【近年の詐欺的大型消費者被害】①ワールドオーシャンファーム事件

またまた 書いたけれどそのまま・・・っていう 日記でっす^^

ペンギンまま日記 
『破産手続が開始された近年の詐欺的な大型消費者被害について』に安愚楽も仲間入りしてた〜(-.-;)
破産手続が開始された近年の詐欺的な大型消費者被害について続きその1 
破産手続が開始された近年の詐欺的な大型消費者被害について続きその2 
に それらしい記事があったので 公開します

まず、ワールドオーシャンファーム事件 について

お断りしておきますが、これは私が 調べたものではありません
いつも情報を下さる素敵な方に教えていただいて、ホンの少し編集しただけですので
私に訊かれても・・・(^^ゞ
rokoは ちゃんと理解しておりませんので、そこんとこヨロシク (^_-)-☆


http://www.caa.go.jp/planning/pdf/091214-4-1.pdf より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワールドオーシャンファーム事件

事案の概要 
●フィリピンのマニラ近郊にある東京ドーム300~450個分の広さのブラックタイガー養殖事業,不動産事業などを投資対象とする匿名組合に出資して投資すると,1年で倍になる(10日毎に5.556%,1年間で36回で合計100%の配当)との宣伝文句で多数から投資を募った事案。
●匿名組合員が他の投資家を紹介すると3~19%の紹介料を得られる仕組み(マルチ商法的要素)であり,口コミで被害が拡大した。
●実際には,宣伝文句の20分の1程度の養殖場しか持っておらず,養殖事業の実体がほとんど存在していなかった。不動産事業その他の収益事業も行っていなかった。

被害者数 
4万人

被害額  
850億円(破産債権届出約1万人,届出額249億5832万円,1人平均249万円)

経緯
H17.07    株式会社ワールドオーシャンファーム(以下「WOF」という。)設立
H18.04    投資募集開始
H19.01    配当停止
H19.05.30  WOF代理人弁護士がFBIに4,000万米ドルを凍結されたので民事再生を申し立てる旨の通知
H19.07.31  ・警察による関係先20か所への捜索差押えの際に8億200万円の現金押収
        ・WOF名義以外も含め7億3438万円の預金口座も事実上凍結
H19.11.22  FBIが4,000万米ドル凍結したことが報道
H19.11.26  WOF被害対策弁護団発足
H19.12.21  代表者が旅券法・入管法違反で逮捕
H20.03.21  WOF,ワールドオーシャンファーム基金株式会社,代表者個人について東京地裁に債権者破産申立て
H20.05.22  破産手続開始決定(予納金:WOF1500万円,WOF基金1000万円,代表者500万円の合計3000万円)
H20.07.23  代表者ら14名が組織的詐欺罪で起訴
H21.05.28  代表者ら有罪判決(代表者控訴取下により懲役14年の実刑判決確定)

違法性の立証
勧誘の際の資料で出資法違反を明らかにすることが可能かも知れないが,個人の手持ち資料では詐欺の立証が困難

被害額の算定
事業者の資料により被害総額の算定は容易と考えられる

資産の所在の調査
被害者個人では非常に困難

保全の必要
必要性が高度

課題
●刑事手続による捜索差押えよりも簡易迅速に資産の保全ができる制度の検討
●破産手続と没収・追徴保全(これに引き続く犯罪被害財産による被害回復給付金支給手続)との手続選択
●被害者が高額の破産予納金を用意しなければならない負担があること
●外国当局が凍結した資産の引き渡し手続に長期間を要すること(窓口は法務省刑事局国際課と駐米日本大使館。米国司法省が民事没収の申立手続をしており,確定後,破産管財人に引き継がれるかが問題。)
●破産手続における公租公課,労働債権の優先性(但し,本件で事実上あまり問題にはならない)
●役員や高額配当受領者への責任追及

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1 (4月20日)


続きましては ワールドオーシャンファームの情報です

続きを読む

ワールドオーシャンファーム事件 (①事件)【近年の詐欺的大型消費者被害】

消費者庁のホームページから 『破産手続が開始された近年の詐欺的な大型消費者被害について』
の続きです


http://www.caa.go.jp/planning/pdf/0515siryou4hosei.pdf  より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワールドオーシャンファーム事件(①事件)

事案の概要 
●フィリピンのマニラ近郊にある東京ドーム300~450個分の広さのブラックタイガー養殖事業,不動産事業などを投資対象とする匿名組合に出資して投資すると,1年で倍になる(10日毎に5.556%,1年間で36回で合計100%の配当)との宣伝文句で多数から投資を募った事案。
●匿名組合員が他の投資家を紹介すると3~19%の紹介料を得られる仕組み(マルチ商法的要素)であり,口コミで被害が拡大した。
●実際には,宣伝文句の20分の1程度の養殖場しか持っておらず,養殖事業の実体がほとんど存在していなかった。不動産事業その他の収益事業も行っていなかった。

被害者数 
4万人

被害額  
850億円(破産債権届出約1万人,届出額249億5832万円,1人平均249万円)

経緯
H17.07    株式会社ワールドオーシャンファーム(以下「WOF」という。)設立
H18.04    投資募集開始
H19.01    配当停止
H19.05.30  WOF代理人弁護士がFBIに4,000万米ドルを凍結されたので民事再生を申し立てる旨の通知
H19.07.31  ・警察による関係先20か所への捜索差押えの際に8億200万円の現金押収
        ・WOF名義以外も含め7億3438万円の預金口座も事実上凍結
H19.11.22  FBIが4,000万米ドル凍結したことが報道される
H19.11.26  WOF被害対策弁護団発足
H19.12.21  代表者が旅券法・入管法違反で逮捕
H20.03.21  被害対策弁護団がWOF,ワールドオーシャンファーム基金株式会社(以下「WOF基金」という。)及び代表者個人について東京地裁に破産申立て
H20.05.22  破産手続開始決定(予納金:WOF1500万円,WOF基金1000万円,代表者500万円の合計3000万円)
H20.07.23  代表者ら14名が組織的詐欺罪で起訴
H21.05.28  代表者ら有罪判決(代表者控訴取下により懲役14年の実刑判決確定)
H23.03.08  米国司法省から4,026万9890.20ドルが返還
H23.05.27  中間配当WOF10%,代表者1%
H24.01.23  最後配当通知WOF約6.59%,代表者約1.65%他合計約8.49%
H24.07.04  破産手続終結予定

違法性の立証
○勧誘の際の資料で出資法違反を明らかにすることができる可能性
○個人の手持ち資料では詐欺の立証が困難

被害額の算定
事業者の資料により被害総額の算定は容易と考えられる

資産の所在の調査
被害者個人では非常に困難(振込先の口座くらいしか把握できず,加害者が保有する他の資産や流出した資産の把握は困難である)。

保全の必要
高い

特記事項
●外国の捜査機関による資産凍結によって財産保全ができた(被害者にのみ配当されることを条件に米国から返還された。)。
●募集開始から配当停止されるまでの間は,被害者に被害意識が生じない。この間の行政による情報収集→調査→行政上の措置(財産保全を含む)を図ることができないか
●被害者を結集して高額の破産予納金を用意することに時間がかかるし困難。破産申立てに参加しない被害者より優遇されることはなく,一般的にはインセンティブもない。
●役員や高額配当受領者への責任追及
●二次被害

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012 年5 月15 日

「ワールドオーシャンファーム事件(エビ養殖詐欺事件)につき,元役員らに損害賠償義務を認める旨の判決(第1審)」に思う

本日、コメントの後、買い物に出かけ・・・
戻ったら、姪がかわいい赤ちゃんを連れてやってきた
もう、カワイイ可愛い^^ ^^ ^^


で、またまた、何日か寝させていた日記・・・(^^ゞ

一寸したことの坩堝のブログ で知りました
一寸したことの坩堝さま、いつもありがとうございます m(__)m

■時事通信

元役員らに賠償命令=エビ養殖詐欺で-東京地裁

 投資会社「ワールドオーシャンファーム」(破産)によるエビ養殖詐欺事件で、被害者244人が元役員ら10人に損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。土田昭彦裁判長は、うち8人について「事業に実体がないことを認識していた」と責任を認め、総額約2億6000万円の支払いを命じた。
 判決によると、同社は2006~07年、「フィリピンのエビ養殖事業に出資すれば1年で2倍の利益が得られる」などとうそをつき、原告らから出資金をだまし取った。(2014/12/12-19:18)

 ・エキサイトニュース


2014年12月13日 (土)
ワールドオーシャンファーム事件(エビ養殖詐欺事件)につき,元役員らに損害賠償義務を認める旨の判決(第1審) より コメント部分抜粋

懐かしい事件です。

正直,「まだやっていたんかい!」という気がしますが,逆を言えば,被害者の方々は,現在も,苦しみ続け,闘い続けているのですよね。

詐欺師どもからの回収は,非常に困難で長い道程だと思いますが,是非とも頑張って,詐欺師どもから1円でも多く回収できることを祈ります。



同感です
また、このニュースに何年後かの自分たちを見るようです

wikiの「ワールドオーシャンファーム」 によると
会長を始め10数人が詐欺容疑で再逮捕されたのが2008年7月2日
元会長に懲役14年の判決が下されたのは2009年5月28日
・・・・・
判決からでも5年半の年月か経っています

安愚楽牧場の場合、成り立たないビジネスモデルだったのだけど実体はあったという理由付けで、まだ詐欺罪にもなっていないし、もっともっと先は遠いんだな…とも思えます
でも、知らないだけで、詐欺被害に苦しみ、同じように闘い続けている人たちがいらっしゃるのだということを感じました


実は、いつだったかも覚えていない随分前のこと…
エビだったか、マンゴーだったか…外国で収穫するもののオーナーにならないかという勧誘の郵便が届いたことがあります
安愚楽牧場のオーナーになってからの話です
牛じゃないだけで、そっくりな話でした
それに投資はしませんでしたが、今思うと安愚楽牧場からデータが漏れていたのかなぁと?
私は投資というものをしていませんでしたから…
当時はアグラを疑いもしませんでしたねぇ・・・

でも、もしそちらに引っかかっていれば、安愚楽牧場からは破綻までに抜け出していたかも、と思う
それらは外国が絡んでいたので不安も多く、出資額が少なかったろうと思うし…
なぁんて、タラレバの世界は、トナカイに鼻で笑われるハナシだね^^


それからそれから、あのアグラの広告塔「海江田万里」は見事に落選しましたが…
政治家も落選すればタダの人^^

政治家の前、経済評論家という肩書きの頃のアグラカイエダさん
私が日記にした海江田著書の直筆サイン本にもたしかに「財テクに人気のオーナー制度」と題してエビのオーナー制度のことも書かれていたのですよ
 ↓↓↓
海江田本「知らないと損する 金融自由化時代のマネープラン」全国安愚楽牧場被害対策弁護団長に渡せましたヽ(^。^)ノ

ふふふ・・・といっても、こちらのエビは日本で養殖の別会社の話でありまして…
ワールドオーシャンファームという名前はなかったと思われます^^;
その点だけは勘違いなされませぬよう…m(__)m


落選した後、ゴミ処理問題で画像が流れていましたね、、、
いくつかのところで見ました

【画像】 無職になった海江田さんの現在がヤバイ事になってるぞwwwwwwwwwwwwww
事務所片付け…公約がゴミ捨て場に
マニフェスト完全版ですとか、選挙に関するものが捨てられています

って、やつw ^^

このあとどうするのか知りませんが、経済評論家なんて名乗れたもんじゃありません(笑)
でも、rokoと違い、いくらでも雇ってくれるところはあるでしょうし…?
しかも、もう、年金を貰える年です
それに財テクで儲けているだろうから、働く心配は要りませんよね^^


思うことは色々あるけれど・・・
まぁ、闘いもいつかは終わるもの・・・
私はこれからも、ボチッと頑張っていきましょうかねぇ・・・^^
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク