リプラス情報収集組合さまより(11月5日)

リプラス情報収集組合さま

いつもありがとうございます
法的なことをなにも知らない私には リプラスさまのお言葉が
どれだけ頼りになることか

そして、コメント欄にも丁寧なお答えをされ お人柄を感じます
その後 いろいろな賢者さまもあらわれて、いい意味で歯車が回っていく
そんな気がいたしました

今後とも、いろいろ教えて下さいますよう よろしくお願いいたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年11月05日

民事再生手続きの安愚楽牧場、ついに東京地裁管財人を選任~真の財務内容を知る機会早まる、栃木弁護士の懲戒との因果関係は?

安愚楽牧場の民事再生手続きにおいて、東京地裁から管財人の選任が決定した最新情報とのこと。
 債務者主導の「民事再生手続き」においては「不透明」な状況のため、管財人が立たなかった場合は、再生計画案の提出(恐らく、3ヶ月延長など)も遅れるようなことにもなり、結局のところ再生計画案の否決をされるも、そのあとの「破産管財人」が立つのはかなり先の事になるということは、関係者は充分察知していたかと思います。
 管財人が立つことにより、今までわからなかったことも分かってくるようになるかと思います。
そして、「本当の安愚楽牧場」を債権者に明らかにすることにより、早めの返金や被害回復を図って欲しいと思います。
 
 管財人なら、もう一回お金の流れをしっかりと洗い直して、本当の「財務諸表」を作成してくれるものと思います。そうなると、今までのものと違ったものが現れる可能性が充分に有り得ます。そして、不正に流れ出たお金などがあれば、経営者・役員・関連会社に容赦なく回収もしてくれるものと思います。
 そのことで、今までは、「なんとか債権者に泣いてもらおう」ということが、今後は「少しでも多く配分できるようにしよう」という事になるかと思います。


 実際に、管財人が立つには当然、再生債務者である三ヶ尻久美子代表やその代理人である栃木柳沢法律事務所の代理人弁護士にも審尋しているかと思います。
 それにともない気になるのは、先日において、安愚楽牧場の代理人である栃木義宏弁護士の懲戒(戒告)と何か関係があるのかということです。さらに代理人の名前から栃木弁護士が外れていたという話も聞きましたので、栃木弁護士が何か安愚楽牧場関連でやらかしたのか、義務を故意に怠ったのか、そんなことも勘ぐられます。
 そのうえ、現在の財産状況からの債権者への配分もなんと1%という破産するもいいところのものなので、そんな状況からも裁判所は5000人の要望追い打ちも決定打となり、管財人選任の決定を判断したのかもしれません。


 今債権者が一番望んでいるのは、やはり少しでも多く配分をして欲しいことだから、管財人には、早く真の財務内容をつかんでいただき、そして、東電としっかり向き合って、できるだけ多くの配分をしてもらうように取り組んでいただきたいものです。
先日の大阪の衣料卸売会社のU・F・O(民事再生法違反)もUSO(嘘)だらけの財務内容だったという事件で管財人が就任したということも記憶に新しいです。


 被害者弁護団(安愚楽牧場被害対策弁護団)に委任する数も今後多くなればより風向きも債権者向きに変えることができるかと思うので、特に少額の債権者(30万円の出資者など)も自分自身の戒めのためにも委任されたほうがいいのではないかと思います。



民事再生手続きの安愚楽牧場、ついに東京地裁管財人を選任~真の財務内容を知る機会早まる、栃木義宏弁護士の懲戒との因果関係は?


民事再生手続きの安愚楽牧場、管財人を選任

 和牛オーナー制度の運営で知られ、民事再生手続き中の「安愚楽あぐら牧場」(栃木県那須塩原市)について、東京地裁(鹿子木康裁判長)は4日、財産管理の権限を経営陣から再生管財人に移す管理命令を出した。
 再生管財人には、同手続きで監督委員を務めてきた渡辺顕弁護士(64)を選任した。
 和牛オーナー約7万3000人のうち約5000人が地裁に対し、ずさんな経営を行ってきた現経営陣には財産管理を任せられないとして、再生管財人を選任するよう申し立てていた。
 渡辺弁護士らは記者会見で、「牛や牧場の売却をスピードアップし、配当を積み増したい」と説明。東京電力福島第一原発事故の影響で経営が行き詰まったことについては、「直接的な被害だけでなく、風評被害も含めて東電に請求することになるだろう」と述べた。

(2011年11月4日20時58分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111104-OYT1T01145.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大変です!管財人ははめられたのか?それはTYの「お家芸」計算だったのか?

いつも わかりやすく丁寧な記事を書いて下さるリプラス情報組合さまが
新しい記事を今日も出されました


2011年11月09日
「安愚楽牧場 ;民事再生手続きをついに断念、破産手続きへ~再生管財人の渡辺顕弁護士が嵌められたのは、栃木柳澤法律事務所(申し立て代理人)の「お家芸」計算だったのか?」

という題名で書いて下さったのですが いつもコピーじゃダメだから
自分なりに解釈してみました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1ヶ月以内に債権者が「破産はイヤ」と言わなければ、破産手続きになる。
もし誰かバカなやつが「異議申し立て」すると、また時間稼ぎされて 牛のウンチになるから気になる。
でも、「破産」になることで話を進めると・・・

 「破産手続き開始決定」となると 今まで予定されてた日程は「チャラ」になる。
かわって、「破産手続き」になるが、これだと「債権者の意見や投票」は無くなる。
同じ清算型の民事再生でもやることは一緒だが、アタイらの顔色をうかがうのは大変なので、「破産」のほうを選び、「破産管財人」の独断の管財業務が進む。

 今後、「破産手続き開始決定」がおりたら「財産状況報告集会」という破産者安愚楽牧場の第1回の債権者集会の期日が決められる。
規模からして、半年位は欲しいので、来年の4月や5月になるかな。
その間に、破産管財人(ワタナベさん)は、財務内容やその破綻要因や過去の経緯などを詳細に調べる。

 通常 この規模(負債総額4330億円)の破産手続きとなると、5年は優にかかる。
破産手続きは、アグラにお金がある限りは 裁判所の許可のもとで行われる。
破産管財人は、年1億円とも言われる報酬がもらえるが、会社にお金がないとなると、その時点で終了(異時廃止)となり、業務は終わり 清算会社も終わる。
 たとえば、破産時点で20億円の現金がある場合で、資産を金にかえたり、どっか行った資産の回収などで、現金が80億円に増えることもある。
それだと、管財人の事務所は年に一億円はいるので、破産管財業務は4年や5年と続けられる。
 しかし、アグラの場合は会社に金はないし、牛の餌だけで月20億と言うので、破産開始決定になる前に ゲームオーバーで「異常事態」になる。
 普通、こんな大きな4300億円の倒産なら、5年位安定した収入があるのに牛が餌を喰うので、下手すると1ヶ月で破産手続きも「廃止」になるかもしれない。
こりゃーもう、ワタナベさんは焦っちゃうんだな。

 結局、8月1日から3ヶ月に渡った「清算型民事再生」という倒産劇は、安愚楽経営陣の資産逃避ということだったのね。
通常 管理型の民事再生法は、アグラ側がOKといわないと 裁判所は決定をしないはず。
民事再生手続きで、管理型になったのも、アタイらは喜んでいたけれど、裁判所の聞き取りでTYがすんなりOKしたからだろう。
 最初から破産じゃないとダメと分かってて、裁判所に守られた民事再生という名前でアタイらを騙して時間稼ぎをし、その後よいタイミングでワタナベさんに主導権の引導を渡し、押し付けたもよう。
 アグラ側は、「牛が今いる」資産のことを「牛NOW」というメッセージ付モザイク暗号をかけて、ワタナベさん(当時の監督委員)に5年にも渡る長期主導権(一億円×年数)を匂わせる引導として引き渡した。
そして、再生管財人になったワタナベさんは、いざ暗号解読し始めたら、あぁ こりゃ大変!
「牛NOW」は、「うしなう」→「失う」(牛さんは餌を食うわ、ウンチはするわ、売ろうにもクズ牛だった)と、金を産むどころか、金食い牛だと、ワタナベさんはやっと気づかされ、慌てて「民事再生手続きを廃止した」 とさ。
結局は 安愚楽牧場に まんまと嵌められたんだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなん でましたけど~
って、ふっるぅー
齢 バレバレやん

こんなアタシの解釈はまちがっていませんでしょうか?

う~、ホンマ大変やった~
ご意見ご感想のあるかたは、コメント下さいませ
えへっ


、、、結局 また それかいな、、、、えーかげんにしなはれやー



★追記(2013.04.25)
社会人サークルリプラス情報収集組合の記事のURLです
http://re-plus.seesaa.net/article/234252347.html

あと、見やすいように?改行等変更しました
文章は当時のままです

リプラスさま「安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その4」12月4日

いつも私たちに情報を下さる リプラス情報収集組合さま

ありがとうございます

けっして、日記を更新するのがイヤになったわけではありません


  リプラスさま、お借りいたします (2011年12月04日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年12月04日
安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その4(警視庁及び各都道府県警での暗黙の被害者オーディションはもう始まっている)

少々ご無沙汰してしまいましたが、安愚楽牧場に関する最新情報(新聞等の報道)もまだ続々とあるかと思います。お手隙になった時に傾向と対策及び独自考察をお伝えしたく思いましたが、やはり3日に1回は何らかの最新情報もありますので、その情報に沿った考察をしていました。しかしその流れの合間を待っていたら先にすすみませんので、独自のペースで述べていきたいと思います。
 ※本件は当方独自で記載しているものなので、詳細な点などの間違いがあるかもしれません。推敲する時間もありませんので、誤字脱字もあるかもしれません。本記事を信用することにより万が一、損害や行き違い等がございましても当方では一切責任を負いかねますので、予めご了承ください。


 先日は刑事事件の可能性その3ということで、起訴されたところから公判に関する全体像を見渡してみました。

安愚楽牧場被害、刑事事件の可能性その3(起訴から公判及びその先の全体像)
http://re-plus.seesaa.net/article/230610863.html
(2011/10/16/リプラス情報収集組合)


 今回は、一旦全体像を見たあとで、スケジュールの変更点を引き直したうえで(リスケジュール)、強制捜査(逮捕及び家宅捜索)迄の詳細な点と被害者ができることをみていきたいと思います。

 前回のその3をお伝えした時点(2011/10/16)では、安愚楽牧場の民事再生手続きの最中でありましたので、その時点で最もオーソドックスなスケジュールをもとにしてお伝えしていきました。


 スケジュールを変更してみたいと思います。

2012/2/14 民事再生計画案の提出  →これは、破産により無くなる。
2012/5/14 民事再生計画案の再提出(2012/2/14の民事再生計画案が立てられず3か月延長するという事が前提でした)→これも破産により無くなります。

2012/7頃  民事再生計画案の投票(民事再生計画案が立てられたら)→これも破産で無くなります。

 以上が民事再生におけるスケジュールの消滅になります。


それに代わり、今回破産となりますので、次のスケジュールが入ってきます。

2011/12/中旬 破産手続き開始(このころに第一回の債権者集会の日程が決まる)

2012/6頃(推測) 第一回債権者集会(東京地方裁判所);但し債権者の人数が非常に多いので、債権者集会の場所は、東京地裁の債権者集会室や近所の日比谷公会堂(日比谷公園)でも足りないのでより大きな場所で行う可能性有。

 破産管財人は、この第一回の債権者集会(財産状況報告集会)に向けて、安愚楽牧場の始まりから現在までの財務状況を調査します。それに伴い、色々な問題点も洗いだされるかと思います。
 ちなみに破産管財人の活動原資(軍資金)は安愚楽牧場が残している「普通預金」の中から捻出されますので、軍資金が保たれている事が必要です。これが牛の餌となってしまっているのでこの点が頭の痛い事になっているのです。だからいち早く牛を換金する必要があるのです。
 
 この時点で、安愚楽牧場の全容がある程度解明されるかと思いますので、その時点で被害届や告訴・告発に基づき、警視庁を始めとする警察の関係各所が、「強制捜査」(逮捕及び家宅捜索)を実施するものと思われます。
(これに限らず、何か大きな証拠などが入ってきた場合は、この「強制捜査」の時期が早まることもあり得ます。)

 では、ここでの強制捜査(逮捕)は、どのような事実(被疑事実)となっているのかというと、
罪状は詐欺(刑法246条)で、「被害者10名に対して嘘の説明をして、合計約1億円を出資させた」※ のような形になるのかと思います。
 また「組織犯罪処罰法」(刑法の詐欺より重い罪)による詐欺という考え方もあるのですが、安愚楽牧場の営業の実績やこれまでの経緯を考えるとその適用は少し難しいかと考えられます。
  
  ※某都道府県における被害額の発表で、「依頼者が57人で被害額合計が約5億円」という情報があったので、そこから割り出した被害者数と被害金額の合計としています。

 こういった逮捕が、起訴されるまでに3回から4回行われます。
(最高刑(懲役10年)を科すにはそれなりの被害金額にしたいので、やはり逮捕の被疑事実を合計して最低でも20億円の被害額となるような形にするのかと思います。この部分についてもあくまでも推測の域にしかなりません。20億円の被害でも約200人の被害者を準備する必要があるという事になります。)

 そこで、仮に被害者(警察が逮捕の根拠とする)を200名として、その200名がどのように選ばれるのかというと、次のような方法で選出されるのかと思います。

 1、警察に自ら被害の相談・申告・告訴をしてきた人(オーディションへの応募)の中から、公判を維持するのに充分に耐えられる内容の被害者
 2、警察からスカウトされた被害者

 以上の2つの方法により選抜されるということになります。
 これを「公判選抜(こうはんせんばつ)メンバー」と呼ぶことにいたいます。

 この公判選抜のメンバーは、主に次の条件が整っていると思われます。

1,倒産直前募集していた投資商品に該当する被害者→「安愚楽応援コース」のような時期的に倒産と分かっていながら資金集めといわれる商品。

2,出資した後に「配当」がまだ振り込まれていない。

3,投資を決意するのに「正当」と言われる方法や動機で応募していること。
 →この「正当」と言うものは、安愚楽牧場の募集した通りに応募していることで、契約書の重要事項の説明などをしっかりと読んでいることなど、応募の方法で被害者に非がないといえること。

 以上の3点が捜査機関からの「公判選抜」に選ばれる必要条件になるかと考えられます。

 特に「3」において、次のような動機で応募してきた被害者には選抜メンバーにはなれない可能性があります。

 ・契約書(重要事項の説明やパンフレット)をちゃんと読んで(理解して)いない。
 ・雑誌の広告のみを信用し、契約書の重要事項の説明を読んでいない。
 ・動機の決意が「海江田万里」(元経済産業大臣、当時の雑誌での推薦者)さんが強く勧めていたことを主張して重要事項説明やパンフレットをあまりよく読んでいない。

 つまり、重要事項説明やパンフレットをあまりよく読んでいない人はこの「公判選抜メンバー」に選ばれない可能性があるという事です。

 そのような事から、被害を感じる方は誰でも相談に行くべきですが、その後において選抜メンバーに選ばれるには、上記の条件が該当することが必要となってきます。
 けれども、それに選ばれなくても、全容を捜査するのには、被害を受けている人の申告や誰でも重要であることには変わりはありません。


 その続きはまたという事で。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安愚楽牧場破産手続きの資産の配分を簡易シュミレート(リプラス様12月14日)

その日のことはその日のうちに保存、保存

今日の午後、久々に地震があった
震度3だったらしい
けっこう長くて、ちょっとびっくりした
こちらは、関東方面よりあまり地震がないので ゆれるとびっくりする
あの大震災のとき、こんなに離れているのに長い時間ユラユラと感じたんだから
すごいとしか言いようがない

寒い冬がくる


    リプラス情報収集組合様より 12月14日
   http://re-plus.seesaa.net/article/240342511.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年12月14日

和牛オーナー広がる不安 安愚楽牧場が破産手続き~安愚楽牧場破産手続きの資産の配分を簡易シュミレートしてみる。

日経新聞がこのような記事を今さら、改めて出すのは(配当が1%だとかそういう事や、破産にならずとも8月1日時点で回収の不安はは始まっていると思いますし)熟知(知れ渡って)されいるのかと思うので、昨日のお茶を濁している記事のメンテナンスのようにも見えるのですが、今後の民事責任や刑事責任は、破産管財人による(破産管財人が指示した者による)財務内容の精査に掛っているので、それがしっかりとなされて初めて、次のステージへ行くことになります。
 刑事事件であれば「家宅捜索や逮捕手続」への発展、そして公判請求、
 民事事件(破産管財業務)であれば、役員やそれに関連する責任の追及であり、
 民事事件(被害者の会などによるその他の損害賠償請求)であれば、破産管財人が扱わない事件での賠償請求となるのでしょうか。


 そういうきっかけになります。
先日の日経新聞の話だと(破産管財人の手で精査したものが正しい財務内容と見なせないので、見なければなんとも言えません。本当にそうなのかは分かりませんが主張や調査が一応正しいと仮定して)

「時価の10倍前後、1頭400万円以上もの値段で安愚楽牧場がオーナーに販売した繁殖牛の価値は、同社の経営破綻で暴落。9月5日時点での財産評定では、牧場、建物なども含めて資産総額はわずか132億円だ。」

 の文章から9月5日の時点で資産は132億円という話です。


 今は12月14日になりますので約2か月が経過しています。そこで牛の餌代が月20億円かかるという話なので
132億円-20億円/月×2か月=112億円(12月14日時点でのザックリと見た資産総額) となります。

 そこから単純に破産管財人の報酬(これ一番優先される債権)を年1億円と仮定して10年(10年は、少し大げさかもしれません)続けるとみると10億円になります。
  つまり112億円-10億円=102億円 

 また(公租公課・労働債権・民事再生後に発生する費用など一般債権に先駆けて配当する費用)債権を60億(という話が出ていたので仮定して)と見ると 
102億円-60億円=42億円 

 となります。(この60億円は100%満たされないと、次の一般債権への配当へは移りません)


 そして、オーナーの債権(一般債権)が4200億円という事ですから

42億円÷4200億円=0.01=1% (予想破産配当率)

  実際の数値や正確性を見るとイメージができないので仮定して考えると

上記のような流れになるのかと思います。


 ただ意外な費用がかかったりするとそこからさらに減算となります。
反対に資金の流れを追及して、予定外の回収(役員や損害を与えたものからの回収及び東京電力の補償)ができれば、そこからは増額になります。
 今までの経緯からみると、役員等の経営責任(民事上)はあるかと思いますので、破産管財人は追及が充分可能となってくることが予想できます。そうなると賠償請求は何10億という単位にもなる可能性ともみていますので、それが裁判所に認められた場合は、支払困難で役員個人の「破産」ともなります。俗に言われている「隠し金」を調査するのは、その時の役員個人の破産管財人が調べることになります。これは「破産者株式会社安愚楽牧場第二回の債権者集会」(2012年11月頃と推測)において、次の番組で登場するのかもしれません。


 しかし、東電の方の補償金についてはデリケートな部分がかなりあります。当方でも8月1日過ぎの倒産し始めのころにおいて、安愚楽牧場に「過失(もちろん詐欺事件のような故意も含みます)がなければ」、かなりの金額の補償を東電は認めることになるのかと思います。でも過失どころか詐欺(故意)が大きく認められてしまえば、補償は減算どころか認められないという可能性も考えられます。
 

 もし「詐欺罪」の適用を認める部分があれば倒産宣言(8月1日の)直前に集めた「安愚楽応援コース」がそれにあたり、その案件での立件に限ってくると見ています。その場合それ以前の部分は「民事的な過失(重大な過失)」ということですので、その部分については役員への責任追及となり、東電の補償については別に行える可能性も残ってくるかと思います。
 


 これを見る限り渡辺再生管財人(当時)が就任された時に最も懸念されていた、(管財人報酬は10年は満たされるという計算になりますので)、破産手続きの頓挫の心配は無く、10年は頑張れるのではないかと勝手ながら推測しています。
 とにかく今は破産管財人の充分な軍資金と早期の財務内容の精査が当面の課題となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(修正箇所あり 2011.12.26)

>今は12月14日になりますので約2か月が経過しています。そこで牛の餌代が月20億円かかるという話なので
132億円-20億円/月×2か月=112億円(12月14日時点でのザックリと見た資産総額) となります。

のうち、9月5日から12月14日は3か月が経っているので「2か月」は「3か月」ということです。
その後は以下コメント欄でのリプラス様のお答えです。

------

そうなると 132億円-20億円×3か月(9~12月)
=72億円 ですね。

 途中飛ばして、
2億円÷4200億円=0.047%という事になります。

 つまり配当率は0.047%ということでしょうか。
これは12月迄ということだからもし、11月までであればもっと残るそんなことになるのかと思います。

 12月迄でしたらこの計算は間違えています。
後日となってしまいますが訂正いたします。
 ご指摘いただきありがとうございました。
またおかしい点がございましたらご指摘お願いします。

Posted by 管理人C at 2011年12月26日 05:13

------
プロフィール

roko1107

Author:roko1107
安愚楽牧場にひっかかった者です
あれから人生変わりました
あくまで私個人の日記です
あくな人はイヤよん (^o^)

❤記事にイチャモンのある方へ❤
公開コメントで書いてきてネ^^
間違ってたら訂正するyo^^
削除依頼は運営会社を通してくれたら対応するお^^

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2投票
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク