経営陣に
事故時の監視カメラ映像を見た人が
どれほどいるのだろうか。

全国の電力会社の経営陣に
4号炉の爆発映像を見た方は存在するのだろうか。

事故時の内閣だった菅政権の閣僚の方たちや
その後の政権の閣僚の方たちも

事故時の監視カメラ映像や4号炉の
爆発映像を見られているのだろうか。

推測でしかないが、多分、中央官僚を含めて、
ほとんどの関係者がこういった情報に
アクセスできていない可能性が高い。

それほどまでに今の日本は
自分自身の運命に対して当事者能力がない。

一番の不幸は、
こういった実態を知らされないまま
やがて来る被害を受けるしかない一般市民だろう。
 
**********************
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/154233/

(記事略:狙われた「安愚楽牧場被害者」(東京スポーツ新聞社 2013年06月22日)にあります)
-----

★roko★ 
こちらのブログの方の投稿のようですね
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
武田信弘のジオログ(ブログ)
2010年4月19日、春日部市議選が終わりましたのでコメント機能を有効にしました。ぜひ、どなたでも何か発言をしていってください。2010年4月20日ジオログ専用のカウンターを付けました。

安愚楽牧場経営破たんとその前年の宮崎口蹄疫(1)
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700/comment/20130623/1371919089
安愚楽牧場経営破たんとその前年の宮崎口蹄疫事件(2)
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700/view/20130623/1371919133

子牛価格、高値続く 八重山・黒島セリ市場 1頭平均46~47万円 背景に全国的な素牛不足(八重山毎日新聞社2013年8月19日)

昨日見た、ニュースです
大変失礼ですが、八重山毎日新聞社という存在を知りませんでした
すみません すみませんm(__)m

全国的に素牛不足で、子牛の価格が上がっているそうです
地域によって、値段が随分違うものですね

「口蹄(こうてい)疫被害を受けた宮崎県や、安愚楽牧場の倒産などで全国的な素牛不足が続いている」ってホンマか?
口蹄疫のことはわかるとしても、アングラの倒産は関係するのか?

アホrokoには、わからん話やな


安愚楽牧場のオーナーになっていながら、牛の値段については全く知りませんでした
アグラの牛は黒毛和牛で一貫体制でお高く売れるものだと思い込んでました

自分がオーナーになっているものについて、ちゃんと調べることもせず、アグラのいうことを鵜呑みにしていた自分が、今さらながら情けないです

破綻から2年が経っても、日々自分のアホさに気付かされ、落ち込む毎日です
無知は罪です
その罰は、あれからずっと負い続けています

これから、投資をお考えの人や、現在投資をしている方は、自分で調べてみることが大事でしょうね
そんな時、同じ業界の人に聞いてみるとか、それに携わっている人のブログを見るとか、関係者に訊いてみるのが一番わかりやすいと思います
それも、長く続けておられる方にきくべきです
ブログでは、ステマとかありますからね
会社自体が嘘をついてるときもあったりするので、注意が必要です

安愚楽牧場にやられたrokoがいうのですから、間違いありません(笑)


さて、子牛セリ価格について
べぶろぐ(山崎牧場日記) さんのところの最近の様子はコチラ
 ↓↓↓
■2013/06/26 平成25年度 6月期西諸県子牛せり

■2013/07/23 平成25年7月期 西諸県子牛セリ


過去の記録もカテゴリー「子牛の話」 で見られます


3ヶ月前ですが、ここに子牛の値段の高いことについて書かれています
私にはわからない話ですが、実際に畜産をされている人のご意見が一番確かだと思います

記事の一部だけを抜粋すると伝わらないかもしれませんので、ぽちっと飛んでみてくださいね
それを前提として、安愚楽牧場破綻の影響について書かれている部分をコピペです
いつも、ありがとうございますm(__)m

■2013/05/23 子牛が高いんですけど・・・ より
---
上に書かれた理由以外にも、子牛が高値を維持している要因の一つとして

・安愚楽牧場破綻で農場が切り売りされたわけだが、肥育部門を引き受けた企業が子牛を多数購入しているから

という話も聞きます。

安愚楽牧場は(実際はどうだったか知りませんが)、子牛生産から肥育までを行う一貫生産を売りにしていました。

ですが、切り売りされた「肥育部門のみ」を買い取った企業は、子牛を自社農場では調達出来ないので市場で買うしかない。

市場での購買者が増えた事によって、子牛価格が高騰している。

ま、そういった話です。

実際にそういう企業がどの位の子牛を市場調達しているかは資料がないので分かりませんが、こんな話もあるよ、ってことで。

-----

続きを読む

口蹄疫・口蹄疫発生から4年 頭数は90%まで回復(べぶろぐ 2014年4月20日)

べぶろぐ(山崎牧場日記)が更新されています

2014/04/20
口蹄疫・口蹄疫発生から4年 頭数は90%まで回復

というタイトルで以下の二つの新聞記事が載っています
そちら↑にバビューンとお願いしますm(__)m

口蹄疫発生あす4年 埋却地6割再整備、頭数は90%回復
2014年4月19日 宮崎日日新聞
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_5282.html

宮崎)再開農家数の公表中止、心情に配慮 口蹄疫
2014年4月19日03時00分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASG4L5T7BG4LTNAB020.html



4年 経つのですね・・・
この頃、私はハローワークを通じて、スクールに通っていました
春からの半年でした

それから、思い出しました
ゴールデンウィーク頃に病気になりまして…
一日でも休むとついていけなくなるということもあって
痛みがすごかったのですが、脂汗を出しながら授業に出ておりました
あれは、本当にひどかったですね
これはダメだと夕方やってる医者に…結局ヤブだった、、、(ーー;)
後日、別のクリニックに行ったら大きな病院に行きなさいといわれ、その脚で病院へ
時間外で点滴を受けることになる
で、翌日もう一度、専門の先生に診てもらうため外来に・・・
辛い、痛い、思い出です

そんなことでしたので、その頃は余計世の中のことを見ていなかったと思います
安愚楽牧場にやられるまで、口蹄疫で被害を受けた方々のこともよく知りませんでした
新聞やテレビに出ていることぐらいしか知りませんでした
口蹄疫の初発が安愚楽牧場だなんてことも知りませんでした

無知は罪ですね


ところで、私がこのブログを書き始めた頃、べぶろぐ様には大変お世話になりました
どこの誰ともわからない私にコメントくださり、色々と教えていただきました
出逢えたことに感謝しています

これからも、ご家族の皆様がお元気で過ごされますように・・・
口蹄疫で被害を受けたみなさまが、少しでも心安らかに過ごせますように・・・

このブログに訪れて下さる皆様、ありがとうございます m(__)m



追記(2014.04.21)

上記「べぶろぐ(山崎牧場日記)」の記事が
約1年前の「A BUG's Pensieve 2」の記事のコメント欄にありました
 ↓↓↓
---
[安愚楽]安愚楽牧場は宮崎口蹄疫の初っ端から

宮崎児湯地区の安愚楽第七牧場内で口蹄疫がすでに超大蔓延w

日本人国民の皆様、知ってました?

知っておいてね

当時の民主党政府が国民から隠蔽してたみたいだから、ほとんど、知られてないけどさw

どうするよw

2013-04-04(13:04) : 安愚楽詐欺 : コメント 2 : トラックバック 0

---

で、このさいコメント欄も続きに記録します^^

続きを読む

「安愚楽牧場・もう一つの大罪 」一年以上前、社長ら逮捕の頃の新聞掲載記事です^^

こちら今日も暑いです
九州地方では、梅雨も明けたとか・・・

地方の新聞等に書かれていても、それを見た人が発信してくれないと、いくらネットで検索しててもわからないです
やはり、事件は現場にあり、で近くにいた人やそれを追っている人の情報は鋭いことがあります

知名度の高いブログに載れば、それもまた大きく広がります
それが必要な情報である人にとっては、重要なものとなります

口蹄疫の記事も、旬刊宮崎の記事は安愚楽牧場が破綻して、インターネットにドボ浸かりになって初めて知りました
その頃の私は、写真をブログに載せる技も身につけていませんでしたね^^;


このブログ記事、少し前に見つけていたのですが、また寝かせてしまいましたm(__)m

天草の理容師です!
宝の島天草から発信!
http://blogs.yahoo.co.jp/friyo3611

fri**3611 さまも、色々と投稿、掲載され、その謝礼に図書券が送られてくるようです
それって、なにげにスゴイことですよね
変な文章では取り上げられないし…それも何度も掲載されているようでした^^
今頃になってで申し訳ありませんが、安愚楽関連記事を載せていただきありがとうございました m(__)m

安愚楽牧場の元社長らが逮捕された頃の記事です


http://blogs.yahoo.co.jp/friyo3611/66468774.html

安愚楽牧場・もう一つの大罪
2013/6/20(木) 午後 3:32 天の邪鬼の独り言 熊本県

6月19日 熊本日日新聞・夕刊の切り抜きです

イメージ 1 (2013年6月19日(水)ハイ!こちら編集局の全体記事)

イメージ 2 (安愚楽牧場のことについて書かれた読者の声)


安愚楽牧場と口蹄疫は現地やインターネットでは
口蹄疫発病直後から問題視されていた
しかしどんな大手マスコミも一切報道しない
唯一地元・旬刊宮崎という地方新聞社が
平成22年5月15日に報道した

イメージ 3 (旬刊宮崎の口蹄疫 安愚楽牧場の隠蔽工作等の記事)


【ハイ!こちら編集局】のこのコーナーに電話された
阿蘇市の男性の言葉を 熊日がやっと報道・・・という感じです

口蹄疫=安愚楽牧場の水牛=道休誠一郎(民主党所属)=韓国人研修生
この相関関係は かなり早い段階でわかっていたのに・・・


(ちなみに・・・道休誠一郎の姪は元ダルビッシュ有の奥さん・タレントの紗栄子
離婚騒動の直前に サエコさんが代表を務めていた『Pepii.Kitty』が
営業不振のために閉店
ほぼ同時期に 宮崎県内で口蹄疫発生
嫁のいとこに口蹄疫に深くかかわっていた民主党国会議員がいたとなると・・・
ワイドショー的 発想ですが^^;)


しかし今回の安愚楽牧場騒動
被害額の大きさから言えば 今に至るまで深く追及されなかったことが不思議と思う
反社会的勢力、各種議員、有名人、マスコミ各社・・・ets
安愚楽牧場には 深くかかわっていた連中が大勢いたと推測する方が
極々自然と思う

イメージの説明(括弧書き)についてはroko
イメージ1~3は、それぞれにカーソルを合わせてクリックして見て下さいね


「安愚楽牧場のことについて書かれた読者の声」(イメージ 2)
テキスト入力しました^^

2013年6月19日(水) 熊本日日新聞・夕刊
 ハイ!こちら編集局

安愚楽牧場元社長逮捕に胸スッキリ

 安愚楽牧場の元経営者3人がようやく逮捕されましたね。あの会社が宮崎県で持っている牧場で、口蹄疫の疑いがある牛を獣医師が診察せずに、発見が遅れてしまったことがありました。以前に保健所などで廃棄物や疾病対策の仕事をしていたので思うのですが、病気を早く発見して対策を取っていれば、宮崎県の口蹄疫被害はもっと少なくて済んだかもしれません。詐欺とともに、畜産農家にも深刻な被害を受けた方がたくさんいると思うので、今回の逮捕で胸がスッキリしました。
=阿蘇市、農業・男、88


88歳の男性、今は89歳ですね
お電話される、という行動力がスゴイです(*^^)v
これからが、夏本番、暑いですよ
水分補給をこまめにされて、お元気でお過ごしくださいm(__)m


三ヶ尻たち…逮捕はされたけど、増渕は釈放されました
預託法違反でも控訴してるし、まだ詐欺で起訴されていません
詐欺罪の土俵にのらないことには、私はスッキリしませんがね・・・(*^^)v

口蹄疫で被害を受けた方々も、どうぞ宜しく、応援お願いしますm(__)m

殺された牛は返ってこないけど、被害も取り戻せないけど、安愚楽牧場元経営者たちに悪いことをした責任だけは取ってもらいたいものです
私の希望としては・・・「死ぬまで出てくんな !!!」なんですがね
あはは \(^o^)/

みなさん、熱中症で死なないように、気をつけましょう(*^_^*)

海外旅行注意を!「口蹄疫は社会に広く影響を及ぼす『災害』」(2015年2月2日朝日新聞より)

今日の朝日新聞ニュースです

宮崎)口蹄疫防げ、県内厳戒 韓国で猛威、過去と同様
 2015年2月2日03時00分

韓国で口蹄疫が猛威を振るっているようです
関係者は大変なことと思います


記事は最後にコピペします
その中にありました写真・図版はあまりにも小さいので、見やすくテキスト入力しました

■口蹄疫の発生状況  (場所・確認時期・件数)

2000年    
   韓国  3月24日から  15件 
   宮崎  3月25日から  3件

2010年 
   韓国  4月08日から  164件 
   宮崎  4月20日から  292件

2014年以降
   韓国  7月23日から  72件(15年1月29日現在)



いつも、先に発生確認されるのが韓国なんですね・・・

2010年の口蹄疫は安愚楽牧場が初発だろうと宮崎や畜産にかかわる人はご存知ですが隠蔽されています
あるところでは、安愚楽牧場の元社長が韓国かどこか海外に行ったその足で宮崎入りしたとかしないとか書かれていたように思います
ホント、今からでも三ヶ尻久美子や安愚楽関係者のパスポートチェックしてほしいくらいだわ(笑)


記事によると...

韓国で昨年12月から急増
今年1月29日現在で72件(豚71件、牛1件)
豚は牛よりも感染しにくいが、感染すると牛の100~1千倍のウイルスを排出する

って恐ろしいですね


世の中にはテロリストや変な人がいて、どこにいても被害に遭う可能性は誰にもあります
心配ばかりしているとどこにも行けませんが、明らかに危険だとわかっている時は避けたほうが無難でしょう

ですが、自分が災害を起こす元にはなりたくないものです
宮崎だけでなく日本中の海外旅行に行かれる皆様、防疫にご協力を!

口蹄疫ウイルスは、最長で120日間、生き続けるのだそうです
うん子のようにしぶといみたいですyo(*^^)v



■朝日新聞デジタル

宮崎)口蹄疫防げ、県内厳戒 韓国で猛威、過去と同様

柴田秀並 2015年2月2日03時00分

写真・図版
口蹄疫や鳥インフルエンザの韓国での発生状況を説明する甲斐敬康課長(左)ら=高鍋町のホテル四季亭
写真・図版

 韓国で家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)が広がっている。過去に県内で口蹄疫が発生した際、韓国でも発生していた。県民の暮らしに大きな影響が出た2010年の口蹄疫発生から約5年。畜産、防疫関係者は「二度と起こしてはならない」と警戒を強めている。

■畜産農家・観光業に防疫喚起

 「口蹄疫のリスクが非常に高まっている。防疫を改めてお願いします」

 先月30日、県児湯農林振興局の職員らが高鍋町のホテル四季亭を訪れた。農畜産課の甲斐敬康課長が資料を示しながら協力を求め、ホテルの金田一成社長も「指導を受けながら、できることはやります」と応じた。

 この日、甲斐課長らはホテルやゴルフ場など観光客が訪れる管内の5施設を巡った。口蹄疫への危機感の高まりを受けて独自に取り組んだ。その3日前には、ホテルやゴルフ場へ電話で警戒を呼びかけた。

 5年前の口蹄疫で牛や豚が殺処分された1362農場のうち、同振興局が管轄する西都・児湯地域は1169農場に上った。甲斐課長は「口蹄疫は二度と発生させてはならない。被害が最も多かった児湯が防疫の見本にならねば」と話す。

 県内で口蹄疫が発生した00年、10年は同じ時期に韓国でも口蹄疫が発生していた。韓国では再び口蹄疫が猛威を振るっている。農林水産省によると14年7月、3年3カ月ぶりに発生し、いったん沈静化したが、同年12月から急増。今年1月29日現在で72件(豚71件、牛1件)=表=に上る。

 「隣が火事の中、自分の家に乾いたワラを持つような状況」。宮崎大産業動物防疫リサーチセンターの末吉益雄教授はこう例える。

 とくに心配されるのが、発生がほとんど豚だということ。豚は牛よりも感染しにくいが、感染すると牛の100~1千倍のウイルスを排出するという。「宮崎で前回発生した時よりも危険だ」と警告する。

 韓国や中国では今月19日から旧正月にあたる春節が始まり、円安で外国人観光客の増加も見込まれる。宮崎空港では30カ所に防疫マットが敷かれ、乗降客は移動中に最低2回マットを踏むようになっている。担当者は「常に緊張感を持って対応にあたっている」。

 県も農場の巡回に加え、家畜診療所を通じて口蹄疫にも効果のある消毒液を使うよう呼びかけるなどの対応を始めている。

■人も仲立ち「海外旅行注意を」

 ふだんの生活で注意することはあるのだろうか。

 末吉教授によると、口蹄疫ウイルスは「ヒッチハイクウイルス」とも言われる。物や人にくっついて移動する。しかも最長で120日間、生き続ける。自分自身がウイルス感染の仲立ちにならないことが肝心だ。

 海外旅行では、農場はもちろん精肉市場には行かない方がいい。「血液や肉片が飛び散り、服や靴にくっつく可能性がある」と末吉教授。もしも行った場合は靴底などを水で洗い流す。

 口蹄疫が発生している韓国、中国、東南アジアの畜産製品を国内へ持ち込まない。「そもそも禁止されているが、意外と知られていない」。生肉だけでなくビーフジャーキーなどの加工品にもウイルスがついている可能性があるという。

 末吉教授は「口蹄疫は牛や豚といった偶蹄(ぐうてい)動物の伝染病というだけではない。社会に広く影響を及ぼす『災害』ということを思い出し、防疫に協力してほしい」と訴えている。(柴田秀並)

     ◇

 〈口蹄疫〉 牛や豚などひづめが偶数の偶蹄類が感染する家畜伝染病。ウイルスの感染力がきわめて強い。宮崎では過去2回発生しており、2010年は感染が拡大し、牛や豚など約30万頭が殺処分となった。

【韓国 口蹄疫】木霊(こだま)アゲイン再び・・・

2月に入ってから日記にしたのですが・・・

海外旅行注意を!「口蹄疫は社会に広く影響を及ぼす『災害』」(2015年2月2日朝日新聞より)
2015-02-02(13:39)

同じ話題、口蹄疫に関して、久々に「木霊(こだま)」様のブログを拝見しました

Annex to a house

理系のおっさんによるニュースへの突っ込みメインのブログ。考え方は保守寄りらしいけど、別に保守に拘っているわけじゃ無いので悪しからず。
http://annex2ahouse.blogspot.jp



少し、ブログデザインやサブタイトルは変わったと思うけど、同じブログだと思う

前に記事にさせてもらったのはコチラ
 ↓↓↓
「安愚楽牧場」のことを書いてくれてるブログ(*^^)v
 2013/04/02
ブログの中の人「Annex」とは何ぞや?
 2013/04/02
『安愚楽牧場行進曲』にニュースがてんこもり(*^^)v
 2013/06/25

3回も書かせてもらってるけど、コメント欄がなくて…、Twitterもしてないrokoですのでご挨拶したことないのよね、たぶん^^;
勝手に使わせていただいてますm(__)m
木霊(こだま) 様、ありがとうございます(*^_^*)


で、最初のところだけですが、全体はクリックしてブログにジャンプしてね

木霊(こだま)アゲイン再び・・・

2015年2月11日水曜日

韓国、口蹄疫アゲイン再び

悪夢再び。タイトルの日本語がおかしな事になっているが……、気にしないで欲しい。

世宗でこっそり出荷した豚、最終的には江原で口蹄疫確定

JTBC | ソングァンギュン | 入力 2015.02.10 08:25
移動の多い旧正月の連休を一週間前に、口蹄疫の拡散を心配するが高まっています。世宗市の豚農家で口蹄疫の疑いのある豚800頭がこっそり出荷されたが、これを酸江原鉄原農場で口蹄疫、確定判定が出ました。


韓国の口蹄疫が、また騒ぎになりそうなのだ。実のところ、韓国の口蹄疫はじわっと広がったり収まったりと、結構頻発している。

....................................................................................
参考までにこれが過去(2013年以降)の韓国で発生した口蹄疫の様子だ。

(まだまだ続く・・・)


と、韓国の口蹄疫発生の図に続き、2010年、宮崎の赤松口蹄疫のことも書かれています

安愚楽牧場が口蹄疫感染の初発になった可能性
という文字も見られます

上記JTBCの記事タイトルをクリックすると、全文韓国語のサイトが出てきます
2015.02.10 08:25 以外、読める文字がひとつもありません
韓国語、勉強しようとしたことさえないので...orz
ニュース映像があって、言葉も全くわかりませんが…
豚が処分されているような、どこかで見たような光景が広がっていました
木霊さまが翻訳されたのかな? スゴイなぁ^^

この記事の韓国の話が本当なら、相変わらず杜撰でおぞましい感じが伝わってきます

人間は過去から学ばなければいけない、と思うのですが
どうなんでしょう、この国は…


ひとりごと
[単独]口蹄疫ワクチン試験どんぶり勘定...「水ワクチン」の供給疑惑
のところ…
“効能が黒されていない” とあるんですけどぉ?
日本語にありますか?
私には、たずねる方法がわからない、、う~ん、コマッタなぁ...

口蹄疫が終息5年、目立つ廃業(西日本新聞経済電子版 2015年8月25日)

2010年(平成22年)8月27日、東国原宮崎県知事が牛や豚約30万頭が殺処分された家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の終息宣言を発表から、5年を迎えるそうです
 (参考)2010年日本における口蹄疫の流行

安愚楽牧場の破綻から約4年1ヶ月ですから、5年…そうなのですね

当時インターネット環境になかった私は、本当のことを全く知りませんでした
自分で調べようとせず、安愚楽牧場からのお知らせを信じているだけの、大馬鹿者でした

あの立派な種牛さえも殺処分になるとテレビでやっていた時、特別に隔離をするなど生かす方法はないのか?と思いました
でも、処分されただけに、相当感染力の強い家畜伝染病なんだと教えられました

本当に申し訳ないのですが、当時テレビと新聞を見るだけの私では何もわかっていませんでした


不幸な出来事も、自ら知ろうとしない限り、すべて当事者だけが、心を寄せる者のみが、感じるもの、なのですね

私は、その後、その時に感じることのできなかった関係者の方々の思いを知ることができました
別の意味で被害者になったからです
安愚楽牧場の破綻で多くのお金を失いました

あれから4年が過ぎ、私はたくさんのことを勉強しました
口蹄疫の初発が安愚楽牧場らしいということも、後になって知りました

毎日の時間の多くを安愚楽牧場事件に費やしています
というか、ブログを書くことによって、自分を癒している途中でしょうか…
なかなか癒えないものですから…(笑)

人は変わるものですから、あの時の辛いままではありません
たいていの人が乗り越え、強く生きています

未だに、毎日日記を書いている無職の私は、みんなに置いて行かれたような気がしないこともないのですが(笑)、「もうちょっと綺麗にしぃな…」と言われつつも、あい変わらずです(^^;
でも、自分の人生、納得いく生き方をしたいです
これでも、けっこう、しあわせですからアタシ・・・・・


5年経ったけれど、口蹄疫について、本当のことが世の中に伝わっているでしょうか?
あの時、宮崎で何があったのか、知っている方は極少数のように思います

現在、安愚楽牧場は無くなりましたが、安愚楽牧場事件は終わっておりません
安愚楽牧場という名前を知らない方さえ、世の中にはたくさんおられます

私は、安愚楽牧場という会社が、日本中の人々に多大な迷惑をかけ、大規模組織的詐欺会社であったということを世の中の人々にわかってもらいたいです

そして、今後人々が同じような被害に遭わない国になってほしいです
だから、まだまだ、発信し続け、最後まで見続けてまいります


今、べぶろぐ(山崎牧場日記)さんを拝見しましても、相変わらず、子牛セリ市の価格は高いですね

みなさま、精一杯、普通に、楽しく生きてまいりましょう(*^_^*)


★-----

■Yahooニュース

口蹄疫が終息5年、目立つ廃業

qBiz 西日本新聞経済電子版  8月25日(火)12時42分配信


このニュースで終息宣言から5年と知りましたが、そこにコメントされた人々の声を記録しておきたいと思います

Yahooニュースの記事コメント欄


◆黒木 ゆみ · 宮崎県 西都市
あの 口蹄疫が 始まった日を 覚えています。
川南町の方々の 御苦労は 沢山 伺っています。
我が父は その時は 獣医師として病気の為に 引退していましたが、大動物の獣医師として 川南町の 畜産農家に直前まで 往診していました。
だから、注射で 病気を治癒させていたのに、何十万頭も 殺処分しなければ ならない 現実に 非情にくるしんでいました。
五年 経過したのですね。
その間に 父も無くなったのですが、、。
宮崎県は 農業と共に 畜産の県です。どうぞ、過大なご苦労が 畜産の農家の方々に 掛かると想いますが、どうか 続けて行って ほしいと、今も、思い願いたいのです。
2015年8月25日 15:42

◆清水克彦 · 宮崎工業高等学校
私はあの時の政権が民主党であったことが悔しい。
あのド素人政権のせいで、どれほどの人達が苦しめられ
多くの家畜が死んでいったか。
自民党時代の口蹄疫は速やかに処理され、被害は最小限に
制御されたのです。
この事実を皆さんに判って欲しいです。
2015年8月25日 16:08

--◇黒木 ゆみ · 宮崎県 西都市
民主党が 政権を決めようと していた時に、テレビコメンテーター達は、、喜びを隠しきれず、楽しみ!を連発していました。
誰も 責任とってません。
まだ、心はかなり 煮えたぎっています。
2015年8月25日 17:50

◆川島 美保
韓国で口蹄疫が流行っていたのに、韓国からの畜産実習生を受け入れるという有り得ないことをしていましたからね。
やはりこの実習生の件を決められた方がなんの責任を取らないのはどうかと思います
2015年8月25日 16:17

◆木原 隆道 · 広島県 東広島市
俺は覚えているぞ、この問題が深刻化しているときに担当大臣が外遊を優先したことを、そしてそのことをマスコミが叩かなかったことも。
同じこと(事態と対応)が安部政権で起きてたらマスコミ報道はどうなってただろう?想像するまでも無く目に浮かぶはずだ、が、それが正しいのだ。
批判されなかった、批判しなかったほうがよほど恐ろしい。
民主党政権はこの点でその稚拙さ以上に恐ろしく危険な政権だったことがよくわかる証拠だ。
2015年8月25日 16:30

--◇黒木 ゆみ · 宮崎県 西都市
そうだった。
覚えています。
後手後手、、過ぎました。
役にたたなかった、、。
このことだけではありません。
報道するべき事を、大事な事を報道しない、日本のマスコミは どこの国の物?
単純に 教えてください。
2015年8月25日 17:43

--◇木原 隆道 · 広島県 東広島市
単純に「中国・韓国の手先」と言い切ってしまえば簡単なんでしょうけどそうとも言い切れないでしょう(否定もできませんが)。
学生運動の残党、共産主義思想かぶれが潜り込んでいるからとも言われてますが、理由は様々だと思います。

民主主義が正しく機能するためには主権者である国民が様々な情報をもとに決断をすることだと思います。
マスコミとは本来そのための目や耳であるはずなのですが、現在その目には色付きのサングラスがかけられ、耳には特定の単語しか流れてこないヘッドホンが付けられている状態です。

そしてさらにこの目と耳は自分達の見たいものだけを見て聞きたいものしか聞きません。自分ではどうすることも出来ないのです。

ひとつ言える事は「マスコミの言うことをそのまま信じない」、このことに尽きると思いますし、これしか出来ないと思います。
 
逆説的な偏見ですが、「マスコミに批判される」この1点のみで
自民党政権は安心できる政権といえるのかもしれません。

一番恐ろしいのは赤松口蹄疫のときのような「都合の悪い事実」を隠蔽するために政治と報道が結託することです。民主党政権は誕生の経緯を含め報道のほうが政権に擦り寄っていた側面があります。ある意味一番恐ろしい政権でした。
2015年8月25日 18:24

◆齊藤 裕太
今でも赤松のあのニヤケ顔が目に浮かぶ
明らかに異常だった。
2015年8月25日 16:35

◆Mitsuru Saitou · 勤務先: 自営業
口蹄疫が出た時の農水大臣は民主党の赤松でキューバに遊びに行って不在。口蹄疫が流行しそうと宮崎の知事(東)が面会するも外遊を強行してカストロに会いに行くさらに空白の1日(ゴルフ)の噂もある。
しかも戻って来ても謝罪はおろか居直る始末。まあ民主党はとんでもないクズ政権だったよ。
2015年8月25日 19:15



続きは長いですが、以下の記事コメント欄より、上記記事関連を…

A BUG's Pensieve 2
炎ドライブ(引用部分を除き、ブログ主書込部分の著作権を基本的に放棄します。アイデアなど自由にお使いください。悪用はご遠慮ください。引用部分の著作権は引用元に属します) Welcome to the world of move2600:-)

[安愚楽詐欺]「安愚楽牧場」報告放置で提訴、弁護団が文書開示請求(共同20131210)

続きを読む

黒毛和種子牛 全国的供給不足 高値続く/青森県家畜市場(デーリー東北新聞社 2015年8月30日)

先ほど見たYahooニュースです

黒毛和種子牛 全国的供給不足 高値続く/青森県家畜市場
デーリー東北新聞社 8月30日(日)11時36分配信



高けりゃいいってもんじゃない
畜産に携わる方々も高齢化していると思うし、若い人では家庭を持って生活が成り立たなければやっていけない

青森県畜産農協連合会によると、繁殖農家の高齢化と後継者不足に加え、原発事故による農家の廃業や口蹄(こうてい)疫に伴う殺処分、安愚楽牧場の経営破綻といった複数の要因が絡み、頭数減につながっている。


あ、やっぱり、安愚楽牧場のことが出てきましたね

口蹄疫終息宣言から5年の九州宮崎とは遠く離れた青森でもこれだ・・・


以下に記事を記録します

続きを読む

Wiki:安愚楽牧場 2015年10月31日 更新「口蹄疫の不適切対応」「刑事事件への発展」

長らく見ていなかった、Wikipedia「安愚楽牧場」 orz

しかしながら、最終更新 2015年10月31日 (土) 13:27 とある…

元々アホroko、全部記憶できてない、じっくり拝見してない、ので…orz
どこが更新されたのか、私にはわからない、、、orz ^^;

同じ日(10/31)、口蹄疫の時のことを書いたし…
 ↓↓↓
「スラップ」に対する法整備ができたらいいな(*^^)v


そんなことで、Wikiの後半
口蹄疫の不適切対応刑事事件への発展の部分をコピペ、記録します


ま、安愚楽牧場って、こんな会社だったんだよ、、、
って、ことでぇ~(笑) \(^o^)/

安愚楽牧場に対して、怒ってる方がいらっしゃいましたら・・・
なんか動きがあったとき、応援してね(^_-)-☆
rokoからのお願いでっす (^ε^)-☆Chu!!

私は未だに、詐欺罪として裁かれることを望んでいます


ウィキペディア:安愚楽牧場 より

口蹄疫の不適切対応[編集]

詳細は「2010年日本における口蹄疫の流行」を参照

2010年(平成22年)におこった口蹄疫の問題に関して宮崎県の検証委員会は2011年(平成23年)1月18日に、複数の牛に発熱やよだれや潰瘍などの症状を確認したが県が聞き取り調査を実施するまで通報しなかった、獣医師がすべきところを一般従業員による家畜への投薬が日常的におこなわれていたという家畜伝染病予防法に違反している不適切な対応があったとして指導を行う方針を固め[13]、2011年(平成23年)3月3日に、症状の通報が遅れたなどとして文書で厳重注意し、3月17日までに改善計画を提出するよう指導している。これに対して安愚楽牧場は「真摯に受け止め、改善策をさらに進めたい」とコメントした[14][15][16]

2010年(平成22年)4月24日に異常を家畜保健衛生所へ通報し、宮崎県で7例目扱いになって牛725頭が殺処分された川南町の安愚楽牧場・児湯牧場に対し、宮崎県の検証委は、通報前の4月8日には食欲不振の牛が確認されていたことや、通報した際、既に半数程度の牛が発症していたことを指摘し、「農場は4月9日以降に感染がまん延状態になった」と述べ、安愚楽牧場が口蹄疫感染の初発になった可能性にも言及している[13]

これについて地元紙は、『川南町の安愚楽牧場・児湯牧場が、都農町の第1例発表である2010年(平成22年)4月21日の約2週間前である4月はじめ、口蹄疫の疑いのある牛を発見したにもかかわらず約1ヶ月間も事実を隠ぺいしており、700頭の牛のうち多くが同じような症状になったこと』『上層部が、4月10日頃に「胃腸薬でも飲ませておけ」と約200頭分の胃腸薬を注文し牛に飲ませ、その後、今度は口蹄疫に利くかもしれないとペニシリン系の薬を大量発注して牛に接種し、さらには都農町の第一種感染の一報の後、胃腸薬とペニシリン系の薬を大量発注した領収書がなくなっていたこと』『当時、都農町で発生した口蹄疫感染牛の一報が伝わっていた4月20日に、そのうちの一頭が死亡し、上層部が21日に死体をトラックに載せ西都市の自社牧場へ移動させ、牛を西都市で死んだことにして業者に引き取らせようと画策し、同時にコンピュータ内のデータを4月16日死亡と改ざんしたこと』『口蹄疫の死体は家畜防疫員の許可を受けなければ、他の場所に移し、損傷し、解体してはならないという家畜伝染病予防法の禁止事項があるにもかかわらず、4月18日頃、川南町の第7牧場から口蹄疫感染の疑いのある牛5頭を10tトラックに載せ、えびの市の預託農家に向かい、そこでさらに10頭を載せて県外へ出荷しており、その10日後にあたる4月28日、えびの市の安愚楽牧場の預託農家から感染牛が出ているが、牛の潜伏期である6日~7日から計算して、ほぼ一致することから、これも安愚楽牧場が原因だった可能性があると関係者が証言していること』『えびの市で感染牛が発見された当時、えびの市は搬出制限の区域外にあったが、えびの市で感染牛が出たのは全て安愚楽牧場の預託農家であり、これについて農林水産省が「移動規制を敷く以前に牛の移動があったのが感染原因では」と述べたこと』などを報道しており[17]、口蹄疫が発生したとき別の安愚楽牧場の農場にいた元従業員の男性も「当時の経営はかなりずさんだった」「上司は口蹄疫が疑われる症状を見つけても隠そうとしていた。投薬もやっていいと会社から言われていたので、疑問を持たず当たり前にやっていた」と述べている[18]


刑事事件への発展[編集]

2011年の東日本大震災の影響により解約者が続出。経営が悪化し、民事再生法を申請するも2011年11月破産宣告がなされる。

その2年後の2013年、三ヶ尻ら旧経営幹部3人が契約を結ぶ際に事実とは異なる説明をして顧客を勧誘したとされる「不実の告知」による特定商品預託法違反の容疑で逮捕された。経営破たん前に2010年9月から2011年7月にかけえて実在しない牛の識別番号を記載した契約書を送付して、出資者を勧誘したとされる。実際には保有する繁殖牛が少ないのにもかかわらず、1頭につき複数の番号を取り付けて頭数を水増しし、パンフレットにも「牛は本当にいます」と虚偽の記載や説明を行っていた。オーナーに送っていた事業報告書は9-10万頭がいると説明しているが、実際は6万頭にしかすぎなかった[19]

元幹部1人は不起訴になったものの、三ヶ尻と元幹部1人を2件の特定商品預託法違反を起訴。その後で、捜査当局はより重い詐欺罪での立件を目指したが、出資を呼びかけていた安愚楽牧場には事業実体があり、投資対象の繁殖牛を金融商品と同様に扱っており、破綻直前まで経営改善に努めていたとして、嫌疑不十分の不起訴処分となった。東京地裁は2件の特定商品預託法違反の併合罪で三ヶ尻に懲役2年10月(求刑懲役3年)、元幹部1人に懲役2年4月(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡した。

一部の被害者らは詐欺罪の不起訴について2014年1月に検察審査会を不服申し立てを行い、2014年4月に東京検察審査会は詐欺罪の不起訴不当を議決した。


13.^ a b 安愚楽牧場改善指導へ 県が方針 宮崎日日新聞、2011年3月4日。
14.^ 口蹄疫の発生農場「安愚楽牧場」を指導へ 不適切な対応で 宮崎県
15.^ 口蹄疫:宮崎県が安愚楽牧場指導へ 感染通報遅れなどで
16.^ 宮崎口蹄疫、通報遅れの安愚楽牧場に厳重注意 読売新聞、2011年1月19日。
17.^ 安愚楽牧場 重大犯罪だ!口蹄疫発生1ヶ月も隠ぺい 旬刊宮崎新聞社、2010年5月15日。
18.^ 安愚楽牧場「経営ずさん」と元従業員 口蹄疫隠そうとしたことも 産経新聞、2011年8月10日。
19.^ 安愚楽牧場、元社長ら3人逮捕=100人に虚偽説明、預託法違反容疑―警視庁(2013年6月18日 時事通信 同6月19日閲覧)
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク