安愚楽牧場・刑事事件の判決に対する弁護団の声明文(全国安愚楽牧場被害対策弁護団 平成26年1月9日)

★--- ただいま ブログトップに固定中です ---★
    最新日記は次からはじまります


全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式ホームページより
http://agurahigai.a.la9.jp/
---
2014/1/09  被告人両名に実刑判決

 本日、1月9日午後1時30分から刑事判決公判において、被告人三ヶ尻久美子に懲役2年10月、大石勝也に懲役2年4月の実刑判決(各未決勾留50日)が出されました。

 わずか10分の判決の朗読でしたが、裁判所は、長年、保有頭数と契約頭数が恒常的に不足し売買の対象牛が存在しなかったという本件犯行の長期性と、対象牛が存在しないことの印として耳番号の末尾に002をつけるという、本件犯行の反規範性の高さ、常習性、規模の大きさ、計画性、周到性を指摘したうえで、犯行動機も会社本位の自己中心的なものあり、また不実の告知に対して確定的認識を持ち犯意も強いとして、最高刑(但し併合罪)が3年のところ、犯行は相当重いほうに入ると述べ、裁判で反省等を述べるが、それは犯行の強さに照らせば猶予を付する事案ではないと述べたうえで、上記の実刑判決を下しました。

 検察官の求刑は、被告人三ヶ尻久美子に懲役3年、大石勝也に懲役2年6月でしたが、いずれの被告人もわずか2か月の減刑、しかも実刑判決というのですから、裁判所が本件犯行が詐欺の実質を有するという実態を直視し、特定商品預託法の適用の範囲内でほぼ最大の刑罰を科したものと評価できると思います。



安愚楽牧場・刑事事件の判決に対する弁護団の声明文

                       平成26年1月9日

                       全国安愚楽牧場被害対策弁護団

                       団 長 弁護士 紀 藤 正 樹
                       副団長 弁護士 鈴 木 喜久子
                       副団長 弁護士 塚 田 裕 二
                      事務局長 弁護士 中 川 素 充


 本日,東京地方裁判所刑事第15部(芦澤政治裁判長)は,被告人三ヶ尻久美子に対して懲役2年10月(求刑懲役3年),同大石勝也に対して懲役2年4月(求刑懲役2年6月)の実刑判決を言渡しました。

 この判決は,被告人三ヶ尻久美子が安愚楽牧場の代表取締役として業務を統括していたものとして,被告人大石勝也が同社の経理を担当しており被告人三ヶ尻久美子の重要な補佐役として,繁殖牛が恒常的に不足していたにもかかわらず,契約どおりにオーナーに割り当てる繁殖牛が存在しているかのごとく告知するという不実の告知を行い出資を募ったという,消費者を騙した重大な犯罪行為に対する処罰であり,有罪判決となるのは当然の結果です。被害者約7万3000人,被害金額約4200億円という,我が国史上,最大の消費者被害です。被告人らのこうした実態に反した契約を信じさせられてしまい長年蓄えた貯蓄や老後の生活資金,学資などから拠出したオーナー債権者の多くが今後の人生設計を狂わされ,大変苦しんでいます。

 判決では,実刑判決とした理由について,被害金額の多さ,被害者の地域的な広汎さ,不実の告知行為の常習性,計画的かつ周到に行なわれたこと,長期にわたること,会社維持のための自己中心的な動機であること,被告人らが不実の告知行為を確定的に認識しており犯意が強固であることなどを挙げています。

 こうした安愚楽商法の主犯である被告人三ヶ尻久美子及び同大石勝也に対して,実刑判決を言い渡し,断罪したことは,本件が詐欺の実質を有する重大な犯罪であることを考慮し,被害者の声を充分に汲み取ったものであり,裁判所に対して敬意を表します。

 本来被告人らによる本件の不実の告知行為により,被害者らが多額の預託金を出資していることからすれば,詐欺罪が成立することは,明らかであり,判決もそのような利益判断が前提にあるものと思われます。

 当弁護団としては,改めて,詐欺事件での起訴をしなかった検察官に対して強く抗議するとともに,近く検察審査会に対して詐欺罪での起訴を求めて,申立てをする予定です。

 被告人らは,控訴することなく,刑務所において,自らの行為について振り返り,今後,いかに被害者に対して償いを行っていくかを考えて,具体的な賠償方法を提示するよう求めます。

以  上
-----


[参考] 平成25年10月11日 弁護団声明

追記(2014年5月28日)
A BUG's Pensieve 2
[安愚楽詐欺]安愚楽牧場社長らの詐欺・不起訴処分に対する弁護団声明(全国安愚楽被害対策弁護団20131011)
こちらのコメント欄も参考に(*^^)v

追記(2014年7月22日) 元の日付に戻します

続きを読む

全国安愚楽牧場被害対策弁護団は情報公開請求訴訟(1次と2次)を提起しています(最終更新日 2014/2/25)

安愚楽牧場の破綻に関する行政の責任に関して、重要な文書を
消費者庁は不開示とし
2月18日の第1回期日でも全面的に争う旨の答弁書を出してきました


ということです

全国安愚楽牧場被害対策弁護団は1次と2次の情報公開請求訴訟を提起しています
【第1次】2013年12月9日(平成25年(行ウ)第782号事件)
【第2次】2014年2月17日(平成26年(行ウ)第80号事件)


なかったことにされたくありません

本当のことを知りたいです

事実をそのまま開示していただきたいです

どなたでも、多くの方の傍聴を希望します



全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式HP より
http://agurahigai.a.la9.jp/koukai.html
---
安愚楽牧場情報公開 請求訴訟

情報公開請求訴訟(1次と2次)を提起
~情報隠しは許しません!
 次回期日が,5月13日に指定されました~


最終更新日
2014/2/25


 2013年12月9日,当弁護団は,情報公開請求訴訟(第1次)を東京地裁に提起しました(平成25年(行ウ)782号事件)。

 これは,2009年1月,当時の所轄官庁であった農水省が安愚楽牧場に対して,預託法に基づく立入検査の実施し,同年3月に預託法の遵守状況についての定期的な報告の指示したものの,同年9月に所轄官庁が農水省から消費者庁に移行し,2010年7月に安愚楽牧場から提起報告を行ないたい旨の連絡を受けたにもかかわらず,消費者庁がこれを放置したことに関するものです。

 当時の福嶋浩彦消費者庁長官は,この放置について,担当の神宮寺史彦審議官及び畑野浩朗取引対策課長(いずれも当時)に対して厳重注意処分をしました。

 そこで,当弁護団は,2012年7月6日,この処分の内容,理由,経過等が分かる一切の文書の開示を請求しました。

 当初,消費者庁は,同年8月6日,国家公務員法に基づく懲戒処分等ではなく,文書は作成,保有等をしていないとして不開示の決定をしました。

 これに対して,行政不服審査法に基づく異議申立をしたところ,情報公開・個人情報保護審査会は,「処分」を国家公務員法に基づく懲戒処分等に限定するのは不適切であること,本件に関して6件の関連ファイルがあることを確認しました。

 これに対しても,消費者庁は,2013年6月12日,消費者庁は一部文書などを不開示とし,既に2月18日に開かれた第1回期日では,全面的に争う旨の答弁書を出してきました。
 
 今回,不開示となった文書は,安愚楽牧場に対して,消費者庁がどのような関わりを有していたか(まともに調査をしていなかった)を示すものと考えられ,安愚楽牧場の破綻に関する行政の責任に関して,重要な文書です。
 
 さらに当弁護団は,新たに,2014年2月17日付で,消費者庁が保有する「安愚楽牧場に関する文書」に対し,消費者庁が情報公開しなかった文書についても,訴訟(第2次)を提起しました(平成26年(行ウ)第80号事件)。今後,第1次訴訟とあわせて審理されていく予定です。

 広く傍聴を求めます。




傍聴支援をお願いします。
傍聴券は不要です。


[第2回期日のご案内]=東京地方裁判所民事第2部
 2014年5月13日 午前10時45分から 東京地方裁判所7階703号法廷

東京地方裁判所

憲法の公開原則から、傍聴は自由。しかも無料です。
安愚楽牧場の被害者の方、本訴訟にご関心の方は、ぜひ傍聴ください。

-----

三ケ尻久美子・大石勝也被告人 刑事裁判 控訴審(東京高裁)の日程が決まりました(2014年2月28日)

弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版
全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ が更新されています


2014.02.28 19:18
ブログ更新!>安愚楽牧場事件で、三ケ尻久美子・大石勝也両被告人の控訴審(東京高裁)の刑事裁判期日が決まりましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽


弁護団のみなさま、委任者のみなさま、これからもよろしくお願いしますm(__)m


全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ より
-----
2014/2/28
三ケ尻久美子・大石勝也被告人 刑事裁判 控訴審(東京高裁)の日程が決まりました

ぜひ傍聴などの支援をお願いします。
 
刑事裁判  

下記の2期日が指定されています。


    法廷は、東京高等裁判所 102号法廷(1階)=大法廷=

   1  2014年4月24日  午後1時30分から
   2  2014年6月4日   午後1時30分から

    なお傍聴券発行情報はこちらから⇒東京高裁/傍聴券交付情報

     通常、公判日の4~5日前ころから掲示されます。


また海江田訴訟も、情報公開訴訟も重要です。
こちらも傍聴支援をよろしくお願いします。

海江田訴訟   公開訴訟

-----

弁護士ドットコム トピックス【安愚楽牧場被害対策埼玉弁護団団長】(gooニュース2014年3月5日)

いつぞや、これ関連のニュースを見ました
国民生活センター[2014年2月20日:公表]ということなので、その頃のニュースだったのでしょう

スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱に注意-なかにはやけどを負った事例も-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140220_1.html


私は、あいかわらずガラケーですので大丈夫ですが、取り扱いには気をつけましょうね

で、今日見つけました
「安愚楽牧場被害対策埼玉弁護団団長」である福村武雄 弁護士が取材協力をされている記事です
昨年、東京で全国弁護団の説明会のときに拝見したような気がします
私、最前列にいましたから・・・

たしか、埼玉は一番に、三ヶ尻らが詐欺罪で不起訴(容疑不十分)になったのを不服として東京検察審査会に審査を申し立てて下さったんじゃなかったっけ?

安愚楽牧場被害に取り組んでくださってる全国の弁護団の弁護士さま
いつも、ありがとうございます
関係のみなさま、お疲れ様です
これからも、よろしくお願いいたします m(__)m


gooニュース
http://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/life/medical/bengoshi-topics-1254.html
---
増加するスマホ充電中の「やけど」 メーカーに「治療費」を請求できるか?

弁護士ドットコム2014年3月5日(水)10:54

続きを読む

2013年9月20日 (金) 東京地方検察庁に意見書を提出しました。(千葉安愚楽牧場被害対策弁護団)

今頃で、すみません m(__)m

もうあれから7ヶ月も経ってしまいました
2013年9月、詐欺罪で立件を断念か…というニュースが流れた後のことです

栃木県弁護団が東京地検に意見書を9月13日付で送付というのは、上記ニュースにもありましたが、千葉弁護団のこの記事は長らく見逃していて、申し訳ありません m(__)m


千葉弁護団の記事については、以前こちらに書いたことがあります
 ↓↓↓
安愚楽牧場被害対策弁護団HP・ブログ と 委任者の関係
2013-07-19(13:10)

各弁護団は今もお忙しい中、活動して下さっています

「東海安愚楽牧場被害対策弁護団の事務局長ブログ」は少し前からアクセスできなくなってますが、活動して下さってることは確かです
「安愚楽被害・大阪弁護団のブログ」も長らく更新されていませんが、お忙しくされてます

ネットに載せられないことがたくさんありますからね


今回の検察審査会の「不起訴不当」の議決は、東京の第三検察審査会の議決だそうで、申立人は兵庫弁護団と東海弁護団の審査申立での判断のようです

こちらの日記に被害者の気持ちを載せましたが、
審査員のみなさま、ありがとうございますm(__)m
 ↓↓↓
安愚楽牧場詐欺不起訴は「不起訴不当」~「国民の良識」たる検察審査会は、被告の嫌疑ではなく検察の捜査が不十分と認定~(安愚楽牧場被害者)

この後に続く他の審査会での議決が「起訴相当」2回、になることを期待しています^^


弁護団のみなさまには、本当に感謝申し上げますm(__)m

被害者のみなさまにおかれましては、委任している弁護団に協力をしていきましょう
私たちの被害事件なんですからネ^^

私は、挨拶(コメント)をしてもらうだけでも嬉しいです^^
関心を寄せる、期待される、そういうことが励みになります


以下の千葉安愚楽牧場被害対策弁護団の意見書は、そのとおりですね
どうして、検察が詐欺罪で起訴しなかったのか、今も疑問です

どうぞ、審査をされる審査員の方にも読んでいただけたら…と思います



http://agura-chiba.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-2c6d.html
---
2013年9月20日 (金)
東京地方検察庁に意見書を提出しました。

 当弁護団は,本日,東京地方検察庁に対し,安愚楽牧場元経営者の三ヶ尻久美子らの詐欺告訴事件について,以下のとおり,意見書を提出しました。

続きを読む

弁護士のひとりごと(60) 安愚楽牧場被害事件、いよいよ国家賠償請求訴訟を提起します!(名古屋第一法律事務所)

名古屋第一法律事務所というと、東海弁護団団長の荻原典子弁護士のおられる事務所ですね

青山玲弓さんは、平成25年12月入所のお若い女性弁護士さんのようです
このように、弁護団の弁護士さんの思いを書いていただけるととても嬉しく思います

今週の金曜日、5月30日に東海弁護団も国家賠償請求訴訟を提起予定ですね

全国の弁護団で日々活動して下さってる先生方、今後とも宜しくお願いします m(__)m


http://ameblo.jp/nagoya-daiichi/entry-11862651100.html
---
2014年05月27日
弁護士のひとりごと(60) 安愚楽牧場被害事件、いよいよ国家賠償請求訴訟を提起します!
テーマ:コラム ~ひとりごと~
弁護士 青山玲弓

 皆様、安愚楽牧場被害事件をご存じですか?
 この事件は、安愚楽牧場が、「黒毛和種牛委託オーナー制度」と称する契約を勧誘し、約7万3000人という多数の一般消費者から約4200億円を集めて、平成23年8月に破綻したという日本でも最大級の消費者被害事件です。
 著名な消費者被害事件である豊田商事事件の被害総額が当時約2000億円であったことと比べても、安愚楽牧場による被害が、いかに甚大なものであったかお分かりいただけるのではないでしょうか。

 安愚楽牧場が行っていた和牛商法の仕組みは、まず、契約者が母牛を買い、そのオーナーとなります。そして、子牛が生まれるとその子牛を安愚楽牧場が買い取り、契約終了時には、安愚楽牧場がオーナーから繁殖牛を当初の払込み金額と同額で買い戻すというものでした。
 しかし、実際には、平成7年頃から、オーナーに販売した繁殖牛の頭数に対して、実際に飼養している繁殖牛が恒常的に不足していたのです。そして、他の契約者からの出資金を子牛買取金に回すという自転車操業を行い、その事実を隠蔽し続け、最終的に子牛の買取金や母牛の買戻金を支払いきれなくなり、破綻したものです。
 なお、安愚楽牧場の元代表取締役である三ヶ尻久美子、元取締役大石勝也は、特定商品等の預託等取引契約に関する法律違反で実刑判決を受けました。

 私たち弁護団は、これほどまでに被害が増大した原因として、安愚楽牧場の杜撰な経営はもちろんですが、安愚楽牧場を規制・監督すべきであった国(監督官庁は平成21年9月1日、農林水産省から消費者庁へ移管)が和牛預託商法の問題性を認識していたにもかかわらず、安愚楽牧場に対する監視、規制権限を行使せず、放置してきたことが原因であると考えています。
 そこで、放置してきた国の責任を問い、少しでも被害者の方の被害を回復できるように、全国で同時期に国家賠償請求訴訟を提起することに致しました。
 現在、弁護団では、訴状の内容を精査し、提訴に向けて準備をしている真っ最中です。

 国家賠償請求は、厳しい闘いとなることが予想されますが、同じく大型の消費者被害事件であった大和都市管財事件で、損害賠償を国に命ずる判決が出された以降の最大級の消費者被害事件ですので、この事件こそ、国家賠償が認められるべき事件であると信じ、活動していきたいと思っています。
 応援よろしくお願い致します。
-----

全国一斉提訴!=本日、安愚楽牧場の被害に関し、国に対して、国家賠償請求訴訟をおこしましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました!(紀藤弁護士ブログ 2014年5月30日)

弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版 が更新されてます

全国の弁護団の先生方、お疲れ様です
いつもありがとうございます

YouTubeの映像もあるので、そのままいただきましたm(__)m

2014.05.30

全国一斉提訴!=本日、安愚楽牧場の被害に関し、国に対して、国家賠償請求訴訟をおこしましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました!

参考 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ

本日、当弁護団は、千葉弁護団、埼玉弁護団、群馬弁護団と共同で、安愚楽牧場の被害者1305名を原告として,国の安愚楽牧場への監督が不十分で損害を受けたとして、約65億1000万円の国家賠償を求める訴えを東京地方裁判所に提起しました。

ちなみに、本日の提訴は、栃木弁護団が、宇都宮地裁に86人(約1億9000万円)、東海弁護団が名古屋地裁に285人(約16億円)の提訴を行い、東京地裁分もあわせ、本日、全国の被害者1676人が、国に計約84億円の損害賠償を求める訴えを、一斉提訴したことになります。

□本日の記者会見映像⇒共同通信



2014.05.30 22:51 2011-08 安愚楽牧場被害事件 | 固定リンク | コメント (0)




全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ より上記以外の部分を抜粋
---
2014/5/30 本日、国に対する損害賠償請求訴訟を起しました。

大阪,京都,兵庫の各弁護団も同様に国賠訴訟の提起に向けて準備をしており,本年7月末までの提訴を予定

[今回の東京地方裁判所に対する提訴]
  
  各被害者の被害額(119億5939万1000円)の50%及びこれに10%の弁護士費用を加算した額の請求

全国安愚楽牧場被害対策弁護団  1094名  58億9894万8000円
千葉安愚楽牧場被害対策弁護団    96名   2億6046万0200円
埼玉安愚楽牧場被害対策弁護団    79名   3億3001万3200円
安愚楽牧場被害対策ぐんま弁護団   36名     8824万3650円
合      計        1305名  65億7766万5050円


栃木弁護団が宇都宮地裁に86人(約1億9000万円)
東海弁護団が名古屋地裁に285人(約16億円)
東京地裁分もあわせて、全国の被害者1676人(計約84億円)

 いずれも2007年12月以降に出資した被害者で、被害出資額の50%に、弁護士費用を加算した額が請求額
 
 今なら見られます
 □本日の記者会見映像(栃木)⇒NHK
 □本日の記者会見映像(東京・東海)⇒共同通信
-----

国に対する損害賠償請求訴訟を提起しました。(千葉弁護団ニュース 2014年6月19日)

千葉安愚楽牧場被害対策弁護団の「千葉弁護団ニュース」 です
5月30日の国賠訴訟提起についてですね

全弁護団の先生方、いつもお世話になっております
これから、まだまだ暑い季節になりますが、どうぞご自愛くださいませm(__)m


http://agura-chiba.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-650b.html

2014年6月19日 (木)

国に対する損害賠償請求訴訟を提起しました。

 平成26年5月30日,安愚楽牧場の被害者1305名を原告として,国の安愚楽牧場への監督が不十分で損害を受けたとして,当弁護団を含む4弁護団共同で国家賠償を求める訴えを東京地方裁判所に提起しました。

     弁護団名      原告人数      請求額(円) 
全国安愚楽牧場被害対策弁護団 1094名 58億9894万8000円
千葉安愚楽牧場被害対策弁護団   96名  2億6046万0200円
埼玉安愚楽牧場被害対策弁護団   79名  3億3001万3200円
安愚楽牧場被害対策ぐんま弁護団  36名    8824万3650円
合   計          1305名 65億7766万5050円

 なお,同日,東海弁護団が名古屋地方裁判所に,栃木弁護団が宇都宮地方裁判所に,提訴しました。また,大阪,京都,兵庫の各弁護団も同様に国賠訴訟の提起に向けて準備をしており,本年夏ころの提訴を予定しています。


 訴えの内容は,安愚楽牧場は,2007(平成19)年3月ないし2011(平成23)年3月において,実際にはオーナーの契約頭数(持分及び共有持分)の55.9パーセントないし69.5パーセントしか飼育していなかった(※)のに,国が預託法(特定商品等の預託等取引契約に関する法律)に基づく報告の徴求,立ち入り調査を行い,業務停止などの必要な規制権限を行使すれば被害は回避できたはずであり,国がそれをしなかったことの責任を追及する,というものです。
 ※…参考:株式会社安愚楽牧場に対する景品表示法に基づく措置命令について(平成23年11月30日消費者庁)


 当弁護団としては,二度とこのような被害が生じないために,国に対し,本件訴訟を通じて,適切な消費者行政のあり方について,今一度考えていただきたいと考えています。

たたかう弁護団委任者のみなさまへ(*^_^*)v

全国の安愚楽牧場被害弁護団に携わってくださってる先生方
いつもありがとうございます

今頃になって見つけましたm(__)m

弁護士法人龍馬 スタッフブログ
http://www.lawyersclub.info/
星野啓次ブログ

安愚楽牧場被害対策ぐんま弁護団

団長: 樋口和彦  事務局長:星野啓次

弁護団事務局
〒370-0828
高崎市宮元町95番地 ザ・グランクーブス1階
弁護士法人龍馬 おこのぎ法律事務所
電話 027-329-5164 FAX 027-325-2210
受付時間 平日午前9:00 ~ 午後5:00


事務局長さんのブログでしたね
弁護団が立ち上がった頃からの記事…私には見つけ出す力もありませんでした
2011年9月12日から11月17日まで、約3ヶ月間だけの記事でした

これまでの記録から想像すると・・・
群馬県 被害者数1060人、被害額5,890,254,000円
弁護団説明会に180名程度の参加者があり、約60名の方が委任
うち、36名が国賠訴訟の原告になった
…ということでしょうか

各弁護団の委任者数を知りませんが
ぐんまの委任者数からすると、原告になった方の割合は大きいのではないでしょうか
全国の弁護団が頑張っているのですね

私のブログには13ある全弁護団の委任者さんが訪れているようには思いません
黙って見ていてくれる方もいらっしゃるので、わかりませんが…
(全弁護団7700-全国弁護団6428=地方弁護団1272人)
弁護団委任者は全国の人が大半なので、あと12の地方弁護団に委任されている方で私の知っている人は極わずかです
個人でブログを書いている人は地方の人の方が多いです
といっても、ブログを長く続けている人が少ないし…

しかし、このブログの存在さえも知らない
けれど、たくさんの被害者がいて
たたかっている人々もまた、たくさんいらっしゃるのだと感じました

思いは届かないかもしれないけれど、みなさん、これからも頑張りましょう


国賠訴訟については、こちらを参照ください
全国一斉提訴!=本日、安愚楽牧場の被害に関し、国に対して、国家賠償請求訴訟をおこしましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました!(紀藤弁護士ブログ 2014年5月30日)

安愚楽牧場被害対策ぐんま弁護団 36名 8824万3650円


以下に、ぐんま弁護団事務局長さんのブログを日付順にm(__)m

安愚楽牧場被害対策ぐんま弁護団説明会

安愚楽牧場弁護団に関する Q&A

安愚楽牧場に関する報道(1)

安愚楽牧場に関する最近の報道(2)

安愚楽牧場に関する最近の報道(3)

安愚楽牧場の民事再生手続廃止と債権届出について



ひとりごと
見てるよ~^^ 私は○○弁護団だよ~^^ってコメントがあれば、励みになります
(なにげに、要求してる、、、笑(^^;)


追記(2014年7月4日)
A BUG's Pensieve 2
安愚楽問題でオーナー被害者弁護団に依頼57人 被害額合計約5億円(群馬県のNHKニュース11月2日)
コメント欄にコピペしました
 

平成26年7月8日、東京第二検察審査会は詐欺罪の不起訴処分に対し「不起訴処分は不当である」との議決(千葉安愚楽牧場被害対策弁護団 2014年7月10日)

出ました!

「不起訴処分は不当である」との議決

2014年4月15日の東京第3検察審査会(兵庫と東海弁護団の審査申立)に続いて
2014年7月8日、東京第2検察審査会も不起訴不当の議決をした模様です
 
別の審査会では、是非、起訴相当の議決をだしてもらいたいと願っています

私たちは、安愚楽牧場の経営者たちが正しく裁かれることを望んでいます
正しく裁かれる機会を下さい

私は、安愚楽牧場は詐欺であり、組織的詐欺だと思っています



千葉安愚楽牧場被害対策弁護団 HP より
http://agura-chiba.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-18b0.html

2014年7月10日 (木)

安愚楽牧場経営者に対する詐欺罪不起訴処分 検察審査会申立ての結果について

  当弁護団では,平成24年7月30日,千葉県警に対し,株式会社安愚楽牧場の役員でありました三ヶ尻久美子、大石勝也及び増渕進の3名を被告訴人として詐欺罪での刑事告訴を行っておりました。

しかしながら,東京地方検察庁の検察官は,平成25年10月1日,上記3名の詐欺被疑事件につき不起訴処分としました。(なお上記3名は,預託法(特定商品等の預託等取引契約に関する法律)違反による起訴処分を受け,東京地方裁判所で有罪判決を受けた後,現在東京高等裁判所で控訴審の裁判手続が継続中です。)

  当弁護団は,上記不起訴処分が不当であるとして,平成26年2月28日,東京検察審査会に対し,審査の申立てをしておりましたところ,一昨日(平成26年7月8日),東京第二検察審査会は,検察官の上記3名に対する詐欺罪の不起訴処分に対し,

「不起訴処分は不当である」との議決


を行いましたので,その旨御報告致します。

  今後は,検察審査会法第41条により,検察官は再度捜査を行い,起訴するかどうか検討することになりますが,当弁護団としましても,捜査のゆくえを注目し,また改めて起訴を求めていく所存です。

全国の安愚楽牧場被害対策弁護団の先生は儲けてなんかいない!!ということ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

安愚楽牧場行進曲 より

2014年07月27日

御質問への回答です^^

質問)安愚楽牧場の場合、被害者は弁護団へ幾らのお金を支払ったのですか?弁護団に委任しなかった人よりも返戻金は多かったですか?国賠提訴にあたり弁護団から追加で請求があったのですか?

回答)以下のとおりです。

  (略)


回答は、上記、被害者仲間ブログをご覧ください^^

詳しく言いますと、回答はあっていますが少し不完全です
破産配当のことです
実は、弁護団は委任者のために弁護士費用として何%かの上乗せをお願いしたのだけど、希望通りにはいかず、けれども少しだけ上乗せがされたようです

だけど、委任費用がまかなえる金額じゃないですよ
ですから、ズルイなんて思わないでね
委任してないあなたより、弁護団に入っている人のほうが返戻金は少ないです

これも、弁護団が頑張ってくれたからこそ、皆さんに5%という額が配当されたということをわかっていただきたい

弁護団に委任した人の声を弁護団が裁判所に届け、その声で管理命令が出され、破綻に至ったということです
あの時、弁護団が作られていなかったら、被害者がなけなしのお金で安くない着手金を出さなければ、皆さんの手元には振り込み手数料さえも賄えず、図書券が郵送されておしまいだったかもしれないことを覚えていて下さい

本当ですよ、これ
安愚楽牧場が民事再生申請をして、破産までの時間を稼いだだけの話
名前だけは再生されるように思えるけど、実際は清算をめざすものです
馬鹿な債権者は「再建がんばって下さい、応援します」なんて言ってましたっけ…
アホな債権者が多かったのも事実
アンタの牛は架空の牛、牛さんはいませんでしたぁ~(笑)って話
そのくせ、債権者説明会で牛さんの餌代をこの上また出せって、あんぐら側弁護士が言ってなかったっけ?
いない牛のエサ代まで出さそうとするなんて、なんとあこぎな…w

ま、そんなことで、弁護団委任者が委任しなかった方よりたくさん被害回復をしたわけではないということを書いておきます


あと、不知火さんの同記事の中で以下の部分があるのですが、それについて関西の国賠提訴も7月25日にありましたので追記しておきますね

青月姫ブログより引用
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-2654.html
国賠訴訟で勝訴となり全額認められたとしても、その金額は債権額4200億円のたった2%なんですよ。あとの関西の訴訟を入れても、そんなに大きくは増えないでしょう。


国家賠償請求訴訟 (大阪地裁)
原告 大阪弁護団47名・兵庫弁護団34名・京都弁護団13名 合計142人
訴訟総額 4億3289万円

あとは、前の日記と合わせて計算してみてね
って、rokoはめんどくちゃいので計算してまっせ~ん (*^^)v
 


最後に、国賠訴訟の後、弁護士さんとお話したのですが、やはり想像通りでした

私が、弁護団に支払った着手金は11万円なんですけれど・・・
私の弁護士さん、弁護団長さんなんですけど・・・
私が支払った額以下しか受け取っておられません
わかります!? これ!!
各弁護士さん一人が何人もの委任者の担当をして、頑張って下さっているのに…
大阪は一人ずつ面談をして下さいましたから、普通の弁護士相談料だけでもこの金額を超えます
大阪弁護団は、全員一律で1度だけ弁護士さんに払われたということです
他の弁護団はわかりませんが、どこも似たようなものでしょうね
当然この後の印紙代も残しておかなければなりませんから、大変です

安愚楽側の弁護士はいったいいくらもらってるんでしょうね!?
あの「泣きっ面に蜂」弁護士は、大阪の民事訴訟の代理人もしているのですよ
それも23名の訴訟代理人弁護士、、、って笑えるよね~^^
さぞかし、高額着手金ですかね?トチヤナでしたっけw 
みんな繋がっている、組織的詐欺だって言ってるようなもの・・・

今、コレを書いてたら、泣けてきました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

全国の弁護団の先生方、本当に申し訳ありません
皆さんがいてくださってこその弁護団です

だからこそ、終わった時、先生方になにがしかの報酬金をお渡ししたい
そう願っています

本当に感謝申し上げます m(__)m
お体だけはお大事に…今後とも宜しくお願い申し上げます

2014年9月10日の三ケ尻久美子債権者集会の報告(全国安愚楽牧場被害対策弁護団)

速報でしたのに、遅くなりましたm(__)m


全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページで、三ケ尻久美子債権者集会の報告がされています

私、まだPDFファイルを読めてないのです
ごめんなさい

なんといっても、増渕進氏が免責取下げ、ということが注目です
うん子の極度のうつ状態などという話は、、、である
うん子なんかドツボにハマればいい・・・(*^^)v
しかし、これも演技かな?
ああいうのは、いくらでも作れるものよ、わはは(ーー;)

みなさんもPDFファイル開けて読んでくださいね
私もできるだけ早く・・・ではまた


2014/9/10  本日の三ケ尻久美子債権者集会の報告=速報

三ケ尻久美子の債権者集会は、2014年9月10日付で、終結しました。

最後まで、三ヶ尻久美子本人は、不出頭でした。極度のうつ状態とのことです。

免責については、本年11月14日(金)まで、意見を受付け、裁判所の免責の判断を,年内を目処に行う。

追加配当については, 150万1445円を予定している(10月中旬から下旬には配当したい,とのことです)。

債権者には管財人から配当の通知が届き,裁判所にはその結果報告が上がる形になります。

以上から、裁判所は、改めて集会を開く必要はないと判断し,免責審尋期日も、本日で、終了しました。


2014/03/19 水 午前10時~ 三ヶ尻久美子 裁判所主催の第5回債権者集会 (東京家裁簡裁地裁5階・地裁民事20部 債権者集会場)
  ⇒  本日配布資料 平成26年3月19日付
2014/09/10 水 午前10時~  三ヶ尻久美子 裁判所主催の第6回債権者集会 (東京家裁簡裁地裁5階・地裁民事20部 債権者集会場)
  ⇒  本日配布資料 平成26年9月10日付


なお増渕氏からは、免責取下げ⇒(平成26年4月7日付)があったため、本年9月22日に予定されていた増渕の債権者集会期日はなくなりました。

検察の不起訴は、検察の怠慢です。強く抗議します。=速報(全国安愚楽牧場被害対策弁護団 2014年10月3日)

全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式ホームページより

http://agurahigai.a.la9.jp/

2014/10/3 検察の不起訴は、検察の怠慢です。強く抗議します。=速報

 本日、安愚楽牧場に対する四つの検察審査会(東京第二=栃木弁護団・千葉弁護団、第三=東海弁護団・兵庫弁護団、第四=大阪弁護団、第六=埼玉弁護団の各申立て)の「不起訴不当」の議決に対し、東京地方検察庁が、再度、「不起訴」処分(嫌疑不十分)を下しました。
 
 牛がいないのに嘘をついて安愚楽商法を推進したということが「詐欺」とならないのは、法の執行が社会の常識を反映しておらず、検察庁の捜査の怠慢としか言えないものであって、強く抗議します。

 検察審査会には、現在、なお群馬弁護団と当弁護団の申立が、東京第一検察審査会に係っています。

 「起訴相当」の議決を求め、努力していく所存です。



よろしく、お願いします m(__)m

10月6日は安愚楽の日!? 皆さま東京地裁へどうぞ!!(全国安愚楽牧場被害対策弁護団 )

全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式ホームページが更新されています

弁護団の先生方、いつもお世話になっておりますm(__)m


今度の月曜日(10/6)の裁判について、抜粋です
どなたでも、傍聴してくださるとありがたいです^^

詳しくは、HPをご覧ください

検察の不起訴に強く抗議します。

10月6日は安愚楽の日

いずれも場所:東京地方裁判所 103号法廷(1階)=大法廷
=東京地裁で一番大きい法廷です。

憲法の公開原則から、傍聴は自由。しかも無料です。
安愚楽牧場の被害者の方、本訴訟にご関心の方は、ぜひ傍聴ください。


  

来週月曜日10月6日の国賠事件ですが、

一般傍聴について、
傍聴券発行情報となりました。

http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=15

東京地方裁判所  民事第12部
平成26年10月6日  午後1時40分 東京地方裁判所2番交付所
国家賠償請求事件  平成26年(ワ)第13547号
備考  〈抽選〉当日午後1時40分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。
     開廷時間は午後2時00分です。


海江田訴訟
同じ103号法廷  午前11時です。
こちらは傍聴券発行事件となっていません。


安愚楽牧場事件について、国家賠償請求訴訟を提訴しました (尼崎駅前法律事務所HP 2014年8月4日)

安愚楽牧場被害対策兵庫県弁護団の事務局長をされている曽我智史弁護士の事務所のホームページを見つけました

2014月6月26日に、ホームページを開設されたそうです
まだ3ヶ月ちょっとですね^^

兵庫弁護団は、大阪と京都の弁護団とともに国賠訴訟を提起しました

あの記者会見の場にいらした被害者の方や弁護士さんとは、時間が無くほとんどお話できなかったのが残念でしたが、弁護士先生方と共にがんばっていきましょうね

みなさん、今後とも宜しくお願いします


尼崎駅前法律事務所HP より

安愚楽牧場被害対策弁護団

2014-06-27

当事務所は,安愚楽牧場の経営破綻により被害を受けた方々の被害を回復するために結成された,安愚楽牧場被害対策兵庫県弁護団の事務局をしております。



安愚楽牧場事件について、国家賠償請求訴訟を提訴しました

2014-08-04

平成26年7月25日、安愚楽牧場事件の被害者らから委任を受けていた関西3弁護団(大阪、京都、兵庫)は、被害者142名を原告として、国に対し、4億3207万円の賠償を求めて、大阪地方裁判所に集団提訴しました。

安愚楽牧場事件は、安愚楽牧場が「黒毛和種牛委託オーナー制度」と称する契約を勧誘し、約7万3000人もの一般消費者から約4200億円を集めて平成23年8月に破綻したという史上場最大級の消費者被害事件です。

被告国は、和牛預託商法が社会問題化した平成8・平成9年ころの時点で安愚楽牧場を速やかに出資法違反で告発すべきでしたし、遅くとも平成19年12月ないし平成21年1月に、適正に権限行使をして、安愚楽牧場に対して業務停止等措置を行えば、その後の被害拡大は防止できたと考えられます。

この裁判において、安愚楽牧場被害の実態の解明を進めるとともに、和牛預託商法における国の監督のあり方とその責任の所在を追及します。


(ひとりごと)
最初の頃、弁護団事務局は(ライト法律事務所)だったと思うけど、変わったのかな?
(参考)
兵庫安愚楽牧場被害対策弁護団(説明会:神戸2011/9/5・姫路9/13)

小林靖子弁護士と事務所を立ち上げられたのかもしれませんね?
これからもどうぞよろしく^^

尼崎駅前法律事務所
 〒661-0976 尼崎市潮江1丁目3番30号 KDIビル4階
 TEL 06-6494-2950 FAX 06-6494-2951
 http://www.ama-ekimae.jp/

安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団依頼者の皆様へ(活動報告2014年9月24日より)

大変遅くなりました

わたくしrokoは、弁護団の勝手に宣伝マンをしようと思っていました
しかし、毎日色々ニュースが入るし、私的にも忙しいし…
(…と言い訳^^; すみませんスミマセン orz orz)

皆様のお手元には既に活動報告が届いていることと存じます
届いてから1ヶ月以上も経ってしまいましたm(__)m


さて・・・・・
1ヵ月後の今日、11月27日が大阪地裁での国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論期日となっております

委任者の皆様、弁護団への回答書は既に送られておりますでしょうか?
忘れていたわ、という方は今からでも間に合います^^

どうか、たくさんの方が傍聴されることを希望します

傍聴の後に被害者説明会もあります
もちろん、私も参加します
rokoに会いたいな、と思われる方は、ぜひぜひ傍聴にお越しくださいませ
生rokoに会えるかもしれませんよ^^

それから、国賠訴訟の傍聴は、どなたでもできます
被害者でない方でも興味のある方は、大阪地裁までお越しください


以下に大阪弁護団の活動報告(第5号)を抜粋します

※なお、平成26年9月24日付の報告ですので、10月3日に再び詐欺罪では不起訴と報道がありましたことにはふれておりません
その他、現在の状況とは違うことをお知りおきください

安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団
活動報告(第5号)
 

平成26(2014)年9月24日


国家賠償請求訴訟を提起しました!
 国(当時は農林水産省)は、平成19年のふるさと牧場の破綻や、平成21年の安愚楽牧場に対する立入検査などから、安愚楽牧場の詐欺的取引の構造に気づくことができる立場にありました。にもかかわらず国は業務停止命令を出さず、国が適正な権限を行使しませんでした。このために、被害額4200億円という未曾有の消費者被害が引き起こされることになったのです。
 そこで、大阪弁護団は、兵庫、京都の弁護団と共に、国の消費者行政の怠慢を明らかにすべく、国家賠償請求訴訟を提起致しました。
 原告数は合計142名(大阪47名、兵庫58名、京都37名)、訴額合計は4億3207万円になります。
 第1回の訴訟は以下のとおりに決まりました。
     

日時:平成26年11月27日 午前10時~
場所:大阪地方裁判所第202号法廷


 多くの被害者の方々の思いを国に伝えるためにも、できるだけ多数の被害者の方々の傍聴が必要です。是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。
 なお、同封の傍聴のご案内にて出欠をとらせて頂きますので、ご回答のほど宜しくお願い申し上げます。


三ヶ尻久美子らの破産手続の状況について
 三ヶ尻久美子は、免責審尋期日および債権者集会期日に、うつ病等を理由として出頭しておりません。このような態度は許されるはずもなく、管財人は、不出頭および管財人への説明義務違反を理由に、免責不許可の意見を出しております。今後は、裁判所において、三ヶ尻久美子の免責を許可するか否かについて判断されることになります。
 なお、増渕進については、免責申立の取下げがありました。

検察審査会が三ヶ尻らの詐欺罪不起訴につき不起訴不相当を議決
 安愚楽牧場の元役員である三ヶ尻久美子や大石勝也らに対しては、預託法違反の罪により、東京地方裁判所にて実刑判決が下されました(現在、控訴審が継続中)。
 一方、詐欺罪については、平成25年10月11日、東京地検は、三ヶ尻、大石、増渕について嫌疑不十分を理由として不起訴としました。
 弁護団としては、このような不当な不起訴処分に納得できるはずもなく、検察審査会に対し審査申立てを致しましたところ、平成26年7月16日、検察審査会は、「不起訴不相当」との議決をしました。
 今後は、検察庁の更なる捜査により、起訴するか否かが判断されることになりますが、弁護団としても、詐欺罪による起訴がなされるよう今後とも活動して参ります。

役員責任訴訟の経過について
 大阪弁護団は、全国の弁護団に先立ち、安愚楽牧場の元役員らに対し、損害賠償請求訴訟を提起致しました。
 現在、訴訟は第6回期日を迎えます。次回裁判の期日は以下のとおりです。
   日時:平成26年11月6日(金)14時
      弁論準備手続
   場所:大阪地方裁判所 第660号法廷

二次被害にご注意を!
現在も、債権の買取り等を謳う勧誘があるようです。二次被害にはくれぐれもご注意頂き、もしそのような連絡を受けたときは、担当弁護士までご連絡ください。

〔ご質問・ご意見などは〕
弁護団活動に対するご質問等については,担当弁護士までお問い合わせください。


2014/10/31 あらためて検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました=速報(全国安愚楽牧場被害対策弁護団)

早くも11月になってしまいました


検察審査会の議決を紀藤弁護士のツイートで知りました

それぞれ、10月3日の日記のコメント欄に、10月最後の日、記入しました

まとめます


弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito@masaki_kito

安愚楽牧場について、先ほど、あらためて検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました=速報

10月3日の検察官の再度の不起訴処分後の議決です。... http://fb.me/73qBoPuRg

posted at 20:41:24


弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito@masaki_kito

本日ハロウィンの日=2014年10月31日、あらためて検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました=これは速報です>全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新! http://bit.ly/1zR9ulv

posted at 22:42:02


 
全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式HP

2014/10/31 あらためて検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました=速報

 10月3日の検察官の再度の不起訴処分後、あらためて、本日、元代表取締役の三ケ尻久美子と大石勝也の詐欺容疑に関し、検察審査会で「不起訴不当」の議決が出ました。

 これは当弁護団と群馬弁護団が今年4月から5月にかけて申し立てていたもので、「不起訴不当」の理由として、検察庁の不起訴裁量に、大きく疑念を指摘し、再捜査を促すものです。つまり不起訴処分の、捜査不足=怠慢を事実上、指摘するもので、異例とも言える判断です。

 市民の常識的判断に、検察官の「詐欺にあたらない」という判断の異常性が、強く、きわだちつつあります。

 検察庁は、捜査を尽くして、被害者目線、市民目線に立ち、詐欺容疑での立件を目指すべきです。

 なお残念ながら、元取締役の増渕進(特定商品預託法違反容疑について不起訴)については、詐欺容疑に関し、「不起訴相当」の議決となりました。

 また偶然ですが、三ケ尻久美子と大石勝也の特定商品預託法違反容疑での実刑判決(懲役2年6月と2年)に関し、上告期限である昨日までに双方上告せず、本日、控訴審判決が確定しました。



上告せず、実刑判決確定ですね

産経新聞の記事だけが出ていますが、後に記録します
安愚楽牧場元社長らに不起訴不当 検察審査会が議決
 2014.10.31 22:58更新

『安愚楽牧場国家賠償訴訟 第1回口頭弁論にあたって』(安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団)

【大阪弁護団】安愚楽牧場国家賠償訴訟 第1回口頭弁論(2014年11月27日)の報告

昨日の日記の弁護団資料テキストです


2014/11/22

安愚楽牧場国家賠償訴訟
第1回口頭弁論にあたって
H26/11/27


安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団
弁護士斎藤英樹



創業から東日本大震災まで 


• 昭和56年有限会社安愚楽共済牧場設立
• 自社牧場や委託牧場で畜産業を営む一方、投資としての和牛預託商法が事業の大きな柱に。
• 平成8年~ 和牛預託商法が社会問題化
 →多くの業者が刑事訴追を受ける。
• 平成19年12月26日農水省、ふるさと牧場に対して業務停止処分
 →破綻
• 平成22年4月~ 口蹄疫流行(宮崎県)
 → 安愚楽牧場含む多数の牧場で牛の殺処分
• 平成23年3月11日東日本大震災
 →福島第一原発事故(放射性物質拡散)



経営破綻後の経過 


• 平成23年8月1日受任通知発送、支払停止
• 平成23年8月9日、民事再生手続申立(東京地裁平成23年(再)第61号)
• 平成23年11月30日消費者庁、景表法に基づく措置命令(牛の頭数の不足等)
• 平成23年12月9日破産手続開始決定
• 平成26年3月12日破産手続終結(配当率約5%)



刑事事件の経過 


• 平成25年6月18日安愚楽牧場社長ら経営陣を逮捕(預託法違反)
• 平成26年1月9日第一審判決
 →三ケ尻久美子懲役2年10月(実刑)
  大石勝也懲役2年4月(実刑)
• 平成26年10月16日控訴審判決(確定)
 →三ヶ尻久美子懲役2年6月(実刑)
  大石勝也懲役2年(実刑)



和牛預託商法の法規制 


• 現物まがい商法:商品を販売したことにするが、商品を渡さず、代わりに預かり証しか渡さないという商法。豊田商事事件etc
• 昭和61年制定特定商品等の預託等取引契約に関する法律(預託法)
• 平成9年、家畜を預託法の規制対象に←和牛預託商法に対する苦情の多さ
• 和牛預託商法に内在する危険性



預託法の規制の概要 


• 預託法上の行為規制(勧誘規制(4)等)
• たとえば、繁殖牛の「保有の状況」について不実告知(4Ⅰ,施行令3④)
• 端緒は報告徴求、立入検査(10Ⅰ)。
• 発見した場合の対処は、業務停止命令等必要な措置命令(7)



被告国の責任 


• 安愚楽牧場を出資法違反で刑事告発すべきであったのにこれを怠った。
• 業務停止等の行政処分を行うべきだったのに、何らの対応も行わなかった。
 →国家賠償法上違法と評価されるべき。



告発義務履行の機会 


• 平成8年10月農水省が和牛預託商法業者に対する聞き取り調査実施。安愚楽牧場の契約書確認。
• 平成9年3月14日、農水省は和牛預託商法が「出資金または預り金に該当する可能性がある」という文書を農政局等に送付。
• 平成9年5月8日千柴牧場及びはるな共済牧場が出資法違反で強制捜査。
• 平成21年7月14日安愚楽牧場が農水省に対して定期報告。安愚楽牧場の契約書確認。
• 農水省は平成9年5月8日または平成21年7月14日の時点で安愚楽牧場を出資法違反で刑事告発すべきであった。



規制権限行使の機会① 


• 平成19年12月19日ふるさと牧場立ち入り調査を契機に業務停止をすべきだった。
 ∵ふるさと牧場の破綻は和牛預託商法そのものの危険性が具体化したに過ぎない。
• ふるさと牧場立ち入り調査当時に農水省が安愚楽牧場に対してしかるべき報告を徴求し,立ち入り検査を実施していれば,安愚楽牧場の預託法違反を発見することができた。



規制権限行使の機会② 


• 農水省は,平成21年1月21日から安愚楽牧場に対する立ち入り検査を始めたが,現畜確認の結果と安愚楽牧場からの提供データの齟齬に関する大石勝也の虚偽説明を軽信した。
• 平成21年7月14日に安愚楽牧場から定期報告。オーナー牛の不自然な増加を調査しなかった。
 →平成21年3月13日及び同年7月14日に適切に調査していれば、安愚楽牧場の預託法違反の事実を発見することができた。



規制権限行使の機会③ 


• 平成21年9月1日、預託法の所轄は農水省から消費者庁へ移った。
• 平成22年4月、宮崎県で口蹄疫が発生。
 →その後の定期報告は極めて重要であった。
• 消費者庁は、平成22年7月、安愚楽牧場からの定期報告の申出を断った。
• 定期報告を精査していれば、安愚楽牧場の預託法違反の事実を発見することができた。



被害の大きさ 


• 安愚楽牧場事件…被害者数約7万3000人、被害額約4207億円
• 豊田商事事件…被害者数約3万人、被害額約2000億円
• 御庁係属事件の場合、原告142名、請求額4億3207万8750円(平成19年12月19日以降の現実の投資金額の約50%)。
• 宇都宮地方裁判所104名、2億4779万円
• 東京地方裁判所1313名、65億8437万5050円
• 名古屋地方裁判所285名、15億9632万9224円



本件訴訟の社会的意義 


• 被害者の多くは、現在及び将来の生活設計を根本的に崩され、その窮状にあえいでいる。
• 安愚楽牧場の商法は、もともと出資法違反。
• 繁殖牛の不足は、平成7年以降、長年にわたり、平成19年当時、大幅な不足状態にあった。
• 預託法は、悪質な取引を実質禁止する趣旨で制定され、被害の再発防止のため、運用に万全を期すとされていた。
• ところが、農水省、消費者庁は11年余りの長きにわたり、規制権限を行使する機会を何度も見過ごし、被害を拡大させた。
• 農水省、消費者庁に真摯な反省と、速やかな証拠開示、真実発見への協力を求める。




法の正義と国民の期待に沿った
司法判断を求める!


【あぐら経営者らの破産手続の状況】「奨学金返せず自己破産」だなんて切ない日本国だなぁ...

■qBiz 西日本新聞経済電子版

奨学金返せず 40歳で自己破産
奨学金返せず自己破産、小倉北区の40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」


2015年2月10日(火) 15時14分掲載

というニュースを見ました


三ヶ尻久美子や大石勝也や増渕進や住友淳郎が、自己破産したのとわけがちゃうねんで~!!

なんとも悲しいことです
大学を出ても仕事に就けない若者がいる時代
奨学金のために自己破産しなくてはならない人がいるなんて…

今はどうなのか知りませんが、以前大型店舗にある宝くじ売り場で中国の留学生と出会ったことを書きました
どうやらrokoが若い男性をナンパしたらしい^^

地元の国立大学に通っていて、授業料免除だと聞きました
中国から来ている人が何百人?か、相当数いるような話でしたね
他の大学にも彼の知り合いが留学しているらしかった
もっぱらメールとスカイプで中国の人と連絡を取り合っているようでした

外国の人に授業料免除しているというのに、日本国の日本人には厳しいよね
奨学金とは名ばかりの金貸しだもんね(あ、教育ローン^^;)
利息なしのもあるけど、ありの方が多かったんじゃないかな?

バカチンの時の経験でいうと、踏み倒せないように収入のある保証人をたてるか、保険みたいなのに入るかしなければいけなかったと思う

安愚楽牧場が破綻して、私がすぐにしたこと、、、
バカチンの奨学金専用口座に二百何十万円か、かき集めて入金した
私が死んでも返済に困らないように…(笑)
元々、本人は自分が借りたという認識はないし、大学卒業までの費用は親が払うというつもりでいたから、バカチンだけに借金を背負わすわけにはいかない
実際、定職を持っているバカチンですが、毎月家に入れるお金を延滞しているくらいのヤツでして…
親がいなければサラ金にでもはしっているかもしれないです(笑)

奨学金用通帳は私が管理しているし、普通預金のまま置いてある
定期預金に入れる気にもならない・・・

まだ、かき集めて入金できただけでもウチはマシってもの…
借金だけど、取り崩さない限り、一応お金は確保^^
ほぼ全財産を安愚楽牧場にぶっこんでた人は、さぞかし大変だったことでしょう
進学と満期時期を見込んで預託してた人も多いだろうし…

あの後、中学・高校へ進学した人はもう3年が経ち、卒業の季節ですね
その他含め、ご卒業される皆様、おめでとうございます(*^_^*)

いろんなことがあったとは思います
これからの未来が明るくありますように…


子供たちや若者を大事にする国であってほしいですね
ジジババは若者に支えられているんだよ
若者が苦しくては、支える人がいなくなるということなんだ
ただでさえ、老人の数の方が多いのに…
お金持ってる人からたくさんいただけばいいのにネ・・・・・



そうそう、安愚楽牧場経営者らの破産手続の状況について、ちゃんと書いてないかもしれませんので記しておきます

■大阪弁護団活動報告(第6号)より

三ヶ尻久美子らの破産手続の状況について

 代表取締役三ヶ尻久美子は、その破産手続において、平成26年12月10日付にて免責が不許可となりました。
 取締役増渕進については免責申立取り下げとなっております。

 執行役員であった住友淳郎については、先日自己破産の申立てがなされ、平成26年11月11日午後5時、破産開始決定がなされました。弁護団では、今後の住友の破産手続について管財人と協議していきます。


(あ、大石勝也はどないなってんにゃろ~?)


■追記(2015年2月11日)
 この日記のコメント欄をご覧下さい

大石勝也について 12/16の弁護団説明会で免責不許可の決定報告あり


このブログは皆さんのコメントでなりたっているなぁとつくづく思います
ありがとうございます(*^_^*)
非公開コメントもありますので、お気づきの点は遠慮なくお伝えください
おかしなコメントでないかぎり、個人情報はお守りしますm(__)m

続きを読む

【速報?^^】全国安愚楽牧場被害対策弁護団は栃木柳澤弁護士を提訴しています(*^^)v

全国安愚楽牧場被害対策弁護団公式ホームページが更新されています
新しく【栃木柳澤訴訟】のページができたようです

http://agurahigai.a.la9.jp/tochigi.html

HOME

栃木柳澤訴訟
最終更新2015/3/4

安愚楽牧場の被害者95人が、
安愚楽牧場の破たん時に、安愚楽牧場の代理人をつとめた、
栃木義宏と柳澤憲両弁護士に対し、総額1億4041万5000円の
損害賠償を求めた訴訟


東京地裁: 民第34部係属
場所:東京地方裁判所 712号法廷(7階)

憲法の公開原則から、傍聴は自由。しかも無料です。
安愚楽牧場の被害者の方、本訴訟にご関心の方は、ぜひ傍聴ください。



経過

月日経過内容備考
201412月15日訴訟提起
20153月4日午後1時10分第1回口頭弁論期日
4月22日午前10時第2回口頭弁論期日




とうとう、あの、「泣きっ面に蜂」通知書の栃木義宏と柳澤憲両弁護士への損害賠償請求訴訟です!!

提訴と聞いただけで、スッとするわ~\(^o^)/

今まで悪いことをしてきた弁護士、
いや、安愚楽牧場から高額の弁護士費用を受け取っている弁護士が訴えられるんやで、、、
そのお金は元はといえば、私たちの汗水たらして得たお金…
大阪弁護団が起こした役員訴訟でも、たくさんの被告のうち20人近く(後で調べたら23人だったw)の代理人弁護士も務めているんやで...笑わせんなyo
わはは…やわ(笑)

実は私、前に提訴の話を聞いていたんだけどぉ、公式には発表されてませんでしたから^^;
でもって、昨日は第1回口頭弁論期日だったんですね
終わってすぐにHPを更新されたのでしょうか

弁護団の先生方、いつもありがとうございます
お忙しいでしょうが睡眠は大切です
今後ともご自愛くださいませ

裁判についてわかったことは後に、日記にする予定です
3月3日の【国賠訴訟】の件も含め、3月4日【栃木柳澤訴訟】についても、どなたでも情報をいただけると幸いですm(__)m


というわけで、今回は色を除き紀藤弁護士のをほぼまねっこしました^^
ただし、文章中に明らかな文字の重複がありましたので消していますm(__)m
編集の仕方がまだわかっていないのだけど、少しずつ進歩しないとね^^

(注)第2回口頭弁論期日の時間は10時です

弁護士紹介 | 名古屋の弁護士 牧野法律事務所 牧野一樹弁護士

牧野法律事務所
http://www.makinolaw.jp/

新着情報
2015.5.19 ホームページを公開いたしました。

ということだそうです
一昨日ですね^^


弁護士紹介 | 牧野一樹

残念ながら、わたくしはこの弁護士さんを直接存じませんが、数多く消費者被害事件を手がけてらっしゃいます

アイディック節電器詐欺被害、点検商法被害(現 悪質リフォーム被害)、呉服次々販売被害、名古屋電話機リース被害、近未来通信(電話中継局を投資対象とする投資詐欺)被害、ワールドオーシャンファーム被害、ドロップシッピング被害
の弁護団活動をされています

2011年 安愚楽牧場被害東海弁護団 弁護団員参加

2014年 安愚楽牧場被害東海弁護団 事務局長

と、ご尽力いただいている弁護士さんのようです

こういう先生は貴重人種なので^^ 宣伝しときます(#^.^#)

牧野法律事務所  弁護士 牧野一樹

〒460-0002 
名古屋市中区丸の内2-2-7 丸の内弁護士ビル203
電話 052-204-1260
受付時間 平日/10:00~19:00【休日/土日祝】




ん!? ここまで書いて… 
ちょとぉーまてー、ちょっと待って、roko姐さん♪(古い?)

事務局長さんで、この名前…となると、映像で見たことあるぞ^^
ブログ内「牧野一樹」は現在2件

「記者会見映像」をもう一度(KYODO NEWS 【共同通信社】)
 ↑↑↑
こちらに3つの動画を載せています
最後に東海弁護団前任の事務局長さんのことも書いてます

3つ目の動画では東海弁護団の牧野一樹弁護士、荻原典子弁護士も発言されてますので、もう一度UPします


安愚楽破綻で集団国賠提訴 「怠慢な対応、被害拡大」
2014/05/30に公開

ブログには名前を書いてないけど、国賠提訴時に名古屋で放送された映像でも、地裁に歩いていくところとか、ソファに座って会見している様子とかで映ってましたよ
もう今は見られませんが…

被害者さんも映っていて、顔出し了解してるんだ…^^と感心したものです
大阪での提訴時、私は顔出し不可でお願いし、報道の方はちゃんと配慮してくれました
(私、変装してましたし…笑)


弁護団の先生方、いつも、ありがとうございます
これからも宜しくお願いいたしますm(__)m

海江田訴訟「海江田尋問と原告本人尋問」は来年1月29日10時からです^^

全国安愚楽牧場被害対策弁護団 HPが更新されています(*^^)v

長く更新されていませんでしたね

待っておりましたm(__)m
8日の夜まで変化なかったのですけど、裁判があったし…
お忙しいところ更新してくださいました
いつも、ありがとうございます

教えていただいただれかさん、ありがとうございます^^

「海江田尋問と原告本人尋問8人が採用予定」はどうなったかな?^^
コメント欄

No title

11月18日の期日で、ついに海江田氏の尋問が採用されました。
尋問は、来年1月29日に行われます。

1月29日 (金 )10:00~17:00 第18回口頭弁論期日
海江田尋問と原告本人尋問8人が採用=103号法廷

全国安愚楽牧場被害対策弁護団
http://agurahigai.a.la9.jp/index.html

2015-12-08(23:15) : だれかさん URL : 編集



いよいよ海江田万里氏の登場ですね^^

2016年1月29日 (金 ) 10:00~17:00 と時間が延長されたようです



それ以外にも今日(12/10)までに更新されています
済んでしまった期日もあったのが残念です
当然、「あぐら物語日記」でも告知していませんので、あぐら被害者の会の人しか知らなかったのでしょうね…
傍聴者数は、いかがでしたでしょうか?

三ケ尻大石増渕訴訟
 最終更新 2015/9/8

海江田万里 損害賠償請求訴訟
 最終更新日 2015/12/10

安愚楽被害国家賠償請求訴訟
 最終更新 2015/12/8

安愚楽牧場情報公開 請求訴訟
 最終更新日 2015/12/9

栃木柳澤訴訟
 最終更新 2015/12/9


トップページ では…
三ケ尻大石増渕訴訟もnewでチカチカしてますが、まだ更新されてないように思いますが…
たしか、終わった期日があったのでは?

その他、今後の予定等、後に記録していきます
このところ、ちょっと、余裕なく、今はこのへんで(*^_^*)

来年2016年1月14日は一連の安愚楽牧場に関する初判決の日!(情報公開請求訴訟(第1次))

来年といっても約1ヵ月後です^^

全国安愚楽牧場被害対策弁護団 公式HP
トップページから抜粋
http://agurahigai.a.la9.jp/index.html

第1次訴訟[期日のご案内]=東京地方裁判所民事第2部=東京地方裁判所7階 703号法廷

一連の安愚楽牧場に関する初判決が出ます。


2013年12月9日、情報公開請求訴訟(第1次)を東京地裁に提起しました(平成25年(行ウ)782号事件)。
 2016年1月14日午後1時15分、第1次訴訟は、判決へ!



安愚楽牧場情報公開 請求訴訟
2013年12月9日、情報公開請求訴訟(第1次)を東京地裁に提起
 (平成25年(行ウ)782号事件)
それから2年以上…
ついに、2016年1月14日午後1時15分、第1次訴訟は、判決へ!


わはは・・・しつこく2回も…
同じことしか書いてませんが^^;

安愚楽牧場の破綻から、約4年半で初めての判決…

うーん、まだまだ続く、安愚楽牧場事件関連裁判・・・


昨日の日記に書きましたが
海江田訴訟「海江田尋問と原告本人尋問」は来年1月29日10時からです^^

こちらは情報公開請求訴訟よりずっと前の訴訟提起(2013年2月18日)
その前には調停がありました
やっと、、海江田万里氏の登場ですね
尋問は、2016年1月29日に行われます

弁護団の先生方、いつもありがとうございます


長い日々ですが、変わらぬものなど、なにもありません
いつか、安愚楽牧場事件も終結します


いろんなことが起こるけど、がんばろうね、みんな^^

クリスマスイブは、午前10時30分に大阪地裁1006号法廷へ(*^^)v

いやぁ、もう、月日の経つのが早いこと早いこと…

12月の半分が過ぎましたね…と書こうと思っていたのに書き損じ^^;
今年も残すところ2週間というところまできました

今日は2015年12月17日、木曜日
来週は24日(木)、クリスマスイブ
再来週は31日(木)、大晦日


さてさて、大阪弁護団の委任者様
活動報告(第10号)は届いてますでしょうか^^

安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団
活動報告(第10号)
平成27(2015)年12月14日

安愚楽牧場被害対策・大阪弁護団
団長 弁護士 斎藤 秀樹


■目次
 ・国家賠償請求訴訟第5回期日のご報告
 ・第9回弁護団説明会のお知らせ
 ・役員責任追及訴訟の経過について

(略)




師走というだけで慌しい感じがしますが
来週の木曜日クリスマスイブは大阪地裁での国賠訴訟期日です

国賠訴訟(大阪) 第6回口頭弁論期日

2015年12月24日(木)10:30 大阪地裁1006号法廷(10階)


どなたでも傍聴できますので、rokoの顔を見に来られませんか(笑)
あはっ、ウソです^^;
でも、予定終了後は今のところ空いてます…デートOK (^_-)-☆


裁判の後はいつものように弁護団説明会が開催されます
弁護団の先生方に何でも質問できますよ^^
お昼までのことですから、午後からのデートやパーティ準備など間に合います(*^^)v
委任者はお気軽に、ぜひとも参加くださいますようお願い申し上げますm(__)m


-----

「国家賠償請求訴訟第5回期日のご報告」より
ホンの一部ですが抜粋しておきますね^^

3 訴訟の進行について
 原告弁護団は、今回原告が求めているデータは、国が適正な調査を行ったのか、なぜ見抜けなかったのかを裏付ける重要な事項であるので、国に提出をするよう強く迫りました。また、乙19号証の作成者の名前が明らかになっていないので、誰が作成したか明示するように求めました。
 これに対し、国側は、書面で述べたとおりですとの型どおりの回答でした。
 しかし、裁判所は、原資料を見て確認したいので、被告にある客観的な資料は提出するべきであると、国に再考を促しました。データについても紙ベースで提出ができるのか、個人情報の問題があるとしてもマスキングなどで対応すべきであるとしました。また、追加の求釈明事項についても事実ベースに関するものは釈明に回答するよう促しました。
 これに対して国は検討すると回答するに留まりました。



三木素子裁判長は第1回の原告被害者二人の陳述でも熱心に耳を傾けて下さいました
5回まで毎回傍聴していますが、好感の持てる裁判長です




ところで・・・
活動報告の中で、一番気になったこと\(^o^)/

3 役員責任訴訟の経過について

次回以降に証人尋問が行われるということです

このことは、改めて日記にしますが、たくさんの被告が尋問予定です
もちろん、三ヶ尻親族が何人も…
見たくないですか~ みなさん!(笑)
私は見たいです!!

海江田万里氏も東京地裁で1月29日に登場されます

大阪ではその前の14日と19日に…
無名ですが、サトシ君やサトヨメ、マスブチ家族、その他役員等々…w
報告にあった名前は十数人…w

なんだかワクワクします(笑)

2016年1月14日(木) 午前10時~午後5時
2016年1月19日(火) 午前10時~午後5時

場所:大阪地裁 第807号法廷



これまで東京には行けなかったけど大阪なら…
と思われる安愚楽牧場被害者は、ぜひともお越しくださいませ^^
一日中みたいな感じだけど、部分的でも…
三ヶ尻親族の顔を見るだけで楽しいんじゃないかしら? 

詳しくは後日(*^^)v
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク